青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 特別展「皇室の名宝−日本美の華−」開催!! | main | 「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」チケットプレゼント >>

TEFAFヨーロッパ・ファイン・アートフェア

オランダ、マーストリヒトで2009年3月13日〜22日まで開催された
「TEFAFヨーロッパ・ファイン・アートフェア」に行って来ました。


3/13(金)-3/22(日)TEFAF Maastricht ヨーロピアン・ファイン・アート・フェア(Maastricht Exhibition & Congress Centre : オランダ)

パリ北駅からタリスでベルギー、リエージュまでそこからローカル線に乗り換えオランダ南東端部の街マーストリヒトへ。



欧州連合条約(マーストリヒト条約)が結ばれた地でもあるリンブルフ州、州都マーストリヒトは地図でその位置確認するとまるで「盲腸」のような場所。

逆にEU全体で見れば「へそ」。フランス、べルギー、ドイツ、オーストリアetc…この地でヨーロッパを代表するアートフェアが開催されるのも理にかなっています。世界中から目利きのバイヤーたちが集まるアートの祭典です。


会場近くの交差点にはこんなEU諸国を表すモニュメントが。

会場は東京アート・フェアの何倍あるのだか見当もつかないほど広大。
ブースは5つに区分けされ、ひとつの画廊、ギャラリーの占める床面積が広いこと広いこと。ギャラリーがそのまま移転してきたような感覚です。

レストランやカフェが会場内に実に6か所もあることだけでもその広さお分かりになろうかと。(しかもひとつ、ひとつがこれまたでかい!)


左がカフェ、右がレストラン。

チケットブースやクロークがある「入口」付近。

お気づきでしょうが、いたるところに生花(主にチューリップ)が
これでもか〜と飾られています。会場内の通路にも!!

そしてこれが入ってすぐのインフォメーション。


ピンクやブルー、グリーンに変色するマジカルな壁を通り抜けるとやっと会場に辿りつくころ出来ます。長い道のり。



因みにこの両脇のカラフルな壁の模様何だか分かります?
驚くこと勿れ!!



薔薇を一本一本壁に差し込みディスプレイされています。



これには加藤登紀子もびっくり。

アートバブルはじけたとか、そんなことここでは全く関係なさそうでした。
少なくとも会場の雰囲気からは。







自分が捉えていた「アート・フェア」とはまるで別物。
美術館以上に美術、工芸、宝飾様々な「アート」に接することが出来ます。

で、どうしてこんなセレブな場所に自分が行けたかというと
それは勿論toshi館長のおかげ。

住む世界が違うな〜

帰りは運転手付きのTEFAF専用車でホテルまで。


慣れない車乗るとドキドキしちゃって大変!

今日はバリウム飲んで調子悪いのでこの辺で。
コメント明日お返しします。

そうそう、いよいよ3日からアートフェア東京 ART FAIR TOKYOが有楽町で始まります。今年は会場を増やしての開催とか。行きますよ〜



客はアートでやって来る
客はアートでやって来る
山下 柚実

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1712

JUGEMテーマ:アート・デザイン


展覧会 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

すごい規模ですね!
たのしそー。
戦果はあったのですか?
mizdesign | 2009/04/02 8:36 AM
@mizdesignさん
こんばんは。

この写真や記事では到底伝えきれません。
美術館がすっぽり何館かここに
収まったような感じです。
Tak管理人 | 2009/04/02 7:10 PM
ヨーロッパも金融危機に右往左往しているかに見える中
(実際ロンドンのシティでは暴動まで起こってますが)、
こんな世界が存在するのですね〜。

Takさんのレポート、画像を拝見しているだけでウットリ
です。落札価格・率もどんな感じだったのか、ちょっと
気になりました。

今晩のNHKの9時のニュースで、アートフェア東京を取材
していましたね。
YC | 2009/04/02 10:56 PM
こんばんは。やはりスケールが桁違いのようですね。
名画から現代アートまで幅広いジャンルが揃っているのでしょうか。
見て回るだけで大変な時間がかかりそうですね。
(最後のピンク色の作品はフォンタナ?)

アートフェアも始まりましたね。
とりあえず今年は師匠の秋葉原に注目です!
はろるど | 2009/04/03 12:45 AM
こんばんは。
 ヨーロッパを楽しんでいらしたようですね。
 まだ見ぬルーブル美術館やヨーロッパアートフェアなど、写真で楽しませていただいています。
 先日、友達がヨーロッパに出かけるために成田空港に行ったら、残念ながら空港での事故によりキャンセルされたそうで、翌日東京駅から銀座まで街歩きをして慰めました。東京の良さは他の国を見てこないと気付かないかもしれません。
 私も、どこに行っても楽しむ目を鍛えたいと思います。
パレット | 2009/04/03 1:04 AM
こんばんは。

前回の書き込みで勘違いがありました。
アートフェアだから、落札じゃありませんね。

いずれにせよ、価格にはあまり影響はないのかな〜
もうクラスが違うって感じですもんね。
YC | 2009/04/04 10:02 PM
@YCさん
こんばんは。

こんな世界存在してしまうんです。
すれ違う人、皆お金持ちに見えました。

世界は広いとあらためて今さらながら実感。

値段が付けられているものはほとんどなく
画商さんとの直接交渉のようです。

いずれにせよ全くの別世界です。

アートフェア東京の方がやはり落ち着きます。

@はろるどさん
こんばんは。

古典絵画から現代アートまで幅広く
扱われています。また食器や宝飾品
そして古い書籍、地図なども。

会場内がさながら美術館、博物館のようでした。

フォンタナは数点ありました。
かみさん曰く「簡単だからね」だそうです。

@パレットさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

成田空港の事故はあちらでは
全く耳にすることなく
帰国してからメールで知りました。
まさに知らぬが仏です。
もし知っていたら成田の着陸
いつもの何倍も緊張したことでしょう。

私の知人もフライトできず
結局、伊豆へ行ったそうです。
Tak管理人 | 2009/04/04 11:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック