弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
パリで行った8つの美術館
19日から一週間パリ市内とオランダの美術館巡りをして来ました。成田空港で大変な事故があったことも知らず、職場ではWBC決勝戦の感動の話題に入れませんが、久しぶりに個人旅行で訪れたヨーロッパで「絵画のシャワー」を身体いっぱいに浴びリフレッシュして来ました。(旅の行程はこちら



尚、今回の旅はいつもお世話になりっぱなしの「オランダ・バロック絵画館」のtoshi館長ご夫妻とご一緒させて頂きました。正しくはお邪魔させて頂いたという方が適切。こちらのリクエストを100%考慮し飛行機からホテルの手配まで何から何まで、おんぶにだっこ状態で甘えさせて頂きました。ありがとうございました。このお礼はまた後日。

さて、帰国早々羽が倍生えたようにあちこち飛び回っていますが、やっと写真の整理が出来ました。(荷物は恐ろしくてまだまだ全然)まずは、パリで行って来ました美術館を写真でさらりとご紹介。各美術館に関しては追々(いつになるかは未定)

以下、画像は全てクリックすると大きくなります。

1クリュニー中世美術館
Musee National du Moyen Age Thermes & Hotel de Cluny

クリュニー美術館館内

初めて行った美術館。小池先生、池上先生が絶賛するだけのことあり。
日本人観光客の姿ゼロ。キリスト教美術お好きな方眩暈にご注意。

タペストリー「貴婦人と一角獣」
タペストリー「貴婦人と一角獣」美し過ぎて言葉なし。


2ドラクロワ美術館(ドラクロア記念館)
Musee national Eugene Delacroix

ドラクロア美術館館内

昔、迷いに迷って訪れた挙句閉館していた美術館。
今回念願叶いやっと中へ入ることできました。

美術館中庭
ドラクロア美術館中庭(右が本館、左が元アトリエ)

3ギュスタヴ・モロー美術館
Musee Gustave Moreau

モロー美術館館内

モローファンの聖地。
日本人率高し。

モロー美術館館内

4国立ギメ東洋美術館(ギメ美術館・東洋美術館)
Musee national des Arts asiatiques - Guimet

ギメ美術館館内

仏像をこうやって展示する方法もあるのだな〜と
変なところに感動。応挙の良い作品が観られました。

乾山!
そしてこんなものまで!乾山、見参!!

5ルーヴル美術館
Musee du Louvre

夕暮れ時のルーヴル美術館

夕暮れ迫るルーブル美術館。

「レースを編む女」不在
フェルメール「レースを編む女」が展示してある場所がぽっかり空いていました。
絵が長いことそこに掛けられていたことを示すようにぽっかり跡が…

6オルセー美術館
Musee d'Orsay

オルセー美術館

オルセー美術館、今回は行かなくていいかな〜と思っていたらこれが良かった!
朝一で入館し気が付いたら時計12時まわっていました。

「ルーアン大聖堂」
モネ「ルーアン大聖堂」が3枚。

ハンマースホイにも逢えました!!

7ジャックマール・アンドレ美術館
Musee Jacquesmart-Andre

Musee Jacquesmart-Andre

こちらも今回初めて訪れた美術館。
toshi館長のお勧めで、一人で訪問。

フランスブルジョワのお屋敷がそのまま美術館に。
無料の日本語音声ガイドもあり、行く価値大いにあり。
(ただし館内は撮影不可)


イタリア美術館の特別展開催中とあって混雑していました。
でも日本人の姿はゼロ。

EXHIBITION
From Siena to Florence, the Italian Primitives. Altenburg Collection

Considered to be one of the largest collections of Italian Primitives outside Italy, the exceptional works collected during the 19th century by Bernard von Lindenau are to be shown for the first time in Paris, from 11 March to 21 June 2009, at the Jacquemart-André Museum.

8オランジュリー美術館
Musee national de l'Orangerie des Tuileries



リニューアルしてから訪れるのは初めて。
変われば変わるもの。全然別の美術館になっていました。

以前は地下にあったモネの「睡蓮」が1階の陽光降り注ぐ部屋に移動。
詳しくは以前書いたこちらの記事で。

画像は全てクリックすると大きくなります。

パリと七つの美術館 カラー版 (集英社新書 (0169))
パリと七つの美術館 カラー版 (集英社新書 (0169))
星野 知子


成田を出発する2時間くらい前にメールで、ともりんさんから教えてもらったこちらの雑誌。空港内の書店で購入して行きました!ありがとうございました〜
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 4/5号 [雑誌]
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 4/5号 [雑誌]



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1709

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 展覧会 | 23:58 | comments(15) | trackbacks(0) |
あ、ルーブルのフェルメールの配置が去年と違う〜
http://luke.jugem.cc/?eid=769
バランス考えて架け替えたんでしょうね。
ギメはいかがでした?
わたしは結構気に入っちゃいました。
抱一、鉄斎が印象に残りました。
オルセーのハンマースホイの部屋がたいへんわかりにくく、
お腹がすいてたのもあってイライラしながら探したのを思い出しました。
来年また行けるといいなぁ、と思います。
| さちえ | 2009/03/30 12:19 AM |

こんにちは
「わぁ♪」という感想が湧き出します。
素敵ですね。
夕暮れのルーブル、綺麗ですね。
室内の美を堪能するだけでなく、こうした風景にも出会えるのは、やっぱり幸せですね。

乾山、エエ感じですね〜〜!
あんな並びを見ると、もって帰りたくなります。
| 遊行七恵 | 2009/03/30 12:42 PM |

@さちえさん
こんばんは。

フェルメールの位置、私が以前行った時も
またそれとは違っていました。
ちょくちょく入れ替えるのでしょうね。

ギメの日本美術の扱い方が
こちらの美術館には中々ない
発想だったのが楽しかったです。
作品も充実していましたねー

オルセーのハンマースホイの部屋は
確かセーヌ川寄りでしたよね。
写真しっかり撮って来ました。

@遊行七恵さん
こんばんは。

もうまとまらない、まとまらない。
写真の整理だけでも何時間もかかりそうです。

夕暮れのルーブル綺麗ですよね〜
金曜は夜間開館しているので
こうしたショットも撮影可能。
そのうち夜の写真もアップしまね。

ギメで拝見した日本美術、
どれもこれもよかったです。
| Tak管理人 | 2009/03/30 7:11 PM |

すばらしい旅でしたね。

これから順繰りに細かくご紹介ください。 楽しみにしております。
| うずしお | 2009/03/30 9:16 PM |

素敵!!
写真、お上手です!
こんなの見ちゃうと、仕事も何も放り出して旅に出たくなります。
・・・バレエ鑑賞等の予定が夏まで入り込んでいて、身動き取れないんですけどね。
| ogawama | 2009/03/30 10:37 PM |

まあ、一角獣!
リルケも愛した、バルチュスも愛した タピスリー!
以前、神保町の古書店でリルケ(塚越敏訳)の ‘一角獣をつれた貴婦人’(マルテの手記・より)を発見しました。それでさえ うれしかったのに〜、そう、ほんものをみましたのね。うらやましい!  私は、ブルージュで、‘一角獣をつれた貴婦人’ を模写した、刺繍を、買ってしまいましたノヨ。
| Baroque | 2009/03/30 11:03 PM |

私も1月にパリに行ったときに、
クリュニー中世美術館とジャックマール・アンドレ美術館を初めて見ました!
どちらも見どころがぎゅっと詰まった、いい美術館でした。

「貴婦人と一角獣」は貴婦人の周囲にいるウサギやサルたちまで、
「味覚」「触覚」「嗅覚」等のテーマをポーズで表していることにビックリ。
あの薄暗い部屋で一時間くらい、じーっと細部を観察してしまいました。
私は特に「聴覚」が好きなんですが、 Takさんはどれが一番お好きですか?

ジャックマール・アンドレ美術館は、お屋敷の壮麗さにダツボー。
螺旋階段の上の、コンタリーニ館から持ってきたティエポロに壁画に、
ぼーっと見入ってしまいました。写真が撮れないのが残念…
結局パンフレットを買ってしまいました(笑)
| 秋津(Arthur-co.) | 2009/03/31 10:43 AM |

パリ大好きです。
そしてあまりにもうらやましすぎて一瞬一緒に
妄想旅行してしまいました(笑)

クリュニー中世美術館のタピストリーの写真を本で
みていて実際いってみて想像以上の大きさに
驚きと感動を覚えました。
私が行ったときはちょうど中世の楽器での演奏会
が広間でおこなわれる準備中で、その練習音が
かえって中世にタイムトリップさせてくれました。

ジャックマール・アンドレ美術館のカフェには
いかれましたか?夫妻が実際にダイニングルーム
として使っていた部屋がカフェになってます。
天上には立派なフレスコ画があってそのシチュエーションだけでもうっとりですよ。
お食事もわりとリーズナブルでおすすめです。
もし行かれてないようでしたら次回是非に!
ご参考までにこんな感じです。
http://www.cahierdeparis.com
/showArticle.php?id=143
| ナネット | 2009/03/31 11:54 AM |

@うずしおさん
こんにちは。

ありがとうございます。
ただ、細かくご紹介できるかどうか…
何せまだスーツケースの片付けも出来ていませんので。

@ogawamaさん
こんにちは。

山のようにバシバシ撮った中のほんの一部ですので。
しかも途中でカメラ(液晶部分)壊れてしまい
心の目とtoshi館長のサブカメラをお借りして
撮影したものも混じっています。
予定がぎっしりでないと不安だったりしません>

@Baroqueさん
こんにちは。

今回はコメントちゃんといただけたようで
安心しました。前回はご迷惑おかけしました。

この一角獣だけ特別室に展示してありました。
照明を極度に落とし真っ暗な空間に
真紅のタピストリーが浮かんでくるように見えます。
不思議な感覚を味わえる部屋でした。
ここの美術館凄すぎ!

@秋津さん
こんにちは。

クリュニー中世美術館は今まで行かなかったのが
悔やまれるほど素晴らしい美術館ですね。
これでキリスト教の神話など詳しければ
もっと楽しめるのでしょうが。。。

>Takさんはどれが一番お好きですか?
やっぱり自分も「聴覚」かなーー
「嗅覚」も意外と捨てがたいけど。

>結局パンフレットを買ってしまいました
同じです。
個人のコレクションの場合大抵ダメですよね。

オランダのライクスやマウリッツハイス美術館も
撮影が禁止になってしまったのは痛いです。
だんだん厳しくなりますね。

@ナネットさん
こんにちは。

どうも、旅行の記事はまとめるのが
下手で写真並べただけに終わってしまいましたが
かえってそれが良かったかもしれません。

現地に行かないと分かりませんしね。色々と。

クリュニー中世美術館は観光客を
寄せ付けない何か堅牢な構えの美術館ですね。
賑わいのある通り沿いにあるとは
とても思えない静かな空間です。

ジャックマール・アンドレ美術館のカフェは
今回はいけませんでした。前日にtoshi館長夫妻が
行かれたそうで、お話は伺いました。
次回はちゃんと予定に組み込むことします。
イタリア美術の特別展を開催していたこともあり
大変混雑していました。カフェも美術館も。
| Tak管理人 | 2009/03/31 5:10 PM |

こんばんは。私も先月パリに少し滞在して、1日で8つの美術館行きました。ルーブル・オルセー・オランジュリー・ギメに加え、ロダン・ケブランリー・パリ市立近美・下水道博物館でした。ギメは日本美術に限らず、東洋全般的な仏像コレクションは凄すぎるの一言でした。ケブランリーは建築の斬新さに加え新し過ぎる展示方法に面食らって消化しきれなかったですが、いい経験でした。パリ市近美は、常設展無料ですが、ゆっくりと上質の作品を見れて大満足でした。オランジュリーは、閉館間際に行ってほぼ独り占めしてきました。そして下水道は万国共通の臭さでした。しかし、地下とはいえセーヌ河岸の一等地にこのような博物館があるパリって懐深い街です。
| わじまや | 2009/03/31 11:48 PM |

@わじまやさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

パリ市近美も予定に入っていたのですが
他の美術館で長居してしまい今回は断念。
ケブランリーは伺ったことないので
次回もしまた行けるなら足を運んでみたいと思います。

パリの街を自転車で今回走り回りました。
とても気持ち良かったです。
でもついつい左走行の癖が。。。
それと実際に走ると一方通行だらけですね。
| Tak管理人 | 2009/04/02 6:58 PM |

>クリュニー中世美術館
>イタリア美術館の特別展

ぐはっ!誰かの変わりに僕を行かせて〜!
| Nikki | 2009/04/08 8:06 PM |

@Nikkiさん
こんばんは。

Nikki泣いて喜ぶだろうな〜と
かの地で思いつつ拝見して来ました。

中世美術館最高!!
| Tak管理人 | 2009/04/08 11:50 PM |

パリの美術館、なつかしいです。
モローの美術館にあった膨大なデッサンを思い出します。
 また、おじゃまさせてください。
 わたしも美術が大好きなんです。
| 安永陽子 | 2009/06/07 8:10 PM |

@安永陽子さん
こんばんは。

モロー美術館は何時間居ても
足りないほど大量の作品が
あの狭い空間にぎっしり!

初めて行った時は圧倒されました。
まだ若い時でしたので。

今後とも宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2009/06/08 8:28 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1709
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...