青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プロが選ぶ「2009年 ベスト展覧会」 | main | 「ヴェルナー・パントン展」 >>

「DOMANI・明日展 2009」

国立新美術館で開催中の
未来を担う美術家たち「DOMANI・明日展 2009」〈文化庁芸術家在外研修の成果〉の内覧会にお邪魔して来ました。


Twitter:domani2009

昨年、2008年のドマーニ展から損保ジャパン美術館から国立新美術館へ会場を移し開催。去年は新しい場所に戸惑ってか、いまひとつちぐはぐな感否めませんでしたが、今年は六本木にもすっかり慣れた様子。

広い会場に飲まれてしまう作家、作品はゼロ。逆に天井高いっぱいまで思いきり使いこなす作家さんも登場。選出される基準は定かではありませんが、どう考えても損保美術館では展示不可能だったような巨大な作品、インスタレーションが大半を占めています。

展覧会会場の変更に伴い、展覧会の内容自体も変化した「DOMANI・明日展」。開催12回目にして大きく脱皮を遂げたようにも見えました。



チラシに採用されている、実在する風景の上に歪んだレイヤーを重ね、新たな「風景」を作り出している安田佐智種の写真作品。とてもインパクトのある作品です。

でも安田の写真が、かすんでしまいかねないほど今回の展覧会には視覚に強烈に訴えかける作品が。

久保田繁雄

吉田暁子

久保田繁雄は繊維を実用や装飾ではなく、造形表現として捉え直そうという「ファイバーアート」(繊維芸術)を派遣先のアメリカ西海岸バークレーで学んできた作家さん。

「この会場がひとつのキャンバスだとして、私の中ではこれも絵画の謎、への遊びです。」と語る吉田暁子のインスタレーション。白い壁を上手いこと利用し独自の世界観を展開。

アメリカに派遣された二人ですが、まるでアプローチの違う作品で、共に居心地の良い空間を作り出しています。

さて、唐突ですが、ここで問題。
次の作家、礒真理子はどこの国に派遣され学んで来たでしょう?
礒真理子
ヒント:

床にごろんとしているオブジェと壁に取り付けられたオブジェの表面の質感の違いや、形状がユニーク。かつて、礒さんの花のオブジェに一目惚れしカード出しかかった経験あり。

愛らしく毒のない作品は身近に置いておきたいもの。小さくともこの「」が一点部屋にあるだけで、空間見違えるはず。たとえ我が家であったとしても。

派遣国は既にお分かりの通り、イタリアです。

三田村光土里

フィンランドに派遣先を選んだ三田村光土里は、妖精が囁いているような映像作品とこの本やグラスで出来た「シャンデリア」を出展しています。

床に敷かれたブルーの円は展示する会場によって色が変わったりするそうですが、この色が作品と最もしっくりくるように思えます。「氷河に削られて形成された湖が無数に点在する」フィンランドですから。

映像作品の光量が足りないと三田村さん気になさっていましたが、てっきり最初拝見したときぼんやりとした色合いにわざと作られたのかと思いました。2周目の時最も長い時間かけ拝見したのが三田村さんの作品でした。それにしてもウサギ可愛い。。。

高野浩子

呉 亜沙

会場には12名の作家さん毎に展示が行われています。今回特にそうなのですが、足を止め見入ってしまう作品の多くは皆、女性アーティストのものばかり。

上記の2人もまた然り。ガンバレ男子。

そんな男性不利な情勢下にあってひとり気概を示す作家さんがこのイケメン。

藤原彩人
2007(平成19)年派遣/イギリス
藝大彫刻科卒業後、ヴィクトリア&アルバート美術館の学芸員ルパート・フォークナー氏に師事。

藤原氏独特の彫刻作品が新美の壁全体を遊び場のように駆け回っています。

藤原彩人
小人が監視員やっているわけではありません。藤原氏の彫刻作品が想像を絶する大きさなのです。圧倒的ではないか〜と叫びたくなります。でも作品自体はどこかユーモラス。

茶目っ気さえ感じ取れます。こんなにでかいのに。
素直にイイ!けど家に飾れない。。。
(顔だけの作品もあったけどあれはチョット部屋にはね〜)

さて、そろそろ「今日の一枚」に。

一枚というより「今日の一人」かな。

伊庭靖子

伊庭さんの作品の上品な美しさを観るためだけでもこの展覧会に足を運ぶ価値あり。もう大好き!狭いギャラリーで拝見するより、作品が生き生きして見えます。



因みに、写真のように見えますが、全て手描きの絵です。
素材が持っている質感を筆一本でここまで繊細に表現できる作家さん伊庭さんを置いて他になし。今年のドマーニ展、去年の500倍は好い!!

「DOMANI・明日展 2009」は2010年1月24日までです。

未来を担う美術家たち
DOMANI・明日展 2009
<文化庁芸術家在外研修の成果>

期間:2009年12月12日(土)〜2010年1月24日(日)
休館日:火曜日、年末年始(12月22日〜1月5日)
場所:国立新美術館 企画展示室 2E
時間:午前10時〜午後6時金曜日は〜午後8時
(すべて、入館は閉館30分前まで)


ドマーニ展。Twitterもやってます!

<ギャラリートーク>
12月19日(土):高野 浩子(彫刻)、呉 亜沙(洋画)、礒崎 真理子(彫刻)、浅見 貴子(日本画)
1月10日(日):久保田 繁雄(工芸/織)、栗本 夏樹(漆造形)、吉田 暁子(現代美術)、伊庭 靖子(洋画)
1月17日(日):吉仲 正直(洋画)、三田村 光土里(現代美術)、藤原 彩人(彫刻)

そうそう、ショップで伊庭さんの作品を用いたハンカチ(メガネ拭き)やコースターが販売されています。どれもお手頃価格なのが嬉しい!


伊庭さんの作品は入手出来ずとも、500円のハンカチなら。

それとこちらもお勧め。

おいしい水」 (Coffee Books)
原田マハのラブストーリーに、伊庭靖子さんの絵が合うこと合うこと。

【関連エントリー】
- 「DOMANI・明日展2008」 | 弐代目・青い日記帳
- 「小林かいちの世界」 | 弐代目・青い日記帳
- 国立新美術館建築ツアー | 弐代目・青い日記帳
- 「黒川紀章展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「エミリー・ウングワレー展」 | 弐代目・青い日記帳
- 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展 | 弐代目・青い日記帳
- 「モディリアーニ展」 | 弐代目・青い日記帳

それでは最後に「今日の美味


創菜ダイニング 卯乃家」の「チョコバナナのティラミス」高野浩子さんの作品のような造形美あふれるティラミス。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1983

JUGEMテーマ:アート・デザイン


「DOMANI・明日展」は、文化庁の在外研修制度(新進芸術家海外研修制度)により、海外派遣された若手芸術家の成果発表の場として1998年より毎年開催され、今年で12回を数えることになりました。昨年より、会場を国立新美術館に移したことで、スケールアップした2回目の本展は、美術部門の様々なジャンルより12名の実力作家を選出し、現代日本の美術の一断面を切り取って紹介するものです。
それぞれの作家の力が存分に発揮された12の展示空間は、来場者の目の前に全く異なる世界を出現させ、楽しませてくれることでしょう。
展覧会 | permalink | comments(7) | trackbacks(4)

この記事に対するコメント

ご紹介くださりありがとうございます。
DOMANI2009 12人の作家 海外派遣の場所も年代も違うのに、音楽のようにリズム感がある構成で気に入りました。
ギャラリートーク聞いてみたい!二倍三倍楽しめそう。
panda | 2009/12/23 1:21 AM
なぬ?もう年末年始で休館ですか・・・(;_;)
年明け早々に行かねばっ!
早く見たいです。
朱奈 | 2009/12/24 12:42 AM
@pandaさん
こんばんは。

そうそう、展示に「流れ」もありましたよね。
吉田、伊庭さんのところが第一の山。
そこから先もリズミカルに。
ギャラリートークは単体で開催して欲しいです。
毎週ひとりずつとか。

@朱奈さん
こんばんは。

そうなんですよーー休日とかクリスマスとか
お構いなしにもうお休みです。
年明けに是非是非。
Tak管理人 | 2009/12/24 5:02 PM
Takさんこんにちは。先日はお世話になりました。

去年よりも良いと仰った某氏にも納得ですよね。空間の使い方もうまいなと思う展示も目立ちました。

それにしても休館日が…。年始には盛り上がってほしいですね。
はろるど | 2009/12/27 4:44 PM
@はろるどさん
こんばんは。

休館日。。。
いくら年末年始といえども
これは酷いですよね。
ドマーニ展がかわいそう。。。

来年以降もこんな感じになるのでしょうか。
ドマーニ。これからが楽しみです。
Tak管理人 | 2009/12/30 6:22 PM
Takさん、こんばんは。

私も年末に出掛けたら休館日でした。
今度は10日に行って、とても興味あるギャラリートークを聴くことができました。

お父上そしてTakさんもお大事になさって下さい。
猫アリーナ chariot | 2010/01/13 10:28 PM
@chariotさん
こんばんは。

年末年始ここの美術館休み過ぎですよね〜
もうびっくりです。
六本木トライアングルと称しここだけです
2週間も休んでいるの。。
Tak管理人 | 2010/01/16 9:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1983
この記事に対するトラックバック
2009年12月12日(土)〜2010年1月24日(日) 休館日 毎週火曜日、年末年始(2009年12月22日(火)〜2010年1月5日(火) 開館時間 10:00から18:00まで ※金曜日は20:00まで。入館は閉館の30分前まで。 今回国立新美術館の名物となる DOMANI2009は大胆な視点のflying
DOMANI・明日展2009@国立新美術館 | mit MUSEUM | 2009/12/23 1:15 AM
国立新美術館(港区六本木7-22-2) 「DOMANI・明日展2009」 2009/12/12-2010/1/24 国立新美術館で開催中の「DOMANI・明日展2009」へ行ってきました。 新美術館で2度、それ以前の損保ジャパン時代を含めると、今年で12回を数えるに至った展示ですが、一応、DOMANIと
「DOMANI・明日展2009」 国立新美術館 | はろるど・わーど | 2009/12/27 4:41 PM
乃木坂 chariot 六本木の国立新美術館で1月24日(日)まで開かれている「DOMANI・明日展2009」 に行ってきました。 正式には「未来を担う美...
国立新美術館 DOMANI・明日展2009 | 猫アリーナ | 2010/01/13 10:08 PM
この展覧会は、損保ジャパン美術館で開催していた頃から名前だけは知っていたのだが、現代作家の展覧会ということで、関心がなかったのだが、今回はブロガーの方々に好評なので出かけてみた。私には、まったくはじめて名前を聞く12人の作家。しかし、どのコーナーも見応
DOMANI・明日展2009国立新美術館 | つまずく石も縁の端くれ | 2010/01/18 1:25 AM