青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シリーズ『美術史家に聞く』第二回:池上英洋先生 | main | ピカソ×ピカソ >>

大琳派展オフ開催します。

来週の火曜日から東京国立博物館にて開催される「大琳派展
琳派と言えば「はるるど・わーど」さん。
そのはろるどさんのご提案で、この度、大琳派オフを拙ブログと共催で開催する運びとなりました。


尾形光琳生誕350周年記念特別展「大琳派展」〜継承と変奏〜
10月7日(火)〜11月16日(日)

大琳派オフ
開催日:10月12日(日曜日)
一次会:東京国立博物館にて「大琳派展」を鑑賞(午後3時より)
二次会:上野駅周辺の居酒屋での懇親会(午後6時より2〜3時間程度)


三連休の中日ですが、お時間空いていらっしゃる方、大琳派展らしく派手にご覧になりたいとお思いの方、はろるどさんにお会いしたい方、この機会に是非!

参加ご希望の方は、以下の方法で参加表明を。

・mixiにアカウントをお持ちの方
 「大琳派オフ」専用のコミュニティがあります。そちらへご参加ください。
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3716102

・mixiにアカウントをお持ちでない方
 メールを、はろるどさん(harold1234アットマークgoo.jp)へ。

集合は午後3時、東京国立博物館の正門入口です。

目で観て単純に愉しめる琳派の世界。
難しい薀蓄は抜きにして煌びやかな装飾美の世界をご一緒に!

ご参加お待ちしております。

「大琳派展」をご覧になる前に、ご覧になった後も、また観に行けない方も
東京美術出版がこの展覧会に的をあわせ出し以下の三冊は必須アイテム.

もっと知りたい俵屋宗達―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) もっと知りたい尾形光琳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) もっと知りたい酒井抱一―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
「もっと知りたい俵屋宗達」 
「もっと知りたい尾形光琳」 
「もっと知りたい酒井抱一」

琳派三大巨匠アンケートコーナー好評実施中です。
三人の中からお好きな画家一人選んで投票して下さい!
投票結果」をクリックすると現在の得票数が分かります。



一日一票!アンケート:琳派三大巨匠誰がお好きですか?

「風神雷神図屏風」は、俵屋宗達の作品が元になり、尾形光琳が模写、さらに酒井抱一、鈴木其一が尾形光琳の作品を模写した4種を展示する。

マガジンハウスからもリンパ!

BRUTUS(ブルータス)おまえもか。。。嬉しいじゃないか〜

BRUTUS (ブルータス) 2008年 10/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2008年 10/15号 [雑誌]

琳派の継承者、山口晃さんの特集も!
裏表紙必見。

琳派好きも山口さん好きもこれを買わぬと絶対後悔します。

こちらは山下節炸裂の琳派特集。
美術手帖 2008年 10月号 [雑誌]
美術手帖 2008年 10月号 [雑誌]

山下裕二さん、琳派ってなんですか?
「う〜ん、普通、リンパって聞いたら『リンパ腺』のことだと思っちゃうよね〜」。ダジャレも満載、歯に衣着せぬ語り口で日本美術を切る山下さんとタッグを組んだ琳派特集。これまでの「琳派観」を一刀両断!!


【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | アンケート:琳派三大巨匠誰がお好きですか?
- 弐代目・青い日記帳 | 「対決-巨匠たちの日本美術」(最終週)
- 弐代目・青い日記帳 | 風神雷神 BE@RBRICK 発売!!
- 弐代目・青い日記帳 | 「琳派 RIMPA展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「琳派 四季の"きょうえん"展」
- 弐代目・青い日記帳 | 琳派展X「神坂雪佳-京琳派ルネサンス-」
- 弐代目・青い日記帳 | 日本の美「琳派」展 2004
- 弐代目・青い日記帳 | 「琳派 RIMPA展」(後期)

そうそう、同じ東博、表慶館で開催中の「スリランカ展」も是非!!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1530

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 本展は、琳派を代表する本阿弥光悦・俵屋宗達・尾形光琳・尾形乾山・酒井抱一・鈴木其一の六人の作品により、わが国の美術に大きな足跡を残したその芸術を展望しようとするものです。
 琳派の特徴のひとつとして、先達の作品に触発され、同じ主題の作品を描いている点があげられます。本展最大の見所のひとつは「風神雷神図屏風」など、同じ主題の著名作品を同時に対比展示することです。
 本展では尾形光琳を中心とした琳派の系譜を具体的にたどる一方で、各作家の独自性を約200件の作品により探ります。琳派芸術を余すところなく展覧するまたとない機会となります。どうぞご期待ください。
お知らせ | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

こんばんは!
はろるどさんのブログにも書いたのですが、今回残念ながら参加できません。
Takさん、みなさんと大琳派展&懇親会楽しみたかったのですが。

またの機会、皆様とご一緒できること楽しみにしています。
きのこ | 2008/10/03 1:54 AM
@きのこさん
こんばんは。

また別にやりましょう。
ハンマースホイと抱き合わせでもいいですよ。
あれは良い展覧会です。

しかし二日連続で飲むと流石に
こたえますね。ヘパリーゼ様様です。
Tak管理人 | 2008/10/03 8:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
いよいよ来週より東京国立博物館で「大琳派展」が始まりますが、拙ブログにて今回、「弐代目・青い日記帳」と共催する形でオフ会を開催することに致しました。 開催日:10月12日(日曜日) 一次会:東京国立博物館にて「大琳派展」を鑑賞(午後3時より) 二次会:上
大琳派オフのご案内 | はろるど・わーど | 2008/10/06 12:40 AM