青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「‘文化’資源としての<炭鉱>展」 | main | 「隈研吾展」 >>

「国宝 土偶展」

東京国立博物館で開催中の
文化庁海外展 大英博物館帰国記念「国宝 土偶展」の内覧会にお邪魔して来ました。

「国宝 土偶展」フィギュア付きチケットプレゼント



発生を縄文時代草創期(約13,000年前)にまで遡ることが可能で、これまで日本国内で、約18,000点もの数多くの土偶が発掘発見されておりながら、国宝に指定されている土偶は僅か3点しかありません。


左から「国宝 縄文のビーナス」、「国宝 中空土偶」、「国宝 合掌土偶

土偶が果たしてどのような目的を担っていたのか、結論は出ないでしょうが、ただ共通して言えることが幾つかあります。

ひとつは、土偶は全て女性をかたどったものであること。
また、呪術的な目的があったのか、バラバラに砕かれた状態で発見されること。
そして、現代人の想像力を遥かに凌ぐ創造性を有していたこと。等など。

土偶が、何故どうして作られたのか?またどのように使用されたのか?と言った解釈は、さまざまな説があるそうです。

1:安産・子孫繁栄を願うもの
2:自然界の動植物の繁殖・豊穣
3:病気や怪我を治すための身代わりとするもの
4:祖先の姿を表し、生と死の象徴を体現化したもの
5:死者の鎮魂と再生を願うもの
6:護符や呪物とするもの


いまのところ、これだ!!と土偶の役割を一元的にとられることは困難。

でも、今日「土偶展」拝見して得たキーワードは「女性」と「バラバラ」。
繰り返しますが、女性の姿を表し作られた土偶は、何らかの理由により手足をはじめバラバラに粉砕されてきたようです。

そこで、国宝に指定されている3点のあらためて拝見すると、奇蹟的にバラバラになるのを免れた3体であることがわかります。重要文化財指定の23件の土偶も概ねその傾向。

時空のアイロニー.
本来の目的通りに使用されバラバラとなった土偶より、偶然?形を留めていた(それは呪術的な役割を果たせなかった証左)土偶の方が珍重され、そして国のお宝にまで。何だか皮肉な話です。

さて、さて「国宝 土偶展」の開幕です。
展示室は、本館特別5室。



本館特別5室と言えば。。。近年では、特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像」でレオナルドの「受胎告知」が一点どーんと展示されたあのお部屋。ついこの前までは「仏像の道」という素晴らしい企画展示をしていた所でもあります。

会場の様子はこんな雰囲気。


注:写真は内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。

基本的に、あ!これ知ってる。観たことある!!の連続。
ただ全67件の中には当然ながら初めてお目にかかる奇天烈なものも。

土偶が何故作られたか姿か?と言った答えの出ないことで頭悩ませず、ただひたすら眼前のご先祖さまたちが作り上げた「芸術作品」たちだけを観ることに専念すべきかと。

いきますよーー
ここから画像ラッシュです!!















国宝 土偶展」は2010年2月21日までです。
観ておかなければなりません。この展覧会。


ショップも土偶グッズ沢山あります!散財注意。

そして、極め付けはこちら。

1回200円。土偶フィギュアとミニタオル(メガネ拭き)のガチャガチャ。
出口付近にあります。見落とさないように。

そうそう、土偶だけじゃなく、埴輪もね!
「ドレミはにわ」絶賛?!販売中〜

【関連エントリー】
- 特別陳列「仏像の道」 | 弐代目・青い日記帳
- 「博物館に初もうで」 | 弐代目・青い日記帳
- 阿修羅展「八部衆像」「十大弟子像」 | 弐代目・青い日記帳
- 「フランスが夢見た日本」 | 弐代目・青い日記帳
- 「大琳派展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「国宝 阿修羅展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「阿修羅展」(2回目) | 弐代目・青い日記帳
- 特集陳列「歌舞伎衣裳」 | 弐代目・青い日記帳
- 特別公開 「中宮寺 国宝 菩薩半跏像」 | 弐代目・青い日記帳
- 特集陳列「中国書画精華」 | 弐代目・青い日記帳
- 「スリランカ展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「光彩時空」 | 弐代目・青い日記帳
- 「Story of ...」カルティエ クリエイション | 弐代目・青い日記帳
- 東洋館休館 | 弐代目・青い日記帳
- 「華麗なる伊万里、雅の京焼展」 | 弐代目・青い日記帳

申し訳ない!忘れていました。この3人!!
国宝3人トリオ。


国宝 縄文のビーナス
お尻がとってもグラマラス。
でもお尻に見惚れず頭のてっぺん観て来て下さい。


国宝 合掌土偶
今年国宝になったばかりの新参者。
その割には立派な椅子に腰かけています。
でも実は座っていないと足ガバラバラに…


国宝 中空土偶
CTスキャン撮られた画像が。
頭が陥没しています。手ももがれています。
ビーナスや合掌土偶に比べ最も「土偶度」が高いかも。

今回はほとんど全ての土偶を360度好きな角度から舐めまわすように観られます!勿論照明は天下一品。過度な演出せずとも土偶の持つ力で観る者圧倒します。

「国宝 土偶展」是非!!って行くよね、これは。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1974

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 “ひとがた”をした素焼きの土製品「土偶」の発生は、縄文時代草創期(約13,000年前)にまでさかのぼります。伸びやかに両手を上げるもの、出産間近の女性の姿を表すもの、極端に強調された大きな顔面のものなど、多様な姿かたちをする土偶は「祈りの造形」とも称され、縄文時代の人々の精神世界や信仰のあり方を具現化した芸術品として、世界的に高い評価を得ています。

 本展は、イギリスの大英博物館で2009年9月10日(木)から11月22日(日)まで開催されるTHE POWER OF DOGUの帰国記念展で、国宝3件と重要文化財23件、重要美術品2件を含む全67件で構成されます。縄文時代早期から弥生時代中期にわたる日本の代表的な土偶とその関連資料を一堂に集め、土偶の発生・盛行・衰退の過程と、その個性豊かな造形美に迫ります。


展覧会 | permalink | comments(9) | trackbacks(9)

この記事に対するコメント

国宝三人トリオは知りませんでした。
ものすごく面白いですね。
お尻の大きいのはフォルムが可愛くって、ヘンリー・ムーアみたいで洗練された感じがします。
合掌のはすごく興味深いです。
兵士でしょうか、肩幅もあり細マッチョで、衣装もとても凝ってて、超かっこいいではないですか!
きこ | 2009/12/15 8:53 AM
@きこさん
こんばんは。

この展覧会あちこちでかなり
話題となっています。
まとめて観る機会って確かにないですからね。
しかもレプリカではなく本物を。

土偶は全て女性像なのだそうです。
特に妊娠している姿が多いとか。
画像はほんの一部です。
是非会場で!
Tak管理人 | 2009/12/17 5:02 PM
こんにちは。
私も土偶展に行ってきました。
土偶の目的は分かりませんが、その造型の素晴らしさには圧倒されます。
動物など、リアルな形の土製品にも驚きました。
猫アリーナ chariot | 2009/12/29 8:15 AM
@chariotさん
こんばんは。

鑑賞の仕方も様々ですよね。
深いこと分かりませんが
祈りの対象であったことは
何となく伝わってきます。
昔も今も同じですね。
Tak管理人 | 2009/12/30 6:25 PM
こんにちは。今回も特5ならではのゴージャスな展示でしたね。
隙のないライティングで土偶たちも生き生きとしているように見えました。

お正月にまた行きます!
はろるど | 2009/12/31 3:49 PM
やっと行ってきました。
マイベストは初っ端に出てきた《仮面土偶》でした。
土偶装飾の付いた縄文土器にも感心してきました。
とら | 2010/01/30 11:26 AM
@とらさん
こんにちは。

おーー行かれましたか〜
仮面土偶の顔と下半身の
アンバランスさが何とも
言えませんでした。

見せ方も全体的に上手かったですね。
この会場だからこそまとまりあったように思えます。
Tak管理人 | 2010/01/31 9:30 AM
私も土偶展に行ってきました。東京国立博物館自体初めて行くのであんなに混雑してみるのかと思うくらい盛況でした。中の画像などは取り込みなかったので資料としてリンクさせていただこうかと思います。
ブログのデザインも素晴らしく羨ましく思います。
http://wahaha1623.at.webry.info/201002/article_20.html
まりりんまんしょん | 2010/02/27 3:11 AM
@まりりんまんしょんさん
こんにちは。

リンク全く問題ございません。
お好きなページどうぞご自由に。

土偶展、開催前「どうかな〜」なんて
声聞こえましたが、12万人もの人が
いらしたとはおどろきです。
Tak管理人 | 2010/03/03 4:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1974
この記事に対するトラックバック
上野の東京国立博物館で開催されている「国宝 土偶展」へ行ってきました。展示会のちらしに書かれたキャッチコピーが「縄文スーパースター!」の通り、縄文時代に作られた選りすぐりの土偶たちが並んでいます。国宝3点、重要文化財23点、重要美術品2点を含む計67点の
国宝 土偶展 @ 東京国立博物館 | うつわノート | 2009/12/21 12:33 AM
今日は東京国立博物館で2010年2/21まで開催中の 「国宝 土偶展」を、家族3
国宝 土偶展 | よめことここの日記 | 2009/12/23 10:29 PM
国宝 土偶展に行ってきました。 縄文スーパースター。 いいですよね、このサブタイトル。 タイトルのまんまで今回は国宝の土偶が3点同時に見られるといおうことがポイントです。 ところが見るべきは国宝だけではありませんでした。 なんでしょうね、この大昔の造
国宝 土偶展(東京国立博物館) | あお!ひー | 2009/12/25 12:16 AM
上野 chariot 上野の東京国立博物館で開かれている「国宝 土偶展」に行ってきました。 本館特別5室に展示されています。 会期は2010年2月21日ま...
東京国立博物館 「国宝 土偶展」 | 猫アリーナ | 2009/12/29 8:16 AM
東京国立博物館・本館特別5室(台東区上野公園13-9) 「文化庁海外展 大英博物館帰国記念 国宝 土偶展」 2009/12/15-2010/2/21 東京国立博物館で開催中の「国宝 土偶展」のプレスプレビューに参加してきました。 (会場入口。DOGUの文字が目立っています。) ず
「国宝 土偶展」 東京国立博物館 | はろるど・わーど | 2009/12/31 3:42 PM
 12月20日(日)、東京国立博物館の「土偶展」(2009/12/15-2010/02/21)へ行ってきました。  全国の土偶が大集合というだけでも滅多にないチャンスです...
縄文パワー大集合 | 千尋の美術散歩 | 2010/01/24 9:43 PM
 大英博物館で昨年開催されたThe Power of Dogu 帰国記念展だが、実はあまり期待しないで見に行った。チラシ↓に載っている土偶は、上から国宝《縄文のヴィーナス @長野》、国宝《合掌土偶 @青森》、重文《遮光器土偶 @青森》、国宝《中空土偶 @北海道》で、「
国宝 土偶展 | Art & Bell by Tora | 2010/01/30 11:27 AM
東京国立博物館
東京国立博物館 | 東京Blues | 2010/02/27 3:08 AM
こちらは東京国立博物館で開催中。 昨年の秋、イギリスの大英博物館で”THE POWER OF DOGU”というイベントが開催されてて、その帰国記念展という位置付けだそうです。 国宝3件、重要文化財23件、重要美術品2件を含めた計67件を展示、と聞くだ
『国宝 土偶展』 | 【徒然なるままに・・・】 | 2010/05/09 3:01 PM