青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「蜷川実花展」 | main | 放蕩娘の帰還 >>

そうだ京都行こう!「さて、大山崎」山口晃展

アサヒビール大山崎山荘美術館から招待状が届きました。
表書きには「さて、大山崎」山口晃展 内覧会ご招待と。
日付けは…2008年12月10日 水曜日。。。無理→○| ̄|_



立ち直りが早いのが唯一のとりえ。

封を開けると初めて目にするチラシが!
おーーー新作だ!「野点馬圖」2008

淡い色合いの上品なチラシ。いい感じです。

馬の胴体の中から「野点のセット」を取り出している
後姿のお侍さんの羽織りにはこれまでの作品では
観ることできなかったオリエンタル調の模様が。



拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

と丁寧なあいさつ文で始まる内覧会、開会式、レセプションの案内状。
ときがら茶色の和紙に記されたこれまた上品な一枚。

行きたいな〜

我慢我慢。
2008年12月14日(日)に開催される山口晃さんのソロトークまで待ちます。
ワンデー京都でこの日だけは必ずや伺います!

ところで、作品出来ているのでしょうか?
心配です。練馬の時は初日と中日以降では違う展覧会のようでしたからね。

こちらは「対決展」観に行った時、東博でゲットしたフライヤー

邸内見立 洛中洛外圖」2007

本邦初公開!山口版「洛中洛外図」です。
間近で観ること出来る日を楽しみにしています。
(これは完成しているんですよね)

あやしいのは…ドローイング系かな。


 山口晃(1969年生まれ)は日本の古美術やマンガからインスピレーションを受け、大胆かつ緻密な描写により、過去と未来が交錯するかのような情景を描き出します。「さて、大山崎 〜山口晃展」において、山口は大山崎にゆかりのある千利休や「天下分け目の天王山」として知られる山崎の合戦からの着想を織り交ぜながら、独自の発想に磨きをかけ、茶や戦に関わる新作絵画などを展示します。また、本邦初公開となる山口版の洛中洛外図である「邸内見立 洛中洛外圖(ず)」、大山崎の交通網を山口得意の鳥瞰図スタイルで描く「大山崎交通乃圖(ず)」、山口流の見立てを効かせたドローイングなども出品します。本展は山口にとって、関西初の個展となります

関連イベント

「山口晃 ソロトーク」
日時:2008年12月14日(日)14:00〜15:30(受付は30分前より)
定員:130名(要申込、先着順にて受付)
参加費:無料(入館料は別途必要です)
会場:大山崎ふるさとセンター
内容:山口晃が新作について語ります。

「山口晃・山下裕二 デュオ・トーク」
日時:2009年1月25日(日)14:00〜15:30(受付は30分前より)
定員:130名(要申込、先着順にて受付)
参加費:無料(入館料は別途必要です)
会場:大山崎ふるさとセンター
内容:美術史家で明治学院大学教授の山下裕二さんとの対談。

参加受付:FAXにてお申し込みください。FAX:075-957-3126
※,名前△棺蚕雖お電話番号FAX番号をご記入の上、
「ソロトーク係」もしくは「デュオトーク係」まで。

早い者勝ちです!

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃トークショーin練馬区立美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展 今度は武者絵だ!」
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃氏が描くガンダム
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃「ラグランジュポイント」
- 弐代目・青い日記帳 | 「続・無残ノ介」完成!山口晃展in練馬区立美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 「prints (プリンツ) 21」山口晃特集
- 弐代目・青い日記帳 | 『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演
- 弐代目・青い日記帳 | 「会田誠 山口晃 トークショー」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。会田誠 山口晃展」

おまけ

マイミクさんから教えて頂いた京都最強アート観光本。


KYOTO ART&CULTURE MAP―アートを楽しむ京都地図本

京阪神エルマガジン社という関東では馴染みの薄い出版社が出しているムック本。軽くて持ち運びに便利!見開きで地図とふんだんな写真で美術館だけでなくカフェなどトータルで丸ごと紹介。痒い所に手が届いた一冊。

この東京版も最近出たのですが、これまた秀逸。
都内の美術館、博物館それなりに頭に入っているつもりでしたが、思わず買ってしまいました。だって580円なんですもの。安すぎ!

TOKYO ART&CULTURE MAP―アートを楽しむ東京地図本


魅力あるギャラリー多くても分かりにくい場所、清澄白河もこの通り!

何故だか神田神保町の古本屋情報まで載っています。
買って損はさせません。常に鞄に入れておくのに最適な一冊です。
大学ノートと同じ感覚で持ち歩けます。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1580

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(16) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

大山崎山荘美術館といえば、クロード・モネの「睡蓮」!

先日、オランジュリーでモネの「睡蓮」の連作を見て以来、モネにはまっています。
これからモネについていろいろ勉強してみたいと思っています。大山崎にも行っていみたな〜。 
ぷっちょ | 2008/11/22 12:50 AM
『アートを楽しむ東京地図』、私も買いました!京都編もあったんですね。京都には、なかなか行けそうにないけど、買っとこうかな?たしかに、580円は安いですよね〜。
えび | 2008/11/22 8:48 AM
山口さん大好き人間としましてはぜひ行きたいっ!
新作観たいっ!!
けど京都は…無理(涙)
12月14日のソロトークのもよう、ぜひアップして下さいまし。
えりり | 2008/11/23 12:41 AM
@ぷっちょさん
こんにちは。

大山崎まで一度も行ったことないので
安藤建築やモネの睡蓮を観ることも
とても楽しみにしています。

オランジェリーの睡蓮は「神」。
国内ですと地中美術館が素晴らしかったです。

@えびさん
こんにちは。

あの本は安くてお得な情報満載です。
痒いところに手が届く系の一冊。
独自の視点がポイントでしょうか。

@えりりさん
こんにちは。

のんびりゆったりしてくるのが
よろしいのでしょうが、悲しいかな
日帰りです。。。
14日はちょっとしたパーティーもあります。
写真撮ってきますね!
Tak管理人 | 2008/11/23 10:24 AM
初めまして。

大山崎は冬は厳しい場所ですが素敵なところですよ。

私は関西在住なので14日は行きます!
山口さんのトーク楽しみですね。

Takさんのフットワークの良さにいつも感動しています(笑)



フラン | 2008/11/23 9:42 PM
@フランさん
こんにちは。初めまして。

前々からここは知人からも
勧められていましたが
中々行けずにおりました。

今回、初見山!
色々と楽しみ満載です。
もう少しゆっくりできればいいのですが
仕事休めませんでした・・・

今後とも宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2008/11/24 10:27 AM
こんにちは
山口氏の個展14日にはお会いできそうですね♪

トークショーは申し込みがFAXのみみたいで私は申し込めませんが、モネの庭など楽しみたいです
細見の《花のコンチェルト》良かったですよ♪
ruru | 2008/11/25 1:04 PM
Takさんへ

早速、お返事嬉しかったです☆
こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。

当日はソロトーク終了次第すぐに帰られますか?
17時からの山口さんを囲んでのパーティには
出席されますか?

せっかくなので、お時間あればお話し出来れば
嬉しいかなと思いまして(^^*)




フラン | 2008/11/25 10:29 PM
@ruruさん
こんにちは。

会社のFAX使っちゃうとか、
大山崎に電話して事情を話すなどして
何としてでも来る価値あるのでは?!

細見必ず行くことにします。

@フランさん
こんにちは。

パーティー参加しますよ。
ご招待受けていますので。

お会いできると思います。
Takさんてどなた?と
伺ってみてください。

心配なのは山口さんの体力。
大丈夫かな〜
Tak管理人 | 2008/11/26 8:00 AM
Takさんへ

当日『Takさんてどなた?』と伺います(笑)

山口さん、元気に乗り切れればいいですね。

Takさんも気をつけて関西にいらして下さいね。


フラン | 2008/11/27 7:43 PM
大変ご無沙汰しております。

エルマガ、懐かしいです。
こんな素敵な本を出してたとは知りませんでした。
情報感謝です。
m25 | 2008/11/27 9:31 PM
@フランさん
こんにちは。

よろしくお願いします。

新幹線の手配もそろそろしなくては
いけません。まだまだと思っていたら
もう師走目の前ですね。。。

@m25さん
こんにちは。

軽くて薄いわりには
内容充実していますからね。
東京版は必見ですよ!

さてさて大山崎。
Tak管理人 | 2008/11/28 7:44 AM
おまけに載っていた京都と東京の観光本が本日届きました。
欲しいのは東京で、せっかく、だったので注文した京都でした。
見て驚きました!
両方買ってほんとうによかったです。
ピカソ展のときの「Pen」と「PLAYBOY」でハマリました。
Takさんのおすすめ本は、ぽちっ。^^
TARO WEEK 2008のアップ、最高にうれしかったです!
さちこ | 2008/11/29 11:15 PM
@さちこさん
こんにちは。

このガイドブック値段の割りに
とても読み応えありますよね。
るるぶとかだと広告ばかりですが
こちらは足で稼いだ感ありありです。

本は買わないでおくと手に入らなくなるという
悲劇が待ち受けています。
よって「順番待ち」している本が山積み状態です。
Tak管理人 | 2008/12/01 7:54 AM
こんにちは。私もソロトークに行きます。パーティーについてもFAXを頂戴したので、伺おうと思っています。
山口さんにお会いできるのが楽しみで行くつもりだったのですが、Takさんにもお会いできてしまうわけですね♪

関西に実家があるので、エルマガジンはほんとうにお世話になった雑誌です。この京都本もよくできていますよね。
これを読んで「プチメック」というパン屋に行ったのですが、最高に美味しかったです!!
トレメンス | 2008/12/02 8:29 PM
@トレメンスさん
こんばんは。

パーティーお誘い受けていますので
私も参加します!お会いできること
楽しみにしています。
ギャラリーの方に「Takさんは?」と
聞いて頂ければ多分…分かるかと。

今回は、関西にお住まいの方に
京都でランチの美味しい店
紹介してもらうことになっています。
新幹線も取りました!あとは風邪ひかないように。
Tak管理人 | 2008/12/02 11:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1580
この記事に対するトラックバック
 12月11日(木)より山口晃さん関西初の個展「さて、大山崎」が開催されます。トークショーも予定されております。関西地区のリアル友の皆さんでわたしの話を聴き飽きてる方はぜひ足を運んで、山口さんの軽妙なトークと作品を体験してみてください。詳細はこちらから。
関西地区の皆さまへお知らせ | What's up, Luke ? | 2008/11/22 12:29 AM