青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 六本木の「ルーヴル美術館展」 | main | 「素朴美の系譜」 >>

「尼門跡寺院の世界」展開催。

東京藝術大学大学美術館にて「尼門跡寺院の世界〜皇女たちの信仰と御所文化」展が4月14日より開催されます。


皇女たちの信仰と御所文化 尼門跡寺院の世界

会期: 2009年4月14日(火)-6月14日(日)
月曜日休館〔ただし5月4日(月・祝)は開館〕
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:東京藝術大学大学美術館 展示室2(地下2階展示室)、3、4(3階展示室)

 日本の古都、京都・奈良には今でも13ヶ寺の尼門跡が残っています。 尼門跡とは皇族・公家など、高貴な女性の入寺によって営まれてきた独特な品格を 持つ寺院で、わが国が世界に誇れる文化遺産です。 これら尼門跡の開山・中興の尼僧たちの生活と信仰に焦点を当てながら、そこで培われ、 伝えられてきた伝統文化を紹介します。
 古くは7、8世紀の時代の尼寺に始まり、江戸時代には皇室とのゆかりによる「御所文化」が 育まれ、独特な宗教儀礼や信仰生活が形作られました。本展は、京都・奈良の尼門跡寺院である、 大聖寺、宝鏡寺、曇華院、光照院、円照寺、林丘寺、霊鑑寺、中宮寺、法華寺、三時知恩寺、 慈受院、宝慈院、本光院に関連する作品、180余点にてその世界を紹介いたします。



大織冠絵巻」 慈受院蔵 撮影:金井杜道


散華」 光照院蔵 撮影:金井杜道


霊鑑寺」 上段の間 撮影:金井杜道


お花絵合わせカルタ」 大聖寺蔵 撮影:水野克比古


押絵馬郎婦観音像」 東福門院作 円照寺蔵 撮影:金井杜道

皇族や公家など高貴な女性の入寺したお寺のことを尼門跡寺院といい、現在、京都と奈良に13か所残っているそうです。

今まで知られてこなかった尼となった皇女の方々の暮らしや、文化について掘り下げていくといった内容のこれまでにない展覧会。

皇女の方の描いた絵、書や、遊んだカルタやすごろく、献上された人形やお道具箱など資料としても、モノとしても素晴らしいものが沢山大事に残されているそうです。

しかしながら、13あるお寺のうち11のお寺は通常非公開ので中へ入ることのみならず、のぞきみることすらできません。ある種特殊なお寺ゆえそうやって、守られてきたお寺ばかりなのです。

京都、奈良に残る13の尼門跡寺院、大聖寺(だいしょうじ)・宝鏡寺(ほうきょうじ)・曇華院(どんけいん)・光照院(こうしょういん)・円照寺(えんしょうじ)・林丘寺(りんきゅうじ)・霊鑑寺(れいかんじ)・中宮寺(ちゅうぐうじ)・法華寺(ほっけじ)・三時知恩寺(さんじちおんおんじ)・慈受院(じじゅいん)・宝慈院(ほうじいん)・本光院(ほんこういん)に所蔵される資料・作品・調度品から、皇女たちの信仰と生活、御所文化を紹介します。

近くの東京国立博物館で「阿修羅展」開催されていますが、こちらも絶対に観なければならない超貴重な展覧会!お見逃しなく。

皇女たちの信仰と御所文化 尼門跡寺院の世界
会期:2009年4月14日(火)〜6月14日(日) 55日間
休館日:毎週月曜日。ただし5月4日は開館
会場:東京藝術大学大学美術館(東京・上野公園)
開館時間:午前10時〜午後5時まで(入館は30分前まで)
主催:東京藝術大学、中世日本研究所、産経新聞社


【お知らせ】
現在旅行中です。帰国は3月26日の予定です。飛行機
それまでの間、毎日0時に記事が自動更新されるよう設定していきます。
ただし、コメントとTBは受け付けないように設定します(帰国後解除)
留守中何かとご不便おかけしますが、何卒ご理解下さい。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1698

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 尼門跡寺院(あまもんぜきじいん)とは、皇族・公家など高貴な女性の入寺によって営まれてきた独特な品格を持つ寺院です。鎌倉幕府の執権・北条時宗の招きに応じて来日した高層・無学祖元(1226〜1286)から後継者として認められ、最初に禅僧の資格を得た日本人女性・無外如大禅尼(むがいにょだいぜんに)(1223〜1298)は、京都に景愛寺を建立しました。以後、無外如大禅尼を慕い、皇族や公家の女性たちが、出家する際、彼女とゆかりのある尼寺に入り次第に限定されるようになり、尼門跡寺院と皇室・公家文化との関わりが深まりました。このような位の高い女性が出家する際、あたかも嫁入り道具を持ち込むかのように、絵巻や絵画、着物、人形など身近なお手回り品を持ち込み、小さな“宮廷”のような存在となっていきます。
 「比丘尼御所(びくにごしょ)」と呼ばれたこれらのお寺は皇室とのゆかりによる御所文化が育まれ、独特な宗教儀礼や信仰生活が形成されました。明治維新以降、神仏分離令により、皇女の出家が禁止されたことから、数世紀にわたる宗教的、文化的歴史を伝える寺院の数は減っていきました。今では、日本の古都、京都・奈良に13の尼門跡寺院が残っています。
 本展では、13の尼門跡寺院大聖寺(だいしょうじ)・宝鏡寺(ほうきょうじ)・曇華院(どんけいん)・光照院(こうしょういん)・円照寺(えんしょうじ)・林丘寺(りんきゅうじ)・霊鑑寺(れいかんじ)・中宮寺(ちゅうぐうじ)・法華寺(ほっけじ)・三時知恩寺(さんじちおんおんじ)・慈受院(じじゅいん)・宝慈院(ほうじいん)・本光院(ほんこういん)に所蔵される資料・作品・調度品から、皇女たちの信仰と生活、御所文化を紹介します。
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック