青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 19日からオランダ行って来ます。 | main | 「三井家のおひなさま」 >>

関西現代アート日帰りツアー

前日の土曜。仕事を終え友人と遅くまで飲み会。
あくる日曜。まだ暗いうちに家を経ち新幹線で一路大阪へ。

目指すはサントリー美術館[天保山]

現在ここの美術館で開催中の展覧会「インシデンタル・アフェアーズ−うつろいゆく日常性の美学」を拝見するのが目的。

インシデンタル(incidental)とは、「偶発的な」、「とるに足らない」などの意味を持ちます。
日常生活の中で私たちを取り巻く物事は刻一刻と変化しています。その変化や偶発性をうつろいゆく美として捉えることで、普段の何気ない事柄が新たな美意識として甦ります。
本展では、この「インシデンタル」という言葉をキーワードに、国内外で活躍する現代アーティスト17 名の作品を通して、現代の新しい美意識を探り、私たちの日常的な感覚の中に潜む新たな価値観や感覚を呼び起こします。
新幹線の車掌さんに新大阪到着前に爆睡していたらどうかたたき起こして欲しいとお願い。こんな強行軍組まずともいいのに〜と自省の念に駆られつつの旅。

開館時間10:30より数分早く美術館に無事到着。
逸る気持ちを抑えつつ展覧会会場へ進むと後方から見慣れた人影が。。。
思わず「あっ!」と声を発したその先にはex-chamber museumの幕内さんの姿が!恐るべき行動力。何でもこの日はこのあと芦屋のギャラリーをご覧になり名古屋まで行かれるとか。幕内さんに比べたら(比べるものでもないけど)自分なんてまだまだひよっ子。

それにしてもこの出逢いまさに「インシデンタル(incidental)とは、「偶発的な」の意味を持ちます。」展覧会にぴったり。不思議な符合です。

肝心の展覧会については学芸員さんにたっぷりとお話をお伺いすることが出来たのでまたあらためて記事にするとします。何でもこの学芸員さん以前、オペラシティーにいらしたそうで、宮島さんの「メガ・デス」を今回初めて関西で展示出来た訳もここで納得。


宮島達男《MEGA DEATH》1999年
ⓒ Shigeo Anzai, Courtesy of the Japan Foundation,
SCAI THE BATHHOUSE


お昼ごはんを食べることも忘れ13時半まで鑑賞。談笑。

折角関西まで来たのですから美味しいもの食べ、ゆっくり一泊して帰りたいのですが、当然無理な話。(月曜から仕事休んだら何言われるか…) しかも今日は夜19時半から知人と地元で食事をする約束が。悲しいかな16時台の新幹線に乗らねば間に合いません。まさにとんぼ返り。

でも、折角だからと京都まで。
ここでも観ておきたかった展覧会がひとつ。


京都国立近代美術館で開催中の「椿昇 2004–2009: GOLD/WHITE/BLACK」展

怖いもの見たさに駆られ京都まで行ったのは初めて。
迫りくる時間と格闘しながら「鑑賞」
これは感想書けないな・・・ogawamaさんにお任せ。

16:32発の「のぞみ」に間に合うようにタクシーの運転手さんに無理してもらい京都市内の細道を爆走。「来週あたりには桜が咲き出しますから、またごゆっくり」と。

無事地元に19時半の約束5分前に到着。
そこからが長かった……記事書けないほど浴びるように飲んでしまった。。。

「こんなことやっていて、いつ旅行の準備をするの?」とかみさん。

確かに。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1694

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

お疲れさまでしたー
桜が咲き始めたら市内は「えげつない混みよう」(運転手さん談)になるそうなので、タクシー飛ばしてものぞみは間に合わなかったでしょう。
乗れて良かったですねー
わたしは旅行の準備はいつも前夜です。
2時間もあれば充分充分♪
男性の荷物はそれほど多くなさそうだし、ギリギリで大丈夫ですよ。
それよりもご多忙の毎日、身体を壊さないように気をつけてくださいね。
さちえ | 2009/03/16 9:20 AM
ハードスケジュールも楽しそうにこなしてるんですね(^o^)
無事に約束の時間に間に合ってホッと一息でついついね。
旅先でもゆっくりなさらず精力的に回るんでしょうね。
サッチャン | 2009/03/16 9:31 AM
ご苦労様でした。
大山崎ではビールはお飲みにならなかったのですか?
あそこのテラスで飲むビールは最高。
建物を建てたのがニッカの創業者加賀さん。
そのご夫婦の寝室のテラスで素晴らしい景色を見ながら一杯は最高です。
現在の所有者もアサヒビールですし・・・。
良い学芸員の方を探しているという噂も聞きましたが、成功したようですね。
お体お気をつけて。
gakko | 2009/03/16 10:49 AM
こんにちは

美術鑑賞いいですね。

まー | 2009/03/16 12:11 PM
こんにちは
わたしが東京ハイカイの頃、Takさんは大阪におられたのですね。

サントリーから京都へ・・・

大阪の名士・浜村淳風に書けばこんな感想です。
持った湯飲みをバッタと落とし、小膝叩いてニッコリ笑い、
「えらいっっっ!!」
うーむー、お疲れ様でした。

オランダで愉しんできてください〜
ウォーターハウス展記事がとても楽しみです。
遊行七恵 | 2009/03/16 12:56 PM
私は1ヶ月後に関西ツアーします!
オランダのお話楽しみにしています。
naho | 2009/03/16 1:24 PM
@さちえさん
こんばんは。

疲れました。
時間に余裕なくて最後のタクシーは
運転手さんにかなり無理してもらいました。

旅行の準備大丈夫ですよね〜
そうそう前日でok
スーツを今回持って行かねばならぬのがネックかな。
それでも楽勝楽勝。といつもこの調子です。
体調はかなり参ってます。。。

@サッチャンさん
こんばんは。

飲み会→大阪・京都→飲み会
今考えるとどうしてこんなスケジュールに
してしまったのかと思います。
誘われると弱いんです。。。

@gakkoさん
こんばんは。

大山崎今回は立ち寄りませんでしたが
前回行った時は勿論ビール飲みましたよ〜
あのテラスで。本当に見晴らしいいですね。

今回サントリー美術館ではビールを
飲んでいる時間はありませんでした。
帰りの新幹線も珍しくお茶で。
尤も到着しそれから御前様。
ハードな一日でした。

@まーさん
こんばんは。

はい。

@遊行七恵さん
こんばんは。

ハイカイというよりも
スケジュールこなすのに
精いっぱいでした。
慣れていません。
予定通りに行動すること。

京近美あれどうなのかな〜

オランダ何度行っても楽しい所です。
嫌な思いしたことありません。

@nahoさん
こんばんは。

関西へは美術館目的ですか?
杉本博司展が始まるので
また5月頃行かねば!!
Tak管理人 | 2009/03/16 10:32 PM
ご指名いただいたので、椿昇展の感想書きました。
息切れしてます・・・。
Takさんはあれ、受け付けました?
ogawama | 2009/03/16 11:49 PM
Takさんの日記をまとめて読んでいて、すっかり勘違いしてしまいました。
サントリーにいらしたんですね。
とんだコメントゴメンナサイ。
春の陽気でぼけてしまいました。
失礼いたしました!
gakko | 2009/03/17 3:41 PM
@ogawamaさん
こんにちは。

椿昇展の記事ありがとうございます。
スタバのマークをもじった作品?の
周りで繰り広げられる不気味な祭典。
嫌いじゃないですよ〜

@gakkoさん
こんにちは。

いえいえ、
間違いなんて私なんていつものことです。

暖かな陽気の日が続きますね。
20度超えるとか。
そりゃ桜も咲いてしまいます。
Tak管理人 | 2009/03/18 7:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック