青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「都市の表象と心象」 | main | 「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展 >>

100円浮世絵カレンダー(2009年)

去年に引き続きDAISO(ダイソー)で
浮世絵カレンダーを購入して来ました。



勿論値段は昨年同様100円(105円)
2008年カレンダーは今年に入ってからたまたま
お店に残っていたものを発見し購入したのですが、
今年は「狙って」わざわざダイソーまで。



まだ、今の時期ですと在庫も豊富。
お目当ての浮世絵カレンダーもA4とA5の二種類が。
(ただしどちらも絵柄は一緒)

昔話であれば、大抵こういう時は「小さいつづら」を
選ぶのでしょうが同じ100円なら「大きいつづら」をと
迷いもせずにA4サイズを持ってレジへ。

見開きでA3サイズ。これで100円はお得。
8月
鈴木春信「虫籠を持つ母と子

今にして思えばどうせ100円、両方買って来ても良かったなかと。
でも、家中カレンダーだらけになってしまうのも何だし。。。
既に、2009年フェルメールカレンダーはじめ
ウォーターハウスのカレンダーなど既に数点来年の出番を待っている状態。

John William Waterhouse 2009 Calendar
John William Waterhouse 2009 Calendar

どうも、昔からカレンダーとTシャツは見境なく
「いい!」と思うと買ってしまう悪い癖が。。。

ありません?そういうモノ?
目にするとその度に欲しくなってしまうモノ。

一度も袖を通していないTシャツやネクタイ等など。

繰り返しになりますが、まぁ100円だから
そんなことまで考える必要もないのですけどね。


絵柄もその月々にあった浮世絵が選ばれています。

ツルツルの紙にプリントされているので
仕上がりは如何にも「印刷」って感じです。

そこがまた「チープ感」醸し出していていいところ。
これが西洋絵画の名画だったりするとチープ感が仇となり
100円の安っぽさ丸出しでしょうが、如何せん浮世絵です。
ある種絶妙の取り合わせではないでしょうか。

10月
歌川広重「堀切の花菖蒲

壁に掛ける為に空いている「穴」がまるで「お月さま」のよう。
やるな〜ダイソー

12月までにまだ幾つかカレンダー増える見込み。
ほぼ出揃ったらこの浮世絵100円カレンダーどこに
掛けるか決めようと思います。

祝祭日や大安、友引などもしっかり記されているので使い勝手も抜群。
まだきっと店頭にあるはずです。105円なら文句なしです。

そうそう、浮世絵といえば先日のニュースにこんな話題がありましたね。

広重の肉筆画発見 来月7日から川崎で公開(2008/10/21)
 「東海道五十三次」で知られる江戸時代の浮世絵師、歌川広重の肉筆掛け軸一対が発見された。1850年前後に広重が天童藩(現山形県天童市)のために描いた「天童広重」と呼ばれる肉筆画のひとつとみられる。「天童広重」に詳しい栃木県那珂川町の馬頭広重美術館の市川信也学芸員が、静岡県の収集家に鑑定を依頼され、昨年夏に真筆であることを確認した。
 発見された掛け軸は幅約30センチ、長さ約90センチ。霞のかかった箱根二子山の春の風景と箱根権現社の秋の風景が描かれている。
 「浮世絵師である広重が墨を基調にしてその濃淡だけで表現した大変珍しい作品。『天童広重』特有の粗い絹地に描かれていること、拝領箱に納められていることからも間違いなく真筆」と市川さん。
 「天童広重」は天童藩の藩医、田野文仲の仲介によっておよそ200幅が制作されたが、海外流出および関東大震災と東京大空襲による焼失によって、現在確認できるのは80数点という。
 作品は川崎市川崎区の「川崎・砂子の里資料館」で来月7日から公開される。



川崎・砂子の里資料館 お邪魔したことありませんのでこの機会にちょっと京急に揺られ川崎まで。駅から徒歩3分。入場は無料だそうです。現在「小林清親展」開催中。来月7日からは「開館8周年記念 広重名品展」が開催されるようです。

デジタル塗り絵 彩(いろどり) ~浮世絵編~
デジタル塗り絵 彩(いろどり) ~浮世絵編~

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「浮世絵-ベルギーロイヤルコレクション展」
- 弐代目・青い日記帳 | 水曜講演会「浮世絵の美と芸術-出光コレクションの名品から」
- 弐代目・青い日記帳 | 「ボストン美術館 浮世絵名品展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「肉筆浮世絵のすべて展」(後期)
- 弐代目・青い日記帳 | 「美の競演- 珠玉の浮世絵美人展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「肉筆浮世絵のすべて展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「浮世絵 品川めぐり展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「ボストン美術館 浮世絵名品展」公開記者発表会
- 弐代目・青い日記帳 | 「広重 二大街道浮世絵展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「錦絵ってなんだろう?」
- 弐代目・青い日記帳 | 肉筆浮世絵展「江戸の誘惑」
- 弐代目・青い日記帳 | 「風俗画と肉筆浮世絵展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「美の競演- 珠玉の浮世絵美人展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩展」

おまけ
こんなカレンダーもあるのですね!驚き!!
月岡芳年海外でも人気ありそうです。確かに。
Yoshitoshi Aspects of the Moon 2009 Calendar
Yoshitoshi Aspects of the Moon 2009 Calendar
Museum of International Folk Art

礫川浮世絵美術館での「月百姿」月岡芳年展は今月25日まで。
とらさんと、遊行七恵さんの記事それぞれ読み応え十分!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1555

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは
このダイソーカレンダー毎年可愛いですよね。
掛け穴を月に見立てる、風流です〜〜♪

ところで国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館というところで来春早々「帰ってきた浮世絵」として幕末から明治に活躍した楊州周延の展覧会があります。
ちょっと三鷹なので遠いなと思いつつ、既に予定を立てようとしているわたしです。
遊行七恵 | 2008/10/28 12:40 PM
こんばんは
カレンダーとT-シャツ!
私もつい買ってしまうほうです。

記念にと思い、外国で買う事が多いです。
  が、
ほとんど 月曜日から の 始まりです。
旗日は、ずれてます。

T-シャツ は、でかい!

でも、必死で買います。

今日、¥⇒&#8364; 両替しました!!

このたび、私もブログを始めました。
(分からない事が、多いです。どうぞ、よろしく)

   ♪名前変えました♪
Baroque | 2008/10/28 9:41 PM
↑のBaroqueです。
さっそく間違いました。

正・¥ ⇒ &#8364;  両替しました!!
誤・¥ ⇒ &#8364;&♯8364; 両替しました!!

(円高のようなので〜、もっと遅いほうが、いいかもしれませんが〜。 $ は、ありませんでした。)
Baroque | 2008/10/28 9:57 PM
スミマセン
上のBaroqueです。

‘円 から ユーロ に両替した’というだけの事です。

懲りないで、どうぞ よろしく。
Baroque | 2008/10/28 10:02 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。

ICUですか〜
これまた遠いなーー
観たいのはやまやまですが
多分行けないかな。。。
上野すら来月は易々と行けなそうな雲行きです。

展覧会欠乏症発症するかも。

@Baroqueさん
こんばんは。

買ってしまいますよね〜
サイズの合わないTシャツも数しれず。
大きいのでしたらそれでも
無理して着るのですが
小さいとなると厄介です。
買ってから気付くのがいけないのですけどね。

ブログは探してみますね。
楽しみ楽しみ。
Tak管理人 | 2008/10/28 10:49 PM
100円でここまで楽しめるんならね(^o^)
ダイソー、近所にあるから行ってみよっと♪
サッチャン | 2008/10/29 6:22 PM
@サッチャンさん
こんにちは。

ついつい余計なものまで
買ってしまいますよね。
500円以内で!
Tak管理人 | 2008/10/30 4:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1555
この記事に対するトラックバック