青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「源氏物語千年紀 石山寺の美」 | main | 「桜さくらサクラ・2009」 >>

「阿修羅展」チケットプレゼント

3月31日から東京国立博物館にていよいよ幕を開ける「国宝 阿修羅展」
阿修羅展公式サイト



前売券販売が好評なため、既に開館時間を延長するとが決定!
(午前9時30分〜午後6時。金曜・土曜・日曜日・祝・休日は午後8時まで開館)

会期途中にこうした処置がとられること人気展だと時たまありますが、まだ始まる前から開館時間の延長が公式に発表されるのは異例。裏を返せばそれだけ「阿修羅展」に対する期待の大きさ物語っています。

このブログでも以前から「阿修羅展」について取り上げて来ました。
「国宝 阿修羅展」記者発表会
阿修羅展「八部衆像」「十大弟子像」
「ザ・仏像」展

JRのみならず私鉄各路線の駅にも「国宝 阿修羅展」の開催を告げるポスターがそこかしこに貼られています。否が応にも展覧会への期待高まります。

だって、これですよ、これ。

国宝・八部衆像、国宝・十大弟子像
現存する全14体が史上初めて東京に勢ぞろい!!

そんな、この春一番の注目展覧会間違いなしの「阿修羅展」のチケットをこのブログをご覧の皆様に僅かですがプレゼントさせて頂きます。



チケットご希望の方は、件名に「阿修羅展チケット希望」、本文にお名前(ハンドルネーム)だけ明記しメールお送りください。
当選された方には折り返しこちらから返信メールお送りします。

大好評のうちに受付終了となりました。
とんでもない数のご応募頂戴しました。阿修羅展への期待度の高さ再認識。

メールアドレスはこちらにあります。

「阿修羅展」開催に向け、出版分野も動きが活発に。

芸術新潮は丸ごと一冊阿修羅特集。
芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]
芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]

かつて三越にお出ましになられた時の貴重な写真なども掲載。
また数多くの写真家が撮影した「阿修羅像」も。

そしてこちらは東京美術出版から展覧会に合わせて出された新刊。

もっと知りたい興福寺の仏たち (アート・ビギナーズ・コレクション)
もっと知りたい興福寺の仏たち (アート・ビギナーズ・コレクション) 
金子 啓明

興福寺公認。
阿修羅像は勿論、興福寺のお宝仏像を余すところなくカラー図版で紹介。





脱活乾漆像の制作方法なども図解入りで詳しく紹介されています。


「芸術新潮」と「もっと知りたい興福寺の仏たち」でばっちり予習していざ!!


興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」
平成館 2009年3月31日(火)〜6月7日(日)
奈良・興福寺の中金堂再建事業の一環として計画されたこの展覧会では、天平伽藍(てんぴょうがらん)の復興を目指す興福寺の貴重な文化財の中から、阿修羅像(あしゅらぞう)をはじめとする八部衆像(国宝)、十大弟子像(国宝)、中金堂基壇から発見された1400点をこえる鎮壇具(国宝)や、再建される中金堂に安置される薬王・薬上菩薩立像(重要文化財)、四天王立像(重要文化財)など、約70件を展示いたします。特に、八部衆像(8体)と十大弟子像(現存6体)の全14体が揃って寺外で公開されるのは、史上初めてのことです。

 阿修羅像は天平6年(734)、光明皇后(こうみょうこうごう)が母橘三千代(たちばなのみちよ))の1周忌供養の菩提を弔うために造像して以来、戦乱や大火など幾つもの災難を乗り越えてきました。1300年の時を超えて大切に守り伝えられた、日本の文化といにしえの人々の心に触れる機会となれば幸いです。また、橘夫人(たちばなぶにん)の念持仏(ねんじぶつ)と伝えられる阿弥陀三尊像(国宝、奈良・法隆寺蔵)も特別出品いたします。

おまけ:
子ども用にはこんなトレーディング・カード風のアイテムも用意されているらしい。

欲しい〜


おまけその2:
阿修羅展も気になるけどこちらの展覧会も要チェック!

「山水に遊ぶ−江戸絵画の風景250点」
府中市美術館
3月20日〜5月10日

若冲、蕭白お出まし!巡回なし。前期・後期共に行かねば!!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1688

JUGEMテーマ:アート・デザイン


プレゼント | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

おぉ!府中で若冲&蕭白ですか!これは見逃せませんね。
すみません、阿修羅展よりこちらに反応してしまいました(汗)。
前後期で展示替えがあるとはいつ行くべきか悩めますが、嬉しい情報有難うございます。
m25 | 2009/03/10 1:50 AM
@m25さん
こんにちは。

府中のこの展覧会、京王線の中では
既に広告出ています。
前期、後期とも行くべきでしょう!
因みに二度目は半額だそうです。
Tak管理人 | 2009/03/10 7:44 AM
どこかで見たお顔、と思ったら。
興福寺のですね。
小学校・中学校時代に見学に行った覚えがあります。
地元の強みですね。

府中市美術館、巡回なしなんてひどい。。。。(涙)
期間が長いのでなんとかしたいです。
でも2度もいけるかしら。。
モモ@mixi | 2009/03/10 12:56 PM
ホント、そこかしこで告知してるようですが、
前評判通り、確かに「イケメン」かも?!
最近流行り(?)のイケメン執事が阿修羅だったら・・・。
すみません。阿修羅を冒涜ですね(>_<)
nao | 2009/03/11 5:32 PM
@モモさん
こんばんは。

府中美術館たまにこうした
とんでもない展覧会を
強引に?開催してくれます。
入館料もお安いうえに
二度目は半額!桜の季節に
行くとなお良しです。

興福寺の仏像さまたちの
お出ましの日、近づいてきましたねーー

@naoさん
こんばんは。

イケメンですね。
飛鳥美人という言葉はありますが
飛鳥イケメンという新たな造語も
出来てしまいそうなほど。
180度ガラスなし!台からも観られるなんて最高です。
Tak管理人 | 2009/03/11 5:44 PM
こんばんは。先週末、奈良・興福寺に行って、
旅立ち前の阿修羅像にお会いしてきました。
東京での再会が楽しみです。
jchz | 2009/03/11 10:38 PM
おお、金曜土曜日曜の開館時間延長が始まってもいないうちにもう決まったのですか!
上野はルーブルに恐竜展に日本の美術館名品展にと大忙しですね!
この不況もなんのその!
あまのじゃくな僕は芸大美術館の尼門跡寺院にひそかに注目。
あのバウハウスをやった産経がどう攻めてくるか!
oki | 2009/03/11 10:48 PM
@jchzさん
こんばんは。

おおーーー奈良まで行かれましたか!
いよいよ興福寺からお出ましになりますね。
東京であったら「別人」のようでしょうね。

@okiさん
こんばんは。

藝大の展覧会は今からとても楽しみにしています。
手元にある資料を見るとこれまたとんでもない展覧会です。
阿修羅展とセットで観たらさぞかし贅沢かと。
よくぞまぁ集めたものです。

不況時は日本のものを観る良いチャンスですね。
Tak管理人 | 2009/03/12 10:21 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック