青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< NTTドコモ 歴史展示スクエア | main | 「上村松園/美人画の粋」 >>

映画「天使と悪魔」公開記念“Marunouchi Path of Illumination ミステリーツアー”

映画「天使と悪魔」公開記念 啓示の道を探せ!“Marunouchi Path of Illumination ミステリーツアー”に参加して来ました。



映画「ダ・ヴィンチ・コード」の続編にあたる映画「天使と悪魔」(ダン・ブラウンの原作では順序が逆)映画はまだ公開始まったばかりですが、丸の内で開催されている関連イベント“Marunouchi Path of Illumination ミステリーツアー”は明日5月24日(日)まで。

金曜のレイトショーで「天使と悪魔」を鑑賞。

あまりにも作りが大雑把で感想書く気にもなれません。
美術ネタがなくなったら書くことにします。

久々の土曜の休み。行きたい展覧会をリストアップしつつもまっ先に向かった先が丸の内。「天使と悪魔」公開関連イベントの「スタンプラリー」。自宅に持ち帰ってきた仕事はあるけど、一刻も早く丸の内に隠された4つの「アンビグラム」を探さねば!

いや〜実に良い仕事逃れの口実。

ここでちょっと映画のあらすじを確認。

「科学の4大元素」である「土=EARTH」「空気=AIR」「火=FIRE」「水=WATER」。このそれぞれの単語の綴りを完全なアンビグラム(対称形)にデザイン。映画「天使と悪魔」ではそのアンビグラムをバチカンへの復讐を企てる組織「イルミナティ」は誘拐した次期教皇候補の胸に焼き付け次々に殺害。


トム・ハンクス演じるハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は果たして阻止することが出来るのか…そしてバチカンに襲いかかる更なるイルミナティの復讐とは。。。

そう、このスタンプラリーは丸の内の「どこかに」隠された、イルミナティが次期教皇候補の胸に焼き付けた「土=EARTH」「空気=AIR」「火=FIRE」「水=WATER」の4つのアンビグラム(対称形)を探し出して4か所それぞれに設置されたスタンプをゲットして回るという企画。

一概に丸の内と言っても広いですからね〜しかもここ数日の初夏のような陽気。あまり歩き回りたくありません。しかもラングドン教授のような教養と卓越した「感」を持ち合わせていない自分にはとてもとても4つ見つけるなんて無理。

でもこの「天使と悪魔:スタンプラリー」はポケモンスタンプラリーとはわけが違います。子供は元気よく関東近県の駅を駆け回ること出来ますが、おじさんにはそれは無理。丸の内は幸いに大人の街です“Marunouchi Path of Illumination ミステリーツアー”はおじさんにやさしいスタンプラリーだったのです。

4つの「刻印」(スタンプ)の設置された場所の地図が用意されているではないですか!しかも丸の内のあちらこちらに。嬉しさ半分。興ざめ半分。



しかもどこのビルにどのスタンプが設置されているかもしっかり解説付きで掲載されています。親切すぎやしないか(でも、映画の宣伝用だからこれでいいのか)

ここまでだと他愛もない単なるぐだぐだスタンプラリーのようですが、実際に4か所まわってみると結構感動します。それぞれの場所に映画でも登場したベルニーニの彫刻「ハバククと天使」や「聖女テレサの法悦」等のレプリカが設置されています。

実際に映画の撮影でも一部撮影に使用したものが展示されているとのこと。「天使と悪魔」ファンにとっては4つのビル内に設置されたオブジェは必見かと。

実際に回ったの順番とは違いますが、映画に登場する順番にご紹介。

【丸ビル】=「土=EARTH」

ハバククと天使
ラファエロ・サンティが設計したサンタ・マリア・デル・ポポロ教会内(土を象徴するキージ礼拝堂)にある彫刻家ベルニーニの作品。


丸ビル1階のイベントスペースに展示されています。
ここが4か所の中で最も広いスペースで中心的な役割を果たしていることもあって、「ハバククと天使」の他に「天使と悪魔」の彫刻レプリカも!


天使と悪魔

【東京ビル TOKIA】=「空気=AIR」

ウェスト・ポネンテ
ヴァチカン、サン・ピエトロ大聖堂に立つオベリスクの元にあるレリーフ。ウェスト・ポネンテ(西の風)の別名は「神の風」。天使のような容貌のゼピユロス(西風の神)がヴァチカン市内からローマ市内へ空気を吹く5本の線が描かれています。


間近で観ると発泡スチロール感がいい感じで?現れています。

こちらも映画で一部実際に使用されたものだそうです。
ここを担当していた係りの方が色々とこのイベントや映画にまつわる話を聞かせてくれました。ただ仕事をこなすだけでなく会話も大切。ここで一気に好感度アップ!


映画の中ではコンクラーベの結果を待ちわびる大勢のキリスト教信者で溢れかえっていたヴァチカンと対照的に東京ビルは土曜の昼過ぎなのに閑散と。そうここ今年「アートフェア東京」の別館だった場所です。使い勝手の悪い場所です。

【新丸ビル】=「火=FIRE」

聖女テレサの法悦
サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会内部にある彫刻。こちらもベルニーニの手によるもの。天使の偉大な黄金の槍が、火炎に包まれ聖女テレサを貫く場面を表現しているそうです。


映画はこの教会内でも凄惨な殺人が…
天使の顔が映画に登場する殺人執行人の顔と重なって見えます。

因みに、ここの場所が最も分かりにくくなっていました。1階を見渡してもどこにも発見できないので新丸ビルの受付嬢に尋ねると「はい。そちらでしたら3階に御座います」と満面の笑みで回答。「あいすみません。イベントルールとしてお教えできない事になっております」と辛口の答えも期待したのに実にあっさり。

厳重に閉鎖されたバチカン図書館内でいとも簡単に「イルミナティ」の野望を解き明かすカギを発見していくラングドン教授と同じ気分を味あわせてくれます。図書館内に閉じ込められてたりはしませんが、3階という場所柄各店舗の誘惑により目的遂行時間を奪われることは確か。

【丸の内オアゾ】=「水=WATER」

四大河の噴水
ローマ市内ナヴォーナ広場にある、ベルニーニの手による巨大な噴水。4つの大河を像で表現。今回展示されていたのはラプラタ川とガンジス川を象徴する像。


せめてバックに隣のビルが見えないような目隠しがあったら…
映画では夜のシーン。そうか、夜行けば良かったのか…
でも、噴水無いしな〜

ということで、これで4か所全てスタンプ無事に終わりました。


たいした苦労も無く難なくゲット。これそれぞれの場所に設置された応募箱に必要事項を明記し投函すると映画内に登場するアルファロメオ159他が当たるとか。しかーし、紙もの収集マニアとしては車よりも大事大事。しっかりファイルに入れ持ち帰って来ました。かみさんからゴミ呼ばわりされつつも。

車いらないから各場所に設置していたこのスタンプが欲しい!


映画「天使と悪魔」公開記念 啓示の道を探せ!“Marunouchi Path of Illumination ミステリーツアー”(スタンプラリー)は明日24日(日)までです。映画にご興味のある方、数少ないベルニーニ好きな方是非。

余談ですが、今回配布されているリーフレットに赤字の拡大文字で印刷されている「応募締切日:5月24日(金)」これって(日)のミスプリですよね?珍しいな〜こんなにお金かけた映画宣伝イベントにしては。

天使と悪魔 ムービーコンパニオン
天使と悪魔 ムービーコンパニオン

丸ビルと新丸ビルの間の地下通路で開催されているこちらも合わせて是非。

ART AWARD TOKYO アートアワードトーキョー 丸の内 2009

開催今年で3年目にしてこの人出のなさは異常。

尤も今日が土曜日だとうこともあるからかもしれません。
平日は多くの人がきっと…

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1764

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(9) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

こんにちは、数少ないベルニーニ好き代表です(笑)。
先日たまたま噴水は目撃してびっくりしましたが、そんなラリーの一環だったとは知りませんでした。
ちょうど明日出かける用事があるので、暇があれば寄ってみたいです(特にベルニーニの天使像は昔から大好きで憧れなのですよ!)。
映画はまあ、他はさておきベルニーニが美しく撮れていることだけを願っていますが、とりあえず後日観てきますね。
飛嶋千尋 | 2009/05/24 2:17 AM
夜にラリー参加しました。
おっしゃるとおり、照明効果もあっておススメでした♪
ベルニーニの彫刻はレプリカながら臨場感ありましたよね。
OAZOのは、あのまま置いててくれないかな。
横のバールが、イタリアにいるような気持ちになれるし。

わたしはアルファロメオ目的です!
わくわくわく〜(当たってるハズ)
なでしこ | 2009/05/24 12:42 PM
こんにちは。私は昨日の夜、映画見てきました。感想は「ビックリ!」最初っから「え?なんで?」って感じで。まだ映画「ダヴィンチ・コード」見てませんが、天使と悪魔と同じような作りなら見る価値なさそうです。

しかし、丸の内、おもしろそうですね。いいなー、丸の内はオシャレで。日本橋はあんなスペースないし。東京の中でも遅れてる感じが否めませんね。

ところで、スタンプラリーのハンコを押した紙はどうするのですか?額に入れるとか?アンビグラムは素晴らしいデザインですから。
まっしー | 2009/05/24 4:00 PM
この映画の何がそんな大きな企画物の原動力となったのでしょうか?
(映画は近々見に行く予定です)
日本ってほんとうに面白いこと考え付きますね。
普通に公開(でも、何館もつかってます。ドイツ語吹き替えと字幕版の双方)してるのがちょっと寂しいような・・・(笑)
OZ | 2009/05/24 4:34 PM
映画は今日見て来たところです。 
 わあ!スタンプラリー 焼き鏝でなくて良かった....
映画は映画で楽しめば良いかなと思いますね。
ハリウッド王道メーキングですし。エンタメだもの。
 地図など映画ではベルニーニの彫刻やローマ市街と、
実際に目が出来て予定調和の映像はそれで満足。
 原作未読なのでどんでん返しはオモシロイと思ってました。
 もしかして..ミスプリって恣意的かもしれませんよ。
そうやって注目させるという...(ほんまかな)
panda | 2009/05/24 6:31 PM
いつも楽しみに読ませて頂いております。「天使と悪魔」私も今日見てきたところでしたので、非常にタイムリーな話題でした。こんなスタンプラリーが実施されているとは、知りませんでした!もう24日を過ぎてしまったので、参加出来ずとっても残念・・。
Taptim | 2009/05/25 1:24 AM
@飛嶋千尋さん
こんばんは。

ベルニーニ好きでしたか!
ローマの街中にはあちこちに
ベルニーニが作ったものありますよね。
なんていうか有難味が薄れるくらいに。

映画の中の作品はとても作りものとは
思えないほど。でも彫刻の良し悪しとか
わからないのですけどね。

@なでしこさん
こんばんは。

参加されましたか〜
結構楽勝でしょ。

あれ期間限定ではもったいないですよね。
かといって、美術館とかだと色々と
五月蠅そうですし難しいところです。

車うちも当たっているはずです?!

@まっしーさん
こんばんは。

映画は期待せずに行ったので
まぁあんなものかと。
文化や宗教に対して扱いが
相変わらず雑ですよね。

ファイルにしっかりしまい込みました。
宝物にします。
こうして紙モノがまた増えます。
いい加減整理しないと。。。

@OZさん
こんばんは。

よくわかりませんが、前作が大ヒットしたので
二匹目のどじょうを狙ってのことかと。
今回はレオナルド出てきませんが。。。

今回初めてデジタルの映画館で観ました。
チカチカがなくてすっきりしている反面
味気ない感じも。

@pandaさん
こんばんは。

エンタメと割り切ってみないと
突っ込みどころ満載で疲れちゃいますよね。
もうこの映画の記事書かなくていいかな〜と。

原作本は家にありますが、未読。
現在かみさんが読んでいます。
村上春樹が控えているので
今、読み始めるのは危険です。

それにしてもミスプリ…

@Taptimさん
こんばんは。初めまして。
コメントありがとうございます。

映画の宣伝のために行っていたようです。
その割には告知がいまいちだったように思えます。
たまたま丸の内に行かれた方も
何のことやら理解不能では勿体ないです。
Tak管理人 | 2009/05/25 11:43 PM
こんにちは
映画とリンクしたミステリーツアーと言えば、「陰陽師ツアー」に行った事があります。
バスに詰まれて、京都の神社を色々ぐるぐる廻り、陰陽師弁当を食べ、ラストに「陰陽師」の新作試写会を見ました。
なんとも言えないビミョ〜さでしたが、まぁ楽しめました。
これは本当の現場でしたが、丸の内だけで収める、と言うのもいいことかも、と思いました。

横レスですが、pandaさんの
>スタンプラリー 焼き鏝でなくて良かった....
めちゃウケました。


遊行七恵 | 2009/05/26 12:56 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。

陰陽師ツアーとはこれまた
興味深いですね!
しかも場所が京都とくれば
まさに「地元」!!
見所あり過ぎて大変だったのでは。

映画は確かに…

pandaさんうけますよね〜
賢女はギャグセンスも冴えてます。
Tak管理人 | 2009/05/27 5:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1764
この記事に対するトラックバック
    24日(日)、映画「天使と悪魔」の丸の内スタンプラリーに行ってきました。  映画は一応原作も読んでいて前から気にかけていたのです...
永遠の都の天使たち | 千尋の美術散歩 | 2009/05/26 11:08 PM
待望の映画‘天使と悪魔’を楽しんだ。原作(上)(下)を間をおかず2日で一気に読ん
待望の映画「天使と悪魔」に満足々! | いづつやの文化記号 | 2009/05/28 5:15 PM
総論:前作よりスケールダウンしてますが、サスペンス映画として合格。ロン・ハワード監督の大ヒット作、「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる歴史犯罪ミステリー。前作に引き続き....
天使と悪魔(59点)評価:○ | 映画批評OX | 2010/10/26 12:19 AM