青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「三井家伝来 茶の湯の名品」展 | main | NTTドコモ 歴史展示スクエア >>

西野達「バレたらどうする」

アラタニウラノ(ARATANIURANO)で開催中の
西野達「バレたらどうする」展に行って来ました。



ドイツ在住のアーティスト、西野達氏が日本で初めて開催するギャラリーでの個展はエルメスや森ビルよりも更に刺激的なものでした。

公共と私的空間の垣根を暴力的な力技で溶解させるお家芸冴えわたっています。

3月まで荒川区西日暮里の街角で現役として活躍していた電灯を引っ張り抜き、ギャラリー内に「展示」。(この時点だと何のことだか分からないですよね。。。今しばらくお付き合いください、そのうち分かります。多分)

↑のフライヤーに写っている電灯はまだ街ゆく人の安全のために日々夜の街を照らしていた時のもの。面白い仕掛けになっていてこのフライヤー両面からペロリとめくると3倍の大きさに。

この通り。

頭の中の整理はよろしいでしょうか。西日暮里の街角でついこの間まで活躍していた電灯が、新富町のギャラリーアラタニウラノ(ARATANIURANO)内に「展示」されているのです。

あらためて見ると大きいですよね〜電灯って。何てのんきなこと言っていられません。雑居ビルの3階にあるギャラリーですから、当然立った状態では「展示」不可能。だいいち運び入れるだけでも至難の業。

勿論、階段やエレベーター使うの無理ですから、外に面した窓から入れたとか。もうそれだけでも十分だと?おもうのですが、、、

それでも、運び込むだけでなく「展示」してあるのです。
まるで狐につままれたような気分。(言葉では解説不可能)

しかし、これこそ西野氏の得意技。西野氏の作品コンセプトである「笑い、暴力、セクシー」の3要素を全て具現化しています。

因みに「笑い、暴力、セクシー」について西野氏は木ノ下智恵子氏のインタビューでこう応えています。「『笑い』は世間の常識を転覆させる。ハイとローがいっぺんで逆転して想像力を刺激する。『暴力』とは単純明快、芸術とは常に暴力的なものだからね。芸術は土足で他人の家に踏み込んでくるもの。『セクシー』さとは、プライベートとパブリックが混じりあうところから生まれるものじゃない?下着をわざと見せるファッションとか…俺の作品で言えば公共の場にある彫像とかが、いきなりリビングといった個人的な空間に取り込まれてしまうこと。

こちらのサイトに西野氏の作品画像と共に木ノ下氏との別のインタビューも掲載されています。これを読めばおぼろげながら分かるかな。


ギャラリー入口。

さて、実は今回の主たる作品はもう一点あります。
これがまた何と言ったらいいのか…「バレたらどうする」

ギャラリー展示室内の天井をはがしてしまい、豊洲のスーパービバホームで買いこんできた安っぽい板で展示室内に半宙吊り状態にしています。

ギャラリーでは壁は見ても天井を観ることはないので、今回その普段観られることの少ない天井を「主役」に抜擢したのだとか。おかげで展示室内がとんでもないことに!

これも言葉で説明しても全く理解不能だと思うのでこちらにまとめてギャラリー内の展示風景をアップしておきます。これから実際に観に行かれる予定の方は絶対観ないほうが宜しいかと。

西野達「バレたらどうする」は6月13日までです。


アラタニウラノ(ARATANIURANO)
〒104-0041 東京都中央区新富2-2-5 新富二丁目ビル3A
Tel:03-3555-0696
火曜 - 土曜 11:00-19:00
定休日:日曜、月曜、祝祭日

日本よりもヨーロッパをその活躍の場としている西野達氏。フランス、ナントでは6月から、こんなことをまたしでかすそうです。


どうやら煙突の上に「ホテル」をこしらえてしまったようです。
因みにこの「ホテル」宿泊も可能。一泊日本円で一万円以下で泊まれるそうです。ダブルベットの部屋に。すでに予約はいっぱい。発売して数時間で全て売り切れてしまったそうです。


【関連エントリー】
- 「MAMプロジェクト006: 西野達」 | 弐代目・青い日記帳
- 「天上のシェリー/西野 達展」 | 弐代目・青い日記帳

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1762

JUGEMテーマ:アート・デザイン


西野達は、1987年よりドイツに在住し現在ヨーロッパを中心に活動し、世界中で公共空間を中心に大型プロジェクトを行っています。街のモニュメントや街路灯など日常に馴染まれた公共物を取り囲むようにリビングルームを建築する彼の代表的な作品は、パブリックなものをプライベートに変容させることで日常的な観念を壊し、鑑賞者に強烈な刺激を与えます。突如と現れた足場のかけられたプレハブのような不思議な家に入ると、数日前まで公共彫刻だったモニュメントが個人宅の居間の置物として机の上に何気なく飾られ、観客はそれが何であるか気づいた瞬間、驚きと可笑さとともに想像力を刺激されるのです。

西野は、「芸術は鑑賞者がいることで成立するもの」という前提の上に、美術館など目的を持たない、構えやヒエラルキーを持たない人々誰もが芸術の鑑賞者となれる公共空間を舞台にしています。忽然と出会ったものが芸術作品であることがわかるよう、意識的に単純明快にアプローチしていくことで見る者を油断させ、感覚を揺さぶりながら様々な視点で芸術とはなにかという問いを投げかけていきます。また自らが公言する作品のキーワード「笑い、暴力、セクシー」は人間本来の持つ性質である共通ワードであり、それらを作品に内在させることで、芸術によって人間が根源的にもつ知性、感性や想像力などを呼び覚ます行為ともいえます。
西野は巨大な公共の場、言い換えれば生活のカオスである「社会」と「芸術」を真正面に対峙させ、さらなる想像力を拡げながら挑戦をし続けています。
本展覧会はギャラリーという無個性であり、また公共とプライベートともいえない小空間を使い、インスタレーションと、日本で行ったプロジェクトの新作の写真作品、ドローイング作品などを発表いたします。
展覧会 | permalink | comments(6) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

いやー、これは本当に!
ギャラリーで西野さん個展って面白くない
んじゃない!小さくまとまっちゃって。
なんて思いながら見に行ったら、この方、
小さくなんてまとまらなかった!

フランスの煙突上のホテル泊まりに行き
たいですねぇ。
KIN | 2009/05/22 12:00 PM
@KINさん
こんばんは。

本当に!本当に!!
あそこのギャラリーの方々も
楽しんじゃってますよね。
日常の中に突然現れた
非日常空間を。

ナントまで行かれるそうですよーー
彼女たち。いいな〜
Tak管理人 | 2009/05/24 12:18 AM
お久しぶりです。Takさんのこの記事を見て、これはもう絶対行かなくちゃと思いました。
あまりのすごさに唖然。
照明灯で壁を突き抜けさせちゃって、いいのかよお、おい。って感じでした。
でも、ふと,われに帰って、「このひとの世界ってマンガの実物版みたいだな」と思いました。
むかし、手塚治虫のマンガで上のコマから下のコマまでフレームをどんどん
ぶっ壊しながら,落ちていくシーンがあって衝撃を受けましたが
この人の作品はそれを実際にやっちゃうすごさがありますね。

おもわず、記帳ノートに「くるってる・・・」と書いて差し上げました。
akira | 2009/06/04 6:06 AM
@akiraさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

行っちゃいましたか…

もう半端ないですよね。
実際に目の前にすると。
写真で観ているのと
体験したのでは大きく異なります。
そのバカさ加減が。

周りに展示してあった写真作品も
彼の渾身の作品です。
CGとか使わずに撮影したそうです。
Tak管理人 | 2009/06/04 11:46 PM
本日母子で行ってきました。
息子があの光景に全然驚かず
「楽しーね♪」とシンプルに楽しんでいるのに
とても驚きました。

ちなみに写真作品、撮影時に幼稚園の散歩に出くわし
子供達から大注目だったそうですよ〜
せいな | 2009/06/10 10:24 PM
@せいなさん
こんばんは。

行ってしまいましたね。。。
あれは驚きですよね。

写真やドローイングも
愉快でした。

まぁ実際に横浜で
あんなことやっていたら目立ちますよね。
Tak管理人 | 2009/06/10 11:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1762
この記事に対するトラックバック
あの娘のねごとを聞いたよ ほんとさ確かに聞いたんだ僕ら夢を見たのさとっても良く似
 ARATANIURANOで開催中の西野達「バレたらどうする」を観ました。あちら...
西野達「バレたらどうする」@ARATANIURANO | 柏をたのしむ | 2009/06/09 7:22 AM
本日は月に1度の午後から豊洲でお友達と遊ぶ日。 午前中はいつものように美術館三昧です。 本日は参考にさせて頂いている美術ブログ...
ARATANIURANO(中央区新富2-2-5 新富二丁目ビル3階) 「西野達 - バレたらどうする」 5/9-6/13 会期は明日(13日)までと迫っていますが、改めて「見納め」として振り返ります。ARATANIURANOで開催中の「西野達 - バレたらどうする」へ行ってきました。 注目の個展
「西野達 - バレたらどうする」 ARATANIURANO | はろるど・わーど | 2009/06/13 9:19 PM
映画や展覧会を鑑賞する上で、様々なルートで私たちは事前に情報に接することになる。老舗映画批評サイト「CinemaScape」では、運営当初から「ネタバレ」に対して徹底的な管理をしている。自分が観た映画のレビューを投稿するには、その内容が「ネタバレ」に当たるかを
西野達「バレたらどうする」 | 中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜 | 2009/06/14 10:17 PM