青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「肉筆浮世絵と江戸のファッション」 | main | 「皇室の名宝展」の『動植綵絵』 >>

祝−いわい−〜祝を彩る日本の伝統芸術と結婚披露宴〜

2009年10月11日(日)、12日(月・祝)の二日間、千駄木 旧安田楠雄邸(東京都文京区千駄木5-20-18)にて本物の和の結婚披露宴と、日本の伝統芸術作家による作品展示を融合したアートイベント、「祝−いわい− 〜祝を彩る日本の伝統芸術と結婚披露宴〜」が開催されます。


↑チラシからしてお目出度い!

公式サイトはこちら

千駄木に現在まで残る大正時代の古建築「旧安田楠雄邸」(所在地:東京都文京区千駄木5-20-18)にて、日本の伝統的な「祝」を陶芸家、書道家、華道家が表現する、アートイベント。

それら日本の伝統芸術作家のコラボに加え「10月10日(土)に根津神社で挙式を行う新婚夫婦の結婚披露宴も、旧安田楠雄邸にて3日間に渡り同時開催され、人力車による谷中、根津、千駄木、上野地域へのお披露目や、江戸神楽等を行います。

結婚披露宴自体が展示作品となるという、ちょっと(かなり)変わったこれまでにないアートイベントです。


チラシ裏面(クリックで拡大)

【参加作家】
書道家 大橋陽山
然美会 会長 / 墨心会 主宰。 洞爺湖サミットにて作品発表。
AWARD:文部科学大臣賞、グッドデザイン賞、
アジアデジタルアートアワード大賞、ボルボアートコンペ優秀賞他。
http://iwa-i.jp/ohashi.html

片桐功敦
花道みささぎ流家元
2007年、BIWAKOビエンナーレ2007に出品。2008年、
写真集『見送り言葉』を刊行。
http://iwa-i.jp/katagiri.html

二階堂明弘
益子の陶芸家。
2006年、益子陶芸展入選。2008年、益子陶芸展、
朝日陶芸展入選。
http://iwa-i.jp/nikaidou.html

田村一
益子の陶芸家。
大学院終了後、雑誌編集者などを経て陶芸家として独立。
益子陶芸展など入賞歴多数。
http://iwa-i.jp/tamura.html

郡司庸久
栃木県足尾の陶芸家。個展を中心に活動。
http://iwa-i.jp/gunji.html

竹俣勇壱
金沢のジュエリーショップ「KiKU」代表。
岡田直人、郡司庸久、大室桃生等、
他の工芸作家との共同制作多数。
http://iwa-i.jp/takemata.html

折形デザイン研究所
展覧会、ワークショップ、教室の開催、本の出版、
手漉き和紙の職人とのコラボレーションによる、
オリジナル商品の開発など、さまざまな活動を通して、
折形の美と精神を伝えている。
http://iwa-i.jp/origata.html


公式サイト

展示会開催概要
展示会名 : 祝−いわい− 〜祝を彩る日本の伝統芸術と結婚披露宴〜
展示会実施日:2009年10月11日(日)、12日(月・祝)
展示時間:10:30 -16:00(入場は15:00まで)
展示会場:千駄木 旧安田楠雄邸 東京都文京区千駄木5-20-18(千代田線「千駄木」下車徒歩5分)
入場料:事前予約制 1,500円(安田邸維持修復協力金、お茶代を含む)
事前予約の受付は、こちら


既に、11日・12日の両日共14時半からの回は満員となってしまっています。午後は空きが少ない状態です。今から狙うなら午前中。旧安田楠雄邸を見学でき、アート作品にも触れられ、更にwagashiasobiのオリジナル和菓子と抹茶が付いて1500円はお得。

私も伺う予定でいます。
遠い昔、神社で結婚式挙げた者として、お祝を兼ねて。

まだ連休中のご予定入っていない方。是非!祝の席へ!!

追記
祝 Blogにてこの記事紹介して頂きました
少しはアクセス数こんなブログからでも増えたのかな〜

【上野公園周辺の美術館・博物館展覧会情報】

東京国立博物館

御即位20年記念特別展「皇室の名宝−日本美の華−」展
1期:2009年10月6日(火)〜11月3日(火・祝)
2期:2009年11月12日(木)〜11月29日(日)


伊藤若冲「動植綵絵」30幅総揃い!!(前期のみの展示です)

注:展示室の写真はプレビュー時に主催者の許可を得て撮影したものです。
(以下同様)

国立西洋美術館

古代ローマ帝国の遺産―栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ―
開催中〜12月13日まで。


古代ローマ帝国 ポンペイ「庭園の風景
展覧会の様子及び紹介記事

上野の森美術館

聖地チベット−ポタラ宮と天空の至宝展
開催中〜2010年1月11日まで。


十一面千手眼観音菩薩立像

東京藝術大学大学美術館

異界の風景−東京藝大油画科の現在と美術資料−
開催中〜11月23日まで。


小山穂太郎「Phantom/逃げ水 2009」2009年映像

国立科学博物館インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン」展は10月12日まで 。

ついでにこちらも。

うえの華灯路 浮世絵行燈
平成21年9月18日(金)〜12月27日(日) 午後6時〜午後9時
野恩賜公園内 大噴水広場南側〜袴腰広場

さらに、
根津ではなくて表参道に10月7日にオープンする「根津美術館」へも!

上野から地下鉄・銀座線で、千駄木からなら地下鉄・千代田線で乗り換えなしで表参道まで行けます。隈研吾氏設計の新・根津美術館、想像以上に美しかったです。

新・根津美術館展覧会スケジュール

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1901

JUGEMテーマ:アート・デザイン


一品更屋(所在地:東京都港区白金 3-13-2-603 代表:尾木原 暁子)は、本物の和の結婚披露宴と、日本の伝統芸術作家による作品展示を融合したアートイベント、「祝−いわい−」を、2009年10月11日(日)、12日(月・祝)の2日間に渡り、千駄木 旧安田楠雄邸(所在地:東京都文京区千駄木5-20-18)にて開催することとなりましたので、お知らせいたします。
本イベント「祝−いわい−」は、伝統芸術の現在と未来を担う書道家、華道家、陶芸作家、金工作家、デザイン事務所(計7組)がそれぞれの視点で、日本の伝統的な祝いごと「祝−いわい−」を表現した作品を展示するアートイベントです。本イベントにより初めて実現する、作家同士のコラボレーション展示も予定しております。
西欧化する生活スタイルの中で、日本の伝統的な「祝いごと」は、日本人である私達ですら、目にすることが少なくなってきました。一品更屋は、本展示会を通し、日本人が長い間培ってきた「祝いごと」の持つ美しさや意味を、多くの方に再確認していただきたいと考えております。また、東京の下町風情を色濃く残す、現在注目のエリア・谷根千地域(谷中、根津、千駄木)の地域活性と、千駄木に残る大正時代の古建築「旧安田楠雄邸」の維持につなげるべく、地域イベントとの協同活動を実施いたします。
10月10日(土)に根津神社で挙式を行う新婚夫婦の結婚披露宴も、旧安田楠雄邸にて3日間に渡り同時開催され、人力車による谷中、根津、千駄木、上野地域へのお披露目や、江戸神楽等を行います。結婚披露宴自体が展示作品となる「特別な空間・時間」を皆様にお楽しみいただければと思います。

お知らせ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

 義理堅く そして良質な情報発信を有難うございます。
皆さんはご存知かもしれませんが、
■深層倶楽部 http://www.shinkokyu-club.com/
■山下裕二の日本美術ナビゲーション第1回で
『客観的に美術展や作家について書かれているブログもお勧めしておきます。「弐代目 青い日記帳」筆者が本当にこまめに美術展めぐりをしています。話題作の見どころなども丁寧に書いているので情報収集にはぴったりです。』
評価されるに値するブログです。
panda | 2009/10/06 4:45 PM
@pandaさん
こんばんは。

先日は強行軍お付き合いいただき
ありがとうございました〜

山下先生の記事全く
存じ上げておりませんでした。

嬉しいな〜素直に。
しかし読んでいただいているとなると
とてもプレッシャーが。。。
Tak管理人 | 2009/10/06 5:45 PM
旧安田楠雄邸の「祝」、Takさんのブログで知って昨日行って来ました。
午前中に行ったら空いていて、ゆっくり楽しめてとても良かったです。
ありがとうございました!
えりり | 2009/10/12 8:23 AM
@えりりさん
こんにちは。

おおーー行かれましたか〜
自分は最終日の今日これから
伺ってきます。良い企画ですよねーー
Tak管理人 | 2009/10/12 11:13 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1901
この記事に対するトラックバック