青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「幻惑の板橋〜近世編〜」
板橋区立美術館で開催中の
開館30周年記念 館蔵品展「幻惑の板橋〜近世編〜」に行って来ました。



連休中も渋滞なしの外環自動車道で板橋美術館まで。電車だと都営三田線・西高島平駅から徒歩13分。東武東上線・成増駅から路線バスも出ていますが1時間に2本。ここの美術館はうちからだと確実に車の方が速くて便利。因みに駐車場は無料。

ついでに今回の展覧会は観覧無料。タダで観られます。
今回の展覧会の展示作品は全てここの美術館所蔵の作品だから無料で見せてくれるそうです。その発想はなかった〜いつもやること斬新過ぎます。

酒井抱一「大文字屋市兵衛像
(カボチャ頭の市兵衛さん)←新タイトル。

「新タイトル」とは板橋区立美術館が独自につけた作品名。
タイトルを見てすぐ作品が連想できるものばかり。
新タイトルと並んで大きな看板のようなキャプションの解説も専門用語を極力使わず平易な親しみやすい文で書かれています。音声ガイドも必要なし。

入場料を取っていないにも関わらず、ポスター、チラシから作品リストに至るまでしっかりと揃えてありますし、鉛筆やメモを取る際に便利なボードの貸し出しも。更にオペラグラスまで無料で貸してくれます。


全てを他の美術館も見習うべきだなんて無理なことは言いませんが、努力すればどれかひとつでも実現は可能なはず。「うちは板橋さんとは違うから〜」とか言わずに。そんなこと言ってるとどんどんアドバンテージ広げられてしまいます。

で、こちらはすっかり板橋区立美術館の名物となった「お座敷コーナー」


美術館のサイトには…
これら従来の江戸絵画観を惑わす作品を多く展示するので、「幻惑の板橋」という展覧会名をつけました。目まいがするようになったら、お座敷コーナーでしばしお休みください。
とありますが、お座敷コーナーでいっそう眩暈が増幅する可能性大。

だって、展示されている作品はどれも本物。(5点の屏風絵全て江戸時代のもの)にもかかわらず毎度のことながらガラスケース無しの露出展示。用意された座布団に座ってのんびり鑑賞したいところですが、落ち着かない落ち着かない。そわそわしちゃいます。


秋草流水図屏風
(秋風が待ちどおしい!)

目と鼻の先まで近寄って拝見することも可能。更に更に、裏側にまわると…

「絶景かな。絶景かな〜」

秋草流水図屏風」(秋風が待ちどおしい!)
大きなキャプションに親切で分かりやすい解説が。↓
屏風のまん中をくり抜いて、シースルーの絹をはめ込んでいるのでとても涼しげ。この絹には「竹屋町」という、金の糸の刺繍がほどこされています。この屏風は、夏の終わり、通りぬける秋風が待ち遠しい季節に飾るのでしょう。ススキや桔梗など秋を感じさせる植物が描かれています。

写真撮影ですか?勿論ok
安村敏信氏(館長さん)自らこちらの本で推奨されています!

美術館商売―美術なんて…と思う前に (智慧の海叢書)
美術館商売―美術なんて…と思う前に (智慧の海叢書)安村 敏信
そもそも、美術館で写真撮影を禁止しているのは不当な複製品制作の防止と著作権の保護のためだろう。著作権は現在、作家没後五十年は保護されるのだが、考えてみれば、古美術の作家は没後百年をはるかに越えていて、保護の対象外である。とすれば、美術館には作品の所有権があるだけで、それを守ればよいではないか。
不当な複製品制作の防止、という点も、展示場に飾った古美術(その多くはガラスケースの中)を素人がカメラで撮っても、好品質の複製品を作るに足る映像など、撮れる訳がない。せいぜいプライベートな思い出づくりの映像ぐらいしか撮れないのであれば、気に入った作品のひとつと出会い、記念撮影するという行為がどれほど教育的効果をもたらすだろうか。
記念撮影してよいとなると、お客様も気に入った作品を探そうと熱心に作品を見始める。ちょっとしたワーク・ショップ以上に、熱心な観察を勧める効果があるのだ。(中略)
展示場で撮った写真が複製されて、何かに使われたとしても、その作品が広く周知されるということだから、宣伝になるではないか。複製を作れば、その数だけ、当館の作品を普及してくれているのである。そう考えれば、益々、展覧会場で写真を撮って頂きたくなるではないか。
板橋区立美術館の凄さは何もこの展覧会に始まったことではありません。以前大反響をよんだこちらの記事で紹介した通り、毎度おなじみのこと。

他の美術館にこれと同じことをしろと言うのも無理あります。
(でも、見習うべき点は見習わないとね)

お座敷コーナーはあくまでもおまけ。
メインは第1展示室(狩野派)20点、第2展示室(民間絵師)51点
今回は新収蔵品が6点もありました。

その中の数点を。


河鍋暁斎「烏図」(飛んでけカラス)


柴田是真「上代雛図」(ヒミツのお話?おひなさま)


狩野古信「林和靖鶴亀図」(鶴が好きなおじいさん)

これら新たに板橋区立美術館のコレクションに加わった作品以外でもここの美術館の持っているものはそれなりに質が高く興味関心をそそるものばかり。

現在、府中市美術館で開催中の「山水に遊ぶ 江戸絵画の風景250年」にも東博や京博に並んで板橋より作品が出展されています。

この作品などきっと貸し出し依頼あったはずです。

歌川広重「江戸近郊図」(望遠鏡をのぞいてみたら)

こういう作品って絵だけ図録とかで観てもその良さ半分も分からないものです。
こうして表装まで含めて拝見すると遠方に見えたであろう富士の存在が明らかに。

山水画(風景画)以外だったらこれが良かったかな〜


菱川宗里「見立六歌仙図」(美女がいっぱい)

お人形のようにカチっとしている雰囲気が好き。
生気があるようで無さそう。記号化された美女がたまりません。

で、こうしてつらつら書いているとほんときりがないので
この辺でお開きに。連休の最終日気心知れた仲間と飲み過ぎました。。。

第2展示室の様子はこんな感じ。

まだまだお宝作品あるのですけどね…

今日の一枚」に参りましょう。明日からまた仕事だし。


月岡芳年「正月羽子突図」(アイテッ!明治の女は強いなぁ)

今、丁度まさに旬な絵師、月岡芳年(つきおか・よしとし、大蘇芳年とも、1839〜92)。太田記念美術館で開催中の『 芳年 -「風俗三十二相」と「月百姿」-』前後期で「風俗三十二相」と「月百姿」全て観られます。これは行かねば。

時を同じくして平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYOでも「芳年美人画・風俗三十二相」を開催中。いずれも見逃せない展覧会です。

「幻惑の板橋〜近世編〜」は5月10日まで開催しています。
連休明けにまず真っ先に向かうとしたらここ板橋区立美術館ですね!


板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27 
Tel: 03-3979-3251 

都営地下鉄三田線 西高島平駅下車 徒歩13分
路線バス(1時間に2本程度)
・東武東上線・東京メトロ有楽町線
 成増駅北口2番のりばより
 増17系統 高島平操車場行き「区立美術館」下車
・都営地下鉄三田線 高島平駅西口2番のりばより
 増17系統 成増駅北口行き「区立美術館」下車


江戸の絵師「暮らしと稼ぎ」
江戸の絵師「暮らしと稼ぎ」
安村 敏信

館長さんの新刊です!

次回の展覧会

「開館30周年記念 館蔵品展 幻惑の板橋〜近現代編〜日本のシュルレアリスム」
2009年5月16日(土)〜6月28日(日)
鑑賞料はやはり無料だそうです。

関連講演会の顔ぶれもまた凄い!

「シュルレアリスムを背後から覗く」
とき 4月11日(土) 午後2時〜3時30分
講師 中村 宏 氏(画家)

→「中村宏 | 図画事件 1953-2007展

「シュルレアリスムと危機意識
  〜1930年代の詩について〜」
とき 6月6日(土) 午後2時〜3時30分
講師 鶴岡 善久 氏(詩人)

「日本のシュルレアリスムと瀧口修造」
とき 6月13日(土) 午後2時〜3時30分
講師 田辺 徹 氏(成安造形大学名誉教授)

いずれも先着100名・聴講無料・申込不要だそうです。

【関連エントリー】
- 「戸方庵井上コレクション名品展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「日本美術が笑う展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「狩野派誕生展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「絵師がいっぱい」 | 弐代目・青い日記帳

それでは最後に「今日の美味


スペイン料理「タベルナ・カディス」で今夜頂戴した「魚介類のパエリア」と「マッシュルームのセゴビア風」。一村雨さんお勧めのお店だけあってお酒食事共に大満足。特に「マッシュルームのセゴビア風」はあまりに美味しくておかわり注文してしまった。。。明日からもブログ更新(と仕事)頑張るぞ! 

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1747

JUGEMテーマ:アート・デザイン


1979(昭和54)年に開館して以来、当館は江戸の美術と戦前・戦後の前衛派を中心に作品収集を続けてまいりました。本年、開館30周年にあたり、館蔵品の中より名品や当館ならではの作品を選りすぐって展示いたします。第1期は近世編、第2期が近・現代編です。
 近世編の本展では、”ダンシング・ホテイ”として親しまれている雪村の《布袋図》や、法華経の文字で羅漢を描いた大珍品の加藤信清作品、酒井抱一が描いた太っちょで可愛らしい当館のマスコット的存在のイチベエくん(大文字屋市兵衛)などの民間画壇の作品と、幕府御用絵師狩野派作品の中より浮世絵美人を描いた狩野章信筆《美人図》、初期風俗画を写した狩野探信守道の作品などを展示いたします。
 これら従来の江戸絵画観を惑わす作品を多く展示するので、「幻惑の板橋」という展覧会名をつけました。目まいがするようになったら、お座敷コーナーでしばしお休みください。また、昨年度新たに当館のコレクションに加わった作品もご紹介いたします。併せてお楽しみいただければ幸いです。

| 展覧会 | 23:16 | comments(8) | trackbacks(2) |
こんばんは☆

連休明けの今日、真っ先に阿修羅に会いに行こうと思っていたのですが、Takさんの日記を見て、板橋区立美術館に向かうことにしました!

お恥ずかしいのですが、自転車でも行ける距離に住んでいながら、この展覧会知りませんでした・・
ほんとうにトホホ、反省です。
でも、「ドレミはにわ」と阿修羅にも必ずまた会いにいきます。
「マル」ちゃんの写真ありがとうございました。
かわいいですね〜♪
| 小太郎 | 2009/05/07 1:03 AM |

@小太郎さん
こんばんは。

板橋区立美術館までそんなに近いのですか!
それは羨ましい〜
ここは素晴らしい美術館です。
目立たないところにありますが
サービスから作品展示等など超一級品です。

東京大仏も近くですよね〜

東博のショップは要注意です。
| Tak管理人 | 2009/05/07 6:38 PM |

公立のこんな素敵な美術館があるんですね。
こちらとかで紹介してあるのをみて、世界が広がりました。
(ま、バーチャルってのがほとんどなのが悲しいけれど)
板橋は我が家(実家)からはかなり遠くて、機会が訪れる
かどうか・・・・次のシュールレアリズムも面白そうですね。
| OZ | 2009/05/07 6:51 PM |

こんばんは。今回も板橋節全開のキャプションなどで楽しめましたね。
私はいつも西高島平からてくてく歩きますが、
本当に毎度通いたくなるような良い美術館だと思います。
全ては館長様以下、スタッフの方々のお力なのでしょうね。

>関連講演会の顔ぶれ

これがまた無料というのが凄いです…。
| はろるど | 2009/05/07 9:49 PM |

板橋区美術館がこれほど力の入った展示を行うところだとは全く知りませんでした。
まさしく美術館界の旭山動物園といっても過言ではないでしょう(笑
いくら金を掛けた展覧会でもコンセプトが不明瞭で心がこもっていなければ満足度は低いものです。
こういう創意工夫が凝らされた展覧会は是非行ってみたいですね。
| たかぴー | 2009/05/07 10:13 PM |

@OZさん
こんばんは。

公立でも国立でも美術館が
やる気さえあれば「革命」は起こせます。
板橋はその好例。
ここはトイ レから何から楽しめますよ!
ごく普通の飾り気ない美術館です。

@はろるどさん
こんばんは。

まだ電車では行ったことありません。
次回天気の良い日を狙ってトライしてみます。

>全ては館長様以下、スタッフの方々のお力なのでしょうね。
全くもってその通りだと思います。
皆親切丁寧。いつも感心させられます。

@たかぴーさん
こんばんは。

多分、美術館自体は肩の力抜いて
フツーに展示行っているのだと思います。
記事では書きませんでしたが開放的な雰囲気も魅力です。

全部見習えなんて無理なこと言いませんけど
学び生かせるところはどんどん取り入れてもらいたいものです。
| Tak管理人 | 2009/05/08 5:30 PM |

最終日に行ってきました。
驚きの美術館の泣かせる展覧会でした。
| とら | 2009/05/10 10:21 PM |

@とらさん
こんばんは。

いやーー泣かせてくれますよね。ほんとに。
館長さん他この美術館の職員に敬意を表します。
| Tak管理人 | 2009/05/11 11:16 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1747
「幻惑の板橋・近世編」 板橋区立美術館
板橋区立美術館(板橋区赤塚5-34-27) 「開館30周年記念 館蔵品展 幻惑の板橋・近世編」 4/4-5/10 開館30周年を祝して館蔵の近世絵画を公開します。板橋区立美術館で開催中の「幻惑の板橋・近世編」を見てきました。 近世とのことで、メインは言うまでもなく板
| はろるど・わーど | 2009/05/07 9:51 PM |
幻想の板橋ー近世編 @板橋区立美術館
 開館30周年記念の館蔵品展。入場無料。写真撮影OKとなると、行かないわけにはいかない。最終日に滑り込んだ。 入ると、お座敷コーナーが待っている。真ん中に座布団が敷かれ、ユックリと屏風を眺めることができるようになっている。 面白かったのは、狩野寿信の《
| Art & Bell by Tora | 2009/05/10 10:21 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...