青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「山川惣治展」少年王者・少年ケニヤのいた昭和 | main | 「ルーヴル美術館展」 >>

世界美術館トップ10

ちょっと前のネタになりますが、オンライン旅行サイトTripAdvisorが世界の美術館トップ10を掲載しました。

"Travelers could easily get lost in them for at least a day,"
"This top 10 is a check list to see the very finest artwork in the world."

さてさてどの美術館がランクインしているのやら。
大方予想はつくと思いますが、取り敢えず1位から10位まで掲載。
ムードジャカジャカジャカ〜(ドラムロール)

Top 10 art museums in the world

1位 Musee du Louvre 
ルーブル美術館(フランス、パリ)

2位 Vatican Museums
バチカン美術館(イタリア、ローマ、バチカン市国)

3位 Metropolitan Museum of Art
メトロポリタン美術館(アメリカ、NY)

4位 J. Paul Getty Center
ゲッティー美術館(アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス)

5位 Musee d'Orsay
オルセー美術館(フランス、パリ)

6位 Uffizi Gallery
ウフィツィ美術館(イタリア、フィレンツェ)

7位 Art Institute of Chicago
シカゴ美術館(アメリカ、イリノイ州シカゴ)

8位 Tate Modern
テートモダン(イギリス、ロンドン)

9位 Prado Museum
プラド美術館(スペイン、マドリード)

10位 National Gallery of Art
ナショナル・ギャラリー(アメリカ、ワシントンD.C.

各美術館のリンク先も貼ってあります。
日本の美術館のサイトに比べまずすぐに目に留まるのがその充実度。
所蔵品リスト(コレクション)を惜しみのなくwebで公開しています。

Googleブック検索が堂々と行われているアメリカなど特に充実しています。

色々と「世界美術館トップ10」にあげられて美術館について書きたいことあるのですが、今夜は酩酊気味。トップ10のサイト、トップ画像だけキャプチャ。webの充実度、満足度、使いやすさなどを基準にトップ10選んでも面白いかもしれません。

1位 Musee du Louvre 


2位 Vatican Museums


3位 Metropolitan Museum of Art


4位 J. Paul Getty Center


5位 Musee d'Orsay


6位 Uffizi Gallery


7位 Art Institute of Chicago


8位 Tate Modern


9位 Prado Museum


10位 National Gallery of Art


良く見たら未だ訪れたことの無い、ポールゲッティー美術館、シカゴ美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリーの3館いずれもアメリカ合衆国の美術館。そう言えば一昨年ハワイに行ったけどアメリカ本土へ渡ったのは、かれこれ7,8年前。

いつでもアメリカなら行けるから。という気持ちがこういった結果に。
ついでに、フィラデルフィア美術館、バーンズ財団美術館、ボストン美術館、デトロイト美術館等も。新生ニューヨーク近代美術館 (MoMA)も未だ未踏の地。

海外旅行計画するとついついヨーロッパしか頭に浮かんでこない悪い癖直し、アメリカ本土の美術館へも行ってみないと。。。

↓モトネタ
http://www2.canada.com/theprovince/news/travel/story.html?id=f7b833f9-8cf2-40be-acbd-44600a6b521a

地球紀行 世界美術館の旅 (小学館GREEN MOOK)
地球紀行 世界美術館の旅 (小学館GREEN MOOK)

お知らせ:
佐藤美術館にて「東京学芸大学 日本画研究室 卒業・修了制作展 2009」が開催されます。日程は以下の通りです。
平成21年2月28日(土)〜3月8日(日)


東京学芸大学日本画研究室で学んだ学部卒業生6人、院生4人による卒業制作展を、佐藤美術館において開催します。私たち卒業生はこの研究室で自分の表現を求め、日々作品制作に取り組んできました。今回の展覧会は、その集大成になります。卒業制作では自由制作に加え、古典模写とその表装すべてを自分たちの手によって行いました。本展覧会では作品展示と並行して、表装の工程や基礎知識をわかりやすく紹介いたします。また、銀箔を使った簡単な体験講座と、荒井経先生による講演会を企画しております。皆様、ぜひご来場下さい。

【出品作家】
平尾 真実(学部4年)久保田 淳(学部4年)冨田 一菜子(学部4年)石井 槙(大学院2年)包 図雅(大学院2年)古川 聡子(学部4年)駒形 寿子(学部4年)来住 正美(学部4年)土屋 由子(大学院2年)劉 丹(大学院2年)

お知らせその2:
東京都美術館にて4月25日から7月5日まで開催されるこちらの展覧会。

日本の美術館名品展公式サイト

公式サイト内に期間限定で配布されるブログ・パーツがあります!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1677

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんわ!
♪たのしい記事!
Baroque | 2009/02/27 12:08 AM
なるほどぉ〜。
アメリカの美術館、充実してるんですね。
ロンドンはテート・モダンだけですか、トップ10入り。
コンテンポラリーアートは苦手なので、行くつもり皆無
でしたが、いかがなものでございましょうか?
OZ | 2009/02/27 5:32 AM
「1〜7位までは行ってます♪
意外な所がランクから漏れてたりしてるんですね。
個人的にはオランジェリーやイギリスのナショナル・ギャラリーあたり入ってて当然かと思いますが。
「日本の美術館名品展」も実はこっそり楽しみにしております。
最近、展覧会記事をサボり気味なので、ちょっとまたがんばります!」
さちえ | 2009/02/27 9:52 AM
悔しいけど(なぜ?)、文句無しですねー。
Webの充実度ならロンドン・ナショナル・ギャラリーも、
非常に優れていると思うんですが。あ、もちろん中身も!!
行った事のない美術館が3館ありました。Takさんと全く同じです(笑)
今住んでいる国には、西洋美術がいつでも見られる美術館がなくて寂しい…
Arthur-co. | 2009/02/27 10:20 AM
アメリカ人は自分の国以外はあまり知りませんから、
こういうランキングは信用しない方がいいですね。
2位バチカン美?ミケランジェロの壁画があるから
でしょうね。4位ポール・ゲッティ美?やめてよ!
という感じです。

私だったら、この二つとシカゴ、ワシントン、テート
モダンをはずし、エルミタージュ、ロンドンナショナ
ルギャラリー、ウイーン美術史美、MoMA、ポンピドー
を入れますね。
いづつや | 2009/02/27 11:51 AM
アメリカ人のベストテンをみると相変わらずだなと思います。
ベルリン・ドレスデン・ミュンヘンの美術館を外したのは偏見そのものでしょう。ロシアの美術館を外したのも偏見なのでしょう。
オーストリア・オランダ・ポルトガルなどの美術館が入っていないのは、多分無知なのでしょう。ロンドンのナショナル・ギャラリーが抜けているのは笑ってしまいます。
とら | 2009/02/27 7:46 PM
こんばんわ
私も、米国のが少ないです。まあ、わたしはルネッサンスに恋してますので、どうやらDCかNY限定になります。だから、これらの絵の洗礼は受けてま〜すのよ。ところで、6位のUffiziの写真は正確でないですね。この絵はドレスデンの国立絵画館にあります。ベルリンが東西に分断されてた頃の情報がおそらく正確でなかったのでしょう。ラファエロのこの有名な天使の絵がどこにあるのか知りたくて、しつこい私は調べました。
(T-シャツ持ってるのに〜、ミラノで絵皿買ったのに、どこにあるのか分からない〜。)ずいぶん電話もしました。観光で行ったドレスデンにありましたの。‘ダス イスト オーヂイナル!’ドレスデン国立絵画館の太っった親切な係りのオバサンが教えてくれました。そして、‘ダンケ’を繰り返す私を、なんとフエルメールのあの小品の前まで案内してくれましたの〜。異国で、たったひとりで、受けた親切に涙デシタ。
Baroque | 2009/02/27 8:28 PM
@Baroqueさん
こんばんは。
まとめてレスしますね。

酔っ払ってしまい記事書けそうにないので
楽しました。。。

ラファエロは日本では展覧会
まず開催できないでしょうね。
海外に行くとほんと美しく
彼の描いた聖母子像などには
惹きつけられてしまいます。

異国での親切はいつまでも
良い旅の思い出として
心に残りますよね!
ウィーンが一番親切だったかなーー

@OZさん
こんばんは。

テート・モダンは美術館へ行くというより
工場見学に行く感じです。
ミレニアム・ブリッジ渡り対岸へ。
企画展以外は無料ですから
行かれて損はないかと。椅子も貸してくれます。

@さちえさん
こんばんは。

エルミタージュとか入っていないので
首をかしげながら見てました。
ロンドン、ナショナル・ギャラリーが
入っていないのはちょっと呆れます。

「日本の美術館名品展」変わった切り口ですよね。
この展覧会。。。

@Arthur-co.さん
こんばんは。

>行った事のない美術館が3館ありました。Takさんと全く同じです
おーーそれは奇遇。
ヨーロッパ中心になってしまうので
アメリカはついつい後回しになり
結局行かないことに。

西洋美術から一旦距離をおくに良いチャンスかも。
あらためてその良さとか発見できますし。

@いづつやさん
こんばんは。

バチカン美術館は中川さんが
行かれて随分と最近ニュースでも
取り上げられていましたね。。。

ヨーロッパにお住まいだった
いづつやさんにしてみると
歯がゆいベスト10でしょうね。

ウィーン美術史美術館がありましたね!
失念してました。
ここは今一度チャレンジしなくては
ならぬ因縁の美術館です。

@とらさん
こんばんは。

そうですね。
ドイツの美術館ないですね。
偏見。確かに。

ヨーロッパの美術館には
アメリカの美術館にはない
歴史や伝統が表面から奥底まで
しっかりとありますよね。
羨ましいのでしょう。
Tak管理人 | 2009/02/27 8:52 PM
こんばんは。
欧米の大手館のサイトはやっぱり
サービスが違いますね・・
存在のありようからして
そもそも根本から違うので
比べてもしょうがないんですが、
日本のミュージアムの状況を考えると
うらやましいやら情けないやら。
この半分でも情報をオープンにして
データを充実してくれたらなんぼか・・。
今後も差が開くことはあっても
追いつくことはないような気がします。
そうは思いたくないですが。

順位は、まあ、企画モノだし、
アメリカ人の旅行屋さんだし
(影響力はありますけど)
こんなもんなんじゃないでしょうか。
テート・モダンはよく知りませんが・・。
仮に11位以降があったとして
(これいつもやってる
「今日のトップ10」とは
 別なんでしょうか?)
そっちもあんまりデタラメだと
問題ありますけど。
では、お邪魔しました。
へっぽこもふ | 2009/02/28 12:36 AM
@へっぽこもふさん
こんにちは。

日本国内で匹敵する内容を
有している美術館・博物館の
サイトとしてはやはり
東博のものが一番でしょうね。

西洋美術館のサイトも
リニューアルした後は
随分と使い勝手が良くなりました。

データ公開に関してはまだまだでしょうが
地方の美術館などどんどん所蔵作品データを
公開すれば少しは集客につながるはずなのに
と常々思ってしまいます。

皆さん思い思いのトップ10美術館おありでしょうから
それぞれ発表していただけると新発見などあり
愉しいでしょうね。
Tak管理人 | 2009/03/01 11:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1677
この記事に対するトラックバック