青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「長谷川潾二郎展」 | main | 「ローズフェスティバル」 京成バラ園(美術編) >>

「伊藤若冲 アナザーワールド」チケットプレゼント

明日5月22日からいよいよ、千葉市美術館で開催される「伊藤若冲 アナザーワールド」展


「伊藤若冲 アナザーワールド」
会期:2010年5月22日(土) 〜 6月27日(日)

若冲のアナザーワールド、水墨画の世界に浸る
《動植綵絵》(宮内庁三の丸尚蔵館)のような華麗な着色の作品だけが若冲の世界ではありません。若冲は晩年にいたるまで多くの水墨の作品を残しました。もしかしたら水墨画のほうが若冲の個性であるかたちの面白さは際立つかもしれません。



本展覧会は、若冲の水墨の作品を中心に、関連する着色の作品をも含めて構成します。加えて、河村若芝・鶴亭らの黄檗絵画の作品によってその水墨表現の前史を示し、若冲水墨画の世界に迫ります。前期(5月22日〜6月6日)後期(6月7日〜6月27日)合わせて165点を展示する予定です。

首都圏での若冲の大規模な展覧会は昭和46年(1971)に開催された東京国立博物館での特別展観以来、約40年ぶりとなります。若冲のアナザーワールド、水墨画の世界をご堪能下さい。
「伊藤若冲 アナザーワールド」出品リスト(PDF)

この「伊藤若冲 アナザーワールド」展のチケットをプレゼント致します。



チケットご希望の方は、件名に「若冲展」、本文にお名前(ハンドルネーム可)とお持ちであればTwitterアカウントを明記しメールをお送りください。(mixiのメッセでは受け付けていませんのでご注意下さい。)
※大好評のうちに受付終了しました。

当選された方には折り返しこちらから返信メールお送りします。

メールアドレスはこちらにあります。
毎回、大変多くの方から応募があり中々ご希望に添えませんがご勘弁下さい。

「伊藤若冲 アナザーワールド」@千葉市美術館
会期:2010年5月22日(土) 〜 6月27日(日)


さぁ、いよいよスタートです!!

【関連講演会】

記念講演会「伊藤若冲の魅力」
6月5日(土)/14:00より/11階講堂にて/先着150名/聴講無料
【講師】辻 惟雄(MIHO MUSEUM 館長)

講演会「伊藤若冲の多彩な絵画世界」
6月20日(日)/14:00より/11階講堂にて/先着150名/聴講無料
【講師】小林 忠(千葉市美術館 館長)

市民美術講座
6月19日(土) 「伊藤若冲と唐画」
14:00より/11階講堂にて/聴講無料/先着150名

担当学芸員によるギャラリートーク
5月26日(水)/14:00より



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2134

JUGEMテーマ:アート・デザイン

プレゼント | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

あ〜、気づくのが遅かった(涙)。
でも相当な倍率の雰囲気ですね。

ちょっと遠いけれど、是非行ってみようと思います。
6月5日(土)に行かれるといいなあ。。

土曜日に横浜の「ポンペイ展」に行きました。
期待以上によかったですよ。

何年か前に確か「ポンペイ展」に行きましたが、
記憶に間違いが無ければ、前回はどちらかというと「庶民の生活編。」

VS、今回は「富裕層の生活編」って感じでしょうか。

鋳造技術の高さには驚きでした。
銀食器のセットなんて、ブルボン家使用!といわれても
素人の私は納得してしまうほど。。
一方日本は、”弥生式時代”。
大きな差を感じてしまいました。
emicy | 2010/05/24 10:18 AM
@emicyさん
こんにちは。

これまでのチケプレの中で
最も応募が多かったかもしれません。
対応にてんやわんやでした。

「ポンペイ展」記事にしてます。
いつもと監修者も違い
違ったアプローチからポンペイを
見せてくれ俄然現地へ行ってみたくなりました。
Tak管理人 | 2010/05/31 5:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック