青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ルーヴル美術館展」 | main | 六本木アートナイト開催!! >>

「今日の美味」ルーヴル美術館展スペシャル

いつの頃からか展覧会の記事の最後に「今日の美味」として、自分が食べた美味しいものを画像付きで紹介しています。

きっかけは定かではありませんが、多分記事本文がいい加減で面白味に欠けるので、その穴埋めとして最後くらいは美味しいもので終えようという基本浅はかな考えから始まったもの。

それが意外にも好評。今や本文のダメダメを補って余りある存在に。

しかも最近は展覧会ごとに限定で美味しいものがショップで販売されるようになったので、ネタに困ることも無し。ところが、昨日伺ってきた「ルーヴル美術館展」(国立西洋美術館)は少々困った事態に。


(展覧会の記事はこちら。会場の様子も写真に収めてきました)

それは、販売されている美味しいものが多すぎてとても一つに絞れないこと。何とも贅沢な悩みです。ふと考えると展覧会の内容もそうでした名品揃いで「これだ!」という一枚の作品に絞ることとても難しい。。。

絞れないならいっそのこと週末だし、「今日の美味スペシャル」でも。
っと言うことで、ルーヴル美術館展で見つけてきた美味しいものをご紹介。

まずは会場の外(展覧会入口脇)にラデュレ・カラーのグリーンの馬車が。


ワゴンを覗いてみると…

目にも鮮やかな色とりどりのマカロンがお行儀よく並んでいます。

↑の箱は「ポップアート」中にマカロンが8個(4色)入っているボックス

→は「レグレット」マカロン4個ボックス(2色)

箱の色はそれぞれ数色ありますが、中身は一緒。これが迷わせる。たかが箱。されど箱。結局「レグレット」のブルー系の箱を購入。





保冷剤を入れてもらい、帰宅後すぐかみさんとふたりでパクリ。



「ルーヴル美術館展17世紀ヨーロッパ絵画」の会場、国立西洋美術館(東京・上野公園)に、パリの老舗パティスリー「LADURÉE」(ラデュレ)のマカロンが登場することが決定しました。ラデュレが世界に誇るマカロンを、ラデュレ特有のグリーンの馬車に乗せて、会期中だけ国立西洋美術館の正面入口(外)で販売いたします。マカロンをお入れするショッピングバッグはルーヴル美術館展とのダブルネームという特別仕様となり、展覧会場だけでのご提供となります。



ラデュレといえばマカロンが代名詞となっていますが、その誕生は20世紀半ばに遡ります。かたく、乾燥したクッキーをマカロンと呼んでいた時代に、2つのマカロンの間にガナッシュを挟み、外はさっくりと、そして中はとろけるような食感が楽しめるマカロンの販売を始めたのがラデュレです。これが、現代のマカロンの始まりとなりました。その当時から同じ製法で作られているというこの伝統の味を、是非お楽しみください。

ラデュレのマカロンはこのブログでも既に何回も登場しています。
・「芸術都市パリの100年展」
・天明屋尚展「闘魂」
・「博物館に初もうで」

この中には本場パリのお店で買ってきて下さったものや、誕生日プレゼントとして大きなボックス入りで頂戴したものまでこれまた色々。

「貢物」に支えられての「今日の美味」でもあります。

続いて会場内特設ショップ脇で販売を行っている小川軒。



小川軒といえば「レイズン・ウィッチ」です。かみさんが小川軒の大ファン。とりわけこのレイズン・ウィッチには目がありません。この販売ブース見つけるやいなや迷うことなく「全種類下さい」と。

普段財布の紐の固いかみさんも小川軒を前にすると「大人買い」

こちらがレイズン・ウィッチ


レイズン・ウィッチは4月初旬までの限定販売とのこと。

展覧会大混雑する前に。レイズン・ウィッチの販売終了する前に!

この他にも小川軒のクッキーや焼菓子を特別パッケージに入れ販売。


クッキー詰め合わせ

焼菓子詰め合わせ

今夜飲み会から帰宅すると出かける前までは確かに存在した「クッキー詰め合わせ」と「焼菓子詰め合わせ」が忽然と消えていました。留守番していたのは、かみさん、オカメインコ、それにハムスターです。

もう一種類、小川軒で販売されていたのがこちらのお菓子。

ブール・ド・ネージュ

中にアーモンドが入ったお菓子。これ好き。何としてでもこれだけは…

東京のお土産として誰にでも喜ばれるのが「新橋・目黒小川軒」の元祖レイズン・ウィッチです。このお土産の王道レイズン・ウィッチやクッキー、焼き菓子の詰め合わせを、国立西洋美術館にて、特別仕様のショッピングバッグにお入れして販売いたします。
小川軒創業以来ご愛顧頂いていますオリジナルスイーツ、レイズン・ウィッチは、洋酒に絶妙に漬け込まれたレイズンと、特製フレッシュクリームがクッキーにサンドされた大変人気のある1品です。また焼菓子などの小川軒の自信作も、特別パッケージで販売いたします。


最後に、ポストカードや図録(今回はバイリンガル版もありました)を販売している隣にさりげなく並べてある可愛らしい小箱に入ったマーブルチョコレート。



中身はルーブル美術館展カラーの薄いピンクと水色それに白の3色チョコ。
小箱6つでワンセット。知人はこれを職場のお土産にするとか。
なるほど〜それは良いアイディア。

小箱の裏にはそれぞれルーブル美術館展に出展されている名画が。


ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

目だけでなく、味覚も大満足の展覧会。
今日行かれた方の話ではかなり混雑していたとか。
なるべく空いていそうな時間帯狙ってあらためて。

因みに展覧会に合わせてこんなCDも発売になっています。


「ラ・プルミエール~ザ・ミュージック・インスパイアード・バイ・ルーブル~」

「ラ・プルミエール クラシック ~ザ・ミュージック・インスパイアード・バイ・ルーブル~」

それぞれ収録曲についてはこちらで。

最後にやっぱり絵がないと落ち着き悪いのでこの一枚を。


フランス・ハルス《リュートを持つ道化師》 1624年頃
© RMN / © Franck Raux / distributed by DNPartcom

「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」は6月14日まです。

東京展終了後は京都へ巡回します。
京都市美術館
2009年6月30日〜9月27日

東京のおいしいスイーツ (SEIBIDO MOOK)
東京のおいしいスイーツ (SEIBIDO MOOK)

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1679

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(13) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは。先ほどはどうもありがとうございました。

マカロンもこう並ぶと壮観ですね。アートの域でしょうか?

レイズン・ウィッチは私も大好きです。懐かしい感じの味がまたいいですよね。

>留守番していたのは、かみさん、オカメインコ、それにハムスター

奥様がマルちゃんとハムスターにごちそうしてあげたのでしょう。きっと…。
はろるど | 2009/03/01 12:56 AM
ラデュレのマカロンはフレーバーは選べるのでしょうか?
それとも最初からセット売り?
ポップアートBOXは全種類制覇しちゃったしなぁ。
ところで日本橋限定かもしれませんが、源氏物語千年紀を記念してプライスコレクションより「女三宮の桜の襲」をイメージした限定ボックスが発売されます。
「お帳場通信」に写真が載っていましたが、もう素敵なデザインで一目惚れです!
3/6から予約できるそうですよ。
さちえ | 2009/03/01 1:41 AM
@はろるどさん
こんにちは。

昨日はお世話さまでした。

ここのマカロンは他とは全く違います。
別次元の食べ物です。
さほど甘いもの好きでない自分でも
ここのはぺろりと。

小川軒の焼菓子には油断していました。。。

@さちえさん
こんにちは。

フレーバーは選べないそうです。
箱が3色あって中身は一緒だとか。

>ポップアートBOXは全種類制覇しちゃったし
それは凄いですね!
あれ並べたら壮観かと。

保冷バックがおしゃれでしたよ。黒で。
これ狙っちゃいます?

源氏もからめてきましたか〜
うーーん。やるな。
それはかなり欲しい。。。
Tak管理人 | 2009/03/01 11:25 AM
こんばんは。

このお菓子たちも、あの日のいい思い出です。
マカロン、おっしゃる通り絶品ですね〜。
レイズン・ウィッチも、Yukiさんに横で
「オイシイデスヨ」と囁かれて思わず。。。
でも甘みが抑えられていて本当に美味しかった。
次回は他のも買ってみます。

Takさんの「今日の美味」見て、何軒のお店を
インターネットで検索したことやら。


YC | 2009/03/01 10:36 PM
@YCさん
こんにちは。

ここのマカロンは別物ですよね。
ぺろりと食べられてしまいます。
小川軒はかみさんによれば
鎌倉にあるお店のは味が落ちるとか。
たまにデパートの地下で出店があり
買ったのはいいけど鎌倉店のもので
がっかり。。。何てことがあったそうです。

「今日の美味」いつまで続くやら・・・
Tak管理人 | 2009/03/02 7:55 AM
こんにちは
ルーブル展、例によって京都で待とかと思ってましたが、こんなおいしそうなのを見ては・・・(涙の代わりにヨダレ)。
マカロン、好きです。いいですねぇ。

小川軒のレーズンウィッチも大好きです。
ただわたしは六花亭のマルセイバタサンドを優先いたしますが。
しかし鎌倉と東京のとでは違う、ということは初めて知りました。・・・てことは、ますますルーブル東京展に行かねばならないということに・・・
あう〜つらいです。
遊行七恵 | 2009/03/02 12:52 PM
@遊行七恵さん
こんにちは。

東京と京都で両方!
会場が変われば見え方も
違ってきますし。
マカロンは京都まで行くのかな〜

六花亭もよいですよね。
北海道の空港で確か
購入した記憶があります。

いずれにせよ「甘い誘惑」
困りものですよね。
Tak管理人 | 2009/03/03 4:00 PM
Takさん美味しそうに書かれるので、ルーブル展行ったら買わなくてはと心に決めておりました、無事本日ゲットすることができ、おやつに頂きました、満足・満足♪

展覧会のお話は言わずもがなですが、今日の美味も楽しみにしております。

肝心の展覧会情報ですが、朝一番は空いていると言ってよいと思います。
待たずにはいれますし、フェルメールは無理でしたが、ラ・トゥールなどはある程度絵から離れてもゆっくり立ち止まって見ることができました。
蓮 | 2009/03/04 5:24 PM
@蓮さん
こんにちは。

無事ゲットされましたか〜!!
それは良かった。
自分で選ぶとなると迷って
選べないのでセットになっているのは
嬉しいですよね。
もっとも、箱の色で悩みましたが。。。

混雑状況お知らせ下さり有難うございます。
混む前にまた伺いたいと思っています。
フェルメールの絵を観るのには
相当時間と根性が必要なようですね。。。
Tak管理人 | 2009/03/05 7:54 AM
レイズン・ウィッチの売ってる間に観に行きます!
美味しいですよね〜
マカロンは缶がいいですね☆
目だけでなくお腹も満たしてくれそうな展覧会ですね(^o^)
サッチャン | 2009/03/06 8:25 PM
@サッチャンさん
こんにちは。

何だか混雑しているようですよ〜
まぁこれだけメジャーどころの
お店や商品扱ったらスルー出来ませんからね。
小川軒に近いうちにまた買いに行きます。
Tak管理人 | 2009/03/08 11:37 AM
行ってきましたよ(^-^)
混んでました〜
しっかり小川軒買いました☆
マカロンはお値段にひいてしまいました^^;
サッチャン | 2009/03/15 5:27 PM
@サッチャンさん
こんばんは。

ラデュレのマカロン
また新しい限定パッケージが出てます。
今度は源氏物語。
後日画像アップしますね。
Tak管理人 | 2009/03/16 10:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1679
この記事に対するトラックバック