青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「国宝 阿修羅展」 | main | TEFAFヨーロッパ・ファイン・アートフェア >>

特別展「皇室の名宝−日本美の華−」開催!!

3月最後の日の読売新聞一面に伊藤若冲の「動植綵絵」(老松白鳳図)のカラー写真が、「春日権現験記絵(かすがごんげんげんきえ)」や狩野永徳の「「唐獅子図屏風(からじしずびょうぶ)」と共に掲載されました。

 宮内庁は30日、天皇陛下の即位20年を記念し、皇室ゆかりの名宝を集めた特別展「皇室の名宝―日本美の華(はな)」(東京国立博物館など主催、読売新聞社など特別協力)を今年10月から東京国立博物館平成館で開催すると発表した。
 同展は会期を前期と後期に分け、御物のほか、正倉院、三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)、書陵部、京都事務所で管理されている日本美術の名品を一堂に集める特別展。鎌倉時代を代表する絵巻の名品「春日権現験記絵(かすがごんげんげんきえ)」、桃山画壇の巨匠・狩野永徳(えいとく)の代表作「唐獅子図屏風(からじしずびょうぶ)」など、古代から近代までの約180件の絵画、工芸、書の展示が予定されている。
 会期は、前期が10月6日から11月3日までの26日間(10月13日、19日、26日は休館)、後期が11月12日から同月29日までの18日間(休館日なし)。こうした名宝が一堂に展示されるのは1999年の即位10年記念の特別展以来となる。

動植綵絵(どうしょくさいえ)」(老松白鳳図)

三の丸尚蔵館が所蔵する「動植綵絵」30幅。海外に遊びに行っている間に同じく若冲作の「絹本著色 菜蟲譜(けんぽんちゃくしょくさいちゅうふ)」(佐野市所有・同市立吉沢記念美術館保管)が新たに国指定重要文化財(重文)に指定されました。

御物でなければ国宝指定間違いなしの「動植綵絵」他の名品中の名品が僅か一ヶ月半の期間(しかも前期後期に分かれて)の展示。

阿修羅展」が今日から東京国立博物館、平成館で始まったばかりというのに…なんとまぁ嬉しいことなのでしょう。

東博のサイトによると「今上陛下の御即位20年を記念して開催するもので、皇室縁の名品を一堂に紹介します。全期間を2期に分け、前期と後期で全ての作品を入れ替える予定です。」とのこと。これは今から秋のスケジュール調整しておかないと後々悔恨の情にかれれることに。。。

今からきちんと要チェックです。

御即位20年記念 特別展「皇室の名宝−日本美の華−」
前期:2009年10月6日(火)〜11月3日(火・祝)、
後期:2009年11月12日(木)〜11月29日(日) 平成館
主催:東京国立博物館、宮内庁、NHK


またこの展覧会に先駆けて同じく東博、平成館にて
第62回式年遷宮記念 特別展「伊勢神宮と神々の美術」が開催されます。


第62回式年遷宮記念 特別展「伊勢神宮と神々の美術」
2009年7月14日(火)〜9月6日(日) 平成館特別展示室第3・4室
主催:東京国立博物館、社団法人霞会館、産経新聞社


古代から近世までの伊勢神宮の神宝をはじめ、天皇や将軍から寄進された品々や神宮と関連の宝物約100件を展示。伊勢神宮の歴史と信仰をたどるとともに、古式に則り日本の美と技が伝承される式年遷宮の実像に迫ります。また歴史と伝統を育んだ神道の美術に光をあて、日本古来の宗教美術の精華を紹介します。

繰り返しますが、今日から「阿修羅展」始まったばかりなのに…

今日は疲れているので、この辺で。

そうそう、伊藤若冲『動植綵絵』人気投票まだやってます。
全ての画像も観られるので是非。

目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)
狩野 博幸

おまけ:若冲切手昨日から発売になったそうです。

オリジナルフレーム切手『金刀比羅宮』販売


(金刀比羅宮 奥書院 上段の間「花丸図」伊藤若冲作)
50円切手×10枚 1シート900円
販売部数:2,000シート

販売地域:香川県坂出市、丸亀市、善通寺市、三豊市、観音寺市、仲多度郡、綾歌郡内の全郵便局(89局)及び郵便事業株式会社琴平支店。

郵便局ホームページ内より郵便局通販ショップでも取扱されているそうです。
http://www.postal-jp.com/psc/goods/
↑4月1日(水) 9:00までメンテナンス中って!こんな大事な時に!!

80円切手シートのデザインの方が若冲に勝るインパクト!


これはズルイ。可愛過ぎる。

そうそう、この前行ってきたフランス国立ギメ東洋美術館 - Musée Guimetの特別展が開催される地下一階の壁に金毘羅山がどーーんと!



昨年行われた展覧会「KONPIRA−SAN」の名残かな?
因みにこの展覧会のサイトとっても良く出来ています。

日仏文化交流150周年記念「こんぴらさん 海の聖域」展
2008年10月15日(水)〜12月8日(月)
フランス国立ギメ東洋美術館



ギメ美術館のミュージアムショップに、岸岱(がんたい)の蝶がプリントされたTシャツが売れ残り、セール品として扱われていました。

【関連エントリー】
- 「金刀比羅宮 書院の美展」 | 弐代目・青い日記帳
- 茶所「神椿」 | 弐代目・青い日記帳
- 一足お先にシュラシュシュシュ | 弐代目・青い日記帳
- 「若冲を愉しむ」その1 | 弐代目・青い日記帳
- 「ぴあフィルムフェスティバル」ポスターに若冲登場!! | 弐代目・青い日記帳
- デジタル花卉図 | 弐代目・青い日記帳
- 「若冲を愉しむ」その2 | 弐代目・青い日記帳

下記サイトのトップページ右下部にある「kensetsu FILMS」から、建設ドキュメンタリー動画(金沢21世紀美術館の施工責任者、関塚所長が建設におけるそのこだわりと魅力)を公開中だそうです。(注:音が出るサイトです)


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1711

JUGEMテーマ:アート・デザイン

お知らせ | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんわ。
うわー、これは絶対に行かねば!!

前期後期をの展示を完全に入れ替えるということであれば、期間中に2回見られるチケットを是非発売していただきたいものですね。

若冲切手も欲しいですね〜。でも、こんぴら犬のもいいな〜。やっぱ、これ両方買うしかないですね。
あおひー | 2009/04/01 12:55 AM
エイプリルフール恒例、円谷プロのサイトチェックに行ったら、
全然つながらないので、合間で若沖切手買いましたー
1シートしか注文しなかったのですが、保存用にもう1シート買うべきだったと後悔…
カード番号打ち込むのが面倒でやめました。
昨日の読売朝刊のインパクトは大きかったですね!
楽しみです。
さちえ | 2009/04/01 9:41 AM
これは凄いですね! なんか今年は洋の東西問わず、凄すぎる展覧が多くて嬉しい悲鳴ですw さっそく唐獅子図屏風楽しみです。
若冲の投票してみました(><)
21世紀のxxx者 | 2009/04/02 12:06 AM
こんにちは
これだけ大掛かりな展覧会は、それこそ「在位60年記念展」以来ではないでしょうか。
凄すぎる・・・
わたしの上京のやりくりも大変になりそうです。

それにしてもこんぴら犬、可愛すぎます!
遊行七恵 | 2009/04/02 12:52 PM
こんにちは。
こ、こんぴら狗・・。
これ金刀比羅宮サイトのトップ画像の
あれですよね。これはズルい。
先月、帰ってきた襖を元の場所で見に金刀比羅に行ってきたのですが、ひそかに期待していたこんぴら狗グッズがやっぱりHPの通販にある小型の置物しかなくて少し残念でした。ぬいぐるみとかストラップとか色々作れば売れるでしょうに。笑
へっぽこもふ | 2009/04/02 4:30 PM
@あおひーさん
こんばんは。

タイトなスケジュールの展覧会ですよね。

今から何とか開けておかないと。
若冲は前期、後期どちらに
展示されるのでしょうね。
それにより力の入れ具合も違います。

こんぴら犬はほんとズルイです。

@さちえさん
こんばんは。

そうそう、ルーヴル展のメガネ拭き
今度行った時に買ってきますよ。

しかしいきなり朝刊に若冲!とは、
時代も変わったものです。
(と、年寄りくさいことを)

郵便局のサイトもう少し使い勝手いいと良いですね。

@21世紀のxxx者さん
こんばんは。

動植綵絵投票ありがとうございます。
ここ数年「大展覧会」が目白押しです。
特に日本美術の展覧会は見逃せないものばかり。
嬉しい悲鳴です。まさに。

@遊行七恵さん
こんばんは。

ですね、あの時も動植綵絵出ましたが
今とは大違いで話題にほとんどなりませんでした。

この短期間だと予定の調整たしに困難。
難しですね、頭痛めます。
でも、お待ちしておりますよーー

@へっぽこもふさん
こんばんは。

もう一昨年になりますが
一月に金刀比羅へ行きました。

コンプラフネフネ♪が
頭から未だに離れません。

こんぴら狗のちいさな
お守りのようなもの買ってきました。
お財布に入れておくと良いそうですが
今目の前にあります。
Tak管理人 | 2009/04/02 7:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック