青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「20 クライン ダイサム アーキテクツの建築」 | main | 「三井家伝来 茶の湯の名品」展 >>

速報「ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション」

上野の森美術館でいよいよ明日5月20日から開催される
「neoteny japan -ネオテニー・ジャパン ― 高橋コレクション」展の内覧会に行って来ました。
追記:記事書きました!→こちら。画像多数あり。


開会の辞を述べる、日本屈指の現代美術のコレクターとして知られる精神科医・高橋龍太郎氏。

neoteny japan- ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション公式サイト

会場を3周したころ、偶然お会いしたex-chamberのDADA.さんをして「こんな面白い展覧会はない」と言わしめるだけのことありあり。あの沈着冷静なDADA.さんが自分と同じくくらい舞い上がっていたのが印象的。

正直、伺うまでは、高橋氏の極上コレクションのお披露目会的な展覧会という印象しか抱いていませんでしたが、全然まるで全くその考えが間違っていました。今さらながら気が付くの遅いですが「勘が悪い男」です。

出品作家名
会田誠、青山悟、秋山さやか、池田学、池田光弘、伊藤存、小川信治、小沢剛、小谷元彦、加藤泉、加藤美佳、工藤麻紀子、鴻池朋子、小林孝亘、佐伯洋江、さわひらき、須田悦弘、高嶺格、束芋、千葉正也、照屋勇賢、天明屋尚、できやよい、奈良美智、名和晃平、西尾康之、町田久美、Mr.、三宅信太郎、村上隆、村瀬恭子、村山留里子、山口晃(50音順)

会場が上野の森美術館というのも幸いしているようです。
同じ敷地内にある国立西洋美術館や東京国立博物館などに比べればお世辞にも広いスペースを有しているとは言えないここだからこその展示。

歩みを進めるごとに次から次に矢継ぎ早に目の前に現れる現代アートの名品の数々。息つく暇もなし。DADA.さんが上手いこと仰っていました「高い絵皿しか回っていない回転寿司屋のようだ」と。

上野の森美術館さんにお願いがあります。
途中に休憩場所設けて下さい。それが無理ならベンチでも。
とても一度に観きれる作品群ではありません。
頭の中、オーバーヒートしてしまいます。

(展覧会についての詳細は後日書きます)

今夜は大勢の作家さんも会場内にいらっしゃいました。
お願いして撮らせて頂いた写真を3枚ほど。

この3枚だけでも「鼻血」出ます。閲覧注意。

いきますよ。soon

まずは1階のフロアに展示されている池田学さん。



展示作品数は2展。この2点拝見するのに何時間果たして必要か…
さて、さて。。。

因みに描く前からイメージはしっかりと頭の中にあるそうです。
この作品仕上げるのにかけた日数は1年半。それだけ濃密です。

続いて2階からは加藤泉さん。



いい写真でしょ!
加藤さん有難うございます!!

そして最後。3人目はやはりこの人。


「山口晃狼に喰われるの圖」

いい感じで「喰われて」います!喰われかかっているのにこの笑顔。
これでまたファン上向き

山口さんご協力ありがとうございました!!

【山口晃さんテレビ出演予定】
「迷宮美術館」
BS hi 5月25日(月) 午後10:00〜10:45
http://www.nhk.or.jp/bs/meikyu/

NHK地上波総合
6月25日(木)15:15〜15:58

「マンガノゲンバ」
BS2 6月15日(月) 午前0:20〜0:59 (14日深夜)
BS hi 6月20日(土) 午前1:35〜2:14 (19日深夜)
http://www.nhk.or.jp/genba/

「画:池上遼一 原作:武論尊「覇―LOAD−」/日本画家の山口晃さんがレビュアー初登場。池上遼一が三国志の世界を独特のタッチで描いた「覇―LOAD−」を描線など作画センスの視点から読み解いていく」

さちえさんありがとうございましたー

オテニー・ジャパン―高橋コレクション

【会場】上野の森美術館(〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2)
TEL: 03-3833-4191 http://www.ueno-mori.org
【会期】2009年5月20日(水)〜7月15日(水)会期中無休
【開館時間】午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時まで、入場は閉館の30分前まで)
【交通案内】JR上野駅(公園口)より徒歩3分
【入 場 料】一般 1200 (1000)円/大高生 1000 (800)円
※( )内は前売券及び20名以上の団体料金
※中学生以下無料
【問い合わせ】産経新聞社 企画事業局 TEL:03-3275-8905
【展覧会公式HP】2009年3月開設予定
【主催】産経新聞社、日本美術協会・上野の森美術館
【特別協力】高橋龍太郎、医療法人こころの会
【協力】TOKYO CULTUART by BEAMS、MySpace、fine thank you creation
【企画協力】内田真由美、児島やよい


neoteny japan- ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション公式サイト

展覧会の図録は一般書籍としても販売中です。
ネオテニー・ジャパン──高橋コレクション
ネオテニー・ジャパン──高橋コレクション

またこれとは別に上野展限定のブックレットを会場で販売しています。

「上野展ブックレット」
出品全作家の作品を掲載したヴィジュアル・ブックレット!
A5版 フルカラー 48ページ。価格は700円なり〜

上野展終了後は以下へ巡回予定。

7月21日〜9月10日新潟県立近代美術館
9月19日〜11月29日秋田県立近代美術館 
12月13日〜2010年2月11日米子市美術館



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1760


JUGEMテーマ:アート・デザイン


本展は、日本屈指の現代美術のコレクターとして知られる精神科医・高橋龍太郎氏が収集した作品により、世界から注目を集める1990年代以降の日本の現代美術の流れと動向をたどるものです。若手作家の作品を積極的にコレクションし、国内外で活躍する多くのアーティストたちのデビュー当時の作品や代表作が数多く揃った、1,000点以上におよぶ豊富なコレクションは、この10年の日本のアートシーンを語るうえで欠かせないものです。

現代用語のひとつとして取り上げられるようになった「neoteny(幼形成熟の意)」をキーワードに、高橋コレクションから33人の作家の作品を選び、本展を構成しました。奈良美智、村上隆など国際的に活躍する作家から若手まで多彩な作家による絵画、立体、映像、インスタレーションなど約80点の作品をご紹介します。

個人コレクターだからこそ築き得た、時代とアーティストの感性を鋭く切り取る高橋コレクションをまとめて紹介する初の展覧会です。鑑賞者の方々に、現代美術を観る楽しさ、作品について考える愉しみを、ともに発見していただきたいと思います。
展覧会 | permalink | comments(16) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

ホントに楽しくてどうしよう!って感じの展覧会でしたね。
お疲れさまでした。
こうやって並べてみると3人の作家さんが示し合わせたように白シャツだったのに驚きと笑いを禁じ得ません。
美術館の学芸員さんのようです。
さちえ | 2009/05/20 12:32 AM
こんばんは。この三枚+アネックスをあわせて拝見しましたが、本当に凄い展示のようですね。DADA.さんが絶賛されておられるのも無理ないかと。

楽しみになってきました!(願わくばもう少しお写真を…。無理でしょうか…。)
はろるど | 2009/05/20 1:07 AM
高橋先生の「日本の作品ならそこそこの金でなんとかなると思って集め出したけれど、それは間違いで、結局オーストラリアの土地も手放すことになったし、持っていた株券も売り払ってしまった」という生々しい挨拶が面白かったです。
yozick | 2009/05/20 1:36 AM
これはいくしかないですね・・・
ありがとうございます。なるべく早く時間を見つけないと・・・
Cos | 2009/05/20 6:49 AM
山口さんの写真良いですねー
ポートレートのようです。
ちょっと毒っ気のあるところが、また「らしい」です。
mizdesign | 2009/05/20 8:13 AM
 素敵な内覧会だったようですね。
20日行きましたが、現代アートのワンダーランド♪映像も充実。
 池田学《興亡史》再会は嬉しいです。瓦変化など前回とは違う発見が。単眼鏡でじっくり眺めたいものです。
 できやよいの緻密な絵にパンダ見っけ(笑)
panda | 2009/05/20 10:56 PM
色々あって初日逃しました。
上のコメントの高橋先生のご挨拶が面白すぎます。
詳しく伺いたいわ〜。
疑問ですが、アーティストのみなさんはお揃いで白いシャツだったのですか?
ogawama | 2009/05/20 11:47 PM
@さちえさん
こんにちは。

先日はお疲れさまでした〜
愉しかったですねーー
今まで参加した内覧会で
一番楽しめました。

白シャツは確かに。。。三人ともどうして?

@はろるどさん
こんにちは。

いやね、ほんとまじでいいですよ。
行く前は若干うがった気持ちも
あったのですが、今はゼロ・快晴です。

後ほど別写真もアップします!

@yozickさん
こんにちは。

気さくなお話まで飛び出しましたね。
明治期以来日本が見失っていたものを
高橋先生が掘り起こして下さった気がします。

@Cosさん
こんにちは。

行かなくしてどうしますか!
絶対絶対!!阿修羅やルーブルやっているうちに!

@mizdesignさん
こんにちは。

山口さん何もリクエストせずとも
自らすすんであのポーズ?を。
追い込まれていなかったのかな〜
色々情報伺ってきました。

@pandaさん
こんにちは。

作家さんたちもまだ若い方が多いので
大変楽しい雰囲気でした。
池田さんの作品の隣が山口さん
正面が町田久美さんです。
落ち着いて見てられません。

できさんは2階にありましたよ〜

@ogawamaさん
こんにちは。

>お揃いで白いシャツだったのですか?
たまたまです。とくにここに紹介した3名は。
天明屋さんは相変わらず黒系でしたし。
でも、白シャツ率高かったこと間違いありません。

三潴さんに高橋先生ご紹介して頂きました。
Tak管理人 | 2009/05/21 3:11 PM
>絶対絶対!!阿修羅やルーブルやっているうちに!

じゃあ、西美に行く前に行かないといけませんね。
行けるかなぁ・・・・
Cos | 2009/05/22 9:58 PM
@Cosさん
こんばんは。

明日、日曜日には高橋先生と
名和さん、池田さんらとの
トークショーがあります。
是非!私は仕事で参加できません。。。涙
Tak管理人 | 2009/05/24 12:19 AM
明日・・・明日ですか・・・・
え゛〜
午前中で仕事が終わるだろうか・・・・・
う〜ん・・・・
Cos | 2009/05/24 12:53 AM
@Cosさん
こんばんは。

昨日のトークショーいまいちだったようです。
司会の方がしゃべりすぎたとか。
いけませんね〜
Tak管理人 | 2009/05/25 11:32 PM
先日こちらの展覧会1人で行ってきました!
いやー楽しかった!

こういう感じなら息子が観ても
楽しそうなので
次回芸大と秋山さやかさんの個展に行った時に
息子と一緒に再訪しようと思います!
せいな | 2009/05/26 3:16 PM
@せいなさん
こんばんは。

ブログ&日記拝読しました。
贅沢な展覧会ですよね、実に。

息子さん最初に展示されていた
鴻池さんの作品なんてご興味
示されるのではないでしょうか?

私もまた足運びたいと思ってます。
Tak管理人 | 2009/05/27 5:19 PM
お風邪の具合はいかがでしょうか?
安静第一、栄養第一です。
早速行かせていただきました。
ありがとうございます☆
お大事になさってくださいね。
meme | 2009/06/13 12:05 AM
@memeさん
こんばんは。

ありがとうございます。
インフルエンザではなさそうです。

家でじっとしているほうが
自分の場合かえって体調
悪くするので、ばしばし
出掛けます!身体に鞭打って!!

だまし絵展愉しかったです!
Tak管理人 | 2009/06/13 12:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1760
この記事に対するトラックバック
ルーブル展、阿修羅展と春から大賑わいの上野の美術館ですが、わたし的に真打ち登場です。「ネオテニー・ジャパン」の内覧会に行って参りました。 この展覧会は日本屈指の現代アートのコレクターである精神科医 高橋龍太郎氏の個人所蔵品(!!)の数々を展示したもの
「ネオテニー・ジャパン」-高橋コレクション | What's up, Luke ? | 2009/05/20 1:18 PM
本日息子保育園。 でも私の用事がなくなってしまった。 でもせっかくですから保育園に行ってもらい。 そして私は美術館。 本日は上...
ほとんど、なんでも会期末になってあわてて見に行くのが習慣のようになっているCos