青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「尼門跡寺院の世界」展開催。 | main | ルーヴル美術館オフィシャル携帯サイト >>

「素朴美の系譜」

渋谷区松濤美術館で開催された
「素朴美の系譜−江戸から大正・昭和へ」に行って来ました。



昨年2008年12月9日から2009年1月25日まで松濤美術館で開催していた展覧会の記事を今頃。「素朴美」などと謙遜した言い回ししていますが、実はとっても深い展覧会でした。

この展覧会については多くのブロガーさんたちが既に記事に書かれていますので、内容その他は皆さんにお任せ。

Art & Bell by Tora前期後期
つまずく石も縁の端くれ前期後期
はろるど・わーど
見もの・読みもの日記
とんとん・にっき
Blue Bleu Blu
ミューズの森、美術館そぞろ歩きノート
響の言葉

自分も展覧会観に行ったのですが、とにかく書きたいことが多すぎて結局まとまらずお蔵入りに。今頃になってチラシやチケットをファイルから探してスキャン。

松涛美術館の学芸員をなさっている矢島新氏の著書「日本美術の発見者たち」をあらためて読み直すと、この本の中から今では「スーパースター」となった若冲や蕭白などを取り除き再構築された展覧会のように見受けられました。

日本美術の発見者たち
日本美術の発見者たち
矢島 新,山下 裕二,辻 惟雄

とりわけ、大津絵が数点観られたことが自分にとっては一番の収穫(勿論、夏目漱石の描いたなんちゃって南画も良かったけど)

 
戦前に発見された宗教美術として見逃せないものに大津絵がある。近世初期の民間信仰の絵画を代表する大津絵の発掘も、やはり明治末から大正初期にかけて始っている。
(中略)
「大津絵の美が意識的に反省され、蒐集家が出て、相当の市価を呼ぶようになったのは明治も末に近い頃」(柳宗悦)であった。最初の展覧会はおそらく明治末年(1912)に大阪で開かれたもので、山内金三郎編集による図録が出版されている。その後大津絵の歴史を体系的に調べ直して民画としての魅力を世に広めたのは、やはり柳宗悦の功績である。その著書『初期大津絵』は、民藝叢書の第二篇として昭和四年(1929)に出版されている。

日本美術の発見者たち」より引用。
 

町田市立博物館から前後期を通じて6点しか展示されていませんでしたが、中々美術館や博物館で触れることのできない大津絵のそれこそ素朴な魅力に接することが出来ました。可能であれば、「大津絵展」など開催してもらえると嬉しいです。


素朴美の系譜 江戸から大正・昭和へ
会期:2008年(平成20年)12月9日(火)〜平成21年1月25日(日)


渋谷区立松濤美術館
〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14 Tel:03-3465-9421
渋谷駅から徒歩約15分、神泉駅から徒歩約5分。


この美術館建物自体も変わっていて、中央部分に吹き抜けがあり階下には噴水が。この空洞部分を取り囲むようにして円形に展示室が配置されています。(実際の展示スペースは半円ほど)

また、多分ここだけだと思うのですが、展示室内に喫茶室「サロン・ミューゼ」があります。飲食しながらソファにゆったり腰を下ろし作品を拝見すること出来ます。

大津絵入門―日本の美
大津絵入門―日本の美 石原 芦堂

日本民藝館で開催していた「日本の民画−大津絵と泥絵−」展観にいけませんでした。。。残念。

会期:2009年1月6日(火) 〜 3月22日(日)
大津絵と泥絵は日本の民画を代表する絵画として知られています。本展では、江戸時代に多くの人々に親しまれた大津絵と泥絵を中心に展示し、その魅力を紹介します。

おまけ:
日本美術の発見者たち」 矢島新,山下裕二,辻惟雄

この本の見返し部分に以前書いてもらったサイン。

右の素朴画のような絵は辻惟雄先生のサイン。お茶目。
脇に片仮名で「ノブオ」と小さく書いてあります。

【お知らせ】
現在旅行中です。帰国は3月26日の予定です。飛行機
それまでの間、毎日0時に記事が自動更新されるよう設定していきます。
ただし、コメントとTBは受け付けないように設定します(帰国後解除)
留守中何かとご不便おかけしますが、何卒ご理解下さい。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1702

JUGEMテーマ:アート・デザイン


日本の絵画には、リアリズムのみを目指さずに、描き手の心のうちを素朴な表現で描き出そうとしたものが多く見られます。その萌芽は室町時代の御伽草子などに求められますが、江戸時代には大津絵や禅僧白隠の禅画、自らの心情を率直に表現した浦上玉堂の南画などに、見る者の心を和ませる表現が生み出されました。そうした素朴表現は、明治の写実の時代をはさんで大正期以降に受け継がれ、リアリズムに徹した絵画には求め得ない、日本的な味わいに富んだ絵画が描かれました。本展は「写実を目指さない具象絵画」を素朴画と規定し、その近世から近代にいたる展覧会を探ろうとするものです。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック