青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「草間彌生展」 | main | Chim↑Pom 展覧会「広島!!」 >>

「百鬼夜行の世界」公開講演会・シンポジウムのお知らせ

人間文化研究機構連携展示「百鬼夜行の世界」展が2009年7月18日〜8月30日にかけ、国立歴史民族博物館国文学研究資料館で二会場同時開催されます。



『百鬼夜行の世界−百鬼の素性と展開』
国文学研究資料館

『百鬼夜行の世界−百鬼夜行絵巻の系譜−』
・期間 : 2009年7月18日(土)〜8月30日(日)
・場所 : 国立歴史民俗博物館 
第3展示室(近世)副室
・料金 : 一般420(350)円
・開館 : 9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)

・休館日 : 7月21日(火)・27日(月)・8月3日(月)・17日(月)・24日(月)※8月10日(月)は開館
・主催 : 大学共同利用機関法人人間文化研究機構
(国立歴史民俗博物館・国文学研究資料館・国際日本文化研究センター)

みどころ
器物などが妖怪になった付喪神(つくもがみ)や鬼など、異形のものたちが列をなして練り歩くさまを描いたのが「百鬼夜行絵巻」ですが、その誕生は謎に満ちています。広く知られる、真珠庵蔵「百鬼夜行絵巻」(重要文化財)は、土佐光信の筆になると伝えられ、後世に大きな影響を与えました。近年発見された、日文研蔵「百鬼ノ図」は、真珠庵本と一致する図柄がなく、この二つの絵巻に登場する妖怪を合わせて1巻の絵巻にしたのが東京国立博物館蔵「百鬼夜行図」(模本)ではないかとの説が出されています。また、歴博蔵「百鬼夜行図」は、江戸時代前期の制作で、ユニークな妖怪が登場するなど注目を集めています。

主な展示物(予定)
・「百鬼夜行絵巻」(重要文化財) 真珠庵蔵
・「百鬼夜行図」 国立歴史民俗博物館蔵
・「百鬼夜行絵巻」 国立国会図書館蔵
・「百鬼ノ図」 国際日本文化研究センター蔵
など。

この展覧会の関連行事として、人間文化研究機構 第10回シンポジウム「百鬼夜行の世界」が開催されます。



・日時:2009(平成21)年7月11日(土) 13時00分〜17時00分
・会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
・講師:小松和彦、徳田和夫ほか。

・受講料:無料 (要事前申込・定員600名)
・主催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
・後援:文部科学省


「妖怪絵巻誕生の謎を解く」 小松和彦(国際日本文化研究センター教授)
「美術史の立場から」 若杉準治(京都国立博物館列品管理室長)
「国文学の立場から」 徳田和夫(学習院女子大学教授)
「情報学の立場から」 山田奨治(国際日本文化研究センター准教授)


まだ7月11日の予定が埋まっていない方、迷わず申込ましょう!
これは聞き逃してはなりません。小松和彦、徳田和夫のこの二人の名前があるだけでも興奮。

今回基調講演を行う小松和彦氏は日本の妖怪研究の第一人者。
以前、とんでもない本だと紹介したこちらの本の著者。


「百鬼夜行絵巻の謎」 (集英社新書ヴィジュアル版)

18日からの展覧会も見逃せませんが、それ以上にこの講演会は聞き逃せません。
参加は無料です。メールでも申し込み可能。ここは迷わず送信!!

・申込方法:往復ハガキまたはE-mailにて、「第10回機構公開講演会・シンポジウム参加希望」と明記の上、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入し、下記までお申し込みください。
 聴講無料、先着順、定員600名
(開催日の2ヶ月前から2009年7月9日(木)まで受付予定ですが、定員に達した時点で締め切らせていただきます。)

・申込先
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117 国立歴史民俗博物館 広報サービス室 サービス・普及係
E-mail:forum(アットマーク)rekihaku.ac.jp ※(アットマーク)を@に変えてご送信ください。


不覚にも風邪をひいてしまい熱があるので今日はこの辺で。しょんぼり

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1783

JUGEMテーマ:アート・デザイン


近年、想像力の文化や精神世界への関心の高まりとともに、その一環としての怪異や妖怪文化が注目を集め、学際的な研究が展開されています。人間文化研究機構を構成する国際日本文化研究センター、国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館では、これまで怪異・妖怪に関する共同研究や異界についての企画展示を開催し、関連する資料の収集を行ってきました。今回の連携展示は、それぞれの機関が蓄積してきた研究成果や資料をもとに、百鬼夜行にまつわる妖怪文化の新たな世界を描くものです。百鬼夜行絵巻の誕生は謎に満ちていますが、歴博会場ではその成立に深く関わっていると考えられている絵巻の展示に主眼を置き、国文研会場では、文芸作品を含めて百鬼夜行の系譜をたどるとともに、江戸時代に花開く多彩な百鬼の文化を紹介します。
お知らせ | permalink | comments(8) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

お大事に・・・m‖_ _‖m

Cosも行こうっと。
Cos | 2009/06/11 11:51 PM
私は漫画の百鬼夜行抄が好きです。
海 | 2009/06/12 1:01 AM
私もこのチラシを見て、楽しみにしています。
ただ、講演会は無理そうです・・・
発熱ですか・・・お大事に。
我が家の周りでも豚インフルの流行で大騒ぎです。
一村雨 | 2009/06/12 5:36 AM
こんにちは
なんだか新型院古(スゴイ変換や)が首都圏にも広がってるようですが・・・お大事に。

これには行きたいです。講演会はムリですが、見たいです。
行く前には諸星大二郎の「描き損じのある妖怪絵巻」を読んでから・・・
それがオススメです。
遊行七恵 | 2009/06/12 12:54 PM
こんばんは。

鬼のカクランでしょうか?
お大事に。
小松氏の本、表紙買いしました。
石燕の百鬼夜行全画集も楽しいです。
お化けの時期、
お化け学開校ですね。
歴博、まだいってないんです。

ジリジリ暑い日に、佐倉まで、頑張りましょう。
あべまつ | 2009/06/12 10:45 PM
小松さんといえば、民族学の大家ですね。
さて民博はともかく国文学研究資料館は立川のそば、高松にありますから母のホーム訪れるついでとか立ち寄りやすいです。
八王子から裁判所も高松に移動してきました。
それはともかく、だまし絵の展覧会も明日から始まりますし、横浜は今日からですか、どちらも月曜日もやるというのがいいですね。
風邪おだいじに!
oki | 2009/06/12 10:57 PM
こんばんは。
この情報はとても有難いです。真珠庵の百鬼夜行絵巻
をずっと追っかけてましたが、展示替えとかで縁が
ありませんでした。京都に行かなくて見れるのが嬉
しいです。

今日、展示期間を電話で聞きましたら、全期間ではなく
7/18〜8/20とのことでした。

ロスコ展を見に行ったとき、JR佐倉駅前の近くにある
お店(TVで紹介された)でビッグな海老フライを楽しみ
ましたから、隣の方にも食べさせようと思ってます。
高速道路1000円を利用してでかけます。
いづつや | 2009/06/12 11:11 PM
@Cosさん
こんばんは。

ありがとうございます。

解熱剤飲んでひとまず何とか。
会場でお会いしましょう!!

@海さん
こんばんは。

京極夏彦さんのシリーズが
まず思い浮かびますかね。

@一村雨さん
こんばんは。

新型インフルエンザで相変わらず
てんやわんやの状態ですね。
一村雨さんのところは今さぞかし
大変なことでしょう。ご自身もお気を付け下さい。

@遊行七恵さん
こんばんは。

首都圏遅ればせながらちょっとした
パニックになりつつあります。
幸いなのはマスコミが今回は
関西ほど全然騒いでいないこと。

諸星大二郎大好きですね!!
遊行七恵さん!!
またお会いしましょう〜

@あべまつさん
こんばんは。

ちょっと無理(無茶)しまして。。。
でももう大丈夫です。
週末になれば元気になります。
元気にならねばなりません。
展覧会が待っています!!

歴博は疲れますよ〜
展示室のつなぎの部分に
休憩室がそれぞれあるくらいですから。

@okiさん
こんばんは。

小松先生は昔から大ファンなんです。
妖怪研究者とかいうと
バカにしたような蔑んだ目で
観られがちですがとんでもないです。

だまし絵展は想像以上に良いですよ。
横浜へ行くのは今日は断念しました。
熱さえなければ。。。

@いづつやさん
こんばんは。

いづつやさんのお役に立てるとは
光栄なことです。嬉しいな〜

そして早速チェックされているから
流石!この行動力見習わねば。
展示期間一ヶ月あれば余裕ですね!

夏は暑くて佐倉は大変なので
車で行くのに限ります。
そろそろうちもETCつけましょう。
Tak管理人 | 2009/06/13 12:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 人間文化研究機構第10回シンポジウム「百鬼夜行の世界」に行ってきました。講演会とかシンポジウムとかって参加するの初めてかも。 http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1783  ……とあっさり書けるような感じではなく、13時から始まるというのに、今日これがあると気
[読書] 「百鬼夜行の世界」講演会・シンポジウム | なまくらどもの記録 | 2009/07/11 7:07 PM
「妖怪天国ニッポン」から「百鬼夜行の世界」と妖怪ものネタが続きます。 国立歴史民俗博物館で開催中の「百鬼夜行の世界」を見ました。...
「百鬼夜行の世界」 国立歴史民俗博物館 | あるYoginiの日常 | 2009/08/14 11:23 PM