青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ハンマースホイ展」(ロンドン) | main | 「近代日本の巨匠たち」展 >>

「世界の美術館」に写真掲載されました。

講談社から毎週木曜日に発行されている「週刊世界の美術館」シリーズ。
今週発売の第10号は「アムステルダム国立美術館」



こちらの雑誌に私の拙い写真が使用されています。
オランダ、デルフトへ行った際に撮影してきた一枚。

「比べてわかる! 名作の裏側」というコーナー(12頁)で
フェルメールが描いた2点の風景画が取り上げられています。

メインは現在、東京都美術館で開催中の「フェルメール展」に出展されている「小路」。ただこの場所を現在特定することは出来ません。「小路」に描かれた階段状の破風を持つ同じような建物は現在でもデルフトで目にすることできます。

私の写真はメインの「小路」の紹介ではなく、今回はおまけとして扱われている「デルフトの眺望」をフェルメールが描いた場所を写した一枚。



コンパクトデジカメで撮った写真故、立派な印刷物に載せて頂くのは申し訳ないのですが、折角のご依頼です。引き受けない手はありません。



それにしても、よくぞまぁ、こんなブログに以前アップした画像を探して下さったな〜と感心感激。実は以前にも媒体は違うのですが、別の写真を使用させて欲しいとの依頼もありました。たいしたことではないかもしれませんが、毎日あっぷあっぷ状態で記事書いている自分にとってはとても励みになります。



今夜、「消えたフェルメールを探して」の試写会で久々にお会いしたKenさんも某雑誌にやはり写真が使用されたそうです。

書店で見かけたら是非。

もうお買い求めになられた方もいらっしゃるかな?

こちらは数年前に「アムステルダム国立美術館」へ行った際に撮影してきた一枚。「恋文」は貸出中でしたが、「小路」」「牛乳を注ぐ女」「手紙を読む青衣の女が並べて展示されていました。


ここはどこの美術館?

こちらは「デルフトの眺望」を所蔵しているオランダ、ハーグにあるマウリッツハイス美術館の裏側。この角度からって中々見たことないでしょ!

週刊「世界の美術館」第10号アムステルダム国立美術館絶賛発売中です!

フェルメール・ファンとしては第5号「ウィーン美術史美術館」もお勧め。こちらにフェルメールについて詳しく載っています。

小さな写真が一枚だけ載っただけで喜べるのですからシアワセな奴だな〜と自分でもつくづく思います。でも嬉しい時は素直に喜ばなくちゃね、やっぱり。

っと言うことで、週刊「世界の美術館」第10号アムステルダム国立美術館をご希望の方に抽選でプレゼント致します。ご希望の方は「世界の美術館希望」と明記しメール送って下さい。(住所等は書かないで下さい)当選者の方には折り返しこちらから返信致します。(メールアドレスはこちらにあります)

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「デルフトの眺望」今昔
- 弐代目・青い日記帳 | デルフト今昔
- 弐代目・青い日記帳 | すれ違い「絵画芸術」
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール・センター」閉館
- 弐代目・青い日記帳 | 映画「オランダの光」
- 弐代目・青い日記帳 | 迷宮美術館「光の絵画展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール展」
- 弐代目・青い日記帳 | チェックメイト!!フェルメール完全制覇
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール展 限定プレミアム券
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール展も忘れずに。
- 弐代目・青い日記帳 | 2008年「フェルメール展」開催!!
- 弐代目・青い日記帳 | 2008年フェルメール展「前夜祭」
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール・ワインに風神雷神・ベアブリック
- 弐代目・青い日記帳 | 大事な時にどうして...
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」
- 弐代目・青い日記帳 | レセプション:フェルメール 「牛乳を注ぐ女」と ...
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール「牛乳を注ぐ女」初来日!
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール展」のピーテル・デ・ホーホ


フェルメール関連最新刊

フェルメール ――謎めいた生涯と全作品 Kadokawa Art Selection
小林 頼子
生涯で三十数作の作品を遺した、謎の画家・フェルメール。その全作品をカラーで紹介し第一人者が解説する、初心者もファンも垂涎の手軽な入門書.オールカラー図版の文庫本.2008年9月25日発売!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1517

JUGEMテーマ:アート・デザイン


読書 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちわ。
Takさん、すごい!!掲載、おめでとうございます。
ずっとフェルメールについてこうやって書いてたからこそで、やはり日々の弛まぬ努力によるのだと思います。
何かうれしくなりますね〜。
あおひー | 2008/09/20 7:19 AM
こんばんは
おめでとうございます!!
嬉しいニュースですね!
わたしがフェルメールに関心を持ったのも、
Takさんの記事からでした。
なんかすごく嬉しいです。
お写真のさざなみ、光を含んでいて、
とてもきれいです。
遊行七恵 | 2008/09/20 8:30 PM
本当にすごいですね!
おめでとうございます!!

掲載されるだけあって、とっても素敵なお写真ですね。
早速書店に行かねば。
えりり | 2008/09/20 8:41 PM
おめでとうございま〜す

また祝賀会やりましょう \(~o~)/
わん太夫 | 2008/09/20 10:20 PM
相変わらず素晴らしい発信力ですね。
KenさんもTakさんもきちんと写真や画像や
リスト、文章とも HPできちんと整理されていて
「Vermeerといえば」 応えてくれる
編集能力◎発信能力◎コメント返し◎な方です。
panda | 2008/09/20 10:36 PM
おめでとうございます!
素晴らしいですね。
何度も訪ねた美術館何度も恋焦がれて会いに行ったフェルメール。
書店に行ってゲットしてき〜す。
iku | 2008/09/20 11:43 PM
@あおひーさん
こんばんは。

いや〜実物みたら大したことじゃないって分かります。
本当にオマケ程度ですから。
やっぱりプロの方の写真とは違います。
あおひーさんのように精進せねば。

@遊行七恵さん
こんばんは。

ありがとうございます。
これでもう少し腕とカメラが
良ければ尚更よいのですが
そううまくは行きませんね。
お声をかけてくださった
編集者の方に感謝感謝です。

@えりりさん
こんばんは。

ありがとうございます。

デルフト行っちゃいましょう!
カメラ構えること忘れてしまうほど
フェルメールが描いた光景が
目の前に浮かんでくるようです。

@わん太夫さん
こんばんは。

全然たいしたことじゃないです。。。
ちょっとしたお手伝いです。

@pandaさん
こんばんは。

kenさんはフェルメールでの大先輩に当たる方です。
夕べもフェルメール談義に花咲かせてきました。
kenさんのようにサイトをしっかりさせねばと
おもいつつもブログでいっぱいいっぱいです。
近いうちに整理し直したいです。

@ikuさん
こんばんは。

わざわざコメントありがとうございます。

オランダにお詳しい!ikuさんに
観て頂けるほどのものではありませんが
嬉しいかぎりです。ありがとうございます。
ライクスの工事ところでいつまでかかるのでしょうね。
Tak管理人 | 2008/09/20 11:47 PM
本屋でごく自然に手に取ってそのままレジまでもって行きましたが、
Takさんの写真が使われているとは。

掲載おめでとうございます。お〜、この写真ですね。
何だかとても嬉しいですね。
KAN | 2008/09/21 10:20 AM
@KANさん
こんにちは。

お買い上げありがとうございまーす。
画素数悪いの隠すために
小さな小さな写真です。。。
見つかるかな〜

何だか恥ずかしくなってきました。
Tak管理人 | 2008/09/22 7:52 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック