青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 頑張る金沢。ガンバレ東京。 | main | グリーナウェイとフェルメール >>

クリストさん次の狙いは?

梱包アーティスト。クリスト(Christo 1935〜)web site
        
これくらいの「梱包」なら美術館でもOK
まだかわいい。

ところが、クリストさんの野望はとどまるところを知らず、
次から次へと大物を狙って包みまくってきました。今まで。

例えば、ドイツのベルリンの旧帝国国会議事堂を「梱包」しちゃったりビル
『梱包されたライヒスターク(旧ドイツ帝国国会議事堂』

はたまた、海に浮かぶ島を丸ごと「梱包」?しちゃったり。。。びっくり
Christo: Surrounded Islands : Biscayne Bay, Greater Miami Florida, 1980-83
Christo: Surrounded Islands : Biscayne Bay, Greater Miami Florida, 1980-83
Christo, Wolfgang Volz, Jonathan David Fineberg, Janet Mulholland
         
『囲まれた島々、フロリダ州マイアミ、ビスケーン湾、1980-83』

西郷さんの銅像がたっている上野の山。上野公園も実はクリストさんに
狙われていました。全体を包んじゃえ〜って計画。これホントです。
でも、都の許可がおりずに断念。
シカゴ現代美術館やパリのセーヌ河にかかるポン・ヌフは
「梱包」許可がおりて見事に包まれて注目あびたのに。。。残念でした上野。

しかし、クリストさんは諦めませんでした。
日本は美味しいマーケットでもあります。
包むのが駄目でも他の手がある!ということで
茨城県に傘(アンブレラ)をいっぱい立てました。
  
The Umbrellas クリスト・アンブレラ展

1991年のお話です。覚えていらっしゃる方も多いはずです。
クリストは、茨木県、里川、東合戸地区にある、452人の私有地および公共用地(延長19km、幅2.5km)と、ロサンゼルス北部、州間高速道路5号線のヴァレー付近の谷間にある、26人の地権者所有地および公共用地(延長29km、幅2.5km)に、総数3100本の巨大な八角形の傘(高さ6m、直径8.66m)を設置した。長期に渡った準備期間を通じて、それぞれの地域の風土、生活様式、社会制度の相違と類似を顕在化させるプロジェクトとなった。
そしてクリストさんの次なる狙いは・・・
アメリカNYセントラルパーク!!
構想26年そのプロジェクトの名前は「The Gates」

ただ今、NYセントラルパークは「門」「門」「門」・・・・・・

「百聞は一見に如かず」
この壮大なプロジェクトの様子は現地に行かれるかサイトでチェックです!
関連サイト
The Gates Central Park,New York 1979-2005

こちらもチェック!Wired New York

時計クリストさんの次なる狙いは?何でしょう??バッド
この記事のURL http://bluediary2.jugem.jp/?eid=161
高さ4.87メートルのビニール製の門が、平均3、4メートルの間隔で並んでいる。上部の梁(はり)の部分に、サフラン色の布が繭のように巻き付けてある。12日朝(日本時間同日夜)、600人の作業チームが繭をほどいてゆく。風がなければ、布は地上2メートル近くに垂れ下がる。

 計画はニューヨークに住む夫妻が79年に打ち上げ、24年後の03年に許可が出て実現した。16日間の公開後、素材はリサイクルされるという。全費用は夫妻が作品を売るなどして集め、約2千万ドル(約21億円)かかるとされる。

 夫妻は「作品に意味もメッセージもない」としながら、「揺れ動く明るい布は有機的な公園のデザインを際だたせ、四角い門は公園周辺の格子状の街並みをほうふつとさせるだろう」という。「ニューヨーク史上最大の芸術作品」と話すブルームバーグ・ニューヨーク市長によると、同市に8千万ドルの経済効果をもたらす可能性がある。
その他 | permalink | comments(15) | trackbacks(7)

この記事に対するコメント

NYから写真を送ってくれた人がいたのですが,なんか,あまりおもしろくない。???
アンブレアやベルリンの梱包のほうがインパクトがあったと思う。
じゅん | 2005/02/18 9:05 PM
アンブレラ懐かしいですね!!!私はあまりこういう世界は好きではないのですが、続ける事も才能の一つと思ってます。…まだ続けていたのですね〜。材料費は一体どこから?とか余計な事を考えてしまう私は現代美術がよくわからない人です。Takさんの幅広い分野の知識には本当に驚かされます!
mizuiro | 2005/02/19 5:13 AM
Takさん、偶然ですが、このアンブレラの話題、つい最近、
ある方のブログで読みました。
その方は、クリストさんとご一緒に仕事をされたプロの
カメラマン、遠藤渉さんです。
その時の思い出をこちらで語っておられます。
http://blogs.dion.ne.jp/sho_endo/
リセ | 2005/02/19 8:33 AM
@じゅんさん
こんばんは。
クリストさんも大変ですよね。次から次へと。
ネタも尽きてしまいますよね。
でも、こういうイベント自分的には大好きです。

@mizuiroさん
こんばんは。
こつこつとお金貯めてきたようですよ。
パトロンも後ろ盾もなんにもなく
これだけのことやってしまうのですから立派です。
観光客の少ない季節NY市長さんは
大喜びしているようです。
現代美術は私もよく分かりません。
好き嫌いだけで観ているかもしれません^_^;
出来れば、私も行きたいです。。。

@リセさん
こんばんは。
これはまた、すごい方のブログですねー
「クリストにメールした」なんて、ビックリ。
さらりと書けてしまうほどの仲。羨ましいです。
TB畏れながら送らせてもらいます。

大地の芸術祭でも似たようなタイプの作品ありましたが
クリストほど大々的にやってくれる人いませんよね。
Tak管理人 | 2005/02/19 8:32 PM
こんにちは
トラバにひっぱられてやってきました。(そしたらなんと、トップのトガキュー画像が、私が提出したものだったのでびっくり)

島は既に包んでいますが、いつかマンハッタンか、自由の女神を島ごとつつんでもらいたいです。
よっちゃん | 2005/02/20 3:31 AM
@よっちゃんさん
NYからのコメントありがとうございます。
そちらは寒そうですね。

トガキューの画像も提供されていらっしゃるのですかー
繋がりがこんなところで出来るなんて(^^♪嬉しいです。

自由の女神賛成!!是非!!
頭の展望台だけ包まないでね。
Tak管理人 | 2005/02/20 12:28 PM
こんにちは。TBありがとうございました。

セントラルパーク、いいですよ。
普段、美術に興味のない彼氏が「ずっとやっていてほしい」というくらい気に入っています。

ところで、美術系なサイトとお見受けしましたが……。某美大卒として、ちょっと食指が動かされいます(笑)。

また遊びに来ますね。
liberula | 2005/02/20 2:45 PM
Takさん、こんにちは。
このクリストさんのマイアミの島々をピンクで彩ってしまうお仕事の一部始終のあれこれを昔、TVの「世界まる見えテレビ特捜部」で見たことがあります。
そのときは「変わったことをする芸術家さんだなー」と半ば感心し、半ば呆れて見てましたが、有名な方だったんですねー。
全然、知りませんでした(←無知。笑)

うさみん | 2005/02/20 4:35 PM
@liberulaさん
こんばんは。

美大卒の方には全然全く物足りない
拙いブログです。。。素人美術愛好家?blog
あらいっぱい。あちこちでぼろ出してます^_^;

美大生に今、絵を一枚描いてもらっています。
出来上がったらここにupします。
今後ともよろしくお願いします。

@うさみんさん
こんばんは(^^)
島を包んでしまうこの話を初めて聞いた時には
イメージが全く湧きませんでした。
知り合いの画家さんがこのプポジェクトの
大きな写真集を貸してくれて
それを見て初めて全容が分かった次第です。
今から随分前の話です。
それまでは私も全く知りませんでした。
Tak管理人 | 2005/02/20 11:55 PM
こんにちは。TBありがとうございました!
とっても判りやすいクリスト夫妻のアートの説明、
とても楽しく読みました。
NYC、次は自由の女神?
個人的にはブルックリンブリッジを包んでもらいたいです(笑)
こちらもTBをいただきます snow
snow | 2005/02/22 1:04 AM
@snowさん
こんにちは
コメント&TBありがとうございました。
クリストさんの「門」見たいです。
このイベント最近まで知りませんでした。。。
早くに知っていればNYまで(^^ゞ

ブルックリン橋賛成!!!
あそこお散歩すると気持ちいいですよね。
ブルックリン美術館から歩いてのんびりと
島まで帰った記憶があります。
Tak管理人 | 2005/02/22 7:55 AM
TAKさん、

TBありがとうございます!!

NYへ行って、あの「The Gates」の下を歩けたことは
は今から思うと貴重な思い出となっています!

城島さんというNY在住の方のメルマガでも
詳しく書かれています。読むとまた思い出して
楽しくなってきます♪

NYぶつぶつ〜The Gates
http://www.melma.com/mag/36/m00032736/a00000203.html

TAKさんのクリストの解説(お写真も)で、何を造ってきた人か良くわかりましたぁ〜さすがです!!
Julia | 2005/02/22 8:54 PM
@Juliaさん
コメントありがとうございます。

いいタイミングでNYに行かれましたね〜
実際に門をくぐられたのですね!
羨ましいです。
他の方のblogでいろいろな角度からの
画像を見せてもらいましたが、
サフラン色が冬枯れの公園にとっても
映えていてキレイですね。

新生MOMAも行かれたそうですし。
いいですねーー(^^)

メルマも楽しく読ませていただきました!
Tak管理人 | 2005/02/23 7:48 AM
TAKさん、
さいたまスーパーアリーナの『ジョン・レノンが愛したまち・ニューヨーク』展でアンケートを書くとニューヨークへの旅を1名にプレゼントするという、記事を先ほど、アップ
しました。娘も抽選で当たったので、絶対当たらないって
ことないのかなぁ〜?なんて思っていますが・・
少し遠いのですが、4月までに行けたら〜?って思っています♪
Julia | 2005/02/24 11:16 PM
@Juliaさん
こんばんは。
以前、美術館でオノヨーコさんにお会いしました。
とても小柄な方なのですが、気品が漂ってました。
サングラスに革のパンツはいてあれだけ
品がいい方って他にいません。多分(^^♪

お嬢さん抽選で当たったのですか??
それは凄い!!
応募してみる価値あるのですね。
Tak管理人 | 2005/02/24 11:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
すっかり出遅れてしまった感ありおりはべりいまそかり、ですが……やっぱり書いておきましょう(笑)。 そう、それはここ数日ニューヨーカーの話題になっている、コレ。 The Gate 詳しいことはsnowさんのブログを読んでいただくということにして(と他人に
The Gate from Harlem | ハーレム通信 | 2005/02/20 2:40 PM
これ以外にネタがないのか?! 、と思われそうですが、 歩くたびに違う表情が見えるのが面白くて、 引き続き The Gates ...(笑) [1:準備中 / 2:展示開始] ...長々と続けても仕方ないので、 今回はお散歩コース&「The Gates」関連ブログ記事のご紹介で
The Gates ... お散歩マップ | 紐育日記 | 2005/02/22 1:18 AM
グレイハウンドがリンカーントンネルを越えた丁度その時、iPODから流れる音楽がT
雪の中の「The Gates」 | 「USAのんびり亭」日記 | 2005/02/27 5:00 PM
相変わらずの「The Gates」ネタで恐縮だが、今回セントラルパークに行って
クリストの新プロジェクトが、きょうまで、ニューヨークのセントラルパークで開催されていた。今回のプロジェクトにかかった時間は25年、額は22億円。NY市は、お金を出すどころか、3億円の公園使用料をもらっているそう。世界中からアートファンや観光客を集めるこの
クリスト@NYセントラルパーク*TheGate | ヘンかわおいしいお役立ち◎ARTLABOVAのブログ | 2005/03/11 1:21 AM
NHK「日曜美術館■クリストとジャンヌ・クロード」を観た。 クリストとジャンヌ・クロードがニューヨークのセントラルパークに オレンジの布のゲートを建てるという壮大な計画 「The Gates, Project for Central Park,N.Y.」の紹介。 いやあ、このお二人のスケール
THE GATE | GO HAPPY | 2005/03/13 11:27 AM
 京都・縄手通りのイタリア料理店「Ricordi」へ行った。あるグルメランキングで上位にあったので、記憶に残っていた。予備知識はなかったが、写真でお分かりのように店内は近未来的空間が広がっていて、その異様さに驚く。京町家を改造したフレンチ、イタリアンがむし
前衛精神を刺激する 「Ricordi」   | 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 | 2005/09/22 9:25 PM