青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「月岡芳年展 −描く−」
専修大学 生田キャンパス 図書館研修室(120年記念館3階)で開催中の
「月岡芳年展 −描く−」に行って来ました。



マイミクのakiさんから教えて頂いた展覧会。

新宿から小田急線に乗って向ヶ丘遊園駅へ。急行だと20分程度。駅北口から専修大学行きのバスにゆられ約10分。自然豊かな生田緑地内にある専修大学生田キャンパスへ。お邪魔するのは今回が初めて。(専修大学へのアクセス


新入生たちを迎えんと桜の花も満開。
部活やサークルが新入生獲得に奮闘何て光景は今も昔も変わらないのかな。

図書課課長でいらっしゃる齋藤氏にお話を伺ったところ、専修大学図書館では一昨年に「レオナルド・ダ・ヴィンチの555年 ―“万能の人”知の遺産―」展、昨年「源氏物語 千年の光芒−」展をそれぞれ開催されたとのこと。

知らなかった……ダ・ヴィンチも源氏も共に滅茶滅茶興味あるので行けなかったのが悔やまれます。

それでも今年はakiさんのおかげでここ数年とみに注目が集まっている江戸末期の絵師、月岡芳年の展覧会に足を運ぶこと出来たのですからよしとせねば。

会場へ辿り着くまでに2人の学生さんに道を聞き(親切に教えてくれて有り難う)やっと会場である生田キャンパス9号館(120年記念館)3階にある図書館へ到着。


大学の図書館と聞き、自分が通っていた某大学の古めかしい図書館のイメージしか頭になかったので、こんな吹き抜けのある近代的な建物の中に図書館があろうとは思いも寄らないことでした。

↑の画像良く見ると「月岡芳年展」の垂れ幕が!
エレベーターで3階に到着すると図書館前にどーんと展覧会の案内板が。


かなり気合入っています。下手な美術館よりもビジュアル的に素敵。

何でもおよそ2か月以上かけ、「大学院の井黒佳穂子さん(文学研究科博士後期課程)をはじめ江戸文化や近世文学を学ぶ院生や板坂則子ゼミ生(文学部)がパンフレットやポスターなどを作成」されたとのこと。

今の学生さんしっかりしていらっしゃる。立派です。
昨年、学習院女子大学で開催された、オノ・ヨーコ「BELL OF PEACE 平和の鐘」展も学生さんが中心となり開催した展覧会。

井黒さん他、板坂ゼミの学生さん近い将来良いキュレーションなされること期待大。学生のうちからこうした「活動」が出来るなんて素晴らしいことです。

さて、さて今回の展覧会、大学の図書館で開催するには正直勿体無い内容。大学関係者からお借りした月岡芳年の後期代表作「雪月花」「風俗三十二相」「偐紫田舎源氏」「月百姿」など80点の作品が一挙公開されています。



注:展示風景画像は大学の許可を得て撮影したものです。

ただ、漠然と見せるだけでなく作品を6つのセクションに分け展示。
その展覧会の構成は以下の通りです。

1:英雄を描く
2:役者を描く
3:美人を描く
4:庶民を描く
5:物語を描く
6:月を描く


展覧会タイトル「月岡芳年展 −描く−」にあるように「−描く−」を軸に芳年が何を描いたのか、一目瞭然に観て取れるセクション分け。芳年の作品が個性的で強烈なイメージ観る者に与えますから構成はごちゃごちゃせず、これくらいさっぱりしていた方がバランス取れます。上手いな〜

1:英雄を描く


英名二十八衆句 稲田九蔵新助


英名二十八衆句 直助権兵衛

芳年の代名詞「血みどろ絵」「皮はぎ絵」
これを観なくては芳年ワールド始まらんとばかりに作品番号1.2が付せられています。歌川国芳や河鍋暁斎らと相互に影響しあい生まれた作品。

いずれも目を覆いたくなるような残虐な場面をリアルに(とりわけ血の描写が凄い)描いている作品ながらも、ついつい魅入ってしまう作品。誰の心にも存在するサディスティック側面を刺激し目を覚まさせる作品です。

2:役者を描く


雪月花 雪 岩倉の宗玄 尾上梅幸

大判3枚続の作品。驚いたのは制作年。明治23年(1890)の作品だそうです。江戸時代から明治時代に移行すると錦絵に使用される「赤」が濃くなり、また江戸時代では使われなかった色も多用されるようになり、だいたい一目で判別出来ます。

ところがこの「雪」は見事にやられました。題字の部分の色見れば分かるのかもしれませんが、梅幸の肋骨に見惚れてしまいそこまで目が…

3:美人を描く

このセクションの作品が一番多かったかな。「風俗三十二相」や「見立多以尽」「東京自慢十二ケ月」「新柳二十四時」「吾妻絵姿烈女競」などのシリーズものが。

最も目を惹いたのが「全盛四季大松楼 冬」。ちなみに「全盛四季夏 根津花やしき 大松楼」が現在太田記念美術館で開催中の「ジャパニーズ・ビューティ −浮世絵にみる日本女性の美-」展に出展されています。「夏」もイイです。はい。

4:庶民を描く

芳涼閣両雄動
大判2枚を縦に合わせひとつの作品に。

昨年、千葉市美術館で開催された「八犬伝の世界」展でも拝見した作品。
何度観ても迫力あります。「絵」でしか表現できない緊張感あるシーン。

5:物語を描く


偐紫田舎源氏

初っ端にスプラッターな作品拝見してしまったので、「偐紫田舎源氏」にも無理無理そんなシーンを期待してしまう自分。この作品だけでも十分オドロオドロシイのですけどね。。。血みどろ閾値上昇。

すぐ近くに有名な「奥州安達ケ原ひとつ家」があったりするものだから余計にそんなシーンを期待してしまいます。

芳年ワールド恐るべし。

6:月を描く


月百姿 玉兎 孫悟空」   「月百姿 きぬたの月 夕顔

「月百姿」が実物とパネルを合わせ全て展示公開されています。
所蔵されている「月百姿」が一冊の本として綴じてあるので全てを一度に展示出来なかった為にパネル展示も行ったそうです。気が利いているな〜
こうして一気に拝見するとまた印象も随分と変わってくるものです。

こちらのサイトでは全ての作品が観られます。


手前に見えるのは「芳涼閣両雄動」半露出展示?

「月百姿」の全ての作品をそれぞれ使用し学生さんたちが作った栞が会場で無料で配布されています。受付の方が「100種類あります!」と誇らしげに語っていたのが好印象。100枚全部欲しかったけど「雨中月 児島高徳」を選びました。早速使わせてもらいます。

また専修大学図書館サイト内に「月岡芳年展 特設サイト」が設けられ、無料壁紙やスクリーンセーバーも無料でダウンロードできるようになっています。

ここ最近、展覧会のサイト、フラッシュ等使い凝りに凝ったもの散見しますが、学生さんたちがこしらえた「月岡芳年展 特設サイト」の方がよほど観やすく、展覧会情報的確にゲットできます。こうでなくちゃね。

最後に「今日の一枚


雪月花の内 花 御所五郎蔵 市川左団次」明治23年

やっぱりこの時季これでしょう〜


「月岡芳年展 −描く−」は4月24日(金)まで。
※日曜日は休館
開館時間:午前10時から午後5時まで。
入場は無料です!

「最後の浮世絵師」月岡芳年の世界を思う存分堪能出来ます。


専修大学図書館本館
生田キャンパス 9号館(120年記念館)3階(専修大学へのアクセス

今年は月岡芳年生誕170年目に当たります。
この展覧会だけでなく平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYO(いつの間にかサイトが出来た)や太田記念美術館でも芳年の展覧会開催中、もしくは近日中に開催予定です。

2009年は月岡芳年が熱い!
どこか出版社さん芳年関連の本出して下さい!!

国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)
国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫) 河治 和香

【関連エントリー】
- 「芳年・芳幾の錦絵新聞」展 | 弐代目・青い日記帳
- 「日本の版画 1941-1950」 | 弐代目・青い日記帳
- 弐代目・青い日記帳 | 「近代日本の巨匠たち」展
- 「近代日本の巨匠たち」展 | 弐代目・青い日記帳
- 「浮世絵の中の源氏絵」展 | 弐代目・青い日記帳
- 「月を愛でる展」 UKIYO-e TOKYO | 弐代目・青い日記帳
- 100円浮世絵カレンダー(2009年) | 弐代目・青い日記帳
- 「能楽と歌舞伎」展 | 弐代目・青い日記帳

One Hundred Aspects of the Moon: Japanese Woodblock Prints by Yoshitoshi
One Hundred Aspects of the Moon: Japanese Woodblock Prints by Yoshitoshi
Tamara Tjardes,Yoshitoshi Taiso

それでは最後に「今日の美味


Yさんから頂戴した昭和製菓株式会社「蜂の家」の「まゆ最中
小倉、柚子、胡麻、白つぶし、黒糖。5種類のあんが楽しめる一口サイズの最中。こういう箱って使わないのに取っておきたくなるんですよね〜

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1719

JUGEMテーマ:アート・デザイン


このたび専修大学では、近年とみに脚光を浴びている江戸末期の絵師・月岡芳年(つきおか・よしとし)の作品展示を行います。
 今年は、月岡芳年が誕生してから170年目の節目の年にあたります。月岡芳年といえば、幕末期の不安な世相を反映した「血みどろ絵」が有名ですが、その画業は多岐にわたり、美人画、役者絵、歴史画にもすぐれた作品を残しています。今回は「雪月花」、「風俗三十二相」、「新形三十六怪撰」、「偽紫田舎源氏」、「月百姿」など、後期の代表作を中心に、80点を展示いたします。
 この展示会は、広く一般の皆様にこれらの浮世絵の素晴らしさを体感していただく機会を提供するものです。
| 展覧会 | 23:16 | comments(14) | trackbacks(4) |
早速行かれたんですね。はやっ!
予習して行けることになり、お知らせしてよかったですぅ。

特設サイトの壁紙、スクリーンセーバーも気が利いてますよね。

やーー、こりゃ行かなきゃですね。桜が残っているうちに!
それと栞が残っているうちに・・
 血みどろより月百姿が楽しみです。
| aki | 2009/04/09 1:06 AM |

こんばんわ。
芳年関連の書籍、少ないですよねえ。
単体の画集で、今普通に新品で出に入るのって
国書刊行会の妖怪シリーズの位ではないでしょうか。
(印刷はいいけど偏った編集なのが難。)
あとは絶版で、もう洋書だけが頼み・・。
芳年は和漢百物語や魁題百撰相が
町田国際版画に揃いである(はずだ)し、
萩の浦上館とか地方にも
数を持ってる所があるので、
どこかの出版社さんにぜひ
やってもらいたいですね!切実。
| へっぽこもふ | 2009/04/09 1:22 AM |

@akiさん
こんばんは。

はるばる生田まで行ってきちゃいました。
教えていただき感謝です。

学生さんが中心となり
こうした企画開催するなんて
羨ましいかぎりです。

勿論作品にも大満足でした。

@へっぽこもふさん
こんばんは。

少ないですね。
今普通に入手できるものないようです。
Amazonで海外のものなら手に入りそうです。
評価を観るとよさそうなのでついつい。。。

芳年はこれから数年先にはきっと
どこかの出版社さんが出してくれると
期待しています。これだけ展覧会あるのですから。

じっくり観たいですよね。手元で。
| Tak管理人 | 2009/04/10 12:01 AM |

ちょっと余談ですみません!
Takさん、専大だったんですね〜。
私もです。

源氏のゼミにおりましたが、源氏の展示があったのもしりませんでした・・・。
すっかり足が遠のいてしまい、よくありませんね。
図書館にもびっくり。
4/24まで、い、いけるか?!というところですが
月岡芳年、なんかすごいですね!
久々に同級生と集まるのもいいかもしれません〜。
| ココ | 2009/04/11 10:48 AM |

@ココさん
こんにちは。

>Takさん、専大だったんですね〜。
紛らわしい表現で誤解を与えてしまったようですが
残念ながら専修大学OBではありません。

初めて今回伺いましたが、いいところにありますね〜
緑も多く校舎も立派。
自分が通っていた大学とは大違い。

図書館でこれだけの展示をして下さるなんて
専修大学の学生さん羨ましいかぎりです。
尤も大学生の時分は浮世絵なんぞに興味無いでしょうけどね。

>久々に同級生と集まるのもいいかもしれません
芳年が取り持つ同窓会!
何だかすごそうですね。
| Tak管理人 | 2009/04/11 11:29 AM |

今日行ってきました。
立派な建物ですね。
展覧会も女性が中心に企画されたようで、細かな配慮がされてました。
| とら | 2009/04/11 11:38 PM |

し、失礼しました!

私が通っていたころとはほんとうに図書館もぜんぜん違っていたものですから、早とちりしました!

とおーっても田舎ですが、今の季節緑がきれいでしょうね。
遠足かねて友達に打診してみます^^
| ココ | 2009/04/12 2:04 PM |

@とらさん
こんにちは。

今の大学の図書館て随分と立派なのですね。
まずそこに驚かされました。
美術館も見習ってほしいところ色々ありましたね。
学生さんたち(それと指導された先生)に感謝です。

@ココさん
こんにちは。

いえいえ、こちらこそ
紛らわしい書き方してしまいすみません。

自分が通っていた大学の図書館も
近年大層立派に建て替えたとか。
お金どこにあるのかな〜と首傾げてしまいます。

生田緑地また今度は一日かけゆっくりと。
| Tak管理人 | 2009/04/12 4:11 PM |

昨日は色々とありがとうございました。
昨日の昼間、生田に行ってました。
図書館のある建物、タワーみたいでしたね。
月百一気に見られたのもうれしかったけど、役者絵が収穫でした。
| ogawama | 2009/04/16 11:31 PM |

@ogawamaさん
こんにちは。

こちらこそ美味しく頂戴しました。早速。
生田までわざわざ。お疲れ様です。
でもその甲斐はありますよね。
役者絵がこれまた格好いいんです!!
決まってます。
| Tak管理人 | 2009/04/17 7:49 AM |

いつも素敵な&素早い情報、有り難うございます。
今回は、あの芳年の作品ということで、早速行ってきました。久しぶりに芳年作品を観ましたが、やっぱりイイです&お気に入りですぅ〜(満面の笑み)。

本当にtakさんのブログを拝見していれば、中途半端な他の情報誌はいらないですね。楽しい情報が盛り沢山で楽しませて頂いております。合わせてTBさせて頂きました。
| alice-room | 2009/04/19 7:48 PM |

@alice-roomさん
こんばんは。

何だか皆さんを生田まで
行かせる羽目になってしまったようで。。。
恐縮です。

でも見ごたえ十分ありましたよね。
入場料も無料ですし。
行って損はありません。

紙媒体は正確ですが
このブログはたまにミスが…
| Tak管理人 | 2009/04/19 11:36 PM |

24日、最終日に行ってきました。

生田、かなり行きづらいのに皆さんが行かれていて、Takさんのご紹介の力ですよね。

役者絵、月の百枚もすばらしかったのですが、私は美人画の○○したいシリーズの中、「洋行したい」がなんだか気に入ってしまいました。

着物の袖口から洋服の袖をのぞかせていて、被服史からみても面白いのかな・・と思ってしまいました。

最終日でしたが、栞がまだたくさんあったので、3マイいただいてきました。
| aki | 2009/04/30 12:28 AM |

@akiさん
こんばんは。

間に合いましたね。

このブログをご覧になり
行かれたという方すくなからず
いらしたようです。
満足されたかな〜

これだけの展覧会
もっと上手いこと
宣伝できれば良いですね。
勿体無いです。

教えていただきありがとうございました。
感謝感謝です。
| Tak管理人 | 2009/04/30 6:36 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1719
月岡芳年展 描く @専修大学図書館本館 研修室
 Takさんの記事を見て行って来た。昨日、豊洲の UKIYO-e TOKYO で、「月岡芳年名品展ー新撰東錦絵と竪二枚続」を見たばかりだから、連日の芳年展。今年は芳年生誕170年目の節目ということなのだろうか、あちこちで展覧会がある。5月・6月には原宿の太田記念美
| Art & Bell by Tora | 2009/04/11 11:42 PM |
月岡芳年展 −描く−@専修大学図書館
Takさんの記事を拝見した時はどよめきました(ひとりで)。大学の図書館で芳年展が...
| confidential memorandum of ogawama | 2009/04/16 11:26 PM |
月岡芳年展 描く in 専修大学図書館
月岡芳年展 専修大学特設サイト いつも拝見しているtakさんのブログで芳年の情報があったので、早速土曜日に出掛けてきました。 芳年大好きっ子としては、何はともあれ、百聞は一見に如かず! 実は、行く途中、大学構内で9号館を探していて迷ってしまったのですが
| 叡智の禁書図書館<情報と書評> | 2009/04/19 7:40 PM |
はじめましてのごあいさつ。
 ご訪問、ありがとうございます。 はじめまして、こんにちは。このブログの統括・管理人のすたっふかっぱー壱号です。 このブログは2009年11月17日〜11月21日に、池袋の東京芸術劇場展示ギャラリーにて行われる 専修大学図書館特別展 『二つのモダーン −江戸文化
| すたっふかぱー達の記録。 | 2009/10/16 4:32 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...