青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あおひーさん写真展開催!! | main | 蜷川実花スペシャルトークショー >>

「大琳派展」風神雷神

東京国立博物館で開催中の
「大琳派展−継承と変奏−」に行って来ました。
(展示替前の「大琳派展」の感想はこちら。展示会場内の写真もあります)


尾形光琳生誕350周年記念特別展「大琳派展」〜継承と変奏〜
10月7日(火)〜11月16日(日)

10月28日から俵屋宗達の「国宝 風神雷神図屏風」がいよいよ展覧会会場に登場。これで、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一による4種類「風神雷神図屏風」が一堂に会しました。

こちらの記事にある館内見取り図「1」の場所にコの字型に四作品が展示されていました。「対決展」でも宗達と光琳の「風神雷神図」が同時に公開されましたがその時とはまるで違った趣。同じ東博とは思えないほど。

更に2006年に出光美術館で開催された「国宝 風神雷神図屏風展」にて宗達、光琳、抱一の三作品が揃い踏みした時とは全然違った印象を与えます。

「見る目」はさほど養われていない故、会場、場所が作品鑑賞に与える影響がいかに大きいかあらためて実感(「大琳派展」来て今さら感もありますが…)

会場の雰囲気を何とかして表そうとしたのですが、術無く諦め。
小さな画像ですが、お許しあれ。


上:俵屋宗達 下:尾形光琳


酒井抱一


鈴木其一

ちょっとこれから出かけてこなくてはなりません。
帰宅したら続きを書きます。(泥酔していなければ)

高階先生の素晴らしい文章でひとまずご勘弁を。
絵画の世界で同じような例を求めるなら、東京国立博物館にある酒井抱一の二曲一双の〈夏秋草図屏風〉を挙げることができるであろう。この作品は、現在では保存のために別仕立てになっているが、もともとは光琳の〈風神雷神図屏風〉の裏に描かれたもので、表の「風神」に対して風に吹かれる秋草、「雷神」に対して夕立の後の水流と夏草という構成になっていた。敬愛する先人光琳に対する抱一の機智に富んだ応答であり、オマージュである。だが、表の金地に対して銀地で答え、余計なものを一切排除したそのデザインの妙もさることながら、ここで特に注目すべきは、抱一の行なった改変である。実は光琳の〈風神雷神図〉の構成は、さらに先輩の宗達の同主題の作品のそれをほぼそのまま受け継いだもので、風や雷といった自然現象を擬人化した姿で表わすその図像表現は、本来日本のものではない。雷神の図像はおそらくは中国で、風神のそれはさらに遠く西域で成立したであろうとされているが、いずれにしても、大陸渡来の表現である。だがその表現を受けた抱一は、第一に人体モティーフを拒否して、草花と水流という自然のモティーフだけで画面を構成し、さらにそれを、夏の夕立と秋の野分という季節の循環のなかにはめ込んだのである。そこには、人間中心的な擬人化された神々の姿よりも、いっそう身近な自然の変化を好む日本人の感性がよくうかがわれると言ってよいであろう。
高階秀爾「記憶の遺産」より

追記:
この日は船橋で、一村雨さんとはろるどさん三人で男飲み。
午後6時から飲み始め気が付くと終電があやうい時間に。。。

案の定泥酔。。。

可笑しかったのが、前日の金曜夜間開館時に三人とも
東博に居合わせていたことが発覚!

それぞれ誰も気が付かなかった…_| ̄|○

1000ピース 金彩 風神雷神 1000-72
1000ピース 金彩 風神雷神 1000-72

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「琳派 四季の"きょうえん"展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「琳派 RIMPA展」
- 弐代目・青い日記帳 | アンケート:琳派三大巨匠誰がお好きですか?
- 弐代目・青い日記帳 | 日本の美「琳派」展 2004
- 弐代目・青い日記帳 | 琳派展X「神坂雪佳-京琳派ルネサンス-」
- 弐代目・青い日記帳 | 「大琳派展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「琳派 RIMPA展」(後期)
- 弐代目・青い日記帳 | 琳派にクリスマスリース
- 弐代目・青い日記帳 | 「国宝 風神雷神図屏風展」
- 弐代目・青い日記帳 | 風神雷神 BE@RBRICK 発売!!
- 弐代目・青い日記帳 | 「風神雷神図屏風」もいいけど...
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール・ワインに風神雷神・ベアブリック
- 弐代目・青い日記帳 | 「対決-巨匠たちの日本美術」(最終週)
- 弐代目・青い日記帳 | 「CowParade東京 in 丸の内 2006」
- 弐代目・青い日記帳 | お礼「大琳派オフ」
- 弐代目・青い日記帳 | 「美術のなかの『写』展」


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1560

JUGEMテーマ:アート・デザイン


展覧会 | permalink | comments(4) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

Takさんの視点を参考にして、風神雷神図屏風と襖
本阿弥光悦の楽茶碗のガラス越しに眺める鑑賞を
楽しんできました。一服!
4作品の引き揃えで、時空を超越した体験は贅沢でした。
もっと贅沢したい人は閉館直前の第1会場を狙うべし 
(ほぼ)独占!
panda | 2008/11/01 11:24 PM
今日、その近くにいました。
午前中、東京都美術館の人ごみの中に。
これで、ワシントンにある3作品、
ケンウッドハウス、ボストンで盗難されたものの
残り5つになりました。
Jun | 2008/11/01 11:42 PM
こんにちは
やっぱり四つ勢ぞろいというのは、すごいです。
人波にもまれながらでも、贅沢な気分を味わって
きました。
でも、ゆっくりしたときにもう一度あの空間に
身をおきたいです。
すぴか | 2008/11/02 11:52 AM
@pandaさん
こんばんは。

あの鑑賞方法中々よいでしょ!
ちょっと自慢。
今回も同じことしてきました。
一服。

金曜の夜予想に反して混雑していました。
しかし、同じ会場に一村雨さん、はろるどさんが
いらしたこと後日知ってびっくり!

@Junさん
こんばんは。

フェルメール展会期があれだけ
長いと異常な混雑はないですよね。
のこり5作品。
もう目の前ではないですか!!
頑張ってください〜ラストスパートだ!!

@すぴかさん
こんばんは。

大勢いる中で観るからまたいいのかもしれません。
風神雷神に弄ばれているかの如く。
最終日の最後の最後にまた行きます。
この目にしかと焼き付けるために。

TBありがとうございました!
Tak管理人 | 2008/11/02 10:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1560
この記事に対するトラックバック
大琳派展に《風神雷神》が勢揃いしたというのでまた出かけました。(10/31) 10時前についたのでそれほど混んではいませんでした。しめたと思ったのですが、やはり その室に入るとすごい熱気で、見渡しても一緒に見ることは出来ず、列についてそろそろと ながめ
大琳派展 (その3) 風神雷神図 | すぴか逍遥 | 2008/11/02 11:31 AM
 当初「毎週通ってやるー!」とか息巻いていたわりにしばらく都合がつかず、昨日やっと3回目の観覧に行ってきました。しかし少しゆっくりめ...
大琳派展 継承と変奏(3) 風神の風 | 千尋の美術散歩 | 2008/11/03 10:23 AM
'08.11.07 「大琳派展 〜継承と変奏〜」@東京国立博物館・平成館 ずっと見たくてやっと見てきた。なぜ美術館は5時頃に終わってしまうんだろう。ほとんどの人がそんな時間帯では行けないと思う・・・。東京国立博物館は金曜日のみ8時まで開館。やっと見れた。 琳派
「大琳派展 〜継承と変奏〜」 | ・*・ etoile ・*・ | 2008/11/17 1:35 AM