青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「浮世絵 ベルギーロイヤルコレクション展」 | main | 「美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」 >>

映画「バーン・アフター・リーディング」

映画「バーン・アフター・リーディング」を観て来ました。



今日は美術館、博物館へは行かず近所で映画鑑賞。
「グラン・トリノ」「スラムドッグ$ミリオネア」という強烈な候補を撥ね退けて観に行ったのがこの作品。(二つの映画と同じ俎上に載せるのもどうかと思うけど…)

ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、フランシス・マクドーマンド.

錚々たる顔ぶれ。
豪華キャストがどんな物語を織り成すのか期待に胸膨らませ映画館へ出かけると、観終えた後、「何この映画!(プンプンむかっ)」と怒りを露わにせずにはいられない作品。

実際に鑑賞後、何だか不満顔の方ちらほら。特に目立ったのがとある家族連れ。GWに映画イイですよね〜遠出したって渋滞。疲れるだけです。それならいっそ近場で映画と。。。

「ブラピも出てるし面白そう〜」
「ジョージ・クルーニーの渋い演技が観たいわ〜」

残念。
監督さんの名前チェックしました?

イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン(コーエン兄弟)ですよ。



何が言いたいのだかさっぱり分からないとか、折角の豪華キャストが台無しとか。「普通の映画」を観るのと同じ感覚で行ったらダメですって。

逆に他の映画では見られない間抜けな常に何か飲んでいる、筋肉バカ役のブラピやスケコマシで変態エロオヤジ全開のジョージ・クルーニーが観られます。

ストーリー展開とか何を訴えたいのだとか、考えながら観る作品ではないこと確か。コーエン兄弟しか成し得ない映画(コーエン兄弟以外が急にこの映画作ったらそりゃ〜批難雨霰でしょうけどね)



「コーエン兄弟の作品」だから何でもありなのか?と問われれば、そう。と答えるしかありません。でも「コーエン兄弟」が何たるかをろくに知らない自分でも、全く飽きることなく眠くなることなく最後まで楽しく時に爆笑しながら鑑賞できました。

逆にコーエン兄弟ファンにとっては物足りないかも。

内容ですか…

そうだな〜昔話の「わらしべ長者」とある意味逆のお話かな。

ジョージ・クルーニーを捨ててしまう奥さんが童話作家というのもポイントかも。「バーン・アフター・リーディング」のタイトル生きてきます。

それにしてもCIAのこと随分とコケにした作品だこと。私怨でもあるのかな?
エンディングで流れるこの曲がまたウケル。




Burn after Reading [Original Motion Picture Soundtrack]
Burn after Reading [Original Motion Picture Soundtrack]
Carter Burwell,Carter Burwell,Frank Ricotti,Gary Kettel,Paul Clarvis,Ralph Salmins,David Hartley

【関連エントリー】
- 映画「ウォンテッド」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「魍魎の匣」 | 弐代目・青い日記帳
- 「無声時代ソビエト映画ポスター展」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「ブーリン家の姉妹」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「オペラ座の怪人」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「ボーン・アルティメイタム」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「西の魔女が死んだ」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「幸せのちから」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「ナイト ミュージアム」 | 弐代目・青い日記帳
- 映画「007/カジノ・ロワイヤル」 | 弐代目・青い日記帳


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1744

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ワシントンのフィットネスセンターで働くチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)が更衣室で拾った1枚のCD-ROM。そこにはCIAの機密情報が書き込まれていた。その頃、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は自分が機密情報を紛失したことに気づき、狼狽…。オズボーンの妻・ケイティ(ティルだ・スウィントン)は夫の危機をよそに財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫生活を満喫中。だが実は、ハリーは出会い系サイトで意気投合したリンダとも関係を重ねていた…。一枚のディスクをめぐり、5人が絡み合い、幼稚な企みによって事態は誰の手にも負えない結末へと転がっていく――。『ノーカントリー』のコーエン兄弟がブラッド・ピット、ジョージ・クルーニーほか豪華キャストとともに贈る、確信犯的クライム・コメディ。
映画・観劇 | permalink | comments(4) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

アタクシとしたことが未見です。
Takさんに先を超されるとは〜
コーエン兄弟の映画は期待して行くとつらいです。
「だってコーエン兄弟だもん」くらいのスタンスがちょうどいいのです。
で、たまに(?)「ファーゴ」「赤ちゃん泥棒」などの名作に当たればもうけものなのです。
さ、お口直しに「スラムドッグ$ミリオネア」をぜひ!!
さちえ | 2009/05/03 11:41 PM
@さちえさん
こんばんは。

お先です。
おバカなジョージ・クルーニーも
十分見ごたえありますね。
劇場では初めておバカシリーズ観ました。

「スラムドッグ$ミリオネア」は
また近日中に日を改めて。
自分の近くの例の映画館
リニューアルしたので是非!
Tak管理人 | 2009/05/03 11:52 PM
私もうっかり見ちゃいましたよー。キャストが豪華じゃないほうがよかったなーと思いました。コーエン兄弟なのに、なんか不満なのは、あのキャスティングのせいだと、私は思いました。スラムドッグは13日に見に行きます♪
海 | 2009/05/05 11:58 PM
@海さん
こんにちは。

うっかりって。。。
まぁ確かに「騙され」ますよね。。。
逆にあのキャスティングだから
良いという気もしますが。

スラムドックは来週かな〜
Tak管理人 | 2009/05/06 1:34 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
「バーン・アフター・リーディング」★★★ ジョージ・クルーニー 、フランシス・マクドーマンド 、ブラッド・ピット 、 ジョン・マルコヴィッチ 出演 イーサン・コーエン 、ジョエル・コーエン 監督、2008年、96分、アメリカ 「CIAの機密情報が書き込まれ
どうなの!?今度のコーエン兄弟?? 『バーン・アフター・リーディング』(イーサン/ジョエル・コーエン・2008米) CIA幹部・元国家警備員・敏腕女医・ジム員×2(笑)。 メインキャラクターはこの5人。CIA機密情報が御バカさんの手に渡って そして、いろいろな欲
バーン・アフター・リーディング | ここにあるもの | 2010/05/24 11:03 AM