青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大英博物館のORIGAMI | main | あおひーさん写真展開催!! >>

「カラーハンティング ブラジル」

東京都現代美術館で開催中の
「カラーハンティング ブラジル」に行って来ました。



大いに酔っ払って眠くてたまらないので
取りあえず画像だけ。。。オヤスミナサイ。



 
イッセイミヤケのクリエーティブディレクター藤原大が、南米の自然や都市から色を採取したプロジェクトを紹介する展覧会「カラーハンティング ブラジル」が、10月22日に東京都江東区の東京都現代美術館で始まった。アマゾンの森やリオデジャネイロの街で色を探しだし、テキスタイルや染色に応用する制作過程を写真や映像、その手法から生まれた服などで展示。





Jungle Phone
植物そのものから音が発生する音響発生装置「生け花スピーカー」を発明した古賀啓司氏とのジョイント企画「Jungle Phone」

藤原大 
多摩美術大学デザイン学部染織科卒業後、三宅デザイン事務所入社。
ISSEY MIYAKE のコレクションデザインスタッフを経て、1998年より三宅一生と共に「A-POC」プロジェクトをスタートさせる。「A-POC」にて2000年度グッドデザイン大賞を受賞。「A-POCのデザイン」にて2003年度毎日デザイン賞を受賞。2006年10月よりISSEY MIYAKE クリエイティブディレクターに就任。2008年春夏コレクションでは、英国の掃除機メーカーDYSON社とコラボレーションを行い、今までにはない服作りのあり方を発表。




入場は無料。

出品作家
藤原 大 + イッセイ ミヤケ クリエイティブルーム:日本在住
カンパナ・ブラザーズ:ブラジル在住

2009年1月12日まで開催しています。

同時開催
ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力
森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ 写真展−共鳴する静かな眼差し

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1558

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ブラジル移民100周年、「日本ブラジル交流年」を記念して東京都現代美術館で開催される「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」展と同時に開催される本展では、日本のクリエイターがブラジルの自然に触れ、色に関するインスピレーションをもとにつくりだされる創作と、ブラジルのクリエイターの色の世界を展示します。

COLOR HUNTING(カラーハンティング) − 自然や都市にある本物の色を採取しテキスタイルやパターンを創り出すデザインアプローチ。アマゾンの自然から本物の色を探しだし、都市の写真を回転させることで色を抽出するという独創的な方法でテキスタイルパターンを制作。テキスタイルによる空間インスタレーション、アマゾンやリオデジャネイロでの制作プロセスの写真や映像、そしてこの手法から生まれた服など、日本のクリエイターの視線とその作品を展示します。
カンパナ・ブラザーズはサンパウロ在住でファベーラ(スラム街)の人々とともに町の中の色やビニールチューブやワイヤーなどの素材を集め、家具などをデザインします。これらの家具などを展示するとともに、カンパナ・ブラザーズの監修によるワークショップでパネルを制作し、カンパナ・ブラザーズの世界観を藤原氏のカラーハンティングによるものづくりと交差させます。
展覧会 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ネオ・トロピカリア展に行こうと思っておりました。
でも、この展示は見落としていました。カンパナ兄弟のイスがみられますね。よかった〜森山大道と併せて全部一度に楽しめそうです!
kero | 2008/10/31 12:00 PM
@keroさん
こんにちは。

プリーツが一枚は欲しいと思っていたら
こんな展示が!買えといわんばかり。
今のMOTはとっても充実しています。
Tak管理人 | 2008/11/01 7:50 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1558
この記事に対するトラックバック