青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「近代の屏風絵」展 | main | 「交差する眼差し」 >>

「ピカソとクレーの生きた時代」展

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の
「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代 ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵」展に行って来ました。



お客さんを呼びたいのは分かりますが、このタイトルはどうかな〜「ピカソとクレー展」って……タイトルでこそ対等な感受けますが、内訳はピカソ6点に対しクレー27点。「圧倒的ではないか我が軍クレーは!」

そう実はこの展覧会の主役は、パウル・クレー(1879-1940)



だから何も「ピカソとクレー展」などとせずとも「k20(ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館)所蔵:パウル・クレー展」と堂々銘打っても構わない内容。チラシも↑のクレー「リズミカルな森のラクダ」を用いたもの一枚でも十分。

でも、でも2006年に川村記念美術館や北海道立近代美術館、宮城県美術館で開催された「パウル・クレー展 創造の物語」で既に今回Bunkamuraに展示されているノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵のクレー作品結構出展されている関係上、今回「クレー展」としたくなかったのではと邪推。

チラシで使われている作品と字体が一致するのはBunkamuraさんのこの展覧会に対するオマージュかと思えるほど。主催が東京新聞であるのも偶然の一致?


因みに、この2006年の「クレー展」はクレーを所蔵するドイツの主要な3つの美術館(ノルトライン=ヴェストファーレン美術館、シュプレンゲル美術館、フォン・デア・ハイト美術館)から作品が集結。それはそれは大層立派な展覧会でした。

いずれにせよ、ピカソの名前を借りることもなく今回も知名度の高いクレーだけでも、十分お客さん呼べるはず。ましてや渋谷なら、ちょいと女の子デートに誘うのにもクレーは最適。逆にピカソは当たりハズレ大きいし、しょっちゅう新しい女性に手を伸ばしているので女性の支持中々得られません。


パウル・クレー「頭と手と足と心がある

こんなキュートな絵ピカソには無理でしょ。ドラ・マールとマリー=テレーズを描いた作品なんて並べてあったらもう大変。因みに一番上のチラシに使われているピカソ「鏡の前の女」はマリー=テレーズを描いた一枚。とっても寂しそう。どうして私だけを見ていてくれないの!と言いたげな横顔(キュビズムだから横顔は変か)

逆にクレーの作品は会話が弾む弾む。

パウル・クレー「宝物

作曲家の武満徹氏の言葉です。出典はこちら「クレーの贈りもの」
「彼がつくった不思議な気候に棲む人は、そして愛らしいけだもの達は、滑稽な音楽に打興じています。時には皮肉な笑い声さえ聞こえてくるようです。その一音一音は美しくニュアンスに富んでいます。震えているような線は、しかし素晴らしいフーガに何時しか変ります。クレエの作品は、音楽が人を魅するのに似た、魔力があるように思われます。
私は音に色彩があるように、色の中にも音が潜んでいるものと思っています。」


ここまで語れなくても、クレーの絵の前に立てば自然と想像力が開花し、言葉が先を争うかのように出てくるはず。クレーの絵の前では誰もが饒舌に。「答え」は決して出ないけど何かしら語らずにはいられなくなります。

そして不思議とどんな言葉でクレーの作品を語ろうとも、「なるほどね!」と肯ける答えが。会話が弾む弾む。ねっ、だからデートにピッタリでしょ。

忘れていました。展覧会の構成です。

第1章 表現主義的傾向の展開(7)
第2章 キュビズム的傾向の展開(11)
第3章 シュルレアリスム的傾向の展開(12)
第4章 カンディンスキーとクレーの展開(31)


カッコ内の数字は展示作品数。これからも「圧倒的ではないか我が軍クレーは!」この言葉納得いかれるかと。

クレー、クレーと書いてきましたが、1〜3章まででもかなりユニークな作品や時代背景色濃く示した作品など見ごたえは十分。k20(ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館)が改修工事の為、開催が実現した今回の展覧会。デュッセルドルフまで行かずとも質の高いコレクション堪能出来ます。


マックス・ベックマン「」1918-19

こちらにあるこの作家の解説を読むと理解もすんなりと。
二度の大戦に敗れたドイツ。戦争が暗い影を落とす作品。


ジョージ・グロス恋わずらい」1916年

こちらもまた戦争が深く影響している作品。
描かれているのは画家自身なのでしょうか。
独特で奇怪な雰囲気の中、胸のハートマークが目立ちます。


フランツ・マルク3匹の猫」1913年

一見キュートな作品。赤い猫にしばらく気付かず。。。
解説文を読むとマルクは36歳の若さで戦死してしまったとのこと。
長生きしていたらどんな作品残したことでしょう。


アウグスト・マッケフリブール大聖堂、スイス」1914年

マッケもまた第一次世界大戦の犠牲になった画家。
マルクよりも若い27歳での早過ぎる死。画中に記されたMのイニシャルが、ハンバーガーチェーンの看板のように見えるのは皮肉なこと。

以上の4点全て第1章にあったもの。
こう振り返ってみると、ここ色んな意味で重要なセクションかと。

23作家全てに丁寧なキャプションがあったことでかなり理解深まりました。

そうそう、マグリット好きにはたまらない作品も。

ルネ・マグリット「庶民的なパノラマ」1926年

この他にも3対3の棒人形たちの合コンを描いた(嘘)「出会い」1926年やマグリットの画集によく載っている「とてつもない日々」1928年など。

スーチン、シャガール(Bunkamuraでシャガール出されると色眼鏡で観てしまう)、モランディ、カルロ・カッラ(この人の作品良かったな〜キリコ風で)マン・レイ、エルンスト、イヴ・タンギー、リヒャルト・エルツェ、ミロ等など。

くどいようだけど「ピカソとクレー展」はないな。

展覧会名「K20」でも良かったのでは?いっそのこと。Bunkamura開館20周年なんだし。それとも映画「K-20 怪人二十面相・伝」とタイアップとか…

最後に「今日の一枚


パウル・クレー「直角になろとする、茶色の△

茶色の三角気になるーー
どうしてあそこだけ三角形なのか。直角にならなくていいって。

ねっ、だからデートにピッタリでしょ。

「ピカソとクレーの生きた時代」展は3月22日まで。
その後以下に巡回。
兵庫県立美術館:2009年4月10日(金)−5月31日(日)


Bunkamuraザ・ミュージアム
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 TEL 03-3477-9111
渋谷駅より徒歩7分:シティシャトル(循環バス)あり。
地下鉄渋谷駅3a出口より 徒歩5分

開館時間:10時〜19時 (入館は18時半まで)
夜間時間:毎週金・土曜日は21時まで(入館は20時半まで)
休館日:展覧会開催期間中無休(1月1日を除く)

クレーの天使
クレーの天使
パウル・クレー,谷川 俊太郎

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | ピカソ×ピカソ
- 弐代目・青い日記帳 | 「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「ピカソ展」―躰[からだ]とエロス―
- 弐代目・青い日記帳 | 「ピカソ展」ー幻のジャクリーヌ・コレクションー
- 弐代目・青い日記帳 | 「パウル・クレー展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「クレイギー・エイチソン展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「驚異の深海生物」展
- 弐代目・青い日記帳 | やるな~Bunkamura
- 弐代目・青い日記帳 | 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「流行するポップ・アート 」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「青春のロシア・アヴァンギャルド展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「ピカソとモディリアーニの時代展」

それでは最後に「今日の美味


MAILLE - マイユ」の「ディジョンマスタード
これひとつあると料理に幅が出ます。我が家のマストアイテム.

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1649

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 ノルトライン=ヴェストファーレン州は、ドイツにおいて最も大きな商工業圏をかたち作り、美術やファッションの分野の活動も盛んな地域です。その州都デュッセルドルフにあるノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が所蔵する西欧近代美術のコレクションは、豊富な専門知識と優れた鑑識眼で選び抜かれた名品からなり、その質の高さはヨーロッパ屈指のものとして世界的に知られています。なかでも、同館のピカソとクレー作品のコレクションは、両作家の代表作からなるものとして特に高い評価を受けています。
 今回、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が改修工事のため休館する機をとらえ、この素晴らしいコレクションを世界に先駆け日本で初めて大々的に紹介する展覧会が実現することとなりました。展覧会では、同館が誇るピカソとクレーの名作を中心に、ミロ、マティス、シャガール、マグリット、エルンストなど西欧近代美術の人気作家、そしてマックス・ベックマンやフランツ・マルク、オスカー・シュレンマーなどドイツ近代美術を代表する作家を含む厳選された23作家の名品で、20世紀前半という極めて魅力的な美術の世界を展観します。


展覧会 | permalink | comments(23) | trackbacks(11)

この記事に対するコメント

こんにちは。
この展覧会には、新春早々に家内と一緒に行ってきました。クレー展を見ていなかった家内には好評だったので、点数を稼ぎました。
渋谷で点数を稼ぐにはBUNKA村?
とら | 2009/01/30 9:37 AM
こんにちは
>女の子デートに誘うのにもクレーは最適。逆にピカソは・・・新しい女性に手を伸ばしているので女性の支持中々得られません。

ウケました。その通りですね、わたしもデートならクレーの方がいいような気がします。
ちびっこを連れて行くのもクレーの方がよさげです。

グロス「恋わずらい」 ノスフェラトゥのようだと思いました。
同時代の無声映画。彩色されるとこんな感じかも、とちょっとときめきました。

ブンカムラがア・バオア・クーに化してましたのね。
遊行七恵 | 2009/01/30 12:39 PM
こんにちは。
どうして「クレー展」でないの?と思っていたのですが、なるほど、そういうわけですか。
マグリットもカンディンスキーも良かったし、バラエティー豊かで楽しい展示でした。
mizdesign | 2009/01/30 12:59 PM
こんにちは。
いつも、お世話になっております。^^

マッケの作品が出ているのですね。
それは楽しみです。
FishEyeArt | 2009/01/30 5:39 PM
@とらさん
こんばんは。

これ、私も正月休み中に行ったのですが
今の今まで記事書かずにいました。
なんだか筆すすまなくて。。。
ドイツまで行って観たいですね。

@遊行七恵さん
こんばんは。

そうそう、クレーなら人を選ばず。
大学時代、男友達と二人で行った時も
それなりに話盛り上がりましたから。
(深い関係ではなしに…)

「恋わずらい」はきてますよね〜
映画のマスクを思い浮かべました。

そうなんです。
事務と球では太刀打ちできないのです。はい。

@mizdesignさん
こんばんは。

勝手に想像しただけですけどね。
邪推です、単なる。
そうそう、この二人だけだと思っていくと
大間違い。収穫ありありの展覧会でした。

@FishEyeArtさん
こんばんは。

マッケがあんなに早くして
亡くなった作家さんだとは
ここで説明読むまで知りませんでした。

残された作品数も少ないのでしょうね。
Tak管理人 | 2009/01/30 10:59 PM
どの作品もよかったし楽しめたのに、残念な気持ちが残るのは、
もったいないですね。
それより、Takさんが男性と二人で、深い仲といったら、
あの方しかいらっしゃいませんよね…?
ぎゃぼーん!!
なでしこ | 2009/01/30 11:21 PM
なるほどクレーは女性好みなんでしょうね。
私はクレーと比べるとずっとピカソの方が
好きなんですが。
去年、ピカソ展でいろいろ学んだので
今度、女性を誘って、ピカソの薀蓄を
いろいろ語ってみようかなと思います〜
一村雨 | 2009/01/31 5:57 AM
ピカソもクレーも、そんなに好きじゃないなー
でも、渋谷で時間が空いているし、
招待券持ってるし・・・という消極的理由で
先日見て来ました。
結果、マグリット好きなので大興奮。
ジョージ・グロス「恋わずらい」のヤバイ感じも
たまらんー。
K20、是非現地に足を運びたい!と、
またしても誘惑がむくむく。
菊花 | 2009/02/01 12:11 AM
確かにクレーってデートにいいですね(^o^)
今までそんな目線で見たことなかったです。
色も柔らかいし、
「え〜っ、これ何描いてるの?」
なんていう会話も弾みそうですね。

このマスタードいいですよね。
粒のあるのをよく買います。
柚子胡椒と並んで定番です☆
サッチャン | 2009/02/01 7:05 PM
@なでしこさん
こんばんは。

もう一回行ってもいいかなーとも
思うのですが駅などでこの看板を
目にするたびにタイトルのイマイチさに
気持ちがなえてしまいます。

あの方です!

@一村雨さん
こんばんは。

クレーの女性受けといったら
知り得る限り半端ではないかと。
まず間違いなし(何が?)
ピカソの蘊蓄語れるのは
一村雨さんだからこそ。
お酒飲みすぎないで下さいね喜多方で。

@菊花さん
こんばんは。

消極的な気持ちで
観に行った展覧会って
得てしてよく見えたりして
帰り道でニタニタしていたりします。

マグリットの三作品それぞれ
良かったですね。私もあれには
おおっと声上げていました。

ドイツ行きたい!!
K21も観たい!!

@サッチャンさん
こんばんは。

そうそう、何描いてあるか
イマイチ分かるようで
分からないし、これだ!という
答えも別にいらないし。
もってこいではないかと。

我が家では粒無しが主役。
適度な辛さが癖になりますよね。
Tak管理人 | 2009/02/01 11:55 PM
名古屋は終了してますよ。2008年ですから。
s | 2009/02/02 11:02 AM
@sさん
こんにちは。

有難うございます!
助かりました。
訂正しておきます。戯言。

今後とも宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2009/02/03 7:45 AM
こんにちは。

昨年の六本木のピカソ展に行けず、今回は行くぞ決めていましたが、こちらでの評価が気になってお邪魔しました。

女性が気に入る内容という評価で、是非行ってみようとおもいました。
私は、マグリットが好きなので楽しみにしたいと思います。

祝日に行こうと考えているのですが、混んでいるのでしょうか?
おわかりでしたら教えてください。
キタポン | 2009/02/03 1:06 PM
@キタポンさん
こんにちは。

ピカソもそれなりの作品来ています。
でもやっぱりメインはクレー。
コレクターが手放すのにあたり
州が全て一括購入したという
日本では信じられないような逸話付きです。

3点のマグリットも他の日本では
マイナーな画家さんもそれぞれ
見応えありました。

Bunkamuraは混雑していること多いです。
時間帯をずらすとよろしいかと。
Tak管理人 | 2009/02/04 7:50 AM
恥ずかしながらクレーを知りませんでした。
でもこうしてピカソやマグリットの絵を見にいくことで、新しい作品に出会えるのは素敵なことだなと思います。

マグリットは宇都宮美術館に見に行ったりしたのですが、いつかベルギーに行ってみたいです。

11日は10時から行ってみようと思います。
これからもブログ楽しみにしています。
キタポン | 2009/02/04 8:10 PM
@キクポンさん
こんにちは。

ベルギーへは一度しか行ったことありませんが
オランダとはまた違った良さを感じとることができ
「また行きたい」と思わせる国でした。

マグリットの展覧会、久しく開催されていませんので
来年あたりやって欲しいですね。

時間に追われながら雑多な文章で
お見苦しい点も多々あるかと思いますが、
今後ともどうぞご贔屓に。
Tak管理人 | 2009/02/05 7:57 AM
度々お邪魔します。
クレー展行って来ました。
午後に別件の予定があり急いで観たつもりが2時間かかってしまいました。
クレーの作品やK20についてもう少し勉強してみたくなる一日でした。

6月頃から『だまし絵展』をやるみたいで、またマグリットの作品に出会えるかと思うと今から楽しみです。
キタポン | 2009/02/17 3:06 PM
@キタポンさん
こんばんは。

だまし絵展は海外だけでなく
国内からの作品がでるそうです。
そして講演会も楽しみな顔ぶれ。
また詳細分かり次第お知らせしますね。

一度ゆっくりとドイツだけを
周遊してみたいです。
Tak管理人 | 2009/02/17 8:19 PM
こんばんわ。
こちらの展覧会に行きましたら なんと一番最初に展示されていたマチスの絵画になぜか釘づけになり ん〜うまい絵画ではないが 私にとって名品です。改めて私はやっぱりマチス好きと気がつきさせられました
このような作品は マチス以外に うまれないでしょうね。
この作品は愛しく 部屋にしばらく飾りたいものです。
余談ですが 最近 お菓子作りに少々はまり 簡単につくれるものばかりですが 失敗スルこともありますが 周囲の方に好評です。そうすると また作りたくなります。会社での 義理チョコも手作りで ご自宅に持ち帰れて 召し上がってくださったご家族の方になかなか好評だったそうです。本当です。
hidamari | 2009/02/25 2:54 AM
@hidamariさん
こんばんは。

マティスお好きですか。
出来不出来。好き嫌いのはっきりと分かれる
作品があるのがマティスの魅力と思っています。
今回はどうだったかな〜

クレーの作品が散財の危機にあったのを
まとめて買った英断。あっぱれなことです。
以前、観たときよりも力強く感じました。
絵はその時によりかなり印象かわるものですね。
Tak管理人 | 2009/02/25 6:07 PM
はじめまして。
コメント&TBありがとうございました。

ピカソとクレーの比較、興味ぶかく読ませていただきました。
たしかにピカソは画風もギトギトしているし、
女性受けがよくないかもしれませんね。
そんなこと、考えもしませんでした。

週末にBunkamuraに行きましたが、クレー目当てなのか、
綺麗な女性客が結構多くて、気が散ってしまいました(笑)。
ケン | 2009/03/17 12:59 AM
終わり頃になって、ですが記事書きましたのでTBさせて頂きました。
前回は駄目でしたが、今回は届いた様なので再度
「よみがえる黄金文明展」の記事のTBに再挑戦してみたのですが、
なぜかやはりエラーになってしまいました。謎です。

時期が3年しか違わないのに、同じ作品がチラシに使われるとは
興味深いです。
デザイン次第で印象が変わるよいお手本の様ですが、
どちらのデザインも好きです。

しかし、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵作品は
わりとよく来日しているのですね。
デュッセルドルフは日系企業の現地法人が多いみたいですが、
何かパイプでもあるのでしょうか。
m25 | 2009/03/18 3:03 AM
@ケンさん
こんにちは。
こちらこそありがとうございます。

Bunkamuraの客層って他と
微妙に違ったりしますよね。

クレーは近いうちに
千葉市美術館でも展覧会開催されます。
私などクレー作品の解釈など全く
分かりませんが、不思議と惹きつけられる
作品が多くあります。ミロは嫌いですが
クレーは昔から好きな作家です。

@m25さん
こんにちは。

TB受付に際し何か特別な設定している
わけでもないのですが…
何らかの「言葉」が引っ掛かるのかもしれません。
ご迷惑おかけします。

エキサイトブログにはどうやっても
自分のところからTBが飛びません。
とらさんのブログに飛ばせないのは残念です。

チラシのデザインとかもとても気になり
悪い蒐集癖を増幅させる要因となっています。

クレーの財団がある為だと思います。日本に。
Tak管理人 | 2009/03/18 7:53 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 ドイツ、デュッセルドルフのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館は、 20世紀美術コレクション(K20)と21世紀美術コレクション(K21)からなっているが、前者が改修工事のため休館し、そのコレクションが世界を巡回している。日本では名古屋市美術館に引き続い
 Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「20世紀のはじまり ピカソとク...
 ピカソとクレー、その表現のしかたは違いますが、二人はほぼ同世代です。生まれたの
クレーを観る「ピカソとクレーの生きた時代」展 | It's a beautiful noise | 2009/01/30 1:53 PM
Bukamura ザ・ミュージアムで開催中の「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」に行ってきました。伺ったのは、仕事始めの週の金曜日、東京でも雪との予報があった寒い日で、雪にはならなかったものの、夜には大降りの冷たい雨になっていました。そんな中、渋
この間、ワイエスに行ったばかりのBunkamura ザ・ミュージアムへ。 新年開けてどこの美術館へ行こう? 混雑を考えると近場に限ります。ということで渋谷へ。 ここ近年は1/2ともなれば開店しているお店も多くなりましたが、美術館はやはりひとでいっぱいなんだろう
Bunkamura ザ・ミュージアムへ。 「ピカソとクレーの生きた時代」を観に行きました。 クレーが好きなのでクレー目当てで。 あと近代美術の色んな作家もツマミ食いできるということで。 結構人気な展示じゃないのかなあと思うのですが 平日ということもあ
「ピカソとクレーの生きた時代」展 | ヱェテルノヲト。 | 2009/02/01 12:47 AM
渋谷の東急本店横にできたBunkamuraは、今年で20周年だという。比較的近いこともあり、Bunkamuraの「ザ・ミュージアム」と「ル・シネマ」はよく利用しています。思い出すままにザ・ミュージアムで観たものを挙げれば、「ワイエス展」「ミレイ展」「アンカー展」「ヴェネ
「ピカソとクレーの生きた時代」を観賞。独逸の「ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館」所蔵の絵画の数々が展示されている。単純に「ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館展」としなかったのは、集客の為の工夫なのだろう。エルミタージュやメトロポリタン
ピカソとクレーの生きた時代 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2009/02/09 1:46 PM
Bunkamuraで現在開かれているノルトライン=ヴェストファーレン州美蔵の‘ピ
Bunkamuraのピカソ・クレー展 | いづつやの文化記号 | 2009/03/03 11:17 PM
20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代 ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵   会場:Bunkamura ザ・ミュージアム...
 20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代展 ドイツはデュッセルドルフにあるノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館は、何気にマグリット作品を数点持っているので、いつか訪れてみたかった美術館。それが改築工事による休館を契機に向こうから日本に来て