青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
19日からオランダ行って来ます。
来週3月19日の夜に成田を発ち、一週間ばかりヨーロッパ(主にオランダ)へ行って来ます。帰国は26日の予定です。久々の仕事以外で行く海外旅行。

エールフランスでパリへ入り、そこで2日ほど観光。


新しくなったオランジェリー美術館や「レースを編む女」が不在のルーヴル美術館、はたまた小池先生ご推奨のクリュニー中世美術館などを観て来られたらな〜と。元々計画立てて行動するタイプではないので今回も行き当たりばったりでパリの街をうろうろして来ます。

予約してもらったホテル「Hotel Duminy Vendome」がルーヴル美術館から徒歩5分という好立地なので効率良く観て回れるはずです。それに金曜日なのでルーヴル美術館は21時45分まで夜間開館しているのも嬉しい。

パリを足早に後にして目指すはオランダ。ネーデルランド。
タリス(特急列車)に乗り陸路フランスからオランダへ。



盲腸のように飛び出した街、マーストリヒトへまず立ち寄りここで開催されている「TEFAF - The European Fine Art Fair, Maastricht」へ。ヨーロッパでも知らぬ者はいない歴史あるアートフェア。
3月13日からオランダのマーストリヒトにて恒例の「TEFAFヨーロピアン・ファイン・アート・フェア」が開催される。一流の美術品またはアンティークのみが出展を許可される世界でも有数のアート&アンティーク・フェア。ブリューゲルからフランシス・ベーコンまであらゆる分野のトップアートが出展される。アンティークはヨーロッパのものからアフリカ・日本・中国、インドなどのエスニックアートまで購入できる。昨年は世界各国から239社が参加し、約73000人が来場した。プライベートジェットでやってくる人も多い。

日時:2009年3月13日(金)-22日(日)11:00-19:00
場所:マーストリヒト、MECC
入場料:カタログ付きで55ユーロ (オンライン購入可能)
スキポールからではなくパリからヨーロッパ入りしたのもマーストリヒトに立ち寄りたいがため。どんなお宝が拝めるか楽しみ楽しみ。

この街での宿泊は「Chateau St. Gerlach St. Gerlach Package Junior Suite」これまた非常に格調高い由緒ある古城ホテル。多分興奮して一睡も出来ないはず。


電車でハーグを経由しアムステルダムへ。

アムステルダム国立美術館(博物館・ライクス)でフェルメールを。ラッキーなことに今、ワシントン、ナショナル・ギャラリーから「天秤を持つ女」がアムステルダム国立美術館にやって来ています。


Rijksmuseum, The Masterpieces and Infocentre, Jan Luijkenstraat 1 Amsterdam

11 March - 1 June 2009

A major work by Johannes Vermeer (1632-1675) is temporarily back in Amsterdam.
The Rijksmuseum presents his 'Woman Holding a Balance' (c.1664) from the United States.
The Rijksmuseum proudly presents this important work alongside four other masterpieces by Vermeer from the museum s own collection.
Vermeer did not produce many paintings, so this is a unique moment for the Rijksmuseum as the only museum in Europe to be able to show five works by the renowned artist together.
The painting is on loan from the National Gallery of Art in Washington, from which it rarely leaves.


またすぐ近くにあるゴッホ美術館(Van Gogh Museum, Amsterdam)では「夜」をテーマにした企画展が開催されているそうです。Van Gogh and the Colours of the Night

目玉は何と言ってもニューヨーク近代美術館(MoMA)所蔵の「星月夜」がこれまた海を越えわざわざタイミングよろしくやって来てくれています。


アムステルダム市内のホテルは狭いにも関わらず宿泊代が高いので(宿泊代に見合ったお部屋まずありません)前回同様、ホテルはハーグ駅直結の「EDEN BABYLON HOTEL DEN HAAG」を取ってもらいました。

そして、今回の旅行の最大の目的地であるフローニンゲンまでもここを拠点として電車で移動することになります。

フローニンゲン美術館では現在、ウォーターハウスの大回顧展を開催中なのです!

J.W. Waterhouse (1849-1917). The Modern Pre-Raphaelite
14 December 2008 - 3 May 2009

The Groninger Museum presents the largest retrospective of the art of John William Waterhouse (1849-1917) ever mounted. This exhibition features 92 paintings, drawings, and sketchbooks, and has been organised in collaboration with the Royal Academy of Arts in London and the Montreal Museum of Fine Arts in Canada. Splendid works will come from public and private collections in England, Scotland, Wales, Ireland, Australia, the United States, Taiwan, and Canada. Few have ever been shown in continental Europe.


以前、こちらの記事「2008-2010年にウォーターハウスの大回顧展開催!」でお知らせしたウォーターハウス(John William Waterhouse)の大規模な展覧会がまずこのフローニンゲン美術館から幕を切りロンドン王立美術館、モントリオール美術館へと巡回します。

一応、mixiでウォーターハウスコミュの管理人をしている以上、観に行かねばならないかと。勝手に理由付け。

展覧会のカタログはAmazonでも購入できるようです。
J. W. Waterhouse: The Modern Pre-raphaelite
J. W. Waterhouse: The Modern Pre-raphaelite

ハーグからフローニンゲンまでは日帰り。
東京から大阪へ展覧会を観に出かけるような感覚。
車窓からぼんやりと眺める異国の景色は格別。

ハーグに都合2泊し、マウリッツハイスで「真珠の耳飾りの少女」や「デルフトの眺望」と再会の挨拶かわし、電車ですぐのフェルメール生まれ育った街デルフト再度探索してることも計画に入れています。


前回同様お天気に恵まれれば17世紀フェルメールがまさにこの地で目にしたであろう光景とさほど変化していない「デルフトの眺望」を拝めるはずです。

マーストリヒトとフローニンゲンを除けば何度か訪れたことのある街なので、効率良く街を散策し美術館も疲れない程度に観て回れるはずです。多分。。。

帰国はヨーロッパのハブ空港、スキポール空港から成田まで。

26日の午前中には日本到着予定です。

これと同じオランダ代表のユニフォーム着て成田に降り立つ予定。
オランダ アウェイ ユニフォーム
オランダ アウェイ ユニフォーム

間に合えば、留守中も毎日ブログ記事更新するように設定していきます。
出発まで日数が迫っているので書き溜めることできるか微妙ですが…
何とか頑張ってみます。

と言うことで、3月19日から26日までは留守にします。
メールのお返事等出来なくなりますのでご了承下さい。

また、留守中はこのブログのコメントやTB受け付けない設定にして出かけます。

では、では。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1693

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| お知らせ | 23:40 | comments(15) | trackbacks(0) |
出発は17日ですが、19日は
隣国ドイツにおります。
美術館、歌劇場、サッカースタジアムを
ぐるりと回ります。
| Jun | 2009/03/15 1:55 AM |

いってらっしゃーい!
おいしいものもね! ね! お買い物もしてください〜
| 海 | 2009/03/15 4:31 PM |

いってらっしゃい。
思う存分休暇をお楽しみください。
オランダは未踏の地です。そのうち行ってみたいですね。
息子の彼女もオランダ人だし(笑)
オランダのサッカーユニフォームならそろいのキャップと
あったので差し上げましたものを!
引越しにあたって捨ててしまいました。
残念!
| OZ | 2009/03/15 7:26 PM |

旅行先で展覧会があると、すごーくお得感がありますよね!
中世美術館もうらやましー!
| Nikki | 2009/03/15 7:26 PM |

Takさま、こんばんは!
ヨーロッパにお出かけですか!?
すてきな出会いがいっぱい待っていそうですね!

最近ゴッホにちょっとはまっています。
ゴッホの「星月夜」観たいな〜〜〜
お土産話楽しみにしています。
ゴッホ美術館のお話などもどうぞよろしくお願いいたします。
| 沙羅茶 | 2009/03/15 10:15 PM |

今晩は。旅の行程、お気に召して戴いたようで、良かったです!苦労した甲斐がありました。旅行中も、よろしくお願いします♪
| kaitaka | 2009/03/15 11:06 PM |

@Junさん
こんばんは。

Junさん趣味幅広いですからねー
ヨーロッパで一度サッカー観戦
してみたいな〜

@海さん
こんばんは。

19日の夜に出発です。
オランダは料理はイマイチなんです。。。
でもマーストリヒトは期待大です。

@OZさん
こんばんは。

久々にとれた休暇。
というよりも休暇決定する前から
飛行機おさえてしまいました。
今回行く気満々です!
えーーオランダのユニーーー
レプリカTシャツを一着だけ。
あのオレンジが芝生の緑に
映えるんですよね〜

@Nikkiさん
こんばんは。

ウォーターハウス一本で行こうと思ったら
あれこれ展覧会が。。。たまりません。
中世美術館行けたらこれが初となります。

@沙羅茶さん
こんばんは。

はい。3年ぶりの個人旅行です。
仕事で昨年ヨーロッパ行きましたが
ストレスが溜まるだけでしたので。
今回は思いきり!

ゴッホ美術館は撮影禁止なので
館内の雰囲気お伝えできなのが残念ですが
かなり開放的な美術館です。
ゴッホが描く「星」特徴的ですよね。

@kaitakaさん
こんばんは。

ありがとうございます!
今頃かみさんからメッセと届いているはずです。
パリのガイドブックも購入したそうです。
宜しくお願いします。
| Tak管理人 | 2009/03/16 10:09 PM |

こんばんは。
是非楽しんできて下さい。
休みが取れたらハーグとデルフトに行きたいです。
帰国されたらお話を聞かせて下さい。

素晴らしいご旅行を!
| merion | 2009/03/16 10:18 PM |

@merionさん
こんばんは。

ありがとうございます。
思いきり発散してきます。
ハーグを拠点にアムス、デルフトと
前回の旅行同様動きまわります。

木曜夜に発ちます。
| Tak管理人 | 2009/03/16 10:35 PM |

良い旅になりそうですね♪
フローニンゲン美術館の
ウォーターハウス記事楽しみです。
マーストリヒトでの掘り出し物も期待。
いってらっしゃいませ

私も別便にてオランダ上陸予定
ワクワクしています。VとGは勿論
現代建築&デザインに注目してきます。

| panda | 2009/03/16 11:25 PM |

うわー、なんて羨ましい!!
しかしヨーロッパは、特別展がなくても魅力的な美術館が多すぎて
旅程に頭を悩ませてしまいますよね。

どうぞご無事で楽しんでいらして下さい。

| m25 | 2009/03/17 11:41 PM |

 オランダのユニフォームに反応してしまいました。
 アーセナルのファンペルシ、レアルのファンニステルロイ、チェルシーのヒディング監督など、やはりスポーツ王国という感じですね。水泳のピーター・ファンデンホーヘンバンドなども。背も高いし、獰猛な感じだし。

 いいなあ〜。

 
| パレット | 2009/03/18 12:33 AM |

@pandaさん
こんにちは。

マーストリヒトではとてもとても
作品は購入できませんから
会場の雰囲気だけでも味わってきます。

pandaさんと同じ時期に
オランダの地にいられるとは!
お互い楽しんで参りましょう!!

@m25さん
こんにちは。

そうなんですよね。
美術館巡りだけでも全く
時間が足りません。

ましてや好きな国なら尚更です。

@パレットさん
こんにちは。

ファンペルシのような選手が
ひとりでも日本代表にいればな〜と
叶わぬ願い抱きつつテレビ観戦しています。

何年経ってもオランダのフットボールレベルには
到底追いつかないことまざまざと見せつけられますよね。。。
| Tak管理人 | 2009/03/18 7:46 AM |

今回の渡欧は、公務無しとのこと、

早春のヨーロッパ、存分にお楽しみください。

帰国後は楽しいお土産話、お聞かせくださいね。


気をつけて行ってらっしゃ〜い \(^o^)/
| わん太夫 | 2009/03/19 1:21 PM |

@わん太夫さん
こんにちは。

お誘い頂戴しておきながら
こんなわけで中々時間作れず
すみませんです。

フランス、オランダの自由な旅
思いきり満喫してきます!
| Tak管理人 | 2009/03/19 3:11 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1693
【お知らせ】
おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...