青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かみさんが選ぶ「2009年 展覧会ベスト10」 | main | 「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」チケットプレゼント >>

歴博フォーラム「新春トラの巻」

来年の干支は寅・虎・トラ。

国立歴史民族博物館が主催する、第74回歴博フォーラム「新春トラの巻」が2010年1月16日(土)に開催されます。聴講は無料!


第74回 「新春トラの巻」
日 程 : 2010年1月16日(土)
時 間 : 13時00分〜17時00分
場 所 : ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19)
定 員 : 530名(先着順)
参加費 : 無料
主 催 : 国立歴史民俗博物館
年末年始は、十二支になじみの深い季節です。今年の干支は寅・虎・トラ。みなさんはトラに対してどんなイメージがあるでしょうか。他の十二支の動物たちと同じく、トラも歴史の流れの中で、さまざまな姿を見せてくれます。いろいろなトラをご用意して、みなさんをお待ちしております。
プログラム(内容は変更される場合があります)
13:00〜13:10 開会の挨拶 平川 南(国立歴史民俗博物館長)

13:10〜13:35 報告1 「人生とトラ
山田 慎也 (民俗研究系)

13:35〜14:00 報告2 「トラの昔話と芸能
小池 淳一 (民俗研究系)

14:00〜14:15 休憩
14:15〜14:40 報告3 「トラを描く
日高 薫 (情報資料研究系)

14:40〜15:05 報告4 「寅年のトラ
大久保 純一 (情報資料研究系)

15:05〜15:30 報告5 「江戸のトラ
岩淵 令治 (歴史研究系)

15:30〜15:45 休憩
15:45〜16:10 報告6 「“虎の威を借る”中世武士
高橋 一樹 (歴史研究系)

16:10〜16:35 報告7 「中国古代のトラ
上野 祥史 (考古研究系)

16:35〜16:55 質疑応答 該当者
16:55〜17:00 閉会の挨拶



歴博フォーラム、聴講は無料です。
申込その他は以下の要領で。

【申し込み】
往復ハガキまたはEメールにて、「1月16日 第74回歴博フォーラム 参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いてお申し込み下さい。
※定員350名に達した時点で締め切ります。

【申し込み・問い合わせ先】
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
国立歴史民俗博物館 広報サービス室 サービス・普及係
Tel:043-486-0123(代)
E-mail:forum@rekihaku.ac.jp


歴博フォーラム「新春トラの巻」の前に当然、こちらも。


東京国立博物館
新春企画 「博物館に初もうで」
2010年1月2日(土)〜1月31日(日)


すっかり定着した感のある東博のお正月恒例のイベント。

東博で満喫 にっぽんのお正月
 2010年もお正月は2日から開館します。毎年恒例の干支にちなんだ新春特別展示や吉祥図を集めた中国書画の特集ほか、国宝 元暦校本万葉集、国宝 秋冬山水図など、日本美術の名品をお楽しみください。東博で、美しい日本の文化にふれ、心豊かな新年のスタートをお迎えください。
 1月2日(土)、3日(日)の2日間は、和太鼓や獅子舞などの伝統芸能や、「東博トラめぐりクイズ&掛軸ふうカレンダー作り」のアクティビティもお楽しみいただけます。
 お正月休みは、ぜひ皆様ご一緒にお出かけください。

↑円山応挙の「虎図」も観たいけど、何気に岸駒の「虎に波図屏風」や橋本雅邦の「龍虎」も楽しみ。

今年は、本館で「国宝 土偶展」開催しているので、例年にまして多くの方が博物館へ足を運ばれるはず。

それと2日からTNM&TOPPANミュージアムシアター「洛中洛外図屏風 舟木本」上映もスタートしますしね!http://www.toppan-vr.jp/mt/

そうそう、東博さんだけじゃなく、最近では江戸博さんも正月2日からイベントを用意しオープン。


江戸東京博物館
年始イベント「えどはくでお正月2010!」
1月2日(土)〜3日(日) 午前11時〜午後5時30分


開催中の「いけばな展」まだご覧になっていない方はこのイベントと合わせて!

さて、そろそろ年賀状、いい加減書かないと(汗

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1987

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1987
この記事に対するトラックバック