青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ラリック展」チケットプレゼント | main | 「ゴーギャン展」 >>

内海聖史展に行こう!

内海聖史(うちうみさとし)さんの個展が立て続けに開催されます。

まずは青山スパイラルにて個展「色彩のこと」を。


内海は1977年、茨城生まれ。30代前半の若さながら、個展、グループ展をあわせると60本を超える展覧会を経験しています。公立美術館での展覧会経験も多く、昨年は静岡県立美術館、また、東京都現代美術館のグループ展においても、いかんなくその実力を発揮した作品群を発表し、870点組という驚異的なペインティング「三千世界」は東京都現代美術館の収蔵ともなりました。抽象絵画家としては既に若手から中堅の域に達しつつある、優れたアーティストです。

その作品を形作るのは単純な無数のドットです。基本的に直径40ミリ程度のそれぞれは、注視すると筆を縦だけに動かす事で描かれている事がわかります。筆先の念入りな加工と、1センチと動かないであろう一筆ながら、正確に同じ円形を延々と描き続けるその丁寧さと根気は、美しい絵画を描きたいという強固な欲求に裏付けられています。
一方で内海は「絵の美しさは絵具の美しさ」と語り、絵具を選び、重ね、並べる事によって、その深みを引き出しています。
単純にして最小限、そして正確無比な筆の運びと、欲求に忠実に繰り返される色の選択と重層と並立。内海の造りだす色彩の裏には、絵画への偏愛とも言うべき欲望を具現しようとする頑強な意志が隠されているのです。

また、絵画はその画面だけではなく、それを見るための空間をも含むと言う内海は、展示方法にも偏執的なまでのこだわりを見せます。彼は作品制作の前段階から、画廊空間を徹底的に調査し、計測し、完成した作品が鑑賞者の前にいかに現れ、その作品といかに出会うかという事に、実際に筆を走らせる作業と同等とも思える注意を払います。インスタ レーション作品とは異なるアプローチながら、絵画によって
構築された空間は、観客に対してその描かれた絵画以上のエネルギーを放出します。


・個展『色彩のこと』
   2009年6月30日〜7月12日
   スパイラルガーデン(表参道)
   http://www.spiral.co.jp/

日程:11:00〜20:00 会期中無休 入場無料

続いてこちら個展「千手」も。

・個展『千手』
   2009年7月7日〜25日
   ギャラリエアンドウ (渋谷)
   http://www.ando-tokyo.jp/




・個展『ボイジャー/Voyager』
   2009年8月1日〜30日
   eN arts (京都)
   http://www.en-arts.com/

内海さんの作品の良さは何と言ってもその綺麗さ。
それは単にドットを集積しただけではなく、
その作品に対する個人的な思いでも付加されているようです。

【関連エントリー】
- 内海聖史「十方視野」 | 弐代目・青い日記帳
- MOT屋上庭園へ行こう! | 弐代目・青い日記帳
- 「屋上庭園」 | 弐代目・青い日記帳
- ラディウム-レントゲンヴェルケ グランド・プレヴュー | 弐代目・青い日記帳


都内(近郊)にお住まいの方、明日から始まるゴーギャン展も是非!


ゴーギャン展公式サイト

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1804


JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(5) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

内海さんの作品は本当に浄土にいざなわれるような気がします。スパイラルの空間に見事にマッチしていましたね!
これから個展続きってうれしいです。
noel | 2009/07/03 1:05 AM
@noelさん
こんばんは。

スパイラル早く行かなきゃ!と
自分にはっぱかけるつもりもあり
記事アップ!勿論、内海さんを
陰ながら強力ブッシュ!!
Tak管理人 | 2009/07/03 11:35 PM
こんにちは。
観てきました!
スパイラルの幾何学的な空間と内海作品は相性が良いです。
「SEVEN」といい、現代アートで面白い展示が続きますね。
mizdesign | 2009/07/04 8:14 AM
昨日、移動の合間にスパイラルに寄ったのですが、今まで見た中でも特に、絵が生き生きとして見えました。
昼間の明るい時間にまたゆっくり見に行きたいと思いました。ギャラリーでの個展も楽しみです
marco | 2009/07/04 8:26 AM
@mizdesignさん
こんにちは。

昨日はどうもありがとうございました。

スパイラル水さんが絶賛するなら
観に行って間違いないですね。
展示によって作品も見え方全然違ってきますからね。

@marcoさん
こんにちは。

作品の良さを惹きたてる見事な展示のようですね。
千変万化する色の世界。
内海さんの繊細な作業の結晶。
広い空間でもギャラリーでもそして部屋でも
映えるから素敵です。
Tak管理人 | 2009/07/05 10:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 スパイラルガーデンで開催中の内海聖史個展「色彩のこと」を観ました。こちらで知り...
制作が佳境だ。 スパイラルの展覧会はあまりプレスを出す時間も無かったのだが、会期に合わせていくつものサイトにアップするとのご連絡を頂いく。とてもありがたい。 スパイラルと同時にギャラリエANDOの個展も始まる。 新作を出す前はとても緊張する。 「
情報の波 | 色彩の下 | 2009/07/07 10:58 AM