青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「牛乳を注ぐ女」あれこれ
フェルメールの代表作といえばこの
牛乳を注ぐ女」(ミルクメイド)


アムステルダム国立美術館所蔵

「真珠の耳飾りの少女」と人気を二分するフェルメールの傑作です。

これだけメジャーな作品となると、街の色んな場所で
この作品を目にすることができます。

例えば、現在大規模な改装工事が行われている
アムステルダム国立美術館(ライクス)のレンガの壁面に
でかでかと「牛乳を注ぐ女」の顔のアップの看板が掲げられています。

 

改装中ですがフィリップ・ウイングという一部だけ開けて
レンブラントの「夜警」などの名作だけ集めて展示してあります。
勿論フェルメールの作品もそこにありました。

 

改装工事以前に行かれた方、壁紙の違いに気が付かれたかと思います。

さてさて、アムステルダムから列車でおよそ一時間
フェルメールが生まれ生活した街デルフトまで足をのばすと
そこにはもっと「多彩な」ミルクメイド達が出迎えてくれます。

 

デルフトの駅を降り目の前の道路を線路に沿って左へ歩くと
初めの運河にかかる橋のたもとにこんなミルクメイドが立っています。

どことなく愛嬌があって親しみを感じてしまいます。
肩を並べて記念撮影してくればよかった…

そいて、フェルメールのお墓がある旧教会のと新教会の間くらいに
フェルメール・グッツを専門に扱うお店があります。
そこのショーウインドウには。。。(゜o゜)

 

おーーーマネキン!!
無理にポーズ取らせてしまっているようです。
これかなり怖かったです。正直。

結局ここのお土産屋さんには入らずじまい。
ディスプレイがこれじゃね〜

でも、ライクスの中のミュージアムショップで
ちゃんとミルクメイドのお土産買ってきましたよ。

かみさんは「そんな物買ってどうするの?」と
あきれていましたが、自分的にはこれかなりのお気に入り。
  

ねっ!悪くないでしょ!!
| 2005・旅行 | 22:01 | comments(10) | trackbacks(2) |
こんばんは。
ライクスミュージアムはまだ改装中だったのですね。

マネキン本気で怖いです。これではお客様こないですよね(笑)ここまで恐怖の館なディスプレイはある意味すごいです。

このミュージアムグッズは私は気がつかなかったです。あったのかな…?

布で出来ているのしょうか?デザイン化されていても色合いで牛乳をそそぐ女とわかりますね。素敵。
フェルメールでは「牛乳をそそぐ女」が一番好きです。んーでもやっぱり「真珠の首飾りの少女」もいいし「絵画芸術」も好きだし結論は出ません。
| mizuiro | 2005/04/04 11:51 PM |

TB有難うございました。こちらからもTBさせて頂きました。素敵なブログですね!他の画家の絵の事もたくさん取り上げていらっしゃるようですね。絵、大好きなんです。フェルメールを追いかけて世界中、というのも羨ましい限りの生活です。とても、自分には叶わない生活ですけど、報告して下さるの楽しみにしています。今日のこの記事も大変楽しく読ませて頂きました。
アメリカに来てから、日本に居る時のように絵を楽しめる生活が出来なくなり、欲求不満でしたが、これからはこちらに来て、それを解消させてもらえそうでワクワクします。リンクさせて頂きましたのでよろしく。また、私のブログで、こちらのブログの紹介記事も書かせて頂きましたので悪しからず。
| ぶん | 2005/04/04 11:56 PM |

Takさん、おはようございます。

>かみさんは「そんな物買ってどうするの?」と
>あきれていましたが、

うふふ。わかるなぁ奥様の気持ち。
でも、もっとわかるなぁ、Takさんの気持ち。
仲睦まじくてよろし。(^_-)-☆
お二人にお会いできるのを楽しみにしています。

あ、GWの予定メール送っておきました。(^o^)丿
| リセ | 2005/04/05 8:26 AM |

Bruggeにも行かれたようで・・・
なんだかあそこは九州・柳川を思い出してしまいます。(笑)
ベネディクトとか懐かしいです。。。

楽しまれたようで・・・よかったですね。
でも人形、買ったんですね(苦笑)
Takさんらしいです^^
| Moebon | 2005/04/05 4:31 PM |

@mizuiroさん
こんばんは。

ライクスは大規模な工事になってます。
アスベストの使用が発覚してしまったので
大変だそうです。時間かかりますよね。

まぁそのおかげで?「恋文」もまた日本に来ますし、
悪いことばかりではありません。
世界各地の美術館に現在ライクス所蔵の名品貸し出し中です。

ミルクメイド土産はフエルトのような生地でできています。
普段は埃がつかないようにビニールかぶせています。

@ぶんさん
こんばんは。

リンクだけでも十分嬉しいのに、記事にまでしてくださって
もう大感激です!ありがとうございます。
ただ、内容は薄いblogですよ・・・
以前は毎日書いていなかったのですが
いつのまにか調子に乗ってしまいこんなことに・
収拾つかなくなりつつあります(^_^;)

アメリカの美術館はNYくらいしか行ったことがありません。
フェルメール巡りにワシントン狙ってますがいつになることやら。

こんなページで宜しければどうぞこれからも
末永くお付き合い下さいませ<m(__)m>

@リセさん
こんばんは!

メール返信しておきました。
私に関してはGW全て日程空いています(自慢できない・・・)
我が家でもとても楽しみにしています!

ミルクメイド土産、大切に大切にスーツケースに
入れている姿を見てホテルで更に呆れ顔でした。。。

@Moebonさん
こんばんは。

ベルギーは同僚が「いい!」と強く勧めるので
「ほんと?」とちょっと疑っていたてんもあったのですが
噂にたがわぬいい国!!
あそこならまた行ってみたい
| Tak管理人 | 2005/04/05 9:58 PM |

Takさん こんばんわ

ヨーロッパ旅行よかったようですね。15年前に、アムステルダム、デルフト、クレラミューラーに行った時のことを思い出します。
TakさんのHPで、フェルメールの人気投票があった時には、「牛乳を注ぐ女」に何回も投票しました。特に壁の下のほうにあるデルフトタイルが気に入ってます。
デルフト焼きの青は東洋的で、その時買った小物入れは、家内が今もお茶の稽古で香合として使っています。
| とら | 2005/04/05 10:44 PM |

@とらさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

クレラミュラーまでいかれたのですか!!
あそこは不便な場所にあるので、オランダへ
行ってもなかなか行く機会に恵まれません。
「行くぞ!」という強い意志ないと行けませんね。

デルフトのタイル確かに足元に描かれています。
行火もありますね。

デルフト焼き今回の旅では買ってこられませんでした。
お土産用の安いタイル一枚でもいいからあれば良かったと
今ごろになって後悔してます。
| Tak管理人 | 2005/04/06 9:33 PM |

Takさん

クレラミューラーに行った日のことは私のサイトに載せていますが、とても遠いところでした。

http://cardiacsurgery.hp.infoseek.co.jp/Children0.html#kro

その日は特別に早起きして、路面電車で駅に行った。ヨーロッパでは路面電車がまだ現役のところが少なくない。アムステルダム中央駅は東京駅のお手本となった駅だけにあまり外国という感じはしないが、切符を買う時には日本語でというわけにはいかない。運賃を出して、ツゥ・リターンティケッツ・トゥ・アーネムというと、窓の向うの若い駅員さんが黙って切符を二枚渡してくれた。行き先の駅名をアルンヘムと読むのか、アーネムと読むのか分からなかったのであるが、通じればもうどちらでもよい。
同行の家内は列車好きである。特に外国へ行くとやたらに電車や地下鉄に乗りたがる。不案内な土地で切符を買ったり、発車ホームを探して乗車することも旅行者にとっては大冒険であるが、一番心配なのは下車駅を間違えぬかということである。家内は天性の楽天家で、アムステルダム駅で二階建て列車に乗るや、旅情を満喫している。
 無事アーーネム駅で下車、駅前の旅行案内所でクレラミューラー美術館への行き方を聞くと、「向うのバスに乗れ」という。「タクシーで行くと、大分かかるか」と聞くと、「そんなバカなことをする人はいない」という。なるほどここはダッチアカウントの国である。
バスから降りたオッテルローというところは本当に田舎のバス停で、運転手に教えてもらわなければ、簡単に乗り過ごしてしまうような所であった。角の店にはレンタサイクルもあったが、家内が自転車嫌いとあっては致し方なく、同行二人、日差しの強いオランダの田舎道をテクテク歩くことになった。広い国立公園内に入り、森の中を抜け、45分かかり、ようやくクレラミューラー美術館にたどり着いた。このの美術館は、屋外アートが豊富であり、中に入るとお目当てであるゴッホの「アルルのはね橋」や「糸杉」、そしてスーラの「シャユ踊り」などの傑作が迎えてくれた。(1991.9a)
| とら | 2005/04/07 7:02 AM |

いいなーいいなーー、っと思いながら毎日楽しく拝読させて戴いております!!
デルフト、いつか行きたいなー。
この石像にしても、ショーウィンドウのディスプレイにしても
もし日本に同じものがあっても気づくヒトって意外と少ないと
思うのですが、こう街をあげて フェルメール しているのが
Takさんのblogから伝わってきて、とっても楽しいです。
| はな | 2005/04/07 8:49 AM |

@とらさん
こんばんは。

うわーーーこれじゃ私なんぞにはとても
たどり着くことできそうにありません。。。
やっぱりこの美術館は難関です。
着くまでに体力使い果たしてしまいそうですね。

@はなさん
こんばんは。

ネタに困って旅行での写真でごまかしている
というのが真相かもしれませんよ〜
今日の「真珠の耳飾りの少女」の記事だって…
まさにそれにあたりそうでしょ!

でも、好きな国オランダに好きな画家さんの絵が
あって観られるというのはとっても幸せなことですよね。
| Tak管理人 | 2005/04/07 10:22 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/206
ヨーロッパ8日目(その1)
2月15日(火)アムステルダム 朝7時起床、シャワーを浴びて朝食をいただきにいきます。(毎日同じ行動です。食事も殆ど同じメニューでさすがに飽きてきます。)        早朝のアムステルダム・セントラル駅と朝食 朝食後はトラムに乗って、国立ミ
| ENTERTAINMENT | 2005/04/04 10:45 PM |
5 フェルメール (1632-1675)
フェルメール美術館 フェルメール全作品紹介 delft フェルメールの街
| ぶんな毎日 | 2005/04/04 11:42 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...