弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「ボストン美術館 浮世絵名品展」
江戸東京博物館で開催中の
江戸東京博物館開館15周年記念特別展「ボストン美術館 浮世絵名品展」に行って来ました。公式サイト



名古屋ボストン美術館、新潟市美術館、福岡市美術館を巡回し多くの方を魅了してきた展覧会がいよいよ東京にやって来ました!

8月5日に行われた記者発表会で監修者の永田生慈氏が時間をかなりオーバーし熱く熱くこの展覧会の魅力について語っていらっしゃった姿目に焼き付いて離れません。正直その時はまだこの展覧会の凄さを見くびっていた感もあり、「永田さん熱くなりすぎだろ〜」と若干興ざめ気味でした。

ここのところ、太田や松濤で色合いの摺られた当時の色合いそのままの浮世絵の名品の数々を目にしていたこともあり、この展覧会甘く見ていました。

ゴメンナサイ。

私が悪うございました。圧倒的ではないですか!この展覧会は!!
色合いの素晴らしい作品だけ、本物の浮世絵のみしか展示されていません。

全てが目玉作品。
ボストン美術館ありがとう!大切に保存しておいてくれて。

とにかく画像からでもその状態の良さ一目瞭然。
こういう展覧会の記事に余計な素人の感想など要りません。
以下に取り上げた数点だけでももう十分過ぎるほど良さが伝わるはずです。

館内の写真は主催者の許可を得て撮影したものです。

【第1章 浮世絵初期の大家たち】


1730年
二代鳥居清倍「初代中村新五郎の佐野源左衛門と初代佐野川万菊の桜木

芝居絵専門の鳥居派による作品と懐月堂派の作品がメイン。
墨一色の墨摺絵も数点。まだこの頃は筆彩版画であるため、微妙な色のずれが楽しめる。スクリーントーンをわざとズラす技法を好んで用いた岡崎京子を想起。

1745年頃
無款(奥村政信)「駿河町越後屋呉服店大浮絵

今の日本橋三越。左上に「現金掛値なし」の看板が。

【第2章 春信様式の時代】


1769年頃
鈴木春信「水仙花

浮世絵を観始めた当初は春信の良さがさっぱり理解できなかったのですが、ここ一年で春信株急上昇。とにかく可愛い。真剣に描いているのにカワイイ。狙ってないところが好き。

炬燵から足を出し右側の女性がくすぐっている様子。そんな足長くないだろ〜と不自然さに突っ込み入れるのは野暮なこと。可愛ければそれで好し。

1763年頃
鈴木春信 「(見立三夕)定家 寂蓮 西行

細版用に3種類の女性を一枚に描いたものだそうですが、3枚に裁断される前の状態のまま現存している大変珍しい作品。

鈴木春信の署名も女性の脇にそれぞれ三ヶ所なされています。まさにレアモノ。

【第3章 錦絵の黄金時代】


1786年
鳥居清長「日本橋の往来

清長ってこうして浮世絵の歴史の中で観てみると、やっぱりちょっと異様な感じ。千葉市美術館では清長だけを集中して観たのであまり気にならなかったけど、今回はとても異様な存在に。

1800年頃
喜多川歌麿「蚊帳

やっぱり浮世絵黄金期にふさわしいのは写楽でも清長でもなく歌麿でしょう〜今回も5点ほどしか出ていませんが存在感十分。とりわけこの「蚊帳」なんてびっくりするくらい精緻。歌麿も凄いけどこれ彫った彫氏も凄い。

これですよ!これ!!刮目せよ!!

相変わらず指先もエロイし、口元なんて春画以上。

【第4章 幕末のビックネームたち】


1796年
歌川国政「三代目市川八百蔵

ポスターやチラシに使われている歌川国政の作品。
「幻の絵師」と呼ばれる国政。写楽以上にクローズアップし大胆な構図で役者の特徴を見事に表現しています。国政については以前NHKで紹介されていました。こちらの記事に簡単にまとめてあります。

1831年
葛飾北斎「富嶽三十六景 山下白雨

「なーんだ。よく見たことある富嶽三十六景じゃん」と侮ってはいけません。画像サーチしてみて下さい。きっとこれとは違うはず。初摺りの美しさ新鮮さそのままジップロックで保存していたよう。ついさっき北斎監修のもと摺り上がったようです。

この他に【下絵・肉筆・版本】のコーナーもあります。

1784年
北尾政演『吉原傾城 新美人合自筆鏡』 画帳

ボストン美術館へ大量の浮世絵コレクションを寄贈したスポルディング兄弟。しかし遺言により海外への貸し出しはもとより、ボストン美術館内での公開も禁じられているそうです。ですから今回も来日していないはず…

でも↑の作品はその幻のスポルディングコレクションです!種はこうです。遺言の中に「浮世絵」(版画)の貸し出しや公開については厳しく禁じられていますが、「版本」や「画帳」については何も触れられていない為、今回貸出okとなり公開される運びとなったそうです。



他にも数点この手を使い公開されています。ボストン美術館でも観られない作品。この展覧会観ずして浮世絵語れません。

「ボストン美術館 浮世絵名品展」は11月30日までです。是非!

ボストン美術館 浮世絵名品展公式サイト


むむむ・・・もしやこの方は。。。

やっぱり里見浩太朗さんだ!

これ「今日の一枚」にします。
音声ガイドのナレーションに初挑戦。
作品の背景や絵師のエピソードを解説している。この日は吹き込んだ自分の声を聞きながら、浮世絵を鑑賞。「違和感がない。絵の雰囲気とイケてるな、と」と照れながらも自画自賛していた。

すぐわかる楽しい江戸の浮世絵―江戸の人はどう使ったか
すぐわかる楽しい江戸の浮世絵―江戸の人はどう使ったか
辻 惟雄,浅野 秀剛,田辺 昌子,湯浅 淑子

ボストン美術館に所蔵されている褪色の少ない極上品の浮世絵をこの目で拝むことが出来る貴重な機会。因みにこの展覧会三部作となっているそうで、その第一回が今回、次回は鈴木春信中心にした錦絵の誕生。そして最後は今注目されている浮世絵師歌川国芳を中心とした幕末の浮世絵を紹介するそうです。

おまけ

10月18日放送の「美の巨人たち」でこの展覧会に出展中の磯田湖龍斎「雛形若菜の初模様」が放送になります。こちらも必見。

因みに次の週10月25日がフェルメール「小路」11月1日が尾形光琳「風神雷神図屏風」だそうです。
(11月8日ラウル・デュフィ「電気の精」11月15日上村松園「青眉」)

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「ボストン美術館 浮世絵名品展」公開記者発表会
- 弐代目・青い日記帳 | 肉筆浮世絵展「江戸の誘惑」
- 弐代目・青い日記帳 | 極上の歌麿
- 弐代目・青い日記帳 | 「MONET 大回顧展モネ」
- 弐代目・青い日記帳 | 「浮世絵-ベルギーロイヤルコレクション展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「肉筆浮世絵のすべて展」(後期)
- 弐代目・青い日記帳 | 「浮世絵 品川めぐり展」
- 弐代目・青い日記帳 | 水曜講演会「浮世絵の美と芸術-出光コレクションの名品から」
- 弐代目・青い日記帳 | 「広重 二大街道浮世絵展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「錦絵ってなんだろう?」
- 弐代目・青い日記帳 | 「美の競演- 珠玉の浮世絵美人展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩展」
- 弐代目・青い日記帳 | 北斎と広重展
- 弐代目・青い日記帳 | 特別展「広重が描いた日本の風景」
- 弐代目・青い日記帳 | 「浮世絵 品川めぐり展」
- 弐代目・青い日記帳 | 出張中の「発見」
- 弐代目・青い日記帳 | 「上野の桜」は8日まで。
- 弐代目・青い日記帳 | 『名所江戸百景』略して『江戸百』
- 弐代目・青い日記帳 | ゴッホが愛した・・・
- 弐代目・青い日記帳 | 何れ菖蒲か杜若。


それでは最後に「今日の美味

わん太夫さんから頂戴した「サントリーウイスキーボンボン
いつもご馳走さまです。感謝感謝。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1543

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ボストン美術館には5万点にのぼる浮世絵版画と、多くの版本・肉筆画が収蔵されています。その質の高さと数量は、世界一の規模と評価されてきましたが、近年までほとんど公開されることがありませんでした。この膨大なコレクションの中から、ビゲロー・コレクションを中心に第一級の浮世絵を厳選した本展出品作品は、版画132点、肉筆5点、下絵画稿類12点、版本10点で構成され、その大多数が日本初公開です。(作品保護のため、当館での展示は137点となります。)
本展は、初期浮世絵版画の誕生から幕末までの展開を、主要流派と絵師の作品により通覧できる、まさに浮世絵史の教科書ともいえる構成です。これは、ボストン美術館の各時代を網羅する膨大なコレクションだからこそ実現できたもので、浮世絵を通して江戸文化のダイナミズムを感じていただけることでしょう。なお、これまでほとんど公開されてこなかったボストン美術館秘蔵の浮世絵版画群は、いずれも保存状態良好な作品ばかりで、鮮やかな色目でお楽しみいただけます。
明治期にアメリカに渡り、ボストン美術館の一大コレクションとなった浮世絵作品が、一世紀あまりの時を経て、今回世界の宝となって日本に里帰りします。
華麗なる浮世絵の歴史を、この機会に是非ご堪能ください。

| 展覧会 | 23:43 | comments(16) | trackbacks(7) |
こんばんわ。
夏に福岡で見た展示がついにって感じです。
春信についてのくだりはほんと同感です。昔はぜんぜんいいと思わなかったのがウソのよう。
浮世絵も数を見るようになって、ようやっとあの色気が分かるようになったかなあと。
それにしてもクオリティの高い内容ですよね。
海外にあるのが歯がゆいような、でもおかげで見られるんだよなという複雑な気持ちがしちゃいます。
| あおひー | 2008/10/16 12:44 AM |

私は花魁の字がとても上手いのに感激しました。
知性溢れる美しい女性、大好きです〜
| 一村雨 | 2008/10/16 5:58 AM |

 素晴らしい!内覧会は贅沢ですね じっくり静かに対峙したいものですが、早々と混雑しているとか。
 mfa BostonのHPのcollectionで国政を堪能しましたが、やはり浮世絵は実際に拝見したいものですね。スポルディングコレクションも収載していて、春信なども素晴らしいものでした。
 プロジェクトの遂行と、今後次々と上陸を期待しています。
| panda | 2008/10/16 2:03 PM |

>ボストン美術館ありがとう!

Takさんのこの一言、まさに同じことを昨年の今頃、まさに同美術館の「浮世絵肉筆画〜ビゲローコレクション展」のときにそう思いました。

だいぶ昔のボストン美術館展のとき以来、
「幕末〜明治維新のドサクサにまぎれて(言葉が悪くてすみません。)アメリカ人がたくさんの日本の宝を持っていってしまった」と、ちょっと斜に構えた感情をずっと抱いていたのですが、
昨年の肉筆画展では、「こんなにきれいに保存してくれてありがとう!」と、ただただ感動しながらつぶやいてました。

だからこそ、今回の展覧会もひそかに(ひょっとすると大琳派展よりも?!)楽しみにしていました。

早く行かなくちゃ!
| Emmy | 2008/10/16 3:08 PM |

こんばんは
おお〜〜〜楽しまれ、感嘆されたご様子がよくわかります〜
名古屋で観たときもドキドキでしたが、やっぱり本場の江戸で見なあかんな〜と実感です。
来月の機会に再会して来ます。

わたしも春信は当初あんまり好きではなかったのですが、ある日突然好きになり、今では好きの上位の絵師です。
小村雪岱にハマッてから、眼が開かれたようです。
キャラもいいですが、背景や小物にも惹かれるんです。
| 遊行七恵 | 2008/10/16 9:55 PM |

本物の浮世絵だけが、海の向こうのボストン美術館に
集められているというのに驚きました!
| コンドル | 2008/10/16 10:27 PM |

こんばんは、毎回楽しみに拝読させていただいておりますが、初めてこちらでご挨拶させていただきますね。


今回の「ボストン美術館 浮世絵名品展」、先日夫が行ってきて「蚊帳がすごいんだよ」と言っておりました。
招待券もいただいてきてくれたのでありがたく鑑賞予定ですが、秋の展覧会が盛りだくさん過ぎて、どこにどう組み込んで良いのやら。

手帳とにらめっこしつつなんとか日程を決めたら、行く前にはこちらで少し勉強しなくちゃ。

これからもどうぞよろしくお願いします。



| ak | 2008/10/16 11:26 PM |

@あおひーさん
こんばんは。

春信に対して悪いことしていました。
今まで。
懺悔の気持ちも込めしっかりと観たいです。
国内にあったらこれだけの色や質で
残っていなかったでしょう。
浮世絵にとって日本は「長生き」が
難しい風土のようです。

@一村雨さん
こんばんは。

そこ感心しましたか!
昔は教養十分備わっていたそうですからね。
今は、、、

@pandaさん
こんばんは。

順調にお客さん入っているようですね。
東京に回ってくるまでにかなり
他の地方でご覧になられたブログ等で
この展覧会紹介されていたこともあるかも。

ボストン美術館のサイトは充実しています。
本気度全然違います。
あっぱれです。

@Emmyさん
こんばんは。

肉筆画の時のインパクトも相当なものありましたが
今回は知っている絵が違って見えるという怪現象が。

アメリカに浮世絵はじめ日本美術が多く
渡って行った経緯については杉本博司氏も
その著書の中で「肯定的」に書かれています。

高温多湿に加え、関東大震災や
空襲にみまわれた国。浮世絵守る
所ではありませんでしょうからね。

@遊行七恵さん
こんばんは。

再会ですか!それは良いことです。
展示替えがないのも嬉しいですよね。

老婆心ながらこんなに長期間
展示してしまっていいのと
こちらが心配してしまいます。

春信マジックって存在するのでしょうね。
私も今ではかなりの「重症」です。。。

@コンドルさん
こんばんは。

建築家のロイドも絡んでいるようですよ。
確か新書で出ていました。
機会あればご紹介します!

@akさん
こんばんは。

とんでもないです。
こちらこそお世話になっております。

お読み頂けるだけで十分です。
感謝感謝です。

蚊帳はほんとビックリです。
浮世絵にしばしば登場する
モチーフではあるのですが。。。
どうやって彫ったのでしょうね。

こちらこそ宜しくお願い致します。
芸術の秋は忙しいものですね。
嬉しい悲鳴です。
| Tak管理人 | 2008/10/17 7:20 PM |

こんばんは。
本当に豪華な浮世絵シリーズでした。
国政の市川八百蔵、格好良すぎでした!
国貞とともに、今回のお気に入りとなりました。

また、春信を私淑したという、
湖龍斎を見直したところです。

見所満載でした★
| あべまつ | 2008/10/17 9:25 PM |

@あべまつさん
こんにちは。

国政、珍しく予習をしていったので
様々な視点から見ることできました。
それにしてもカッコイイです!
役者さんも大満足でしょうね。

湖龍斎は以前、太田で衝撃を受けてから
大ファンとなりました。

また近日中に行かねば!
| Tak管理人 | 2008/10/19 2:41 PM |

こんばんは。バライアティに富んだ展覧会でした。
保存状態の良い浮世絵は見ていて気持ちがいいですね。

今回、磯田湖龍斎の《雛形若菜の初模様》シリーズが沢山来ていますが、わたしとしてはワンパターン的なこの遊里宣伝画よりも、その後、彼が力をいれた肉筆画のほうが、ずっと冴えているように感じています。

| とら | 2008/10/19 9:20 PM |

@とらさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

何だか我々も贅沢になってきてしまったようで
これくらいの高レベルの作品でないと
満足できなくなりそうな予感です。
それにしても仰る通り「気持ちいい」ですね!

磯田湖龍斎の作品の着物の柄がこれまた
鮮明に残っていてビックリしました。
それと「黒」の部分も。
大田で衝撃受けたのも確か肉筆画でした。
| Tak管理人 | 2008/10/20 9:05 PM |

こんばんは。
本当に保存状態の良いものが揃ってましたね。
紙面の凸凹やキラキラ感まで張り付くように観ました。

これに慣れてしまうと、普通の浮世絵が物足りなくなるのが困ったところです。
| mizdesign | 2008/11/10 10:14 PM |

@mizdesignさん
こんばんは。

仰る通り!
このレベルが「当然」となってしまうと
日本の美術館で浮世絵観られなくなってしまいます。
困った困った。

色褪せた浮世絵も時代を感じさせ
悪くはないのですけどね。。。
| Tak管理人 | 2008/11/10 11:17 PM |

こんばんわ。

素晴らしい展覧会でしたね。
保存状態が素晴らしく、あんなに色鮮やかだったのかと感動しました。
里見浩太朗さんいらしてたんですね!
ナレーション重厚だったのですが、ちょっと聞きずらかった気が・・・
| maru♪ | 2008/12/01 1:32 AM |

@maru♪さん
こんにちは。

来年も再来年もボストンから
浮世絵やってくるそうなので
まだまだ感動は継続されそうです。
このレベルに見慣れてしまう自分が
怖い気もしますが。。。

音声ガイド、向き不向きありますよね。
| Tak管理人 | 2008/12/01 8:04 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1543
ボストン美術館浮世絵名品展(福岡市美術館)
九州ツアーのラストは福岡市美術館のボストン美術館浮世絵名品展。 ちょうどこちらで始まって1週間。 朝一で行ってきました。 やはり、浮世絵ですから一点一点の大きさが小さいので、なるべく空いてる時間に行ったほうが正解なのです。 でもさすがに人気みたいで朝
| あお!ひー | 2008/10/16 12:39 AM |
ボストン美浮世絵名品展 その一
江戸東博で行われている‘ボストン美浮世絵名品展’(10/7〜11/30)を楽しん
| いづつやの文化記号 | 2008/10/16 11:28 PM |
ボストン美術館浮世絵名品展・江戸東京博物館 
10月6日、類い希なる機会を得て、ボストン美術館浮世絵名品展の内覧会に行ってきた。以来、ずっと有名浮世絵師の陰の至極の絵師達との遭遇に胸ときめかせている。
| あべまつ行脚 | 2008/10/17 12:33 PM |
ボストン美術館 浮世絵名品展 @江戸東京博物館
 数年前にボストン美術館の肉筆画展が大評判になったことがある。肉筆画の場合は、一点ものだから、比較の対照がないので、「綺麗だ!」とつぶやいているだけでよいのだが、版画の場合はそうは行かない。競争相手が沢山いるからである。  とくに最近では、ミルウォ
| Art & Bell by Tora | 2008/10/19 9:05 PM |
「ボストン美術館 浮世絵名品展」 江戸東京博物館
ついに、「ボストン美術館 浮世絵名品展」が東京に巡回して来ました。 この展覧会は、名古屋⇒新潟⇒福岡と巡回し、ここ東京が最終地で...
| あるYoginiの日常 | 2008/10/20 7:53 PM |
ボストン美術館 浮世絵名品展@江戸東京博物館
 平塚、鎌倉を経て最後は両国へ。江戸東京博物館で開催中の「ボストン美術館 浮世...
| 柏をたのしむ | 2008/11/10 9:54 PM |
「ボストン美術館 浮世絵名品展」
'08.11.22 「ボストン美術館 浮世絵名品展」@江戸東京博物館 これは見たかった。毎月恒例の砂風呂Pasir Putihの日。いつも一緒に行ってるbaruとFちゃんがダメになってしまいお一人様での入浴となった。江戸東京博物館は土曜日のみ19:30まで開館。帰りに寄ってみるこ
| ・*・ etoile ・*・ | 2008/12/01 1:23 AM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...