青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「モーリス・ルイス展」
川村記念美術館で開催中の
「モーリス・ルイス 秘密の色層」展に行って来ました。



千葉県佐倉市にある川村記念美術館へはもう数えきれない程行っていますが、雨、しかも土砂降りの雨に降られたのは今回が初めて。「川村美術館=晴れ」の方程式崩落。こんな天気の日に行ったのではこの美術館の持つ良さの半分も感受すること出来ません。



それでも、日本で20年ぶりとなるルイス展(前回は1986年に滋賀県立近代美術館で開催)となれば雨をおしても出かける価値あろうかと。

ところで、モーリス・ルイスって誰??

Morris LOUIS(1912-1962)
 アメリカのボルティモアに生まれ、メリーランド州立美術工芸学校で絵画を学んだ。1936年ニューヨークに出て、シケイロスの工房などで働いた。1943年ボルティモアに戻り、1952年からワシントンで活動、翌年最初の個展を開いた。ヘレン・フランケンサラーの作品に触発されて、1954年から、絵筆を使わずに、薄く溶いたアクリル樹脂絵具を生のキャンヴァスに流して染み込ませる技法を用いるようになる。巨大なキャンヴァスに浸透した色彩の広がりによって形成される絵画空間の追求を行い、抽象表現主義に続くカラー・フィールド・ペインティングの代表的な画家として注目された。1962年、ワシントンにて没。
(愛知県立美術館サイトより)

第二次世界大戦後アート中心はヨーロッパからアメリカへ。アクション・ペインティングという武器を引っ提げてその旗振り役を果たしたジャクソン・ポロック(Jackson Pollock, 1912年〜1956年)と奇しくも同じ年に生まれたモリス。

しかしながらポロックとは作品の画風から生き方までかなり違いが。

そして知名度の面でもポロックに大きく水をあけられています。
また同じ「カラーフィールド・ペインティング」に属するマーク・ロスコやバーネット・ニューマンにも。(川村には「ロスコ・ルーム」、「ニューマン・ルーム」があります)

同時代のアメリカの画家さんと比べるとちょっとマイナーな存在であるルイスですが、作品の前に立てばたちどころに「ファン」になること間違いなし。ポロックの何処がいいのかさっぱり分からない人など特にお勧め。

モリスは肺がんで亡くなる前の5,6年の間に今回展示されている全ての作品を「描いた」そうです。その数数百点。キャンバスを綿のまま(地塗りを施していない画布)使用。出来上がった作品が乾くとくるくると丸めて自宅の倉庫へ。1959年に開催された個展に出店する際初めて木枠に付けたそうです。

彼の作風に合わせ、展覧会も3つのスペースで構成。
「ヴェール」
「アンファールド」
「ストライプ」


やはりこの中で最も印象的でありモリス独自の世界を出しているのが「ヴェール」シリーズ。アクリル絵具を薄め、画布に直接流し込んで描かれたとされています。(真相は謎のまま)「スティニング」技法と説明がありました。


Green by Gold」金色と緑色 1958年


Gimel」 ギメル 1958年


Nun」ヌン 1959年

筆は一切用いていないそうです。ほとんどの作品が2.5m×3.5mほどもあるビックサイズ。アクリル絵具が乾く前に素早く描かねばなりません。一体どうやって?因みにルイスの奥さんは学校の先生。奥さんが昼間働きに出ている間にわずか4.3m×3.7mのスペースしかない自宅のアトリエで制作したそうです。

そのアトリエには生前その奥様でさえも入室が禁じられていたほど。彼がどのようにして描いたのか謎のままだとか。特に「薄めた絵具をどうやって端から端まで均等な濃度を保ってカンヴァスに定着させたのか?」など包み込まれそうな感覚に陥る巨大な作品の前でその謎は一層膨張し深まってゆくばかり。

でも、考えても分からないことに頭悩ますよりも、素直にモリスの「ヴェール」に包まれ身をゆだねてしまった方がどれだけ心地よいことか。諦めの早いO型の自分。早々に「ヴェール」に包まれる方をチョイス。

どこかしら植物的な雰囲気すら宿る作品群。
最初の展示室が最も見ごたえありました。

アクリル絵具で表現された巨大なキャンバスの上には、よどみのないモリスと重力が作りだした美しい世界が広がります。

因みにこちらは「Green by Gold」の上端の一部。

幾重にも重ねられ作り出されたものであることの証。

モリスと重力そして神により定められた予定調和の世界。

美術学校を卒業後奨学金をもらいニューヨークで制作活動をするも、評価は得られず逃げるかのようにし故郷ボルチモアへ。そこで前述の奥様と出合い結婚。世間の目や評価に流されることなく自宅のアトリエ(ダイニングルームを利用)淡々と独自の世界を作り出していったルイス。

まるで「世捨て人」のような画家さんです。

お金が絡みに絡んだ「アートの潮流」に流されないポジションで誰にも邪魔を受けずに黙々と薄めたアクリル絵具を狭いアトリエで流し、妻の帰りを待ちながら制作していた頃の作品が最も輝いて見えました。

はっきり言ってもっともっと作品に触れてみたい。
今回のモリス展で唯一残念な点が出展作品数が少ないこと。
総数15点ではちょっと。。。

「ヴェール」シリーズの他に「アンファールド」シリーズ


Omicron」 オミクロン 1960年


Delta Mu 」デルタ・ミュー 1960-61年

そして「ストライプ」シリーズも数点だけ。

Partition」 パーティション 1962年

アメリカの現代アートの作家さんの中では「止め時」をよく心得ている画家さんのように思えます。常設展にある大量のフランク・ステラの止め時を逸してしまった作品を展示しておくなら、モリスのヴェール・シリーズあと数枚展示した方が宜しいのでは。

尤も、止め時を逸し苦しみながら生きながらえているステラと止め時を踏まえそして肺がんで50歳の若さでこの世とお別れしたルイスを比較するには恰好の材料かもしれません。現代アート止め時見失ってしまうと、ポロックやロスコのように自ら死を選ぶことにも。

モーリス・ルイスの言葉です。
「どこで止めるかは、制作上とても重要なことです。」

「モーリス・ルイス展」は11月30日までです。晴れた秋の日に。

最後に「今日の一枚


VAV」ヴァヴ 1960年

【ロスコ・ルームは閉鎖中です】の案内が…

ロンドンのテート・モダンと川村記念美術館で、半世紀以上にわたって散逸したままのロスコ晩年の連作「シーグラム壁画」を集めた展覧会が開催。来年6月まではロンドンに貸出中の為、川村記念美術館の目玉「ロスコ・ルーム」は閉鎖。

テート・モダン 2008/9/26-2009/2/1
川村記念美術館 2009/2/21-2009/6/7

残念。。。その代わりに?テイトから「VAV」が。
貸し出し中のロスコの作品にそっくりなのは偶然なのかな〜

Mark Rothko
Mark Rothko

おまけ:千葉日報のルイス展紹介記事。

ルイスの世界に浸って 佐倉の川村記念美術館
抽象画15点紹介 アトリエも再現

 二十世紀アメリカ美術を代表する画家の一人で、モーリス・ルイス(一九一二−六二年)の抽象画を紹介、制作の秘密に迫る「モーリス・ルイス 秘密の色層」展が、佐倉市坂戸の川村記念美術館で開かれている。
 ルイスは、巨大なキャンバスに、薄めた絵具を幾重にも流し込む独自の手法で、美しい染め物のような作品を生み出した。現存する六百点のほとんどが幅三メートルを超える大作という。同展ではヴェール、アンフォールド、ストライプという三つの主要なスタイルの作品を中心に、国内外で所蔵されている十五点を展示している。
 会場では、使用した絵の具や不思議なタイトル、制作手法など作品にまつわる「秘密」も紹介。ルイスがアトリエとし、制作中は妻にも入室を禁じたという、自宅のダイニングルーム(四・三メートル×三・七メートル)の空間が会場の一角に再現され、どのように幅五メートル以上の作品を描いたのか―など、謎を体感することができるユニークな試みも。



それでは最後に「今日の美味」


銚子電鉄の「ぬれ煎餅
うるち米(国産)と書かれているけど大丈夫かな〜

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 川村記念美術館リニューアル
- 弐代目・青い日記帳 | 「ピカソ展」ー幻のジャクリーヌ・コレクションー
- 弐代目・青い日記帳 | 「マルク・シャガール展」&長谷川等誉「涅槃図」
- 弐代目・青い日記帳 | 「ゲルハルト・リヒター展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「ロバート・ライマン -至福の絵画」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「パウル・クレー展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アルベルト・ジャコメッティ 矢内原伊作とともに展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「ハンス・アルプ展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「驚異の深海生物」展


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1523

JUGEMテーマ:アート・デザイン


モーリス・ルイスは、1912年にアメリカの首都ワシントンD.C.に程近い港町ボルチモアに生まれました。地元の美術学校を卒業後、一時はニューヨークで活動しましたが、31歳で地元に戻ってからは、主にワシントンD.C.を制作の拠点としてきました。絵画講師のかたわら、自宅の小さなダイニングルームをアトリエとし、妻が仕事で外出している時間を、ひとり黙々と絵画制作に費やしたのです。

物静かで内向的、しかし創作に対する熱意を人一倍秘めていたルイスは、ポロックやロスコら同時代の画家が活躍するニューヨークとはあえて距離を置き、淡々と独自のスタイルを摸索しました。そんなルイスが、その後の美術の流れを変えることとなる画期的な作品を描き始めたのは1954年、41歳の時でした。それらは人の背丈をはるかに超える大きなカンヴァスに、薄めた絵具を幾層にも流し重ねた抽象画でした。まるで美しい染物のように、絵具がカンヴァスに染み込んで一体化し、完全に平面的な画面が生まれたのです。その後、画家は1962年に亡くなるまで染みの形や色の配列を違え、この手法を探求し続けました。

本展は、ルイスが遺した作品のうち、三つの主要なスタイル〈ヴェール〉〈アンファールド〉〈ストライプ〉を中心に15点前後が会する、日本では20年振りのルイス展です。
| 展覧会 | 23:15 | comments(7) | trackbacks(4) |
川村美術館は家から割と近いので、家人の運転でよく行きます。
春は菜の花や桜、夏は古代蓮など、季節を楽しめるのでピクニック感覚。
でもあそこで雨が降っちゃったら、確かにヒサンでしょうねぇー!

ハッとする色彩のモーリスさんの作品、見てみたくなりました。
「ヴェール」は布で描いてるのかなぁ?フシギだ…
またピクニックがてら、川村に行ってみようと思います。
| Arthur-co. | 2008/09/26 9:52 PM |

私の場合ポロックはともかくロスコはダメなんですが、モーリス・ルイス良いですね。ロスコより日本人好みというか、「空」を感じます。ぜひ実物を観てみたい。
川村美術館はちょっと遠いので2度しか行ったことがないのですが、ぐるっとまわったらとても素敵なんだろうな・・・
というのも2度行って2度とも雷雨に見舞われ、作品だけ鑑賞して退散というパターン・・・晴れ率の高いTakさんが今度行かれる際は教えて下さい、私も合わせて行きますんで!
| T.S. | 2008/09/27 8:02 AM |

@Arthur-co.さん
こんばんは。

そうそう、ピクニック気分で
愉しめる美術館ですよね、本来。
季節の花々もきれいだし。
写真お撮りになる方も大勢。

モーリスの作品に対峙する前は
どうやって?と考えていましたが
目の前に立つとそんな微細なこと忘れ去ります。

@T.S.さん
こんばんは。

ロスコだめですか。。。
ちょっと精神性きつすぎますかね。

ルイスはロスコがお嫌いでも
きっと必ず楽しめる作品かと。

シリーズによってばらつきがあるように
感じますが、やはり何といってもヴェールでしょう。
これにつきます。
| Tak管理人 | 2008/09/27 11:58 PM |

はじめまして。

私もルイス展を見に行きましたが、Takさんの記事がとても分かりやすいので、トラックバックさせていただきました。
よろしくお願いします。

偶然ながらハンドルがよく似てますね。
| taki | 2008/10/05 9:17 PM |

@takiさん
こんばんは。はじめまして。
TBありがとうございました。

佐倉までの道のりそうとう
長かったのではないですか。
それでも見ておく価値十分。
記事も拝読させて頂きました!

ハンドルネーム似たもの同士
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2008/10/05 10:50 PM |

こんばんは。ロスコ好きなもので期待して行きましたが、
むしろロスコとは全然違う部分に良さがあってとても楽しめました。
しかし国内にも随分と多く作品があるのですね。意識して見てこなかっただけに意外でした。
| はろるど | 2008/11/25 8:58 PM |

@はろるどさん
こんにちは。

埋没しがちな作風なのだと思いました。
毒がないというよりも
何かを強く表そうという意識が元々
この作家にはなかったのかもしれません。
その点でも謎多き画家さんです。
| Tak管理人 | 2008/11/26 8:05 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1523
モーリス・ルイス 秘密の色層-I
前回の記事に書いたように、9/28には日帰りで神戸は西の最果てから千葉県佐倉の川
| Taki's blog | 2008/10/05 9:10 PM |
モーリス・ルイス 秘密の色層 川村記念美術館
モーリス・ルイスという抽象画家。はじめて名前を聞く画家だと思っていたのだが、実は川村や東京都現代美術館で何度も作品を眺めていた画家だった。創作時期により、ヴェール、アンファールド、ストライプという3つのスタイルの作品を描いている。まずヴェールと呼ばれ
| つまずく石も縁の端くれ | 2008/11/02 10:48 PM |
モーリス・ルイス展
[画像] すぐにも降りだしそうな空の下、川村美術館で「モーリス・ルイス展」を観に行きました だいぶ前から、気にはなるが少々遠いしあれこれ他に観たいものもあるしためらっていましたが、あちらの方の友だちに会いがてら出かけることにしました 行って良かった・・
| 冬の虹 | 2008/11/14 10:06 PM |
「モーリス・ルイス 秘密の色層」 川村記念美術館
川村記念美術館(千葉県佐倉市坂戸631) 「モーリス・ルイス 秘密の色層」 9/13-11/30 『秘密』のカーテンの先には一体何が広がっているのでしょうか。20世紀アメリカを代表する画家(ちらしより引用)、モーリス・ルイスの軌跡をたどります。川村記念美術館での回
| はろるど・わーど | 2008/11/25 8:44 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...