青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「まぼろしの薩摩切子」展 | main | パリで行った8つの美術館 >>

「六本木アートナイト」

2009年3月28日から29日にかけ、六本木の街全体を一夜限り巨大なアート空間に変えてしまうという大胆なイベント「六本木アートナイト」に行って来ました。


六本木アートナイト Roppongi Art Night

今回が初めての試みとなる「六本木アートナイト」.今月初めにこのブログでお伝えした通り街をあげてのかなり派手なイベントでした。詳しくは公式サイトもしくはこちらの記事(六本木アートナイト開催!!)をご参照あれ。

今日は仕事だったことと、昨日サントリー美術館と国立新美術館へ行ってしまったこともあり、参加すること躊躇してたのですが、知人からお誘いを受け出向くことに。これの為に仕事の効率が良かったとの噂も。。。

まずは一人で国立新美術館へ。「アーティストファイル2009」はもう拝見したのでパス。因みに今日は無料だったそうです。今日だけでなく毎日タダにすればいいのにとの声もあちらこちらから。(同意見)


↑は昨日撮影したもの。アーティスト・ファイル2009「3つのアートキューブ」
「アーティスト・ファイル2009」出展作家である石川直樹、大平實、村井進吾が、約2m四方のコンテナを、アートキューブに変身!


今回の展覧会で個人的に最も惹かれた石川直樹氏のアートキューブの中身。

古ぼけたカメラ三台とフィルムらしきものが展示されています。
これこそ4年半に渡り太平洋上を漂流した石川氏のカメラ。

詳しいことはここでは割愛しますが、ご興味のある方はこちらの本で。
最後の冒険家
「最後の冒険家」 石川 直樹


このカメラが六本木でまさか拝見出来ようとは!
もしかしてこれ今日の一番の収穫だったかも。

因みにこのアートキューブは国立新美術館正面入口すぐの場所に設置されてあります。無料で観られます。明日29日と3月30日(月)10:00〜18:00まで設置されるそうです。尚、石川直樹氏によるアーティスト・トークが、4月10日(金)18:00から開催されます。

国立新美術館からてくてく歩いて六本木ヒルズへ。


バナリパの前にもアートキューブが!


夕闇迫る空に飛行船が!手前の巨大蜘蛛はルイーズ・ブルジョアの「ママン」
「ママン」であってこれとは違います。


アートキューブの中身はこれと言って心動かされる作品ではないのが正直なところなのですが、日比野克彦がアートディレクションしただけあって流石です。何が流石って、14個設置されたアートキューブ毎に日比野氏の「指令」が!

指令をすべて制覇して、プレゼントがもらえるゴールへ急げ!
何てことが書かれてあると釣られる釣られる。見事に。

何とか友人たちと知恵(悪知恵)を働かせコンプリート!
係りのお姉さんに誇らしげに手渡すと。「おめでとうございまーす」と滅茶苦茶愛想の良い返答。で、手渡されたのが缶バッチ1個。。。頑張ったのにな〜

まぁ、お祭りだからこういうのも楽しいもの。


火を噴く「ジャイアント・トらやん」を横目に毛利庭園へ。


中谷芙二子による霧とライトのインスタレーション
霧の庭:毛利庭園 (#47662)


森万里子による内照式ガラスの大型彫刻作品「プラントオパール

女性アーティストの手がける「作品」が今回のアートナイトでは断然輝いて見えました。その場所にあった作品ですし、普段アートに馴染みのない人にも楽しめる作品です。森万里子さんの作品など温度変化により光方や色も変わってくるとか。私が観ていた間にもブルーからエメラルド・グリーンへと。中谷芙二子氏の作品同様「たゆたう」感いっぱい!

建物の中(ウエストウォーク)にも女性アーティストのこんな作品が。

丸山純子による花と泡のインスタレーション「泡花壇」

丸山純子氏は以前、こちらでご紹介したとおり。
周囲に配置されている花々は全て造花。しかもコンビニ等のレジ袋などを使った謂わばリサイクル花。もう少し泡がぶくぶく出て全体を覆うようならもっと雰囲気出ていたかも。それと設置場所があそこでは。。。


この花の良さ分かってもらうにはもっと別のスペースが必要。

逆に設置場所で成功したと思えるのがこちら。

通行する人の多い、大屋根プラザに設置された
ドゥ・ジェンジュンによるインタラクティブアート「私はあなたの跡を消す」


鑑賞者が白いカーペットの上に乗ると、何人かの裸の人物像の映像が現れ、鑑賞者にまとわりつきます。雑巾、箒、ブラシ、掃除機などを手にした裸像は、鑑賞者の足跡に残された痕跡やシミを消し去ります。まるで、鑑賞者が立ち去る前にその存在を消してしまおうとするように。

大人はのそのそと存在を消されることを楽しむかのように。
子どもは逆に消されることを嫌ってかぴょんぴょんと。
この対比が観ていて愉快でした。自分は…のそのそと。。。

アート作品だけでなく、六本木全体がひとつの「作品」になったかのような夜でした。正直初めての試みでこのイベントどうなってしまうのかと思っていましたが、それも杞憂だったようです。そりゃそうですよね、六本木は元来夜の街ですから!



国立新美術館、六本木ヒルズと来て最後はミッドタウン、サントリー美術館!昨日拝見させてもらった「薩摩切子展」を連チャンで。会員になっていると気軽に入れるので便利便利。

丁度20時から薩摩切子展の担当学芸員さんによる、スライドレクチャーが始まるところだったので迷わず参加。6階ホールは満席。アートナイトということでブラインドを下ろさず夜景を見ながらスライドレクチャーを受けるという贅沢。


こういう粋な計らいをして下さるのがサントリー美術館のニクイところ!

昨日アップした「薩摩切子展」のぐたぐたな記事に後日大幅な修正加えます。今夜サントリー美術館学芸員 土田ルリ子氏から伺ったお話を元に。

スライドレクチャーが終了すると、館内が何やら騒がしくなっていました。この後行われるヴァイオリニスト川井郁子さんのスペシャルミニライブを目的にどっと人々がサントリー美術館へ押し寄せていたのです。


えーーとですね、これ今夜21:30頃のサントリー美術館の入口付近の様子です。
まさかこんなに多くのお客さんが来場するとは予想だにしていなかったのでは。

用意された席はあっという間に無くなり立って聴く方で3F 展示室 吹き抜けスペースにあふれんばかりの人人人。すぐ近くに徳川記念財団お借りしてきた貴重な貴重な篤姫さまの薩摩切子が展示されています。もう見ているだけでひやひや。耐えきれず退散。あの後「事故」なかったですよね。。。

ひとつだけ残念だったのは「ジャイアント・トらやん」が火を噴いているタイミングで写真がとれなかったこと。。。悔しい。↓こんな写真狙っていたのに〜


何はともあれ、かなり楽しい夜でした。
海外では盛んにこうした夜を徹したアートイベント開催されているそうです。夜に強い街六本木にどうしてだかここ数年で美術館がにょきにょき出来たわけですからこうしたイベントもあって然るべきなのかなーと。

それにしても、この不景気のご時世、随分とお金かかっていそうです。こんな指輪型の特製ライトも無料で配布していました。


これ何に使うの?とボランティアスタッフに尋ねると
「暗闇でパンフレットをご覧になる時に照らしてお使い下さい」とのこと。

はて?六本木の街に暗闇など…あるのかもしれませんね。



本当は夜通しアートナイトを楽しみたかったのですが、悲しいかな明日も仕事。この記事書くのがやっとです。しかし楽しかったな〜根っからのお祭り気質だとよく分かりました。あらためて。

トらやんの大冒険(通常版)
「トらやんの大冒険」(通常版) ヤノベ ケンジ
ヤノベケンジが初めて手掛ける絵本「トらやんの大冒険」。 小さな小屋にひとり住む主人公・「トらやん」が、 小さな太陽を拾い上げ、大きな太陽へと成長させていく冒険ストーリー。

最後はサントリー美術館6階テラスからの夜景で。



ところで、来年も開催するのかな?

追記:トらやん火を噴く 六本木アートナイト
テツさんが動画をアップされています。必見です!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1708

JUGEMテーマ:アート・デザイン

展覧会 | permalink | comments(12) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

私も行ってきたところです!横須賀美術館で見たジャイアントトらやんが火を吹くのを見れて感激でした。 歩くところを見れなかったのが残念ではありますが(笑)
中谷さんの霧を三渓園に引き続き体験できたのもよかったです。 
このイベントはこちらのHPで知ることができ、ありがとうございました。なかなか面白かったので来年以降も開催希望です。

noel | 2009/03/29 12:13 AM
やっぱりTakさんも居らしたんですね!

僕もさっき行ってました。

「Takさん居ないかなー」とか思いつつ、トらやんの周りウロウロしてましたー(笑)

sakurai | 2009/03/29 2:36 AM
おはようございます!
マイミクさせて頂いた梶です!

私も行ってました!
Takさんもやっぱりいらっしゃたんだ!と思って嬉しくなりました!

とても良いイベントだったと思います!
| 2009/03/29 7:43 AM
先日はおつかれさまでした。
とらやん大きかったですね。思ったよりもスケールの大きな企画+人出でびっくりしました。

切子展も感謝感謝です。レクチャーも大変参考になりました!
はろるど | 2009/03/29 9:52 AM
@noelさん
こんにちは。

歩くというより台車で移動といった感じでした。
でも、一応手は振っていましたけど。
中に人が入っているようで、時折胸の扉から…
中谷さんの作品は良かったですね〜
あれはと森さんの作品はあそこにピッタリ!

疲れをおして出かけただけのことはありました。
来年も開催して欲しいですね。是非。

@sakuraiさん
こんにちは。

なんだ〜携帯に連絡頂ければすぐ合流したのに〜
でも合流したら飲み屋に直行何て事になり兼ねませんでしたね。

夜のイベントとなる抜群に強いですね、この街は。

@梶さん
こんにちは。

日記拝読させていただきました!
かなり長いこといらしたのですね。
トラやんが火を噴いている写真
撮られたようで羨ましい〜

日曜朝から仕事さえなければ
夜通しいたかったのですが、、、残念。

@はろるどさん
こんにちは。

お疲れさまでしたーー
新美術館でお会いできるとは!

六本木ヒルズ主体だったようですが
今後は新美術館ももっと積極的に
参加してもいいかもしれませんね。
Tak管理人 | 2009/03/29 12:46 PM
こんばんわ。
昨日は入れ違いでしたね。

薩摩切子に行ってみたら、スペシャルライブがちょうど終わるくらいでひとがいっぱいでした。

まあ、その混雑のお詫びってことでポストカードが頂いちゃいました。

ジャイアント・トらやん目当てで行って、火炎放射を生で見てきました。

巨大ロボットが火を噴くっていうの、ありそうでないんですよね〜。

あの火の温度を感じた瞬間の高揚感は他で得難い不思議な感じでした。
あおひー | 2009/03/29 3:48 PM
帰国したばかりでお疲れのところ、お付き合い頂きありがとうございました。
私もレクチャールームの夜景はほれぼれしました。
また薩摩切子の美しさに魅了されました。
おみやげありがとうございました。

merion | 2009/03/29 8:34 PM
こんばんは。

私も昨日「アーティストファイル2009」と、屋内外の
インスタレーション作品をブラブラと観てきました。
(今日はトらやんの火噴きラストだけチラリ)

結構な集客率で、アート・イベントとしてはまずまずでは
なかったでしょうか。第二弾、第三弾と続けてほしいものです。

ところでTakさん、ご帰国直後からすごくエネルギッシュ
ですね。季節の変わり目、風邪など召されないよう
お気をつけ下さい。
YC | 2009/03/30 12:01 AM
こんばんわ。またTBさせて頂きました。よろしくお願いします。m(_ _)m
こちらのイベント、大変面白かったです。道行く人達も足を止めて見入ってました。
ちょっと体力切れでミッドタウン周辺しか行けませんでしたが、火を吹くロボットなんかもあったのですね。知っていれば観にいったのに。。。
ぜひ今後も続けて欲しいですね。
21世紀のxxx者 | 2009/03/30 12:49 AM
トらやんファイヤーの動画
ブログでアップしました!

六本木ヒルズ以外の会場は深夜はちとさびしく、
街中が夜通しのお祭りとまではいきませんでしたね。

石川直樹のカメラはグッと来ましたねえ。

テツ | 2009/03/30 4:31 PM
@あおひーさん
こんばんは。

入れ違いでしたね。
折角メール頂戴したのに申し訳ないです。

サントリー美術館用意した桜のお酒が
全て無くなってしまったようです。

ジャイアント・トらやん迫力満点でしたね。
あれだけ大きいとまさにアニメの世界。
現実なのか非現実なのか。。。

あれは体験しないと分からないですね。

@merionさん
こんばんは。

楽しかったですね〜
イベント自体も初年度にしては
かなり盛り上がっていたかと思います。
森美術館の展覧会が何もやっていなかったのは
ちょっと残念でしたけど。来年に期待しましょう。

@YCさん
こんばんは。

きっとYCさんもどこかにいるはずだと
思っていましたが、予想以上の人出で
探すどころではなかったですね。
自分も途中で仲間とはぐれてしまいました。

じっとしているが嫌なので
時差ボケも関係なしに毎日飛び回っています。
スーツケースの中の片付けしなくちゃ。

@21世紀のxxx者さん
こんばんは。
TBありがとうございます。

良いお写真とれましたね〜
アートに関心のない方でも
ふと足をとめてみたり、
このイベントがあるから
でむいてみたりと街を元気にする
良いイベントだと思います。
健全ですしね!

@テツさん
こんばんは。

なに〜動画ですかーーー
それは凄い!!
早速拝見させていただきます。

国立新美術館とか辛いですよね。。。
ミッドタウンもお店閉めてしまうし。。。
今後にその辺は期待です。

石川さんのキューブがダントツで良かったです!
Tak管理人 | 2009/03/30 6:49 PM
ジャイアントとらやんていろんな所を旅しているんですね

火を噴いたという噂は聞いてましたが本当だったんですね

2年前くらいに清澄白河の現代美術館にいたと思います
今年は福島に行ってたみたいです
会社の人がみたらしい(笑)

アーティストファイルいいですよね

私も美術展が好きでよくブログ書いてます

ただ素人なので詳しくないです

こんなのあったよっていう発信くらいです

携帯でつけているのでみにくいかもしれませんがよかったら遊びにきてくださいね♪

Yahoo!ブログ
みみころのアートラテで検索するとひっかかると思います☆

美術展日記楽しかったです♪
みみころ | 2010/09/28 7:21 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1708
この記事に対するトラックバック
六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館、サントリー美術館周辺 「六本木アートナイト」 3/28(17:59)-29(18:00) 何やら何故めいた企画ではありましたが、確かに活気と人出だけは大変なものがありました。一夜限りにて六本木ヒルズ他、周辺一帯をアート
<告知!> あおひーは「Young Artists Japan 2009」に出展します! いつものモノクロームのぼやけた写真を展示します。 すれ違いざま 消えてく景色 ぼんやりとしたモノクロームは印象のしらべ 会期 :4/4(土)10:00〜19:00、4/5(日) 10:00〜17:00 会場 :デジタ
六本木アートナイトへ | あお!ひー | 2009/03/29 3:49 PM
新国立のルーブル展の後にフジフイルムスクエアで世界遺産の写真展を観てきた。無料のせいか、かなり混みあってた。  ※写真はコンパ...
「写真で旅する世界遺産」と「六本木アートナイト」と桜装飾 | 関東近辺の美術館めぐり 〜美術・美景・美味を楽しむブログ〜 | 2009/03/30 12:43 AM
田町で下車、この時点で9時を廻っている。ここから六本木ヒルズに向かう港区のコミュニティバス『ちぃばす』は、普段ならばとっくに終わっている時間なのだけれど、この日は延長営業している。 そう、この日は、『六本木アートナイト』というイベントがあるからなので
六本木アートナイト | 日毎に敵と懶惰に戦う | 2009/03/30 7:50 AM
土曜の宵から深夜にかけて「六本木アートナイト」に行って来ました。ヤノベケンジのジャイアント・トらやんが、ついに六本木ヒルズに出現です。六本木ヒルズ・ミッドタウン・国立新美術館など各所に現代アート作品が展示され、屋台が出て、街はアートのお祭りといった
トらやん火を噴く 六本木アートナイト | 中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜 | 2009/03/30 4:44 PM