青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ネオテニー・ジャパン」鴻池朋子アーティスト・トーク | main | 「日本におけるイタリア2009・秋」主軸イベント >>

「海のエジプト展」

パシフィコ横浜で開催中の
「海のエジプト展〜海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝〜」に行って来ました。


「海のエジプト展」公式サイト

「海のエジプト展」公式ブログ

「展覧会観てから昼食を取ろう」と展覧会会場に入ったのが12時ちょっと過ぎ。この時点で完全に「海のエジプト展」のこと甘くみていました。エジプトに殊更思い入れや興味があるわけでもない二人が、出口に(やっと)辿り着いたのは何と14時35分。

かみさんと顔見合わせ、まず発した言葉。
「2300円の入場料安過ぎ!全然高くない!!」

いやーー凄い展覧会とは伺っていましたが、これほどまでとは。
もう、自分が感想なんて書くまでもありません。行って絶対損なし。

↓クリックで拡大

(この画像は報道内覧会に参加された方から頂戴したものです)

「海のエジプト展」がスゴ過ぎる点、箇条書で。

・約490点の作品ほとんどが海中から引き揚げたもの(海底遺跡)。
・約490点の作品すべてが日本初公開。
・およそ5mもあるファラオ像(他2点)の巨象が会場内で屹立。
・高さ6m、重さ15t以上もある「プトレマイオス8世のステラ(石碑)」。
・広い会場内の至る所に海中作業の様子を映し出すディスプレイが設置。
(臨場感にあふれ、想像力の乏しい自分でも大興奮)
・凸版印刷さんのVR特設シアター(子どもさんも楽しめます)
TNM&TOPPANミュージアムシアターで培った技術応用?)
・日本での開催だけでなく、国際巡回展。
Egypt's Sunken Treasures

こちらはマドリード会場での展示風景。

左下のおじさんと背比べ。ファラオ像やハピ神像の巨大さ一目瞭然。
まさに圧倒的。横浜会場でも3体並んでお披露目。しかしよく立てましたよね。
お台場もそうだけど)

これだけの数、大きさの作品を展示するのですから、美術館ではなくパシフィコ横浜が会場に選ばれたのも合点がいきます。会場となっている「展示ホールD」は6,700屬發両果明僂鮓悗蠅泙后

この広大な展示会場全体を海中に見立てた展示が、これまた見事。会場構成もシンプルに「カノープス」、「ヘラクレイオン」、「アレクサンドリア」という3つの古代都市ごとに分かりやすく展示。会場内の動線も滑らかでストレス無く作品鑑賞できる工夫がなされています。


(この画像は報道内覧会に参加された方から頂戴したものです)

「カノープス」、「ヘラクレイオン」、「アレクサンドリア」それぞれセクションが切り替わる際には必ず「センターサークル」を横切る動線に。

センターサークルでは海底の発掘調査を手掛けたフランスの海洋考古学者フランク・ゴディオ氏を中心とする発掘調査チームの水中発掘調査現場の様子や、調査船内部を再現するなど、液晶モニターや実物大の模型を使い詳しく解説されており、こちらはこちらで興味関心を掻き立てます。

海中からただ引き揚げたものは、すぐさま塩抜きの作業に。真水に少なくとも1日は浸しておくそうです。その後付着したフジツボのような貝やサンゴなどを取り除く作業に。ひとつひとつ勿論手作業。誤って本体に損傷与えてはいけません。慎重を要する作業が求められます。


(この画像は報道内覧会に参加された方から頂戴したものです)

手前が海から引き揚げたままの状態。後方が処理を行ったもの。
こうしてひとつひとつ長い海中での眠りから地上の世界へ引き戻します。

聞いた話によると、この発掘調査まだまだ少なくとも100年はかかるとのこと。そんなわけないだろ〜と展覧会観る前は半信半疑でしたが、確かにその数字もまんざら嘘でもなさそう。時間と根気のいる作業です。



他にもあれこれと書きたいことあるのですが、ひとまず今日はこの辺で。

とにかく観に行って損はない展覧会。
普通なら3つ4つ分はゆうにあるであろう出展作品と広い広い会場。
どんなに足早に観てまわっても90分は最低必要かと。

因みにこの記事で拙ブログのエントリー数が1800となりました。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1800

記念すべき?1800本目を「海のエジプト展」に当てられたこと偶然じゃないかも。

横浜開港150周年記念「開国博Y150」協催イベントとし6月27日よりスタートした「海のエジプト展」(海エジ)は、9月23日まで、会期中無休で開催。


今日(28日)12時時点でチケット売り場には40分待ちの行列が。展示観終えた午後2時半過ぎでもまだ30分待ちでした。チケットは事前にお買い求めになってからお出かけになられた方が賢明かと。

開催概要
名称:「海のエジプト展-海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝-」
会期:2009年6月27日(土)-9月21日(月・祝)

会場:パシフィコ横浜ホールD(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
開場:時間午前9時30分-午後6時(入場は閉場の1時間前まで)
「海のエジプト展」公式サイト

「海のエジプト展」公式ブログ

今日の一点」はこれにします。


海洋堂制作の海のエジプト展公式フィギュア「ハピ神像と向かい合うダイバー」
会期中会場内に設置された「ガチャガチャ」で販売(300円也)


「海のエジプト展」公式サイトのオリジナルブログパーツ。
日替わりで、「海のエジプト展」の至宝が登場します!


尚、「海のエジプト展」に出展されている、「ネクタネボ1世のステラ(石碑)」や本展覧会の目玉作品のひとつ、高さ6m、重さ15t以上もある「プトレマイオス8世のステラ」等にはっきりと刻まれているヒエログリフについて知るには最適な一冊がこちら。安くて内容も超充実。岩波新書カラー版畏るべし。

カラー版 古代エジプト人の世界―壁画とヒエログリフを読む (岩波新書)

それでは最後に「今日の美味


早稲田大学、京都大学、黄桜株式会社共同開発 「ホワイトナイル
紀元前8000年ごろ以降、古代エジプトで栽培されるようになった「エンマー小麦」を現代によみがえらせ、麦芽とともに京都の名水・伏水で仕込んだ現代ビール”WHITE NILE”。

おまけ:
横浜だけでなく、東京でも今まで観たこと無いエジプト展が!

東京都美術館にて今年8月1日より開催される「トリノ・エジプト展


トリノ・エジプト展ーイタリアが愛した美の遺産ー

今年の夏はエジプト展が熱い!!

追記
「海のエジプト展」では、この来場者50万人突破を記念して、本日11日(金)より最終日23日(水・祝)まで、開場時間を1時間延長し、19時まで展示をご覧頂けるようにいたします。(入場は午後6時まで)
また同期間、16時以降に来場された方すべてに、公式カプセルフィギュアなどオリジナルグッズをお一人様1個プレゼント!


【関連エントリー】
- 「古代エジプト展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「トリノ・エジプト展」開催!! | 弐代目・青い日記帳
- 「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」 | 弐代目・青い日記帳
- 東洋館休館 | 弐代目・青い日記帳
- 「ベルリンの至宝展」 | 弐代目・青い日記帳

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1800


JUGEMテーマ:アート・デザイン


2000年ほど前にクレオパトラの宮殿があったといわれる、エジプト第2の都市アレクサンドリア。「海のエジプト展」は、この地中海に面した街の海底遺跡から発掘された至宝を紹介する国際巡回展です。約5メートルのファラオの彫像や、ヒエログリフが刻まれたステラ(石碑)、スフィンクスや女神などの石像、金や宝石で彩られたアクセサリー、王の横顔が彫られたコインなど、約490点の作品すべてを日本初公開します。紀元前700年から後800年まで、古代エジプトの「末期王朝」から「プトレマイオス朝」、さらには「ギリシア」「ローマ」時代へとつながる1500年間の歴史をたどる展覧会です。
本展では、アレクサンドリア、ヘラクレイオン、カノープスという3つの古代都市ごとに発掘された遺物を紹介します。当時、この3つの都市は異なる性格を持つものとして存在しました。聖なる癒やしの都、カノープス。神々とファラオが出会う都、ヘラクレイオン。クレオパトラが愛した都、アレクサンドリア。各都市の往時の様子を、様々な遺物とともに映像も交えご紹介します。
また、日本オリジナルの展示として、VR(バーチャルリアリティ)による再現映像を制作し、会場内の特設シアターで公開します。あたかも自分が海底探査に参加したり、古代エジプトにタイムスリップするような体験ができたり、と子どもから大人まで楽しめる古代エジプト探検ツアーへみなさまをご招待します。


展覧会 | permalink | comments(15) | trackbacks(10)

この記事に対するコメント

おはようございます。
凄い展覧会が横浜に上陸しましたね。
夏休みが思いやられます。
とら | 2009/06/29 7:50 AM
1800エントリー、おめでとうございます。
いつもじっくりと拝読しております。
海のエジプト展、夏休みは凄く混みそうですね。
palpal | 2009/06/29 4:04 PM
@とらさん
こんばんは。

いやはや度肝抜かれました。
巨像だけかた思いきや
あるはあるは・・・

@palpalさん
こんばんは。

ありがとうございます。
ちりも積もれば何とかです。

夏休み前にしてこの人出。
恐ろしいことになりそうです。
Tak管理人 | 2009/06/29 5:03 PM
Takさま、こんばんは!
いつも魅力的な展覧会のお話にため息です。

「海のエジプト展」と「トリノ・エジプト展」
どちらも行きたいな〜!と思っていますが、
今から大変なことになっているのですね。

夏休みも間近、
行くならその前でしょうか?
ともあれ、行列もなんのその、
素晴らしい展示、エジプトの世界が待っていますね♪
沙羅茶 | 2009/06/29 9:57 PM
実は私もいってまいりました!!
いやぁ、本当にすごかったです。
スフィンクスの顔の移り変わりなども含め勉強にもなりました。
ファラオ像には圧倒され、近くをうろうろしちゃいましたし、ステラもすごかったです。
あの時代に、細かな細工のされた装飾品やお金もあり、
すごい技術だなぁ、と感心しきり。

めちゃくちゃ感動したので、時間があったらまた行きたいたいですが、夏休みのお子さんたちにも是非みてもらいたいと思いました。
ココ | 2009/06/29 11:48 PM
ああ、やっぱり行かないと〜〜〜ですね。
詳細な御紹介、とてもありがたいです。
他より入館料が高いので、評判を聞いてからにしようとフラチなことを考えておりまして、近いのに未見です。
浜美のフランス絵画(柳宗理も始まってからにしようと、あえてまだです)に行ったらついでに偵察(笑)してきます。
花散里 | 2009/06/30 1:37 AM
@沙羅茶さん
こんにちは。

広大な会場内に飽きのこない展示。
それに観るもの全て新鮮。
フジツボが付着している
古代エジプトの遺物。

トリノ・エジプト展にも
新たにツタンカーメン像の
出展も決まり、今年の夏は
エジプトにどっぷり浸かりそうです。

@ココさん
こんにちは。

行かれましたか!
会場が広いのでこれくらいの
混雑では全く問題なくストレスなく
拝見することできますね。

エジプトに関する展覧会
これまでもあれば必ず
行っていますが、これはちょっと
桁違いの展覧会ですね。

@花散里さん
こんにちは。

行かないと泣きます。
入場料は普通の展覧会の倍以上の
展示スペース考えれば安いものです。

VRシアターもお姉さんがナビゲート。
そこかしこにあるモニターからは
海底遺跡発掘の様子が克明に。

横浜美のフランス絵画もこれまた秀逸!
横浜もう少し近ければなー
Tak管理人 | 2009/06/30 7:47 AM
はじめまして!海エジブログ事務局と申します。
「海のエジプト展〜海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝〜」の公式ブログを運営しております。

このたび、「海のエジプト展」にご来場いただいたブロガーさんの声として、Takさんのブログを紹介させていただきました。

「海エジ」についてとても詳細にリポートしてくださり、本当にありがとうございます!
他にもお気づきのことなどありましたら、貴ブログや当ブログへのコメント・トラックバックなどにて、お気軽にお知らせくださいませ。
海エジブログ事務局 | 2009/07/06 9:03 PM
@海エジブログ事務局さん
こんばんは。初めまして。
コメント&TBありがとうございます。

また拙記事をブログでご紹介頂き
大変恐縮しております。
(載せて頂けるならもっとちゃんと
書けばよかった・・・)

横浜美術館へ行くついでに
立ち寄ったにも関わらず
こちらの展覧会に圧倒されてしまいました。

今後とも宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2009/07/06 9:43 PM
公式ブログに行ったら紹介されていたので、お祝いに伺いました!おめでとうございます。
海のエジプト展、一人で行く予定でしたが同行者ができたので、下見なしで今週行ってまいります。数々の展覧会を御覧のTakさんが行かないと泣きますとおっしゃる展覧会ですから、もう、どきどきです。
花散里 | 2009/07/07 11:08 PM
@花散里さん
こんばんは。

そうなんですよ〜
公式ブログにしっかりと紹介されているんです。
嬉しいな〜こんな記事でも取り上げてくれるなんて。

とっても疲れますよ。
軽装で、行かれるのが宜しいかと。
ガチャガチャやり過ぎに注意です。
Tak管理人 | 2009/07/08 6:37 PM
Takさん、お久しぶりです。
ミシュランの際にご一緒させていただいたGinaです。

今日、海のエジプト展に行ってきました。
噂どおり、大規模な展示で、3時間たっぷりと楽しめました。

そして私もトリノ・エジプト展に行く予定です。今年はエジプトが暑いです!!!
Gina | 2009/07/26 8:36 PM
@Ginaさん
こんばんは。

こちらこそご無沙汰しております。
お元気にしていらっしゃいますか?

海&トリノとこれまで
目に触れたことのない
エジプト美術作品が
この夏は一挙に!!

トリノ展ももうすぐですね。
Tak管理人 | 2009/07/27 4:46 PM
少し行くのを迷ったのですが、このブログの後押しを得て行ってきました。関西から出かけても十分みごたえがありました。ありがとうございました。
kazupon | 2009/07/28 10:59 PM
@kazuponさん
こんばんは。

いやーーあれは凄いでしょ!
言葉失いますよね。
しかも広いし。お疲れさまでした〜
Tak管理人 | 2009/07/29 11:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 明日から始まる「海のエジプト展」の内覧会に行って来た。  古代エジプトの歴史は今から5000年前にさかのぼり、3000年間続くが、その最後の王朝、プトレマイノス王朝はアレクサンドル大王の部下のプトレマイオスによって開かれた。その都アレキサンドリアの一部と
海のエジプト展 @パシフィコ横浜 | Art & Bell by Tora | 2009/06/29 7:51 AM
横浜美から海のほうへ向かって10分くらい行ったところにあるパシフィコ横浜で6/2
開国博Y150を食ってしまう海のエジプト展! | いづつやの文化記号 | 2009/07/05 12:56 PM
「海のエジプト展」開幕直後に来場したブロガーを紹介。「カノープス」「ヘラクレイオン」「アレクサンドリア」をつなぐ会場構成に感心したTakさんをはじめ、「キフィ」やクレオパト...
パシフィコ横浜「横浜開港150周年記念 開国博Y150共催イベント 海のエジプト展」(-9/23) エジプト展は、これまでにも数回足を運んでいますが・・・この度は、「海の」 です。 場所は横浜、美術館博物館ではなく、パシフィコの展示ホール。 なぜ、ここじゃな
展覧会探訪2009-88 海より還ってきたエジプト | 花散里でひとりごと | 2009/07/19 1:02 AM
パシフィコ横浜で開催されている海のエジプト展に行ってきました。夏休みなので混雑しているかなと思いましたが、朝早めに到着したのと、事前にチケットを購入していったので、並ばずに入ることができました。(7/26の朝10:00時点。チケット売り場は短いながらも行列が
海のエジプト展で沈んだ古代都市を旅する | 東京なんちゃってグルメブログ | 2009/07/26 8:33 PM
入場料2300円ということで、行く寸前まで迷っていたのですが思い切って行ってきました。(笑) 『海のエジプト展ー海底からよみがえる、古代都市アレキサンドリアの至宝』パシフィコ横浜(6/27〜9/23)横浜開港150年記念のイベントの一環だそうです。会場も美術
『海のエジプト展』パシフィコ横浜 | 美術館見聞録 | 2009/07/28 11:01 PM
8月10日悪天候の中、「海のエジプト展」行ってきました! パシフィコ横浜にて開催中!! 2000年ほど前にクレオパトラの宮殿があったといわれる、エジプト第2の都市アレクサンドリア。 「海のエジプト展」は、この地中海に面した街の海底遺跡から発掘された至宝を紹介す
[日記]横浜開港150周年記念「海のエジプト展」 | 総務課員のひとりごと(はてな分室) | 2009/08/12 3:56 PM
以前から行ってみたかった「海のエジプト展」が本日開催。 場所は横浜のみなとみらい地区にあるパシフィコ横浜の展示ホールです。 初日と言うことと事前に割引料金で入れ...
海底に沈んだ3つの古代都市、アレクサンドリア、ヘラクレイオン、カノープス、地中海
 この夏注目の二大エジプト展、横浜の「海のエジプト展」(9/12)と上野の「トリノエジプト展」(9/20)へようやく行ってきました。どちらも凄い人...
アレクサンドリア対トリノ | 千尋の美術散歩 | 2009/09/26 7:16 AM