青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「珠玉の輿」展 | main | 『恋する西洋美術史』(光文社新書) >>

「さて、大山崎〜山口晃展」関連企画「山口晃 ソロトーク」

大山崎ふるさとセンターで開催された「さて、大山崎〜山口晃展」関連企画「山口晃 ソロトーク」に行って来ました。



12月11日(木)から関西では初めての山口晃さんの展覧会が、京都、アサヒビール大山崎山荘美術館にて開催されています。前日の10日(水)に実施された内覧会へもご招待頂いていたのですが、流石に一日仕事休んで京都へはこの時期行けません。しかし日曜日ならば…

ということで、展覧会関連企画として14日の日曜日に実施された山口さんのトークショーに参加。使用したのは「日帰り1day京都」強行日程でしたが展覧会オープンに向け美術館にこもりっきりで作品制作にあたった山口さんのこと考えれば楽チン。

記念すべき、関西初のトークショーの会場に選ばれたのは阪急大山崎駅近くにある「大山崎ふるさとセンター
何でもトークショーの申し込み大変な数だったらしく、急遽椅子を増やし対応。170名もの方が山口さんのお話目当てに。遠くは北海道からもお越しになられた方もいらっしゃったとか。

そんな過度の期待に応えてか、はたまた関西人相手にしゃべるのは「これまで通り」では通じないと察知したのか、「中々机がデンジャラスな感じに乗っていまして良い感じですが…忘れないように」とすらすらとトークが始まるやいなやホワイトボードに今日これから話す項目を書き始めました。


三面」「本館」「新館のこと」と書かれてます。

まずは、「枕」としていつものように三面記事を賑わせた時事ネタから、山口さんが「これは!」と思ったニュースをピックアップ。

「その三面記事の中でも、悪いことしようとしたわけではないのに、周りからすごく叩かれてしまう話が好きでして…」ということで、山口さんのアンテナに引っかかった以下の4つの話を。

・偽の一時停止標識を設置 近隣住民らを書類送検へ 
・実家前のJR線路に「踏切」を自作した老人を威力業務妨害で逮捕
・校長が「ドはどくろのド」 授業で替え歌、注意処分
・花祭り会場のポピー畑にケシ数十万本咲き乱れているのを発見、焼却処分



ケシの話題→ケシで財産を築いた犬神佐兵衛→「犬神家の一族」の話へと。

約90分の持ち時間のうち、まだ15分くらいしか消化していないことを、いつものように携帯電話の時計で確認。「まだ一時間も…」

「枕」はここまで。山崎の土地の話題へ。

大山崎で新作メインの展覧会を開催するにあたり、山崎町の人たちにお会いになり(会わされて)いろいろなお話を伺ったそうです。あまり作品に役立っていないようですが。。。山口さんからリクエストを出してお会いになった方は一人もいなかったとか。「お互いきょとんとした顔で向かい合い、いたたまれない時間が…」


大山崎町の町長さんイメージ。

ロマンスグレイの「濡れた瞳」をしたちょっとギトッとしたナイスミドルの印象を町長さんにお会いする前に抱いていたそうです。(実際は大違い)


学生時代ショートを守っていた大山崎離宮八幡宮の神主さん。

神社の来歴について話している時はいま一つだったそうですが、自分の学生時代、殊に野球をやっていた頃の話になると俄然生き生きと。

「こうした方々のお話を伺い、司馬遼太郎さんだったら壮大な歴史小説でも書きあげるのでしょうが、私は力不足で『すゞしろ日記』に3コマくらい使っただけです」

他には…そうそう利休が建てたとされる国宝「待庵」が。
待庵

学生時代にぶらりと訪れた時は、予約制とは知らず拝見すること出来ず、垣根越しに覗いた待庵を今回はじっくり鑑賞されたとか。「野点馬圖」などの作品に生かされているのでしょうか。

野点馬圖

小泉武寛さんともお会いしたそうです。平等院の屋根の天辺にのっている鳳凰を修復復元された彫刻家さんだそうです。

「あれ、平等院ではなくて金閣寺でした…『すゞしろ日記』に平等院と書いてしまいました…信じないで下さいね」

他にもフェンシングを教えている女性の方(太田君の先輩)や竹の子農家の方にもお会いしお話を伺ったそうですが、ほとんど全く作品に生かすこと出来ていませんとのこと。それにしてもどうしてこういう選択に。。。


山荘砦化計画
これ当初、展覧会に取り入れたかった案なのですが、流石にボツに。
これが実現できればフェンシングのお話も生かせたかも…

因みに山崎町の仮想敵は枚方市だそうです。。。(ここは爆笑)

自転車隊のうた
作詞:山口晃
作曲:えかきの心

おれたちゃステキな自転車隊
ペダルのむくまま気のむくまま
いづこなりともホーヤッホー
大山崎をサイクリン!!


担当学芸員さんと何故か一緒にサイクリングをすることに。。。
「『ぷらぷら』気の向くまま自転車で町を見て回りたかったのに、『ぶらぶら』→『すぃー』に。観たい場所何処へも行けず、二人で何故か河川敷に佇む羽目に。」

「気が付きました。学芸員さん(Y氏)のあて馬だなと。でも学芸員さんがこれだけ喜んでくれるならそれで幸せだと。何せ人を幸せにするのがアートですから(涙)」

午後になったら自転車が4台に!!
男4人が自転車縦に連ねていくこと中々ないわけで、子供さんからも指をさされる始末。そんな時に心に浮かんだのが『自転車隊のうた

「唯一高速道路のジャンクションで意を決して自転車隊をストップさせ写真を撮ったのですが、ジャンクションて下から撮っても何も分からないんですね。仕方がないので帰宅してgoogleで結局観ることに。。。」

残り30分でようやく「作品」について。

本館(洋館)と新館(安藤建築)における展示のし難さについて。

安藤建築事務所による「地中の宝石箱」ならぬ「灰色の宝石箱」、円筒形なため作品が展示し辛い。し辛い。ハードルの高い美術館です。

「新館では何も絵が掛っていないように一見思えますが、『心の眼が開ければ』見えます」とのことです。(コンクリートの壁に出来たシミを何かに見立てています)

展覧会に内容についてはまた別の記事にて後日。


トークを終え、質問に応える山口さん。
左の方は噂のサイクリング好きな学芸員さん山城淳一氏(Y氏)

「さて、大山崎〜山口晃展」は2009年3月8日まで開催しています。
是非是非。新作満載です。

prints (プリンツ) 21 2008年春号 特集・山口晃 [雑誌]
prints (プリンツ) 21 2008年春号 特集・山口晃 [雑誌]

2009年初っ端のトークイベントはこちら。

大垣書店市民講座「新春! 山愚痴屋・都ライヴ !!」
画家・山口晃が縦横無尽に語りつくす《初個展 in 京都》記念トークイベント

イベント詳細
・日時:1月18日(日) 14:00〜(13:30開場)
・会場:キャンパスプラザ京都(5F 第1講義室)
・入場料:無料
・申込み・問合せ:先着250名.お電話もしくは店頭で.
・電話:大垣書店烏丸三条店 075-212-5050


【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃トークショーin練馬区立美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展 今度は武者絵だ!」
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃氏が描くガンダム
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃「ラグランジュポイント」
- 弐代目・青い日記帳 | 「続・無残ノ介」完成!山口晃展in練馬区立美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 「prints (プリンツ) 21」山口晃特集
- 弐代目・青い日記帳 | 『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演
- 弐代目・青い日記帳 | 「会田誠 山口晃 トークショー」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。会田誠 山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。」山口晃ギャラリートーク
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃トークショーin練馬区立美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。会田誠 山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「モーニング」表紙担当・山口晃!
- 弐代目・青い日記帳 | 根津神社 御遷座300年大祭
- 弐代目・青い日記帳 | ギャラリートーク「山口晃が巨匠を斬る」

おまけ:

質問者に「先生」(関西弁)と呼ばれたじたじの山口さん。

今日の名言

「チュウくらい
    してよ」

【図録】
さて、大山崎
さて、大山崎
山口 晃

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1605

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 山口晃(1969年生まれ)は日本の古美術やマンガからインスピレーションを受け、大胆かつ緻密な描写により、過去と未来が交錯するかのような情景を描き出します。「さて、大山崎 〜山口晃展」において、山口は大山崎にゆかりのある千利休や「天下分け目の天王山」として知られる山崎の合戦からの着想を織り交ぜながら、独自の発想に磨きをかけ、茶や戦に関わる新作絵画などを展示します。また、本邦初公開となる山口版の洛中洛外図である「邸内見立 洛中洛外圖(ず)」、大山崎の交通網を山口得意の鳥瞰図スタイルで描く「大山崎交通乃圖(ず)」、山口流の見立てを効かせたドローイングなども出品します。本展は山口にとって、関西初の個展となります。


講演会 | permalink | comments(11) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

さすがの詳細記事です!
わたしのやっつけ仕事とは大違いです。
助かりました、ありがとうございます〜
Y氏、ちょっとお話したかったです。
おもしろそうな方でしたね。
TBさせていただきました。
よろしくお願いします。
さちえ | 2008/12/17 12:10 AM
ほっかほか速報 あのトークぶり炸裂
1/25は山下氏とのデュオトークだから
こんなに描いてこんなに語ってはもらえませんね。
コマ割の臨場感あるBlog ありがとうございます♪
panda | 2008/12/17 1:36 AM
素晴らしい記事です〜。
トークショー参加者として断言しますが、完璧です。
「チュウくらい してよ」
あれ、私も好き♪
席をあの位置(ホワイトボードの前)に取った意味が、よくわかりました。


ogawama | 2008/12/17 8:16 AM
こんにちわ。
いつもタイミングが合わず、山口さんには会えないんですよね。
普通にトークとして面白いなあというのが伝わってきますね。
あおひー | 2008/12/17 8:38 AM
こんばんは。臨場感溢れる記事をありがとうございます。
残り30分で作品紹介とは山口節全開ですね。
山荘砦化計画はちょっと見たかったです。

1月に京都でトークショーでしたか。
無料は紀伊国屋と違って(?)太っ腹ですね!
はろるど | 2008/12/17 8:49 PM
その節は部外者が大変お世話になりました。
Takさんの詳細ブログを拝読しまして、驚いております。
そしてあの空気感を思い返して、ふふふと
笑っております。

「獄門島」の似顔絵のじいさんの顔が誰だったのか
気になって気になって、思わずぐぐってしまいました。
間違っていなければ黄門様を演じておられた
東野英二郎さんではなかったでしょうか?
極悪非道なじいさんを黄門様が演じていて当時結構
ショックだったのを思い出しましたー。
画伯はあの陰鬱でおどろおどろしい映像がお好きだった
のでしょうかね〜。
その謎が、横溝作品に出てくるような洋館の大山崎山荘
美術館にまたリンクしてしまいます。
これも画伯の筋書きどうり???
益々あなどれないお方です。(笑)
関西でももっと愛される作家さんになるでしょう。
次回は、ゆっくり奥様といらしてくださいませ。(^^)
リンクいただいてまいります〜。

mint2 | 2008/12/18 1:26 AM
@さちえさん
こんにちは。

お世話様でした。
またまた山口さんと楽しい時間を
過すことできましたね、ちょっと
知らない土地でのトークとあって
いつもよりかっちりしていたようです。

Y氏とはお話しできましたよ〜
とても気さくな方でした。

@pandaさん
こんにちは。

いつもよりも抑え気味だったような
きもしないでもありません。。。
聞き手も話してもお互い探りあい。
一月のトークも行きたいのですが…

@ogawamaさん
こんにちは。

アホみたいに時間かけてしまいました。
こんなことやっている時ではないのに…
終わりの時間が近づくにつれ
本調子が出てきたように思えます。
ホワイトボード移動させられそうになった時は
流石に焦りましたけどね。

@あおひーさん
こんにちは。

三潴さんが「漫談師ではありません。
山口は絵描きです」とこの後開かれた
パーティーで話されていました。
確かに。

@はろるどさん
こんにちは。

山荘砦計画や、民芸古美術品とのコラボなど
あれやこれやと「案」はあったようですが
どれもボツ。

丸善さんも無料でした。紀伊国屋だけですね
お金取ったのは。。。
はろるどさんが新館の作品?をどう評価するか楽しみです。

@mint2さん
こんにちは。

先日はほんと色々と有難うございました。
慣れない土地で迷わずしかも美味しい料理まで
たらふくいただけたのも、mint2さんのおかげです。
どうも有難うございました。

最近、京都へはいつも強行軍となってしまい
ゆったりとできることありません。
せめて前の晩から京都入りできれば
良かったのですが。。。

山口画伯が少年時代に感化された
作品などよく話しに登場します。
同世代としては「うんうん」と
頷くこと多々あります。

関西での人気どうでしょうね。
既に全国区の人気あろうかと思いますが
作品を観ないことには本当の良さ
分かりませんからね。

今後とも宜しくお願い致します!
Tak管理人 | 2008/12/18 12:25 PM
おはようございます。

残念ながらトークショウは伺えなかったですが、こちらで詳細報告してくださったのでまるでその場にいたみたいです。
(笑)

私は今日はじめて山口さんの作品の実物を拝見してきますね♪こちらでお話伺えてますますたのしみたのしみ〜☆

ヂュオトークか紀伊国屋さん行こうかな。
十六夜 | 2008/12/21 7:31 AM
@十六夜さん
こんにちは。

デュオトークはすでに満員だそうです。
書店の方は先日はまだまだ余裕が。

展覧会の様子も記事にしなければと
思いつつだらだらと、、、

山口さんの多彩な?魅力是非とも
満喫堪能してきて下さい。
多少滑っていますけどね。
Tak管理人 | 2008/12/22 1:03 PM
こんにちは、行ってきました。
本館は展示が建物に馴染んでいて良かったです。特に「山荘秘密基地」。
新館は中央ブースの二点が良かったです。「邸内見立」はネタ元を想像しながら観るのが楽しいですね。心の眼は。。。
mizdesign | 2009/01/16 8:11 AM
@mizdesignさん
こんばんは。

強行京都ツアーお疲れさまです。
本館がメインですね。やはり。
新館はある種挑戦的にも思えます。
記事あげないと!!
Tak管理人 | 2009/01/16 6:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
&#160;展覧会鑑賞に先駆けて大山崎ふるさとセンターで行われたソロトークを聴きに行きました。関西初の個展に加えてトークショーまで!笑いに厳しい関西のお客さんの反応やいかに!とこちらまでちょっと緊張。      会場にはいつものホワイトボードがセッティ
「山口晃 ソロトーク」 | What's up, Luke ? | 2008/12/17 12:07 AM
12/11(木)からアサヒビール大山崎山荘美術館で始まった、「さて、大山崎〜山口...
さて、大山崎 〜山口晃展〜 | confidential memorandum of ogawama | 2008/12/17 8:10 AM
 青春18切符で行く冬の名古屋・京都の旅 その3。  安土から山崎は各駅停車で...
さて、大山崎 〜山口晃〜@大山崎山荘美術館 | 柏をたのしむ | 2009/01/16 8:03 AM
京都と静岡の記事がいつまで経っても終わらない。食べても食べても減らないわんこそばのよう。 展覧会に行かなければ良いのだが、じっと...
17日は、米子市美術館で開催中の 「neoteny japan(ネオテニージャパン)高橋コレクション」の 関連事業である、山口晃氏のアーティストトークへと行って来ました。 山口氏の作品は、今回初めて知りましたが。 いろいろ検索してみると日本橋三越100周年の広告のポスタ
愛と美のよりしろ | Rudies的なEveryDay | 2010/01/19 4:57 PM