青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ザハ・ハディド建築を語る | main | 新山種美術館開館記念特別展「速水御舟」 >>

「正倉院展」と「お堂でみる阿修羅」

奈良国立博物館で毎年10月から11月にかけ、開催している「正倉院展」。まだ一度も伺ったことありません。これだけの為に混雑承知で行くまではないと東京駅に掲げられた広告塔を観ながらも毎年断念。


「御在位二十年記念 第61回 正倉院展」
会場:奈良国立博物館(奈良市登大路町50番地)
会期:平成21年10月24日(土)〜11月12日(木)(期間中無休)
本年の正倉院展は、北倉11件、中倉25件、南倉28件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の総計66件の宝物が出陳(しゅっちん)されます。このうち初出陳が12件含まれています。正倉院宝物の全体が概観できるような構成になっていますが、本年1月の天皇陛下御即位20年を記念し、正倉院宝物を代表する名品が出陳されるのが特徴です。
毎年「殺し文句」がいくら綴られようと上げることのなかった重い重い腰が、今年はもしかして……

と言うのも、「正倉院展」とほぼ時を同じくして、隣接する興福寺で、いよいよ「あいつ」が凱旋を果たすのです。彼の名は阿修羅。東京国立博物館の入場者数の新記録を樹立させた立役者。


「国宝 阿修羅展」帰山記念 興福寺国宝特別公開2009
「お堂でみる阿修羅」

会場:興福寺 仮金堂・北円堂
会期:10月17日(土)〜11月23日(月・祝)会期中無休
東京と福岡での「国宝 阿修羅展」からの帰山記念として、興福寺仮金堂において「お堂でみる阿修羅」を開催いたします。
通常は国宝館に展示される阿修羅像をはじめとする八部衆・十大弟子像の現存する天平乾漆像14躰すべてを仮金堂に安置。古の時代に思いをはせながら、天平の仏像と対峙できるまたとない機会となります。堂内では、江戸時代に造られた本尊釈迦如来坐像、鎌倉時代の薬王・薬上菩薩立像と四天王立像も安置され、各時代を代表する珠玉の仏像の美を堪能いただけます。
また、仮金堂とともに、寺内建造物のなかでも屈指の国宝・北円堂を特別開扉いたします。運慶一門による本尊の弥勒如来坐像や無著・世親菩薩立像など鎌倉彫刻最高峰の名品が一堂にそろう北円堂内陣に、初の本格的な照明デザインを取り入れてご覧いただけます。
今までにない荘厳さに満ちた静寂の仏教空間をご案内します。
何と言うタイミングの良さ(悪さかな〜)

毎年行列が出来る「正倉院展」にプラスして今や仏像界の完全なスーパースター「阿修羅立像」他、八部衆・十大弟子像が本尊釈迦如来坐像、薬王・薬上菩薩立像と四天王立像と共に仮金堂に凱旋!



更に北円堂を特別開扉し弥勒如来坐像や無著・世親菩薩立像などを配置。東京国立博物館や九州国立博物館では味わうことの出来なかった実際の仏教建築の中での公開。


興福寺境内図(クリックで拡大)

反則に近いこの取り合わせ。
謀ったな。。。

初「正倉院展」果たして実現するのか。9月は遊び過ぎてしまったので今月こそは真面目に仕事もと気持ちを新たにした10月初めの日にこんな煩悩に苛まれているとは。まだまだだな。そしていよいよか〜

「正倉院展」でこれ観たい(と既にあれこれ調べている自分)

南倉70「平螺鈿背円鏡

因みに「お堂でみる阿修羅 正倉院展 ツアー」で検索かけてみて下さい。関西なら日帰りバスツアー。関東もしくはその他の地域なら一泊での鑑賞ツアーが既に組まれ募集も開始しています。まったくもう。

でも、でも東博で開催される「皇室の名宝展」2期(11月12日〜)には正倉院宝物が公開されます。それまで待つという手もありです。

御即位20年記念 特別展「皇室の名宝―日本美の華」
1期:2009年10月6日(火)〜11月3日(火・祝)
2期:2009年11月12日(木)〜11月29日(日)

公式サイト

しかも、1期が始まる翌日10月7日には待望の根津美術館もオープン。
国宝 那智瀧図」や隈研吾氏による新しい建物自体も魅力。

根津美術館

ところで、先日もTwitterでつぶやきましたが、これ応募されました?

特別講演会「日本美術と自然」
ドナルド・キーン氏(日本文学研究者、コロンビア大学名誉教授)
日時 :2009年10月17日(土)午後2時〜3時30分
場所 :根津美術館講堂 定員140名
参加申込方法 :往復はがきに住所、氏名(返信面にも)、電話番号を明記のうえ、下記の宛先までお送りください。

〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館 「第1部展 特別講演会」係
10月3日締め切り(当日消印有効)


とまぁ、奈良行くのも正直かなり無理があります。
やっぱり今回も「正倉院展」は諦めるかな〜〜

シーソーゲームのように心が右左へ激しく揺さぶられます。

「正倉院展」「お堂でみる阿修羅」に加えて、これも観られるなら…

京都・東山、青連院門跡。
平安創建以来初めて国宝 青不動明王を御開帳


公開期間は、9月19日〜12月20日。
なんだぴったりじゃん!!

そもそも、昼休みにコンビニでこんな雑誌買っていることからして「あやしい」のですけどね。何て魅惑的なタイトルなんだ〜

一個人 (いっこじん) 2009年 11月号 [雑誌]

中を開くと京都へ行ったらこれは必ず観るべし!といった仏像の他に、こんな心くすぐる特集が。。。「秘仏開帳!必見の重要秘仏を拝観する」


ダメだこりゃ。

今月もまた煩悩街道まっしぐら!

【関連エントリー】
- 「国宝 阿修羅展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「国宝 阿修羅展」記者発表会 | 弐代目・青い日記帳
- ベストアングル「阿修羅像」 | 弐代目・青い日記帳
- 「阿修羅展」(2回目) | 弐代目・青い日記帳
- 「阿修羅展」チケットプレゼント | 弐代目・青い日記帳
- 阿修羅展「八部衆像」「十大弟子像」 | 弐代目・青い日記帳

おまけその1
奈良国立博物館「収蔵品データベース」公開(2009年10月1日〜)
奈良国立博物館が収蔵する文化財のデータベースを公開しました。
国宝、重要文化財を含む多数の文化財とその画像について、名称・部門・時代などから検索が可能です。
どうぞご利用下さい。


おまけその2
読売さんが出しているこのガイドブック良さそう。。。

「知ってる? 正倉院」 シリーズ5(歴史編)
今回はシリーズ5弾、完結編と位置づけ、歴史をたどる内容です。1250年に及ぶ正倉院宝物の歴史をQ&A形式で解説しているほか、足利義満や織田信長ら、歴史上の人物と宝物のかかわり、宝物復元の歴史などをイラスト、カラー写真で掲載。漫画家の里中満智子さんのエッセイ、作家の宮尾登美子さんへのインタビューなども盛り込み、正倉院宝物を守り、伝える大切さを紹介しています。
(読売新聞社 発行 サイズ:B5)


たったの250円というのも魅力的。
こちらのサイトから購入可能だそうです。

おまけその3
雑誌「一個人」の次の特集が「西洋絵画を読み解く」だそうです。
京都の仏像の次は西洋絵画!ブルータス化してきたような気もしないでもなし。
ただ変に斜に構えていないところがこの雑誌の良いところ。納得の680円です。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1897

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

オイデおいで〜
京都御所即位20年記念特別公開、
法華寺、法隆寺、大安寺、薬師寺…、特別と冠のつく公開が沢山ありますよ。
KAN | 2009/10/02 12:50 AM
こんにちは
ついでにご近所の奈良県立美術館にも寄られては?
なにやら神話関係の作品を集めるとか・・・
わたしは正倉院と奈県美メインで奈良ハイカイします。
(夜間でも開館直後でも、いやになるほど混雑しますけどね)

青不動には来週8日面会に行きます〜
遊行七恵 | 2009/10/02 12:34 PM
以前になりますが、正倉院展、毎年通い詰めていました。

奈良公園内の興福寺のそばに、『塔の茶屋』というお店があります。なかなかにいい店ですよ。


わん大夫 | 2009/10/02 9:53 PM
こんばんは。

最近は仏女が増殖中とか。
あたしはホトケに近付いております・・・?

奈良、ひとめぐり、ため息つきますねぇ。
特に秋は、つらい。
ミホも近くに見える気がしますしね。

奈良公園で鹿が鳴く・・・・

今年、特別のご英断された暁にレポートをお待ちします。
あべまつ | 2009/10/02 10:09 PM
こんにちは、確かにこの秋は色々誘惑が多いですよね。
京都の美術展だけでも細見の鈴木其一と一足先のボルゲーゼが揃う上に、奈良では正倉院と阿修羅の最強コンビとあっては、到底一日二日ではおっつきません。
とはいえ、正倉院展はいつ行っても絶対損のない所ですから、ぜひぜひ一度は行ってください!
飛嶋千尋 | 2009/10/02 11:26 PM
こんにちは。
僕は10月最終日に一縷の望みをかけています。
仮に行けても、あまりの人出に退散しかねませんが。
mizdesign | 2009/10/03 2:31 PM
初日の朝一だけはやめた方がよろしいです。7時くらいから並びます。そして、撮影で目が悪化しました。見てたらいきなりライト当てられたんですよ。そんなのが沢山います。プレスとはいえ・・・。夜は比較的空いています。同じ初日なのに、並ばずに入れましたから 笑。
花散里 | 2009/10/04 12:43 AM
@KANさん
こんにちは。

今月末にもしかして
仕事で関西行くかもしれません。
それとは別にMIHOも行きたいな〜と。。。
誘惑が多く困ります。

@遊行七恵さん
こんにちは。

奈良県美術館こっそり
渋く良い展覧会を開催しますよね。
あそこに美術館があること
知らない方も多いのでは?!

青不動様観たい!!

@わん太夫さん
こんにちは。

そうですか〜
毎年行かれたのですか。
まだ一度も伺う機会に恵まれません。
短期決戦ですからね。。。

@あべまつさん
こんにちは。

大学時代は奈良へは毎年
通ったのですが、もっぱら
春日大社ばかりでしたので
どうも興福寺や奈良博は後廻しに。。。

嘗て遊郭だったという古い宿を
定宿としていました。
今でもあるのかな〜

レポート期待せずにいてください。

@飛嶋千尋さん
こんにちは。

今年から来年にかけての
誘惑の多さは尋常ではありません。
日帰りとかで片付けられる範疇
余裕で超えてしまっています。

>正倉院展はいつ行っても絶対損のない所ですから、ぜひぜひ一度は行ってください!
努力してみます!

@mizdesignさん
こんにちは。

また関西に行かれるのですか!!
タフですね〜昨年はろるどさんが
行かれた時のお話聞いてしまうとたじろいでしまいます。

@花散里さん
こんにちは。

流石にそんな時間には行けませんので。
自分の場合計画的に見てまわることが
まず出来ないのでいつも都内の展覧会も
行き当たりばったりです。
それも楽しみであったりします。
Tak管理人 | 2009/10/04 11:07 AM
Takさん、はじめまして。
今年の正倉院展は凄く良かったです。
その展示について感想を書いてみました
ので興味を持たれたら読んでみてください。
http://abekaheki.blog72.fc2.com/blog-entry-230.html
ではこれからも良い情報を発信していって
ください。
阿部和璧(あべかへき) | 2009/10/25 10:59 PM
@阿部和璧さん
こんにちは。

正倉院展拝見してきました。
駆け足でしたが。
初めての正倉院展でしたが
一度伺うと癖になりそうです。

尚、コメント欄にURLを張り付けないようお願いします。
ブログの形が崩れてしまう原因となります。
宜しくお願いします。
Tak管理人 | 2009/10/29 1:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1897
この記事に対するトラックバック