青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ボルゲーゼ美術館展」 | main | 「イタリアの印象派 マッキアイオーリ展」 >>

ホキ美術館オープン

今年2010年11月、新しい美術館が誕生します。
美術館の名前は「ホキ美術館

→行って来ました!建物の外観写真展示室内の写真

→「ホキ美術館開館へ向けて。」(ホキ美術館室長保木博子氏とホキ美術館イタリアン「はなう」片岡護シェフインタビュー)



世界でもまれな『写実の殿堂』
日本で初めて、世界でもまれなリアリズム絵画専門美術館であるホキ美術館。
2010年11月千葉県千葉市緑区の昭和の森に誕生します。

日本の現代作家約40人のリアリズム絵画約150点を地上1階、地下2階からなる計500メートルの長い回廊型のギャラリーに展示。緑豊かな自然と一体化し、心ゆくまでゆったりと芸術鑑賞いただける空間を提供いたします。



ホキ美術館計画概要
・名称:ホキ美術館(英文名称Hoki Museum)
・コンセプト:日本で初めてのリアリズム(写実)絵画の専門美術館。作品のみならず建築としても魅カあふれる施設としての美術館。
・ミッション:緑豊かな昭和の森に隣接し、自然と触れ含いながら写実絵画を最高の環境で鑑賞できる場とします。写実絵画の専門美術館として、若手画家の育成や写実絵画の発展に寄与します。
・展示の方向性:約300点の中から選んだ常設展示と、本美術館開館のために代表15作家が描き下ろした「私の代表作」の特別展示があります。
・所蔵作品:現代日本の写実絵画約300点
・施設概要:2010年10月完成予定。
〇楡濆柔:展示室、ミュージアムレストラン(イタリアンレストラン「はなう」)、ミュージアムカフェ、収蔵庫、ワインカーブ
展示室数:回廊型ギャラリー3層
3館予定:オープン2010年11月
・館長:保木将夫(ほきまさお)昭和6年東京生まれ。
東証一部上場企業株式会社ホギメディカルファウンダー



ホキ美術館の建築について
ホキ美術館の建築計画は、所蔵作品である写実・細密画を最適な環境で鑑賞できる美術館を目指すというところから始まりました。細密画は非常に繊細な作品であるため、ピクチャーレールやワイヤーなどを排除し、まるで壁に絵が浮いているかのような、プレーンな壁と絵だけの構成の展示空間になっています。また、土地の特性を考慮し、隣接する昭和の森を散策するようなイメージで、緑の森に面しており、外光を取り入れたギャラリーもあります。
建物は、地下2階、地上1階の3層構造で、展示室は回廊型ギャラリーとなっています。まず約200点の作品を2.5メートル間隔でゆったりと展示するためにはトータルで500メートルが必要と考え、ブーメラン型の敷地内に、土地の形状にあわせて力一ブさせた回廊風の建物を重ねていきました。一部鉄骨造によって二階の回廊が空中に浮き出ているようにもなっています。
また作品は細密画のため近寄って見ることを含め、絵のサイズと鑑賞のための適正な距離を考え、ゆるやかな曲線を描いたギャラリーになっています。そのため回廊の端は見えず、絵を鑑賞しながら歩いて行くと次の絵が現われてきます。まさに一枚一枚の絵と鑑賞者がどう対峙するかを考えぬいた構造になっています。
設備のなかでも特徴的なのはLEDを中心としながらも、作品一点一点の特性に合わせた照明を使用することで最適な鑑賞空間を作っているほか、床には長時間の鑑賞に疲れないゴム素材を採用しています。
また、展示室のほかにカフェ、レストラン、ワインカーブなどがあり、館内の吹き抜けの大空間ではサロンコンサートなども可能となっています。
こうした美術館の細部に至るまですべてに保木ファウンダーの嗜好が反映されています。
本建築はスペイン・バルセロナで2009年に開催されたWAF(World Architecture Fest1val)のカルチャー部門の中のfutureプロジェクト部門でプレゼンテーションをし、最終審査まで残りました。今後は、実作部門としてまた受賞を目指しています。

ホキ美術館概要
所在地:千葉県千葉市緑区あすみが丘東
敷地面積:約3,860
延床面積:約3,720
展示室面積:約1,800
階数:地上1階、地下2階
構造:RC造、一部鉄骨造
工期:着工2008年10月〜竣工2010年秋
設計:日建設計

新しい情報が入り次第順次アップしていきます。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2010

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

この秋に千葉に新美術館がオープンするのですね!
総武線利用者にとっては嬉しいニュースですね(笑)
美術館でのサロンコンサート。優雅な雰囲気にひたれそう。
出かけてみたくなりました!
コンドル | 2010/01/20 9:57 AM
ぜひ行って見たいです。
中身も興味があるけど、建築が面白そうですね!
昭和の森って千葉にもあるんですねー。東京のは違う名前でしたか。
| 2010/01/20 12:58 PM
@コンドルさん
こんばんは。

昭和の森、車でドライブがてら
行くのにもってこいですね。
川村記念美術館のライバルになる?

完成が待ち遠しいです。

@ | 2010/01/20 12:58 PM さん
こんばんは。

この不景気の最中
かなり景気のいい話ですよねーー
個人コレクションだそうです。
どんな展開見せるかこれから楽しみです。
Tak管理人 | 2010/01/20 4:46 PM
ごぶさたしてます。
ずいぶん近くに出来るんですね。
車で20分くらいですよ。
今までは、最寄の美術館といっても川村、千葉市、千葉県立あたりでしたから。
画像を見るとまるで写真みたいですねえ。
楽しみです。

ついでに千葉県情報という事で1つ。
富津の金谷に金谷美術館というのがオープンするそうです。今年春です。
日本画中心のようです。
宗達もあるらしい。
以上、小ネタでした。

では、また。
ベンゼン | 2010/01/20 11:00 PM
@ベンゼンさん
こんにちは。

車で20分の場所に美術館!!
それは素晴らしい!
もう建設始っているようなので
一度「見学」に行かれといいかもしれませんね。

金谷美術館は全く知りませんでした。
情報ありがとうございます。
あそこからフェリーによく乗ったものです。
10年前にはマリーナもありました。
海ジェットしたいな〜また。
Tak管理人 | 2010/01/23 9:47 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2010
この記事に対するトラックバック