青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「ミシュランガイド東京2009」出版記念パーティー
表参道ヒルズ本館で開催された「ミシュランガイド東京2009」出版記念セレモニー/パーティーにお邪魔して来ました。



ミシュランガイドに星付きで紹介されているようなお店、レストランに行ったこともない自分がなぜ故パーティーなんぞに招待されたのか謎。ミーハーな部分見透かされたかな。多くの日本人同様、格付けやランキング等には興味津々。

昨年11月にアジア初のミシュランガイドとして「ミシュランガイド東京2008」が発売となり大きな話題と賛否両論を巻き起こしたのはまだまだ記憶に新しいところ。

クリスマス色の街は嫌いでもないし、たまには美術館、博物館以外の場所へ出かけ「見識」を広めるのも悪くはないと算段。

事前に送付して頂いたミシュランガイドの歴史を通読。
ミシュランガイドが初めて発行されたのは1900年のことだそうです。

1990年当時のフランスにはわずか3,O00台足らずの白動車しかなく、クルマによる旅は往々にして冒険に満ちたものでした。
自動車の大きな将来性を確信していたミシュラン兄弟は、自動車、ひいてはミシュラングループの発展を促そうと、クルマでの旅をより快適なものにするための小さなガイドブックを発行しました。1900年8月に35,000部発行されたこの小冊子が、今日名高いミシュランガイドのはじまりです。そしてその序文には「この本は新世紀の夜明けに生まれ、少なくとも世紀が続く限りともに存在し続けるでしょう」というアンドレ・ミシュランの言葉が記されています。このガイドブックは自動車修理工場やタイヤ販売店で、無料で配布されました。




1900年当時は「無料で配布」されたんですね。有料化されたのは1922年になってからだそうです。アンドレ・ミシュランが、とある修理工場で作業台の足代わりに積み上げられたミシュランガイドを目にし「人はお金を払って買ったものしか大切にしない」と考え有料化に踏み切ったそうです。

フランスのみならずヨーロッパの国々も紹介するようになり、現在はなんと22ヵ国ものミシュランガイドが発売になっているそうです。その中で最も新しく仲間入りしたのが日本。(アジアはこの後、香港・マカオが発売となる予定)



さて、昨年の「ミシュランガイド東京2008」では三つ星を獲得したお店が8軒ありましたが、今年はそれに更にもう一軒加わり合計9軒に。

今日、その栄誉ある三つ星を獲得したお店の板前さんやシェフらが表参道ヒルズに集結。左端はミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏。そして右端は…ミシュランマンこと「ビバンダム」


今回新たに三つ星を獲得したのはこちらのお店。

日本料理「石かわ」(東京都新宿区神楽坂)石川秀樹氏

これで、「ミシュランガイド東京2009」のセレクションは、三つ星レストランが9軒、二つ星が36軒、一つ星が128軒に。

「ミシュランガイド2009」のセレクション
・石かわが、新たに三つ星を獲得
・14軒のレストランが新たに二つ星に、35軒が一つ星に加わる
・累計で227個の星が輝く東京は、世界一「星」の多い街としてリードを広げる


出版記念セレモニーが終了し、記念パーティーへ。
この会場にてやっと「ミシュランガイド2009」がお披露目されました。



ミシュランは本日、厳選したレストランとホテルを紹介する「ミシュランガイド東京2009」のセレクションを発表しました。今回掲載される施設は合計203軒であり、このうち173軒がレストラン、30軒がホテルです。「ミシュランガイド東京2009」目本語版・英語版は、2008年11月21日(金)に発売されます。

 ミシュランガイド東京2009 日本語版

店頭に並ぶのは今週の金曜日から。
一足お先に中身を拝見。

実は「ミシュランガイド2008」を見たことなかったので、100年以上の歴史を有する世界一有名なガイドブックを手にするのはこれが初めて。

ここで星が付こうが付くまいが、美味い不味いを決めるのは自分自身。とは言いつつも…結構(かなり)面白い!読み応えあるんですね。かなり。料理を店を紹介するのにこういった表現を使うのか〜と変な点で感心。

絵の感想を書く時にも使えそうな表現多々。
もしかしてこれからの展覧会の感想ちょっと変わるかもしれませんよ〜



何はともあれ場違いながらも楽しいひと時過ごすこと出来ました。
ご招待いただきありがとうございました。

シャンパンとケータリングのお料理
とても美味しかったです!!


ところで、これってどこまで本当なの?

ミシュランガイドは、可能な限り信頼できる情報を読者に提供するために、毎年、新しい版を発行しています。2008年版に掲載されたレストランとホテルを再度、調査することはもちろん、前回、掲載にはいたらなかった施設、新たに侯補に上がった施設についても調査を行いました。昨年2008年版を発行した直後から、ミシュランの杜員である専任の調査員たちが2009年版のための調査を匿名で行ってきました

ミシュランガイド東京2009 日本語版
ミシュランガイド東京2009 日本語版

Michelin guide ミシュランガイド東京 2009」は11月21日発売。

こんなイベントもあるそうです。
 日本ミシュランタイヤは「ミシュランガイド東京2009」の 11月21日発売を記念し、都内2書店でイベントを開催。20日午後11時半からTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで、同書の総責任者ジャン=リュック・ナレ氏が出席しての発売カウントダウンイベントを、21日午後6時半からは八重洲ブックセンター本店でナレ氏の出版記念トークショー&サイン会(問合せ=TEL03-3281-7797)を実施する。

おまけ:
記者さんやカメラマンさんに取り囲まれる石川氏


何とか頑張ってお話伺ってみました。

まだ43歳とのこと!若い!
それにしても日本料理店とお寿司屋さん多いな〜

因みに、かみさんは数年前に神楽坂の「石かわ」に行ったことあるそうです。
他にも仕事からみで☆付きレストランここも、あそこもとはしゃいでいました。
夫婦間格差社会。。。

【関連エントリ】
パーティー会場での三つ星シェフたち

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1577

JUGEMテーマ:アート・デザイン





ヨーロッパ各国に急速に広まったミシュランガイドですが(1904年にはフランスから初めて国境を越え『ミシュランガイド・ベルギー』を出版)、初の米国版となる『ミシュランガイド・ニューヨークシティ』が発売されたのは2005年でした。翌年には『ミシュランガイド・サンフランシスコ/ベイエリア/ワインカントリー』が続き、2007年11月には『ミシュランガイド・ロサンジェルス』『ミシュランガイド・ラスベガス』が発売されました。
2007年の終わりに、日本を対象としたアジア初のミシュランガイドが発売されました。『ミシュランガイド東京2008』の目本語版は2007年11月に発行され、発売開始から4日間で初版12万部をほぼ完売し、さらに5週間以内に27万部の売上げを記録しました。

1900年、ミシュランガイドはフランスの情報のみを紹介していました。
その後、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェイ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国、日本が次々とシリーズに加わり、2008年現在、ミシュランガイドの対象国は22カ国に広がりました。
| 読書 | 23:55 | comments(12) | trackbacks(4) |
 こんにちは。
 ミシュランガイドが最初は無料配布だったことですが、「人はお金を払ってこそ価値を認識する」という点が面白いと思いました。
 最初は無料公開をし、価値を高めるためにも有料化になり、その後認識が定着したらもう一度無料になれば理想です。その業界の人たちの腕の見せどころでもありますね。
 美術作品などもそんな風に世に出ていいったらいいのにと思いました。
| パレット | 2008/11/19 10:06 AM |

こんにちは!
Rikiyaと申します。

昨日のパーティーのご参加、どうもお疲れさまでした。
僕もようやく今、写真の整理が終わり、明日からブログの更新を行おうと思っています(^^)

とってもお上手に文面をまとめておられるので、僕も頑張って更新したいと思います♪

今後とも、どうぞよろしくお願い致します!
ありがとうございました。
| Rikiya | 2008/11/19 6:31 PM |

こんばんは。
昨日は、写真撮影の際に場所を譲ってくださり、
ありがとうございました!!!

丁寧でわかりやすいレポ、見習いたいです。
(昨晩、熱に浮かされたようにレポをかいてしまったので)
続編は、私も読む人にわかりやすい文章をこちらを参考にまとめさせていただきたいと思います。

| Gina | 2008/11/19 11:17 PM |

@パレットさん
こんばんは。

100年以上も歴史があるそうです。
でもヨーロッパを飛び出したのは
ごくごく最近のことらしいです。
「タイヤメーカー」ですからね。

西洋美術館などはスポンサーをつけ
積極的にそうした取り組みしているように
見受けられます。

@Rikiyaさん
こんばんは。

先日はどうもありがとうございました。

人みしりな為(嘘)あまり積極的に
こちらからお話することしませんでした。
場違いな美術ブロガー。。。

すぐまとめないと忘れてしまうので
取り敢えず寝る前にささっと書きました。
詳しいことはお任せします!

こちらこそ
どうぞ宜しくお願い致します。

@Ginaさん
こんばんは。

先日はどうもありがとうございました。
写真ばっちり撮れていますね。
良かった良かった。

普段は絵のことしか書いていないので
こうした華やかなダイナミックな空間を
文字化するのは不慣れです。。。

あす発売ですね。いよいよ。
| Tak管理人 | 2008/11/20 11:59 PM |

ミシュランと聞くとまずタイヤなんですよね。
F1のせいかな。
このグルメ本と一緒のミシュランだと昨年まで知りませんでした(*^^*)
| サッチャン | 2008/11/21 3:11 PM |

はじめまして。
パーティでご一緒させていただきました、KOTTYです。
ちょこちょこ動き回っておりましたが、
あのような、特別な空間でご一緒できて楽しかったです。

分かりやすいミシュランの説明・・・
私はまだまだブログ初心者なのですが、見習います!
| KOTTY | 2008/11/21 7:02 PM |

@サッチャンさん
こんばんは。

ミシュラン製のタイヤ
一時耐久性に問題あって
かなり叩かれましたよね。
F1の世界で。今は改善したのかなーー

@KOTTYさん
こんばんは。
先日はお世話さまでした。

場違いなところへ
迷い込みやることなく
ふらふらしていました。

帰宅して記事書くことだけを
生きがいにしています?!

今後とも宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2008/11/21 11:47 PM |

こんにちは。
稚ブログにまで コメントをいただきありがとうございました。

いつも ブログの方 拝読させてもらっておりました。

もしかしたら 会場でお会いできたかも、と思うと残念ですが やっぱり 敷居が高かったようなので 勉強を重ねていきたいです。 ミシュランの記事もわかりやすかったです!
| スノーパンダ | 2008/11/22 7:08 AM |

Takさん、はじめまして。
とてもわかりやすく、羨ましく拝見しておりました。
私もミーハー的には、美術館に行きますが、この美術ブログもすごいです。
| ピッコロ | 2008/11/22 11:31 AM |

@スノーパンダさん
こんにちは。

記事を拝読シ、スノーパンダさんも
いらっしゃっていたのかと
一瞬勘違いしてしまいました。

スノーパンダさんのブログはとても
見やすく、読みやすく楽しい気持になります。
見習うべき点多々あり大変参考になります。

今後とも宜しくお願い致します。

@ピッコロさん
こんにちは。はじめまして。

料理のことやレストランのことは
全く分かりません。らーめん屋なら
少しはわかるかも。。。

美術館巡りをしている時が最高に
幸せを感じるおかしな人間ですが
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2008/11/23 10:29 AM |

知ったようなことを申し上げるつもりはないんですが(って、言ってるか…)、☆☆☆になると、やっぱり「知らない世界」なのですが、☆〜☆☆ですと、ああやっぱり、と、頷けます。

去年もそう、今年新たに加わったお店もそうなんですが、☆が付く前に、食事した時、必ず“気持ちのいい”思いをしているんです。
お味は言わずもがな、こう、サーヴする側の引き算を心得たもてなしをしているんですよね。
「美味しかった」だけじゃない、「ああいい気持ちになったな」と感じたお店なんです。
オーナーと料理人とソムリエと揃わないと(兼ねるお店もありますね〜また、和のお店にも必ずソムリエがいらっしゃる)これ、感じられないのかなあと思ってみています。

だから、「ミシュランがなにさ」という意見もありますが、私は、「されどミシュラン」(信じられる)だと思っているんです。
| Sa | 2008/11/24 12:31 AM |

@Saさん
こんにちは。

なるほど〜
☆付くべくして付いたという感じでしょうか。

食事の美味しさは勿論ですが
その場の雰囲気、サービスの質なども
「美味しさ」に含まれますよね。

昨日行ったお店は星と無関係の店ですが
店員さんの態度がダメダメで
居心地わるくなり出てしまいました。

☆が付いている店にいつになったら
行けるのか分かりませんが
頂いたこの本だけは取り敢えず目を通しています。
| Tak管理人 | 2008/11/24 10:32 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1577
ミシュランガイド東京2009発表
昨年の「ミシュランガイド東京2008」に続き、2009年の概要が発表されました。 ミシュラン東京:あの店の星は?09年版で星を獲得した全店リスト 星をとったお店は、三つ星=9(新規1軒)、ニつ星=36(新規14軒)一つ星=128(新規35軒)となっています。
| 東京グルメ散策日記 | 2008/11/19 12:26 AM |
ミシュランガイド東京2009出版記念セレモニー/パーティーに出席してきました
11/21に発売されるミシュランガイド東京2009の出版記念セレモニーにブロガー代表として参加させていただきました。正直まだ会の興奮さめやらぬ状態ですが、2回に分けてレポートさせていただきます。 今年もいただきまーす! 今日のイベントは、関係者のスピーチ、三ツ星
| 東京なんちゃってグルメブログ | 2008/11/19 7:52 AM |
日本ミシュラン社から招待状が・・・
自宅に帰ると1通の郵便が・・・ ミシュラン社から、今年度のミシュラン東京2009...
| 我が心の故郷〜南東フランス・アヌシー&Rikiya’s Diary | 2008/11/20 2:24 PM |
ミシュランガイド東京2009
ミシュランガイド東京2009が発売されています。昨年に比べ在庫にはかなり余裕があ...
| 個人が豊かになる時代 〜 小林佑輔blog | 2008/12/01 11:24 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...