青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」チケットプレゼント | main | 雑誌『Pen』のダ・ヴィンチ特集 >>

「アートフェア東京2009」

東京国際フォーラム・展示ホール&東京ビルTOKIA・ガレリアで開催中の
「アートフェア東京2009」に行って来ました。



今年で4回目の開催となるアートフェア東京(4月3日から5日まで開催)
流石に毎年のように同じ場所で開催されていると「見方」も慣れてくるもの。

今回はたまたま行った時間帯がそうだったのかもしれませんが、今まで(特に昨年)と比べお客さんの数も少なく、大変スムーズに各ギャラリー、画廊のブースを拝見出来ました。駆け足でざっと会場内の様子をご紹介。



注:撮影には許可を得ています。

まずは、毎年お騒がせのミズマアートギャラリーのブースから。


昨年の鴻池さんの立体作品にも度肝抜かされましたが、今回は日本初公開となる山口藍さんの巨大風呂桶のような立体「木ごと」がブースのほとんどの面積を占有。

中を覗いて見ると…こんな感じ。


新古今和歌集にある
「雪ふれば 木ごとに花ぞ 咲きにける いづれを梅と わきておらまし」
(口語訳:雪が降るのでどの木にも雪の花が咲いたなぁ。どれを梅だと区別しておりましょうか。)
この歌をベースに作り出された作品。

青色が基調となっているのがミソ。これが赤だったらまんま遊女の世界。
しかし一歩足を中に踏み入れると自力では出て来られなくなりそうです。


毎年毎年、ミズマさんには楽しませてもらっています。

続いてギャラリー戸村のブース。
人気赤マル急上昇中のアーティストである高松和樹氏の作品が。


ご本人もいらっしゃったのでご一緒に。

アートフェアに行けない方朗報です。

4月24日〜5月23日まで「高松和樹展 距離感主義」がギャラリー戸村(中央区京橋2-8-10茶丸ビルB1 tel:03-3564-0064)で開催されます。

作家自身が感じ取ったものを具象化し表現。遠目で観るのと近寄って観るのとで、これだけイメージが大きく変化する作品も珍しいかも。しかも変化しながらもどちらも「良い」からある意味たちが悪い。人気出るはずです。

それに加えて作家さんご自身もとても謙虚ですがすがしい印象の人物。
これから先、しばらくは安泰かと。

お次は新橋に店舗を移転させた、いつき美術画廊。


阪本トクロウ氏の作品がぱっと目を惹きます。
lysanderさん色々忙しい時かとは思うけど観に行ったら?

阪本さんのおだやかな風景画と線対称の位置に作風が対照的な岩田壮平氏の日本画を持ってくるあたり、狭いブースでありながらも画廊さんのセンスが伺える点。

丁度岩田氏がいらしたので作品と一緒に。

アマリリスに負けないくらいの滅茶苦茶良い笑顔。

「第28回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展」や「第4回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」で展示されていた「花泥棒」とはまた違った作品。しかしいずれにしてもこれ日本画ですからね…まずそのギャップに驚かされます。

いつき画廊(港区新橋5-19-15 tel:03-6459-0727)

京都の画廊さんも出展。
その中でも画廊 たづのこの作品はペンギン好きにはたまりません。


平子真理「ペンギンワールドカップ


造られてから100年は経過している古い金屏風を買い求め、それを小さくカットしペンギンを。金箔が経年変化により嫌味な光かたしていないのがミソ。

小さな作品で一点25万円ほどの値札が。
画廊主曰く「勉強しますよ〜」とのこと。

オランダ行っていなければ間違いなく買ってたな、これ。

オランダといえば、先日お伝えした「TEFAFヨーロッパ・ファイン・アートフェア」でも日本人として堂々とギャラリーの看板背負っていた、ロッカクアヤコ氏。


ヨーロッパ・ファイン・アートフェア会場内での展示風景。


ロッカクさんの特徴は何と言っても筆を一切使わずに「手」で直接描くこと。

今日も会場内でライブペインティングを行っていましたが、確かに筆は使わない。その代わり両手は絵具まみれ。ズボンも汚れに汚れていました。


女性の来場者から「あら、可愛いい方なのね〜」と言われるほど確かに大塚愛似のキュートなロッカクさん。ヨーロッパで確立したポジションを土台に本格的に日本に殴り込みをかけるのでしょうか。楽しみ。楽しみ。

最後に、レントゲンヴェルケ。


青木克世、カンノサカン、そして内海聖史氏の3作品が贅沢に並びます。

馬喰町のラディウムでは今日から長塚秀人『純粋風景』展がスタート。
アートフェア会場内の長塚さんの作品も売れていたな〜

またアートフェア会場1階の「エキシビジョン・スペース 東京国際フォーラム1Fアート・ショップ内)」でも長塚さんの作品が出品されます。こちらも是非。

そうそう、今年から会場を増やし隣の東京ビルTOKIA・ガレリアでも開催。


こちらはどちらかというと若手のアーティストさんや海外のギャラリーさんがメイン。変に撮影に対してシビアだったのも特徴。


伝えたい作品や作家さん、ギャラリーも何点もあったけど、割愛。

来年こっちの会場あるのかな?

何はともあれ、普段なかなかギャラリーまわりを出来ない自分にとっては年に一度こうしたイベントを開催してくれるのはありがたいこと。作家さんとも実際に触れあえる絶好のチャンス。1日出入り自由なのもいいところ。

あるギャラリーで伺った話ではお客さんの数自体は減ったけど売上は昨年同様かそれ以上だとか。昨年の混み具合がやっぱり異常だったようです。

アートフェア東京 ART FAIR TOKYO公式サイト

アートフェア東京 エグゼクティブ・ディレクター辛美沙氏の著書。
アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (アーツアンドカルチャーライブラリー)
アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (アーツアンドカルチャーライブラリー)
辛 美沙

【関連エントリー】
- 「アートフェア東京2007」 | 弐代目・青い日記帳
- 「アートフェア東京2008」 | 弐代目・青い日記帳
- アートフェア東京 | 弐代目・青い日記帳
- TEFAFヨーロッパ・ファイン・アートフェア | 弐代目・青い日記帳
- 「アートフェア東京」で逢えるかも! | 弐代目・青い日記帳
- 年末年始アートフェアへ | 弐代目・青い日記帳


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1715

JUGEMテーマ:アート・デザイン


アートフェア東京は、日本最大のアートフェアとして、2005年にスタートしました。第3回となった2008年は、国内外の108ギャラリーが出展、来場者は4日間で 43,000 人を記録し、国内外のメディア掲載数は400を超えました。そして、4回目となるアートフェア東京2009はこれまでの最大規模となる140以上のギャラリーが出展いたします。例年通り東京国際フォーラムにおいて、古美術・工芸、日本画・洋画および現代アートのギャラリー展示に加え、第二会場として新たに若手現代アートギャラリーを中心としたフェアを、東京国際フォーラムの隣、東京ビルTOKIAで開催いたします。
関連プログラムとしましては、その時々のトピックを、専門家を招いてディスカッションする「ダイアローグ・イン・アート」、ビギナーからベテランコレクターまで幅広い層に楽しんでいただけるガイドツアーなど、来場者に人気のある魅力的な催しを継続開催いたします。
展覧会 | permalink | comments(7) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

お疲れさまでした!
私は明日、明後日参加予定です!

空いていたのなら今日も参加すれば良かったです。
梶 | 2009/04/04 12:21 AM
こんにちは
確か昨日くらいにNHKで紹介していました。桶とロッカクさんもクローズアップしてて、興味を持ちました。
そして、このブログ記事で高松和樹さんの作品の写真を観たらさらに行きたくなってきましたw
今まで行ったことが無いのですが、ちょっと足を伸ばしてみようかな。。。
21世紀のxxx者 | 2009/04/04 2:08 AM
アートフェア充実してますね。
とても分かりやすいレポートです。

高松和樹氏の作品はとても興味があります。
初めて知ったのですが、売れるはずですよね。

私もアートにふれなきゃ。
レイ | 2009/04/04 7:32 AM
@梶さん
こんばんは。

お疲れさまです。
今日は秋葉原へ行って来ました。

オープニングの日は混雑していたそうですよー

@21世紀のxxx者さん
こんばんは。

普段中々ギャラリー巡りを出来ない
自分にとっては大変ありがたいイベントです。
それに作家さんとも交流できるチャンスでもあります。

秋葉原でも小規模ながら同じような
アートフェア開催しています。
一度どちらか足を運ばれると宜しいかと。

@レイさん
こんばんは。

詳しくないものですから
ぱっと目についたものを
図々しく写真撮らせてもらいました。

高松氏の作品は
間近で観ると年輪のようです。
かなり不思議な作品です。
Tak管理人 | 2009/04/05 12:07 AM
さっそく観てきました。凄い混んでましたがそれだけ楽しいブースが多くて大満足でした。
高松和樹氏など、意外にも手が出せそうな値段の作品もあって妙にテンションがあがりました。こういうイベントも良いですね。
またTBさせて頂きました。いつもお世話になります^^;
21世紀のxxx者 | 2009/04/05 3:09 AM
こんにちは。
土曜日の夜に行ってきました。
観やすくて良かったです。
楽しいイベントになりましたね。
mizdesign | 2009/04/05 11:53 AM
@21世紀のxxx者さん
こんばんは。

混雑していましたかーー
自分が伺った時間帯はたまたま
空いていたのかもしれません。

1500円でこれだけ一挙に
見られれば安いものですよね。

@mizdesignさん
こんばんは。

木曜にお誘い受けていたのですが
珍しく仕事が長引き断念。。。
金曜夜に行ってきました。
欲しい作品ありました?
Tak管理人 | 2009/04/06 8:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
名古屋に住んでいる時は、毎回指をくわえて行けないよな〜これのためだけにはと思っていた。 そして、東京へ移住して1年。 ついに、アー...
「アートフェア東京2009」 東京国際フォーラム | あるYoginiの日常 | 2009/04/04 11:44 PM
東京国際フォーラム(千代田区丸の内3-5-1)/東京ビルTOKIA(千代田区丸の内2-7-3) 「アートフェア東京2009」 4/3-5 東京国際フォーラム、及び隣接の東京ビルTOKIAで開催中の国内最大のアートの見本市、「アートフェア東京2009」へ行ってきました。 フォーラム内
今、色んな美術系ブログでも話題になっている「アートフェア東京2009」に行ってみました。もう1日しか残っていないけど、めっちゃお勧めのイベ...
アートフェア東京2009 【東京国際フォーラム】 | 関東近辺の美術館めぐり 〜美術・美景・美味を楽しむブログ〜 | 2009/04/05 3:02 AM
東京国際フォーラムで昨日からはじまった‘アートフェア東京2009’(4/3・4・
アートフェア東京2009はこんなに楽しかったの!? | いづつやの文化記号 | 2009/04/05 11:09 AM
 東京国際フォーラム及びTOKIAで開催中の「アートフェア東京2009」を観まし...
アートフェア東京2009 | 柏をたのしむ | 2009/04/05 11:24 AM