青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「日本の美と出会う−琳派・若冲・数寄の心−」 | main | スカイデッキ >>

「ネオテニー・ジャパン」山口晃アーティスト・トーク

上野の森美術館で開催中の
「ネオテニー・ジャパン ― 高橋コレクション」展関連イベント
山口晃アーティスト・トークに参加して来ました。



トークショーの内容の前にまずは山口晃さん新刊のご案内。

羽鳥書店さんより、7月下旬に東大出版会のPR誌『UP』に連載中の『すゞしろ日記』が一冊の本となり発売されます。

B5判 並製 160ページ・オールカラー 『すゞしろ日記』以外にも雑誌等に掲載されたイラストなども盛り込まれるとか。50回分のすゞしろ日記がこの一冊で読める!

しかも原画から新たに京都の印刷会社に発注し印刷し直した山口ファン必携の一冊です。羽鳥書店さんのサイトでは既に予約受付開始しています。初版をゲットするチャンスです!

【関連エントリー】
- 速報「ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション」 | 弐代目・青い日記帳
- 「ネオテニー・ジャパン」 | 弐代目・青い日記帳

さて、本日の雨の中でのトークショー
奈良美智へのオマージュ?から始まり、


最後は「オバQ」でフィニッシュ!


ここだけ紹介するといい加減で軽薄なトークショーのように思えてしまいましが、しかし、トークの内容はとっても「真面目」でシリアスなものでした。(所々に挟むジョークに切れがないのも本題があまりにも真剣だから)



「概念のゆりかご」とかかなり熱く語っていらっしゃいました。

気になったのは山口さんご自身が「ネオテニー展」をご覧になり、自分のポジション、立ち位置について深く考えるところがあったような発言があったこと。

トークのはじめに「ネオテニー展に出展している作家で気になった人は?」との質問に対し、できやよいさんと佐伯洋江さんのお名前をあげていらしたことが後にして考えるととても象徴的でセンシティブな問題だったのではないかと。

「次」のこと、自分自身これからの作家としての生き方を深くお考え始めたのではなかろうかと。雨中のトークショーということもあり、どことなく湿度の高いお話だった気がします。気のせいかな。。。


山口晃「當世おばか合戦―おばか軍本陣圖」 2001
Courtesy the artist and Mizuma Art Gallery

それにしても、この作品の左下の額縁の切れ目にそんな深遠な意味があったとは…明るく陽気なイメージ先行の山口さんですが、やはり作品に対しては色々と苦悩なされ格闘していらっしゃるのだな〜と。

でも、最終的には最後の最後まで「永遠のお絵かき少年」でいて欲しいというのが自分だけでなく多くのファンの願いかと。

もし、お話まとまるようでしたら後日追加でアップします。
今夜は酔っ払っているのでこの辺で。

【関連エントリー】
- 「さて、大山崎〜山口晃展」関連企画「山口晃 ソロトーク」 | 弐代目・青い日記帳
- 「山口晃展」 | 弐代目・青い日記帳
- 山口晃トークショーin練馬区立美術館 | 弐代目・青い日記帳
- 山口晃「ラグランジュポイント」 | 弐代目・青い日記帳
- 「山口晃展 今度は武者絵だ!」 | 弐代目・青い日記帳
- 「続・無残ノ介」完成!山口晃展in練馬区立美術館 | 弐代目・青い日記帳
- 「さて、大山崎〜山口晃展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「アートで候。会田誠 山口晃展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「prints (プリンツ) 21」山口晃特集 | 弐代目・青い日記帳
- 「会田誠 山口晃 トークショー」 | 弐代目・青い日記帳


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1777

JUGEMテーマ:アート・デザイン


講演会 | permalink | comments(11) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

アーティスト・トークは外ですか?
屋内だとお客を収容し切れなかったのでしょうか?

金曜の夜も、上野のお山は凄かったでしょうね。
鼎 | 2009/06/06 12:18 AM
Cosも聞きにいきたかったんですけどねぇ・・・・
後で詳しく教えてくださいm‖_ _‖m
Cos | 2009/06/06 1:00 AM
お疲れさまでした!
わたしもどうにか記事をまとめました。
できやよいさんのことを「できちゃん」と呼んだ山口さんに軽く衝撃を受けました(笑)
>「永遠のお絵かき少年」
どの作品にも根本にはこれが宿っているなぁと思います。
ヘンにテクニックに頼るタイプの作家さんだったら、こんなにも惹かれる事はなかったでしょうね。
さちえ | 2009/06/06 1:54 AM
昨夜、ルーブルにやっと行けました。
仕事が終わって西洋美術館へ駆けつけたのが、19時25分。
それからしばらく並んで最後の組で入場できました。出たのが8時半でした。
お腹減りました。もう若くはないですが、体力勝負ですね。

で、今羽田空港です。9時25分発の便で帰ります。
自分ことばかりで申し訳ない。

あ、それから昼に2時間ほど仕事の合間がありましたので、三井記念美術館へも行きました。
いろいろと、教えていただいて助かります。

シュガー

シュガー | 2009/06/06 9:11 AM
すゞしろ日記、本になるんですね!嬉しい!
『UP』は断片的に手に入れていたのですが、
なかなか追い切れず…

素敵なお知らせありがとうございます
zaikabou | 2009/06/06 9:27 AM
こんにちは。
「額縁の切れ目」のくだりが気になりました。
うーむ、気になる。ってことでポストカードをじっくりと見直してみますね。
あおひー | 2009/06/06 9:28 AM
@鼎さん
こんにちは。

外のテントの下で開催されました。
室内は展示品がぎっしりなので
外で毎回やるようです。

ルーブルに阿修羅もう大変!!

@Cosさん
こんにちは。

さちえさんが、音声とってましたので
詳しい記事アップされています。
また詳細はお会いした時にでも!

@さちえさん
こんにちは。

お疲れさまでした〜
よくまとめていらっしゃいますね。
流石です。愛を感じます。

できちゃんのように仕事できたら
なんてそんなことも思っていらっしゃるのですね。
山口さんやはり努力の人だと感じました。

「画伯」の声にも魅了ですね。

@シュガーさん
こんにちは。

お出になった時間、私も丁度西美にいました。
人と待ち合わせをしていたので
受付とショップの前あたりに携帯片手に
立っていました。すれ違っていますね!きっと。

三井記念美術館の今回の見せ方には
驚かされるとともに感動を覚えました。
行った甲斐があったのではないでしょうか。

@zaikabouさん
こんにちは。

原画から印刷するそうなので
線などもきれいに出るそうです。
楽しみですね〜

後でご連絡したいことあります。
メッセ送らせていただきます。

@あおひーさん
こんにちは。

山口さんなりの「抵抗」なのだそうです。
ポストカードでも切れています。
中々興味深いお話でしたよー
Tak管理人 | 2009/06/06 5:23 PM
こんにちわ。
自分も行って来ました。

奈良さんとの出会いの話も面白かったですよね。
1時間あっという間でした〜

160ページ・オールカラー 『すゞしろ日記』
ほんとこちらも楽しみです。

いつも新鮮な情報をありがとうございます!
ごーろ | 2009/06/09 7:07 PM
@ごーろさん
こんばんは。

お越しになられていましたか!
どの辺にいらしたのでしょう。

奈良さんにサインをもらう
くだりが笑えましたね。

新刊もうすぐです。
そして新作も!!

夏は新潟まで。
Tak管理人 | 2009/06/09 11:57 PM
こんばんわ。
夏の新潟良さそうですね!

席は2列目の調度ホワイトボードの前あたりでした。
フラッシュをたいてデジカメ撮影をされる方の後ろでした!
ごーろ | 2009/06/13 12:50 AM
@ごーろさん
こんばんは。

多分、ごーろさんの左斜め前くらいに
自分は座っていたはずです。
中央通路の一番前の席(山口さんの前)

写真は撮りましたがフラッシュはたいていません。
トークが始まる前に山口さんと談笑していたスーツ男です。
Tak管理人 | 2009/06/14 12:22 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1777
この記事に対するトラックバック
      「ネオテニージャパン」会場で行われた山口晃さんのトークに行ってきました。写真は開演前から置いてあったホワイトボードに山口さんが描いた奈良美智さん風イラスト。「『奈良さんのトーク!?』と間違えて入って来る方がいるかもしれません」と客寄せのた