青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「デルフトの眺望」今昔 | main | 狙われた「真珠の耳飾の少女」 >>

レストラン「Johannes Vermeer」

以前、私のサイトをご覧になられた方が
デルフトで宿泊されたホテル「JOHANNES VERMEER」のグッツを
送ってきて下さったことがありました。

世の中には、ほんと親切優しい方がいらっしゃるものだと
感謝の気持ちでいっぱいになったことしっかりと覚えています。

このホテル「ヨハネス・フェルメール」は一階にレストランも
備えていて、そこの壁にはフェルメールの模写が飾ってあるとのこと。

折角フェルメールの故郷デルフトまで行ったのだから
このレストランで昼食を食べましょう。ということで
街中にある観光案内所(VVV)でレストランの場所を
確認しお腹をすかせながら、そのお店へと向かいました。

昨日も書きましたが、デルフトは小さな街です。
旧市街地を散策しても2時間あれば十分。

目的地のフェルメール・レストランも小さな運河沿いに
新教会から歩いて数分の場所にありました。



通りから中を覗くと・・・見る
どうやらお店は営業していない雰囲気です。
人の姿を店内に見ることができません。

時間は丁度12時くらいだったでしょうか。
普通に考えれば「ランチ・タイム」
おかしいな〜と首を傾げつつ、扉を押してみると…

そこはレストランとホテル兼用の入り口。
フロントに女性がいました。

レストランはやっていないのですか?と尋ねてみると。
残念ながら今日は休業日とのこと。悲しい

がっかりする様子が言葉が違っても相手に伝わったのか
お店はやっていないが、店内へどうぞということで
とても快く我々を入れてくれ、案内してくれた。

写真もお構いなく撮ってくださいとのこと。
(きっとこうしてやってくる日本人がそれなりにいるのでしょうね)



暗い店内でパチリカメラ
あまり上手く撮れていませんね(^_^;)

その暗い店内にあって一番ライトがあたって
輝いていたのが壁に描かれた「真珠の耳飾の少女」でした。



これには、感動。拍手
ちなみに入り口のガラス扉にもこの絵の透かし絵が描かれていました。

帰りがけにお礼をしながら、営業日を聞いてみたところ、
「レストランは土曜日にやってます」とのこと。
一瞬耳を疑ったが、本当らしいです。

レストランがメインではなく、あくまでもここはホテルが主のようです。
ここのホテルに宿泊すると朝食などはここで食べられるようでした。

「よーーし!今度はここへ泊まりに来るぞ!」と新たな目標を胸に
Hotel Restaurant "Johannes Vermeer"を後にしました。(^^)/~~~
Hotel Restaurant 'Johannes Vermeer' is a new hotel situated in in a monumantal building in the cosy centre of Delft. This historical city is known for her many cultural sights and shops. The hotel boasts 25 luxurious rooms. Several feature airconditioning and our Royal/Bridal Suite is equiped with a jacuzzi. We serve you a Dutch breakfast buffet in one of our lovely decorated rooms, from 07.30-10.30 hrs.

Also, 'Johannes Vermeer' offers you to have lunch or dinner in our stylish Grand Café or Restaurant.

Adres:
Hotel Restaurant Johannes Vermeer
Molslaan 18-22
2611 RM Delft
Tel.: 015-2126466
Fax.: 015-2134835
Email: info@hotelvermeer.nl
ホテル「フェルメール
2005・旅行 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

オランダ在住のNED-WLT(http://nedwlt.exblog.jp/)さんがフェルメールについて書いた記事に書いて下さったコメントで、既にデルフトに対する興味を引かれていたのですが、昨日、今日の記事で、決めました!絶対、もう一度ヨーロッパに行って、その時はデルフトまで足を延ばそうと。街全体にフェルメールが感じられる街なんですね!このホテルに泊まります!
ぶん | 2005/04/07 1:18 AM
@ぶんさん
こんばんは。

デルフトは初めてオランダに行った際は
立ち寄る時間がなく列車で通りすぎただけでしたが
今回念願かなって降り立つことできました。
ここの街で写した写真一番多いかもしれません。
どこかにまとめてupして閲覧できるように
しようと思います。お待ち下さいね。
Tak管理人 | 2005/04/07 10:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
楽天広場<スコア順検索>にて、ただいま注目を集めているキーワード「石原さとみ」でこちらの記事が2987件中、上位 12位にあるため、キーワードサーチのブログランキングで紹介させていただきました
石原さとみ(Keyword Search) | キーワードサーチ | 2005/06/12 5:09 PM