青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「写楽 幻の肉筆画」 | main | 「ポール・ゴーギャンの世界」 >>

山種美術館移転後の展覧会スケジュール

東京都千代田区三番町2番地 三番町KSビル1階に間借りしている山種美術館さん。現在7月26日まで開催中の「上村松園/美人画の粋」を最後に一旦クローズ。恵比寿駅から徒歩10分の場所へ新たな美術館を建てそちらへ移転。新山種美術館オープンは10月1日。

新山種美術館開館記念特別展「速水御舟」


恵比寿から六本木通りに向かう駒沢通り沿い、都立広尾高校向かい。地上6階・地下1階の新築ビルのうち、地下1階〜地上1階が美術館施設となる。美術館部分の延べ床面積は1230.95平方メートル。

Google ストリートビューで見てみると…

まだ建築途中の画像しか出て来ませんが、既に建物はほぼ完成(多分)

左が都立広尾高校。近くには國學院大學、聖心女子大学、東京女学館、実践女子学園と周囲を学校に囲まれた「文教地区」恵比寿駅からそのまま山種美術館通り過ぎ六本木通りまで行けば、更に青山学院も。

シブヤ経済新聞によると
施設は全体を通じ、「バリアフリー」設計を採用。地下1階は、現在の展示スペースの約2倍となる総面積約750平方メートルの展示室。企画展示室(518.68平方メートル)では、天井高や総長100メートル以上の壁面(可動壁使用最長時)、最新照明設備などを生かした企画展を展開。常設展示室(33.53平方メートル)では、日本画巨匠・速水御舟のコレクションを中心に、年6回〜7回の展示替えを行うという。

 1階は、ミュージアムショップや休憩スペースを開設。明るい印象のフロアには、レクチャーやパーティーなどのイベントも開催できるロビーを併設する。ミュージアムショップは「デザイン性あふれる品ぞろえ」(同館)を予定。


これまで、ビルの1階を間借りして細々と営業していた山種美術館さんも、移転を機に立派な美術館の仲間入り。充実した日本画のコレクションをお持ちですから、格段に広くなった展示室でどのような展覧会を開催してくれるのか、気持は逸るばかり。

気持ちを抑えきれずに、図々しく伺ってみたところ、快く今年度と来年度、予定されている展覧会とその日程を教えて下さいました。感謝感謝です。(掲載もok)

山種美術館 2009-2010年 展覧会予定 



新美術館開館記念特別展
速水御舟−日本画への挑戦―
2009年10月1日(木)〜11月29日(日)

開館記念特別展供没後10年記念
東山魁夷と昭和の日本画
12月5日(土)〜2010年1月31日(日)

開館記念展掘‖膣僂叛緩院歸貔召瞭本画−
2010年2月6日(土)〜3月28日(日)

開館記念展検\乎120年 奥村土牛展
4月3日(土)〜5月23日(日)

浮世絵入門−写楽・広重・春信・清長−
5月29日(土)〜7月11日(日)

江戸絵画への視線
−岩佐又兵衛《官女観菊図》重要文化財指定記念−
7月17日(土)〜9月5日(日)

日本画 vs 洋画 
9月11日(土)〜11月7日(日)

横山大観と院展の作家
11月13日(土)〜12月26日(日)

展覧会名称や会期は変更される場合があります。詳細についてはご来館前に美術館までお問い合わせください。


飛ばしますね〜開館早々。
立て続けに近代日本画の展覧会4本入れ、その後に浮世絵、岩佐又兵衛と持ってくるなど心憎い。これは是非とも「年間パスポート」の類を作って欲しいものです。

以前こちら「山種美術館、広尾へ移転。」にも書きましたが、新山種美術館さん立地もなかなか。広尾(11分)恵比寿(11分)代官山(14分)渋谷(17分)表参道(17分)。山種美術館を中心とした美術館巡りの新しいコース出来そうです。(でも、恵比寿駅周辺って美味しいお店多く誘惑だらけ。。。)

いずれにしても、2009年10月1日のオープンが待ち遠しい!!

その前に、7月26日まで開催中の「上村松園/美人画の粋」にも是非。

山種美術館
所在地:〒150−0012 東京都渋谷区広尾3−12−36

おまけ:
こちらも近々オープン予定のとある美術館。

どこの美術館だかお分かりになります?

答えはこちら


http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1811

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

> 近くには國學院大學、聖心女子大学、東京女学館、実践女子学園と...
随分と女子大に囲まれてますなぁ(笑)。
ぅーン... 國學院大が異質だな。雰囲気が固そう。
史学科の鈴木靖民教授の講演は何度か聴いた事があります。

> おまけ:
> こちらも近々オープン予定のとある美術館。
山種の次は「根津」かと思いましたよ。
三菱一号館は、5月に見学会兼セミナーに行って来ました。
ちょっと高そうな気がしています。カフェも(笑)。
出光と近くていいですね。
ハシゴ族には便利?

鼎 | 2009/07/10 12:31 AM
今後の展覧会の予定を見てワクワクしてしまいました!
なんかものすごく楽しそう!
年間パスポート欲しいなあ。。。
古美術好きの息子も喜ぶことでしょう。

恵比寿駅から徒歩10分ってことは
写美と掛け持ちってことも出来ますね。
益々楽しみです!
せいな | 2009/07/10 9:02 PM
@鼎さん
こんばんは。

聖心も意外とお堅いですよ。
國學院は小池先生がいらっしゃるので
明るいイメージ先行です。

三菱一号美術館の中、綺麗ですよね〜
しっかり拝見してきました。

根津はまた後日。資料はあるのですが…

@せいなさん
こんばんは。

展覧会の予定が理路整然としていて
並べただけでも美しさ感じます。

写美との掛けもちは辛いかもしれません。
方向が違うので。。。
都バス(学バス)利用すると渋谷駅まですぐです。
Tak管理人 | 2009/07/10 10:31 PM
三菱一号館何か凄いですね。裏側でしょうか?

いつも楽しく拝見させてもらっています。更新が楽しみで毎日見てます。
今日、Bunkamuraの10時開館のだまし絵展から横浜そごうのフジタ展、みなとみらいの海のエジプト展、横浜美術館のフランス絵画の19世紀を夜間閉館の20時まで見てきました。古代から現代までごちゃまぜ。

だまし絵展のマグリット7点に頭になかった横浜美術館の常設の2点で9点も見れたのがニコニコでした。ダリもデルヴォーも増量。海のエジプト展の混雑を覚悟して行ったのですが、閉館1時間半前に入ったら数珠繋ぎではなくかなり快適に見れました。夏休みの小学生にこの量はきついかなと思いましたね。汗。シアターも最後に見てどうすんのと思ってしまいました〜。定員製なら最初にもってこれるんですけどね。1回15分もある上映を定員のある空間、これ土日ってどうやってまわしてるのって気になりました。係員に聞いたらチケット購入に1時間の日があると言っていたのでこの先の土曜日に姪などを誘って行くつもりでしたが、やめました。トリノ・エジプト展を見せたいと思います。

フジタ展は上野の森で鑑賞済みですが、構成と展示作品が少し違いました。3mほどの大作4点は台に載せて天井ぎりっぎりに展示されていたのですが、床から5cm程度しか余裕がないのには驚きました。あと少し絵が大きかったらここでの展示はなかったってことですね。

フランス絵画の19世紀は裸婦のゾーンが白眉でしたね。カバネルのヴィーナスの誕生は他作家のレプリカに仕上げにカバネルが手直ししたと知ってそうだったのーと思いました。2002年にクリスティーズオークションにこの作品が出ていて1億前後で落札されたのですが、吉野石膏かウッドワンあたりに買って欲しかったなと思っていたらアメリカの美術館に入ってました(泣)カバネル1人の手じゃないから日本人は買わないのでしょうかね。素晴らしい作品を世界中から集めてましたが、印象派だけ手抜いた感が...ここまで印象派が脇役になってると思ってなかったのでちょっと驚きました。島根展は印象派の傑作もありでいいなーと思いました。相変わらず展示室に仕切り入れるとよろしくない空間になる横浜美術館でした。埼玉県立近代美術館はモネの積み藁を島根展のあとに日本の美術館名品展に出したんですね。えらいですね。去年も1年中国内巡回してましたし。よく貸してくれる美術館ですね。
ぽぽ | 2009/07/11 12:31 AM
@ぽぽさん
こんにちは。

三菱一号館の裏側です。
こちらは一足お先に立ち入ること出来ます。
ガス燈が設置され、夜になると一層雰囲気が増すそうです。
Tak管理人 | 2009/07/12 11:03 AM
はじめまして、いつも楽しく読ませていただいております。

なかなかコメントする勇気がなく、今回、初コメントです。どうぞよろしくお願いいたします。

山種、いよいよですね。根津とあわせて10月はリニューアルラッシュ。

ちなみに、国学院のあたりは、たしか、どこかのサイトで、山の手線内で一番駅から遠い地域に認定されていたような・・・いつも初詣のときに歩いて通る道なので、なじみはあるのですが、確かに恵比寿駅からは遠いかも、ですね。ハチ公バスでゆったりと、というのがよいかもしれません。
えいぜと | 2009/07/13 10:46 AM
@えいぜとさん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

10月は山種さんの他にも
根津美術館さんもオープンしますね。

ナディッフという店&ギャラリーが
恵比寿駅の近くにあります。
ここと山種をセットにするのは
悪くないかと思います。
でも少し歩くので夏場は辛いですが。

恵比寿駅からだと、ちょうど上り坂になるので
実際の距離以上に長く感じるかもしれません。

またレポ書きます!
Tak管理人 | 2009/07/13 7:26 PM
「聖心も意外とお堅いですよ。」という言葉が先のコメントにありましたが、11月11日(木)17時より聖心女子大学宮代ホールで、入場無料の一般にも公開された文化講演会が行われるようです。(同大学HP)

講演者はあの中野京子さんで、「名画でたどるハプスブルクのマルガリータ」という題名です。

晩秋の午後、山種美術館で日本画を鑑賞し、カフェ「椿」でお茶して、広尾界隈をぶらぶら散策したあと、女子大で中野京子さんの講演を聴くというのもなかなかのものだと思いませんか。
p
名画ファン | 2010/11/07 11:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1811
この記事に対するトラックバック