青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三菱一号館美術館展覧会開催予定 | main | 「ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち」 >>

「骨」展

21_21 DESIGN SIGHTで開催中の
第5回企画展 中山俊治ディレクション「骨」展に行って来ました。



多分、きっと21_21 DESIGN SIGHT仕掛けた企画展の中では最も充実している内容の展覧会。「チョコレート」は論外で、「水」より数段上行くものになってます。

動物の骨だけでなく、「骨」を幅広く捉えんとする試みが上手く成功しています。狭い展示区間にあれだけの内容量を詰め込むのはさぞかし大変だったかと。

ネタバレになってしまうので、あまり詳しいこと書きません(酔っ払っていて書けません)が、観に行って損はない展覧会であること間違いなし。

エルネスト・ネトのこんな作品もあります。

これは海外の展覧会に出展した時のものです。

21_21 DESIGN SIGHTでは場所の関係上大人2名がやっと中に入れるくらいの縮小版が展示され、実際に中に入ることもできます。

今回の展覧会が良く感じたのは、動線がいつもと反対回りだったことも影響しているかも。はじめの細い通路及び全面の壁画として「BONES 動物の骨格と機能美」の大きな写真パネルが。


BONES ― 動物の骨格と機能美
湯沢英治 (著), 東野晃典 (著), 遠藤秀紀 (監修)

また、斬新だったのは写真家ニック・ヴィーシーの作品群。
高度な工業技術を駆使して開発され、実際に使用している身近な電化製品。その家電の「骨組」を「標本室」と題し展示 並べてあります。


こちらでは、普段我々が日常用いている様々なものを紹介。
  
標本室と実験室のように二分して展示しているのも成功の証。
それと来場者に全てこんな丁寧な会場案内地図を兼ねたシートを。
(これはとても有難いこと)



詳しいこと紹介したいけど、時間が差し迫っているので今日はこの辺で。サントリー美術館ご覧になってから、こちら。それとも「骨」展が先??

今日の一枚


BONES ― 動物の骨格と機能美
湯沢英治 (著), 東野晃典 (著), 遠藤秀紀 (監修)

こちらからの一枚。
フンボルトペンギンの骨格。

あの愛らしいペンギンも骨だけ見ればただの「動物」。



ミッドタウン夏のイベント「ASHIMIZU
「冷たい小川に足を浸し、都心の夕涼み。」だそうです。
このイベントは8月23日(日)まで。(火曜定休)
詳しくはこちらを(pdf)

それでは最後に「今日の美味


ミッドタウンそばにある「R BURGER(アールバーガー)」の「黒酢バーガー



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1849

JUGEMテーマ:アート・デザイン


私たちの体を支える骨の一つひとつに数十億年にわたる生物の進化の歴史が潜んでいるように、「工業製品の骨格」にも込められた意味があります。それは素材の進化を物語り、ものをつくる道筋や、人の思考の骨組みがかたちになったもの。まさにデザインの”コツ(骨)”なのです。
本展では、デザイナーとエンジニアの視点を持って活躍する山中俊治を展覧会ディレクターに迎え、洗練された構造を持つ生物の骨をふまえながら、工業製品の機能とかたちとの関係に改めて目を向けます。
キーワードは「骨」と「骨格」。12組の作家による作品に触発されながら、「未来の骨格」を探っていきます。
展覧会 | permalink | comments(5) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

デザインサイト好きの私達は
この「骨」展は5回行っています。
(メンバーなので。。。)
今回の企画はかなり楽しいですよね!
息子は「影遊び」と「虫」、そして「ピアノ」が
大好きです。(ちょとネタバレかな?)
月末におそらくもう1回行っちゃうかな。。。
せいな | 2009/08/16 6:23 AM
残暑お見舞い申し上げます。
迷ってましたが、背中押されました。
見てきます。
meme | 2009/08/16 6:53 PM
@せいなさん
こんにちは。

5回もですか!!
それは凄い。。。

あの影遊びの前でくるりと
身体を一回転させると面白いです。
ピアノも弾けるのが嬉しいですよね。

ネトはもう少し大きいと良かったかな〜
でも他にも色々ありかなり楽しめました。

@memeさん
こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。
ずーと行こうかどうか迷っていたのですが
結果、行って良かったです。
これまでの中で一番だと思います。
Tak管理人 | 2009/08/17 7:49 AM
Takさんこんばんは。

骨ツアーありがとうございました。
まさに灯台下暗しです。サントリーの目の前にあるとは知らずにいつもスルーしていました。
今度はちょこちょこ覗きたいと思います!

足湯、さすがにカップルばっかりでしたねえ…。
はろるど | 2009/08/21 10:22 PM
@はろるどさん
こんばんは。

凄い手抜き記事を書いてしまいました。
面白かったですね〜
あの感動はとても言葉では。。。

湯足やっても良かったですね。
我々も。
Tak管理人 | 2009/08/21 11:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1849
この記事に対するトラックバック
さてサントリー美術館を堪能した後は 雨の降らないうちにデザインサイトに移動します。 こちらは今回は 第5回企画展 山中俊治ディレ...
21_21 DESIGN SIGHT(港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内) 「第5回企画展 中山俊治ディレクション 『骨』展」 5/29-8/30 生物から工業製品、はたまたアートに至るまでの「骨」(正確には骨と見立てたものを含む。)に目を向けて紹介します。21_21 DESIGN
「『骨』展」 21_21 DESIGN SIGHT | はろるど・わーど | 2009/08/21 10:17 PM
お盆の金曜日に国立新美術館でラリック展を観た後、21_21 DESIGN SIGHTの「骨展」にハシゴしてきました。この21_21はさくっと周れるし、遊び心があっ...
骨展 【21_21 DESIGN SIGHT】 | 関東近辺の美術館めぐり 〜美術・美景・美味を楽しむブログ〜 | 2009/08/22 2:44 AM