青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「六本木クロッシング2010展」 | main | 第1クォーター展覧会ベスト3 >>

特殊切手「平城遷都1300年記念」発売!

今年2010年は平城遷都1300年目にあたる節目の年。奈良では数多くの展覧会やイベント、また普段拝見出来ない仏像の特別開帳など羨ましい話題が山ほど。

残念ながら東国に住む自分はただ指をくわえているだけ。今年は仕事も珍しく忙しいく「ちょっと奈良まで」なんてわけにいきません。でも平城遷都1300年を記念して4月23日(金)に日本郵便からこんな素晴らしい記念切手が発売になります。


クリックで拡大

昼間、郵便局で同僚が橋本雅邦の虎の絵を使用した記念切手を買って来たのがきっかけで、この「平城遷都1300年記念」仏像記念切手発売を知ることに。

ただ、あまりの嬉しさに早とちりし、てっきり既に発売になっているかと思い、Twitterでつぶやいてしまったほど。。。お恥ずかしい。


平城遷都1300年記念切手シートが格好良過ぎる!ちょっと郵便局行って来る。http://bit.ly/apOGb6

切手シートの完成度がとにかく高い!
背景に阿修羅像をどーんと持って来たのは正解。
これで仏像ファンのハートを鷲掴みです。



1:平城宮跡(へいじょうきゅうせき) 大極殿(だいごくでん)
2:春日大社(かすがたいしゃ) 中門(ちゅうもん)
3:東大寺(とうだいじ) 誕生釈迦仏立像(たんじょうしゃかぶつりゅうぞう) 
4:西大寺(さいだいじ) 愛染明王坐像(あいぜんみょうおうざぞう)
5:興福寺(こうふくじ) 天燈鬼像(てんとうきぞう)
6:元興寺(がんこうじ) 薬師如来立像(やくしにょらいりゅうぞう)
7:唐招提寺(とうしょうだいじ) 千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう)
8:薬師寺(やくしじ) 日光菩薩立像(にっこうぼさつりゅうぞう)
9:大安寺(だいあんじ) 多聞天像(たもんてんぞう)
10:新薬師寺(しんやくしじ) 伐折羅大将像(ばさらたいしょうぞう)
背景 :興福寺(こうふくじ) 阿修羅像(あしゅらぞう)



西大寺「愛染明王坐像


唐招提寺「千手観音菩薩立像


大安寺「多聞天像

【関連エントリ】
・「国宝 薬師寺展
・「国宝 阿修羅展
ベストアングル「阿修羅像」
・「お堂でみる阿修羅

そうそう、新薬師寺、十二神将の一体「伐折羅大将像」は(株)キャドセンターにより約1300年前に造られた当時の色彩をCGにより再現されています。

バザラ (十二神将)

「伐折羅大将」はよほど人気があるのか、500円普通切手にも別角度のお顔が使われています。500円切手用途に困るのですけどね。。。


他にも仏像は沢山切手となっています。
詳しくはこちらのサイトで「仏像 がデザインされた 切手

ついでにこちら。2009年に切手の博物館で開催された、「ザ・仏像」展
やはり阿修羅人気高し。

閑話休題。

特殊切手「平城遷都1300年記念」
発行日:平成22年(2010年)4月23日(金)
種類:80円郵便切手
発行枚数:1,300万枚(130万シート)

同時にハードカバー切手帳(平城遷都1300年記念)も発売となります。


ハードカバー切手帳は郵便窓口で販売する郵便局が限られているので注意が必要。(窓口販売する郵便局一覧)。本局がご自宅から遠い方等はインターネット販売も行っているそうです。

因みに、本日(4月20日)発売のこちらの特殊切手も絵画ファンとしては見逃せません。特殊切手「切手趣味週間」

クリックで拡大
今回の切手デザインは、今年の干支である虎及び中国を代表する花である牡丹を使用しています。虎は日本画家(橋本 雅邦)が描いた「龍虎図屏風」及び中国画家(張善)が描いた「虎」の一部を使用しています。
また、牡丹は橋本 雅邦が描いた「花鳥図」の一部を使用しています。
静嘉堂文庫美術館所蔵の橋本雅邦「龍虎図屏風」と埼玉県立近代美術館所蔵の橋本雅邦「花鳥図

こちらは、今日、本局まで行って切手帳ゲットして来ました。


さぁさぁ!
決戦は金曜日。「平城遷都1300年記念」切手何としてでも入手せねば!

ところで、東京国立博物館で開催される、光明皇后1250年御遠忌記念 特別展「東大寺大仏―天平の至宝―」って一体何がやって来るのでしょう?目玉は??

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2103

JUGEMテーマ:アート・デザイン


郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 鍋倉眞一)は、西暦710年に奈良・平城京へ都が移されてから今年(2010年)で1300年目を迎えることを記念して、特殊切手「平城遷都1300年記念」及び「ハードカバー切手帳(平城遷都1300年記念)」を発行します。

【(1)平城宮跡(へいじょうきゅうせき) 大極殿(だいごくでん)】
天皇の即位や元日朝賀などの国家儀式、あるいは外国使節との接見の儀式が行われた施設。2010年の平城遷都1300年記念に合わせて復原工事が進められている。

【(2)春日大社(かすがたいしゃ) 中門(ちゅうもん)(重要文化財)】
式内社(名神大社)、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。
全国にある春日神社の総本社。中門は入母屋造、檜皮葺、一間一戸の楼門で、この奥に国宝の御本殿がある。

【(3)東大寺(とうだいじ) 誕生釈迦仏立像(たんじょうしゃかぶつりゅうぞう)(国宝)】
釈迦は、摩耶夫人の右脇下から生まれると直ちに七歩あゆんで天と地を指し、「天上天下唯我独尊」と唱え、九龍が香水を灌いで祝福したという。この故事にのっとり4月8日の仏生会は、本像に水をかけて仏誕を祝った。

【(4)西大寺(さいだいじ) 愛染明王坐像(あいぜんみょうおうざぞう)(重要文化財)】
宝冶元年(1247年)。愛染明王信仰はその名のとおり「恋愛・縁結び・家庭円満」などをつかさどる仏として古くから行われており、また「愛染=藍染」と解釈し、染物・織物職人の守護神としても信仰されている。

【(5)興福寺(こうふくじ) 天燈鬼像(てんとうきぞう)(国宝)】
鎌倉時代再興期の西金堂須弥壇に安置されていた像で、四天王像に踏みつけられる邪鬼を独立させ、仏前を照らす役目を与えていた。

【(6)元興寺(がんこうじ) 薬師如来立像(やくしにょらいりゅうぞう)(国宝)】
平安前期。無明の病を直す法薬を与える医薬の仏として、如来には珍しく現世利益信仰を集める。

【(7)唐招提寺(とうしょうだいじ) 千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう)(国宝)】
奈良時代(8世紀後半)。最大の特徴ともいえる腕は、大脇手42本、小脇手911本、合わせて953本の腕は本来は1,000本あったと考えられ、どのような衆生をも漏らさず救済しようとする、観音の慈悲と力の広大さを表している。

【(8)薬師寺(やくしじ) 日光菩薩立像(にっこうぼさつりゅうぞう)(国宝)】
飛鳥時代(白鳳期)または奈良時代(7・8世紀)。金堂本尊薬師如来の左(向かって右側)に立つ像で、右(向かって左)の月光菩薩とともに本尊の両脇に立ち薬師三尊像として、昭和51年に復興された金堂に祀られている。

【(9)大安寺(だいあんじ) 多聞天像(たもんてんぞう)(重要文化財)】
持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神。日本では四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例。

【(10)新薬師寺(しんやくしじ) 伐折羅大将像(ばさらたいしょうぞう)(国宝)】
十二神将(じゅうにしんしょう)の一つ。十二夜叉大将、十二神明王(じゅうに・やしゃたいしょう、しんみょうおう)ともいい、仏教の信仰・造像の対象である天部の神々で、また護法善神である。また十二の方角を守っていることから、干支(十二支)の守護神としても信仰されている。

【背景 興福寺(こうふくじ) 阿修羅像(あしゅらぞう)(国宝)】
奈良時代。古代インド語で、「asu」が「命」、「ra」が「与える」という意味で善神だったとされるが、「a」が否定の接頭語となり、「sura」が「天」を意味することから、非天、非類などと訳され全く性格の異なる神とされる。
興福寺宝物殿の解説では、「阿修羅」はインドヒンドゥーの『太陽神』もしくは『火の神』と表記している。
お知らせ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは。
奈良に行きたくなりますね。
日本橋の奈良のアンテナショップに行ってみようかな。
代官山よりおしゃれになっています。

近畿ツーリストのフリーペーパーも「奈良」が
特集されています。「KNTaste」


やぶひび | 2010/04/21 9:57 AM
佐藤康宏先生の話題の時に書込みさせて頂いた者です。
その後も勝手にお邪魔しては楽しく拝見させて頂いてます!

あまりにもグッと来た話題だったので思わず書込みを(笑)

これは垂涎モノですね。
まだ予約間に合うか心配ですがゲットすべく頑張ります。

先々月、奈良へ行ったのですが、時期が早すぎたようで
大きなイベントに当たることが出来ず残念でした…

かにたん | 2010/04/21 12:53 PM
@やぶひびさん
こんにちは。

日本橋のアンテナショップ
一等地にありますよね〜

親鸞展の帰りにまた立ち寄ってみます。
近ツリのフリーペーパーもあるかな?

@かにたんさん
こんにちは。

今年は仕事面で慌ただしく
関西行きたくても行けない現状です。
(なんていいつつ隙を見て。。。)

興福寺国宝館も新しくなったことですし
展覧会は秘仏公開も。

ひとまず、5シート買ってきたので
これで我慢。。。できませんね、とても。
Tak管理人 | 2010/04/29 10:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2103
この記事に対するトラックバック