青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「京・KYO たしなみ・お茶を遊ぶ」 | main | 「マリーローランサンの扇」 >>

「大哺乳類展」始まるよ〜

前々から気になっていた「大哺乳類展 陸のなかまたち」がいよいよ今週末(3月13日・土曜日)に上野国立科学博物館でスタートします。

「大哺乳類展」早速行って来ました!


大哺乳類展公式サイト

見よ!この雄姿!!3mもあるそうです。

ホッキョクグマ

熊と言えば、嘗て日本中を席捲したpandaブームの火付け役。

ジャイアントパンダ(リンリン)

2008年4月30日に上野動物園で息を引き取ったリンリンの剥製。
(ネコナデさんのご指摘により訂正。ありがとうございました!)

しかし、パンダ懐かしいな〜
今の若い子、ランラン・カンカンと言っても分からないか。。。日本に初めてやって来たパンダ。(1972年10月28日来日)今、上野動物園にパンダいないし。

お母さん、お父さん世代が子供の頃、熱狂したアイドル!
「三大珍獣」ジャイアントパンダ、コビトカバ、オカピの剥製が勢揃いするそうです。

「大哺乳類展 陸のなかまたち」には世界中の哺乳類が大集結。剥製標本だけでなく、化石、骨格など約280点も出展されるとか。普段常設展で公開していない貴重な動物の剥製もその中に含まれるそうです。

陸上で最大の哺乳類「アフリカゾウ」から世界最小級の哺乳類「チビトガリネズミ」まで。「国際生物多様性年」にあたる2010年にふさわしい展覧会になりそうです。


アルガリ

家畜化された今の羊の祖先。中央アジアに生息する野生のヒツジ「アルガリ」。野性味あふれる独特の角。長いものだと螺旋状に1mにもなるとか!「ダマジカ」や「ワピチ」等との角対決も見ものかも。

そして、密かに期待しているのが!!

昨年、21_21 DESIGN SIGHTで開催された中山俊治ディレクション「骨」展や、群馬県立自然史博物館での「BONES 骨」展、そしてつい最近まで表参道H.P.DECOで開催されていた「透明標本展」等など、時はまさに静かな骨ブーム。


キリン(全身骨格)

多摩動物園の人気者だったアフリカゾウ「タマオ」の骨格標本もこの展覧会に向け製作されたそうです。キリンにアフリカゾウ、そんなに展示スペースあったかな?


バビルサ(頭骨)
バビルサはその2対の牙で有名である。上下の犬歯はとても発達し、頭の方に湾曲している。雄の上顎犬歯は肉を貫き鼻の天辺から突き出ている程である。この牙は何のためにあるのかはっきりとしたことはわかっていない。

チーター(頭骨)

まるでF1マシンのような美しい流線形を誇るチーターの頭骨。本来の用い方とは違うけど字面的に「流麗」という言葉がぴったりあてはまります。


インドオオコウモリ(全身骨格)

針金細工のような蝙蝠の全身骨格も何て美しいことでしょう!

まずは、東大博物館で開催中の「命の認識」展(3月28日まで)に行ってからなか〜それともハシゴ?!

「大哺乳類展」の公式キャラクターを、「愛・地球博」のメインキャラクター、モリゾーとキッコロや、雑誌『たまごクラブ』・『ひよこクラブ』のたまちゃん、ひよちゃんなどのキャラクターを手掛けた人気のアランジアロンゾがデザインしたそうです!




ホッキョクグマ、オオカミ、マンモスなど、「大哺乳類展」のために書き下ろした哺乳類イラスト計7種が、会場パネルやオリジナルグッズに登場。こちらも楽しみです。


大哺乳類展 陸のなかまたち
会場:国立科学博物館
会期:2010年3月13日(土)〜6月13日(日)
開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日のみ午後8時まで)
*ゴールデンウイーク特別延長開館:4月29日(木・祝)〜5月5日(水・祝)は午後6時まで(ただし4月30日(金)は午後8時まで)※いずれも入館は各閉館時間の30分前まで


尚、7月からは、海の哺乳類を紹介する展覧会「大哺乳類展 海のなかまたち」を開催。全長約20メートルのシロナガスクジラの全身復元骨格などを展示するそうです。2010年7月10日〜9月26日

おまけ

上野、ヨドバシakiba、新橋、恵比寿、渋谷、西武高田馬場、東武池袋各駅のジューサーバーで「大哺乳類展」とのコラボ・ジュース「グリーンランド」を期間限定で販売。小松菜とキーウィ味。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2058

JUGEMテーマ:アート・デザイン


哺乳類とはお乳を与えて子どもを育てる動物のことで、私たちヒトもその一員です!この展覧会では、国立科学博物館が秘蔵する「ヨシモトコレクション」を中心とした様々な地域にすむ哺乳類の標本から、その進化、体のしくみやくらしを知ることができます。
2010年は「国際生物多様性年」。私たちと同じなかま、哺乳類を知ることで、地球で多様な生き物と一緒に生きていくことの大切さを考えてみませんか?
展覧会 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

日本初のパンダはメスのランラン(蘭蘭)とオスのカンカン(康康)ですよ〜。
どちらも多摩動物園に標本があると聞いてます。

しかし、アラジン・アロンゾさんと組むとは!
以前の科博の「もやしもん展」と言われた「菌のふしぎ展」を思い出してしまいました。
またついグッズ買っちゃいそうです!

ネコナデ | 2010/03/08 6:23 AM
@ネコナデさん
こんばんは。

ご指摘ありがとうございました。
早速訂正かけました。

アロンゾさんの画像載せたいのですが。。。
グッズ購入はもう止む無しですね。
Tak管理人 | 2010/03/11 12:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック