青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「伊藤若冲 アナザーワールド」チケットプレゼント | main | 「語りかける風景」 >>

「ローズフェスティバル」 京成バラ園(美術編)

京成バラ園(千葉県八千代市大和田新田755)で開催中の
「ローズフェスティバル」に行って来ました。


京成バラ園芸株式会社(けいせいばらえんげい)は千葉県八千代市にあるバラ育種および苗の製造販売企業。八千代市で 30,000平方メートルの広さを誇るローズガーデン(1,000品種 7,000株)を経営する傍ら、バラの品種改良を行い、国際的なバラコンクールにおいて数々の受賞実績を持つ。切り花用のバラ苗の生産でも大手である。(Wikipediaより)



1000品種のバラが今を盛りに咲き誇る「ローズガーデン」。鮮やかな色彩と優雅な香り。この時季ピンポイントで訪れること中々難しいもの。3年ぶりに巡ってきたチャンス。昨夜散々飲んでしまったけど頑張って早起きし出かけて来ました。(10時前に到着しないと駐車場入れなくなってしまいます)

美術に関連する名前の付けられた薔薇を探しながら散策。「ここまで来て、美術とは」とかみさんも呆れ顔。テーマを絞って観ること大事大事と言い聞かせる自分。拙い写真ですがお付き合い下さい。

おてんき尚、「音楽編」は、はろるどさんがまとめて下さってます。


モナリザ


モナリザ
「モナリザ」の名前が冠されたバラ2種類ありました。下の黄色系のバラはドイツ、コルデス社作出の中輪。

モナリザとくればダヴィンチ。こちらも2種類。

レオナルド・ダ・ヴィンチ」1994年フランス、メイアン社作出。小振りながらも形のしっかりした花を咲かせるバラ界のエリート?名前負けしてません。


レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ」2003年フランス、メイアン社作出。耐寒、耐病性に秀でたバラに与えられるADR賞を2005年に受賞した品種。やっぱエリートですね。


トゥールーズ・ロートレック」1993年フランス、メイアン社作出。色もとても鮮やかで香り豊かな品種。色褪せないので切り花としても人気があるそうです。ロートレックの人生とは対照的な薔薇。


ポール・ゴーギャン」フランス、デルバール社作出。

デルバール社(delbard)は積極的にフランス人画家の名前を冠しています。いずれも皆個性派揃い。イメージと合うものもちょっと違うものも。


アンリ・マチス」フランス、デルバール社作出。


アルフレッド・シスレー」フランス、デルバール社作出。


カミーユ・ピサロ」フランス、デルバール社作出。

デルバール社(delbard)の画家オマージュ品種はこの他にもドガ、ユトリロ、セザンヌ等が。これら残念ながら咲いていませんでした。。。


ウイリアム・モーリス」(ウイリアム・モリス)1998年作出のイングリッシュ・ローズ。こちらは我が家の庭でも今丁度見ごろを迎えています。やっぱイングリッシュ・ローズいいですよね〜


ルデゥテ」(ルドゥーテ)1992作出。こちらもイングリッシュ・ローズ。まぁ、バラといったら彼抜きに語れません!2008年Bunkamuraザ・ミュージアムで開催された「薔薇空間−宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々−


アルブレヒト・デューラー・ローズ」2002年ドイツ作出。ハイブリッド・ティー系(HT)今日観た中で最も画家のイメージとバラの花が一致した品種かも。


ロセッティ・ローズ」2003年イギリス作出。ハイブリッド・ティー系(HT)

ガブリエル・ロセッティーと来れば、ラファエル前派繋がりでこちらも。

オフェリア」(オフィーリア)1912年イギリス作出。ハイブリッド・ティー系(HT)

最後はこちらで。

アベイ・ドゥ・クリュニー」1996年フランス、メイアン社作出。深みのあるオレンジ色が印象的な品種。フランスのクリュニー修道院に因んで付けられた名前だそうです。もうすこし花が開いてくると芍薬大にまでなるそうです。

クリュニー中世美術館の記事はこちら。GWに行かれたばかりのさちえさんの記事も是非「What's up, Luke ?:クリュニー中世美術館

この他にもルノワールなど画家にちなんだ名前が付けられているバラ沢山あります。写真展でもいいから画家や絵画の名が冠せられた花を集めた展覧会開催してくれないかな〜

以下は、今日目にしたユニークな名前のバラたちです。

カフェラテ
ショートケーキ
アブラカタブラ
バタースコッチ
ブラックバカラ

おてんき尚、「音楽編」は、はろるどさんがまとめて下さってます。

それでは最後に「今日の美味

バラ味のジェラート

ツイッターやってます。
Twitter @taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2135

JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日、会場内では高木絢子氏によるトークショーも行われていました。
展覧会 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

少し前まで西武ドームで、国際バラとガーデニングやってましたね。
母のいる特養ホームから近いので行ってみたいとも思ったのですが、大変な混雑だと聞いて断念。
しかし美術や音楽にちなんだバラとはガーデニングも一つの芸術ですね。
三鷹でミュシャ展も始まりましたし、中公新書で、印象派の誕生なる本も出ましたね。
ポスト印象派2010もいよいよですね。
oki | 2010/05/23 12:07 AM
見事ですね〜
何年か前に私も行ったことありますが、花には少し遅くぽ〜っ回ったのでまるで名前覚えていません。
テーマ持って見るって素敵ですね。

はろるどさんの音楽の方も見て来ましたが、薔薇の名って凄いですね!
えみ丸 | 2010/05/23 11:22 AM
10000品種のバラが咲き誇るローズガーデン。
バラがとっても綺麗に咲いていますね!
八千代市は船橋からも近いので、行ってみたくなりました!
コンドル | 2010/05/23 12:04 PM
私は昨日、横須賀のヴェルニー公園へバラを見に行って来ました。そして同じようにレオナルド・ダ・ヴィンチだ〜と言って写真を撮っていました(笑)1番気に入ったのはスイートジュリエットなのですが、Takさんが種を買われたとツイートされていてとてもビックリしました!
Taptim | 2010/05/23 3:37 PM
@okiさん
こんにちは。

西武ドームへは一昨年行って来ました。
なかなか楽しかったですよ。
元より花をぼんやり眺めていることが好きな自分
最近はもっぱら絵ばかりになってしまいましたが。

@えみ丸さん
こんにちは。

前回も同じようにして観て回った記憶あります。
まさか今回こうして記事にすることになろうとは。。。

購入してきた薔薇。ちょうど今日咲きました。
手入れは大変ですがそれ以上に得るものあります。

@コンドルさん
こんにちは。

車で行かれるなら早い時間帯でないと
全く動けなくなります。
珍しくこの日は早起きして出かけました。

@Taptimさん
こんにちは。

横須賀のバラ園も検索したところ
良さそうですね〜〜
うまいこと育てれば何年も美しい花
咲かせてくれます。育て甲斐あります。

スイートジュリエット開花しました!!
Tak管理人 | 2010/05/31 4:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック