弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
Senses and Sins

ドイツのシュテーデル美術館で開催中の展覧会
Senses and Sins
Dutch Painters of Daily Life in the Seventeenth Century
に行って来ました。

Senses And Sins: Dutch Painters Of Daily Life In The Seventeenth Century
Senses And Sins: Dutch Painters Of Daily Life In The Seventeenth Century
Jeroen Giltaij

元々は、「この展覧会を観る!」という計画ではありませんでした。
あくまでもベルギー・オランダ旅行が先にありきでした。

ところが、計画を立てているうちにどうやらこの展覧会も
観られそうだということになってきまして…(笑顔)

いつの間にか優先順位が逆転。
(まぁよくある話です。)

今回の旅の総まとめとして勝手に位置付け
空港もフランクフルトに自然に変更となり
そしてそしてそして、フェルメール4作品
めでたく観られる運びとなりました。

おめでたいことは重なるもので、
サイトで事前に確認したところでは、
シュテーデル所蔵の「地理学者」に加えて
   
ワシントンから「手紙を書く女
   
ニューヨークから「リュートを弾く女
   
アムステルダムから「恋文
   
と合計4枚のフェルメール作品が観られる予定でした。

ところが、会場へ行ってみると!
なんとルーヴル所蔵の「レースを編む女」が展示されているではないですか!
   

これは一体全体どういったことなのでしょう??

チケットブースでもらったコンパクトな解説書にも
フェルメールの作品は4作品しか解説されていません。

もしかして「レース〜」はレプリカ??
なんて変てこな事さえ考えてしまい、
しまいには美術館の係りの方に
「この『レースを編む女』は本物?」なんて
質問までしてしまう始末。。。

本物でした。間違いなく。
解説書には印刷が間に合わなかったので
壁に解説が長々と書かれていました。

「その本(解説書)に載せられなかったので壁に書いたんだ」
と教えてくれました。なんて親切。

帰国してからシュテーデル美術館のサイトを見ても
依然として「レースを編む少女」につていのことが
載っていなかったので「心配」していたのですが、
やっと先日載ったようです。

Vermeer's "Lacemaker" from the Louvre now on show in the Städel
From March 1st 2005, Johannes Vermeer's "Lacemaker" from the Louvre in Paris is on display in the exhibition "Senses and Sins. Dutch Painters of Daily Life in the Seventeenth Century" as an additional loan.

The painting joins four other works by Vermeer: "A Lady Writing" from the National Gallery Washington, "Woman with a Lute" from the Metropolitan Museum of Art in New York, the "Love Letter" from the Rijksmuseum in Amsterdam and the Städel's own "The Geographer".

遅いよ!!(~_~)

因みに今回の図録にも載っていません。

Senses And Sins: Dutch Painters Of Daily Life In The Seventeenth Century

ドイツ語版と英語版があったので英語版を買ってきました。
レジのお兄さんが一枚紙をカタログと一緒に袋に入れてくれました。
あとでそれを見たら・・・

別刷りの「レースを編む女」のページでした。
でもドイツ語・・・読めない・・・悲しい

男以下は、フェルメールその他それぞれの作品の感想です。
窓辺でリュートを弾く女
手紙を書く女
「恋文」
「地理学者」
「レースを編む女」

フェルメール以外の画家さんの感想
フロアプランもあります!
February 10 to May 1, 2005
Exhibition Building

Senses and Sins

Dutch Painters of Daily life in the Seventeenth Century

Städelsches Kunstinstitut und Städtische Galerie
In collaboration with the Museum Boijmans Van Beuningen, Rotterdam

Our special exhibition “Senses and Sins” brings everyday seventeenth-century Holland back to life, providing insight into the splendid epoch known as the “Golden Age.”

Altogether seventy-seven paintings by twenty-two artists have been brought together for this presentation – loans from museums in Germany and abroad, as well as works from our own holdings.

Five major works by Jan Vermeer form the highlight of the exhibition: The Louvre's "Lacemaker" along with "The Geographer" – a masterpiece of the Städel collection –, "A Lady Writing" from the National Gallery of Art in Washington, "Woman with a Lute" from the Metropolitan Museum of Art and "The Love Letter" from the Amsterdam Rijksmuseum are all on view.

The eight works by Adriaen Brouwer – a painter of peasant scenes already highly renowned during his lifetime – cover a gamut of emotions, and the rage, pain and malignant glee of his rough-and-tumble characters are still a delight to the beholder today.

Gerard ter Borch is also represented by several outstanding examples of his art, views portraying the lifestyle of Holland’s elegant society: Shining silks, fluffy furs and softly glowing pearls speak of joie de vivre and personal vanity alike.

Then we encounter the genre scenes so perceptively described by Jan Steen, poking sharply pointed fun at the follies of human life. The disorderly “Steen household” is still proverbial in Holland today.

In the paintings by Pieter de Hooch – frequently used today as models for film sets and reconstructions of everyday life in the seventeenth century – meticulously polished tiles and furniture catch the light that floods the interiors of the upper-class society.

The political, economic and social upheavals of seventeenth-century Holland led to a gradual secularization of artistic taste. The focus of painting – formerly directed towards religious subjects – now widened to include depictions of everyday themes conveying the new self-image of the aspiring bourgeoisie. The cheerful interiors and scenes of upper-class life mirror the habits and customs of a past society, but not without the occasional hint at its moral hypocrisies.

The exhibit takes us on a journey through a world much like our own, a world of prosperity countered by a sense of imminent crisis. Again and again, we find occasion for comparison and contemplation – generously interspersed with the enjoyment of discovery and the pleasure of a good laugh.

The Städel is the only venue in Germany.

We want to express our gratitude to our sponsors VGF und hr2.
| 展覧会 | 21:16 | comments(8) | trackbacks(2) |
TBありがとうございます。
ほんと、お得な展覧会でしたネ。

| 旅するランナー | 2005/04/15 4:02 AM |

とてもラッキーな出来事でしたね!
こんな事あるんですね。

「レースを編む女」はルーブルで見た時手前の糸の表現にとても驚きました。
ライクスミュージアムがそんなに大規模な事になってるとは知りませんでした。Takさんは本当に色々ご存知でへ〜と思う事ばかりです。
| mizuiro | 2005/04/15 6:07 AM |

 ご無沙汰していますが、今回も充実したフェルメールの旅になったようで、喜ばしいかぎり。

 それにしても、マウリツハイスと言い、シュテーデルと言い、雰囲気の好い美術館でフェルメールが見られるってのは、良いものですね。

 ついでながら、私もHPに写真を入れることにしました。今はトルコの写真を少しずつ入れてます(「アナトリアの大地に馳せる夢」)お暇の節に見てやってください。
| xfrt | 2005/04/16 3:20 AM |

辞書があればきっと読めますょ☆^^ガンバ〜。
| Charlotte in Deutschland | 2005/04/16 11:42 PM |

@旅するランナーさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

この展覧会あまり知られていませんが
おっしゃるとおりとってもお得な展覧会ですね!
日本だったら大変な騒ぎでしょうね〜

@mizuiroさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

はい!とってもラッキーでした。
フェルメールを追いかけていると
逆のケースのことが多いのですが
たまーーにこんな良い意味でのハプニングあると
余計にやめられなくなってしまいます。

まったくもって、罪な画家さんです。
「レースを編む女」の手前の糸は
もうその部分だけで涙ものです(^^♪

@xfrtさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

実はこの記事書いているとき
貴サイトもリンクさせていただこうと思案しました。
でも、いつもお願いばかりなのでとりやめた次第です。

シュテーデルは今回初めて行きましたが
とても素晴らしい美術館ですね。
環境もとても良いところだと感じました。
橋を渡っているとフェルメール展の
大きな看板が目に入って気分が高まりました。

@Charlotteさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

一応大学でドイツ語習ったのですが・・・
今では真っ白です。
辞書どこへいったかな〜(^_^;)
| Tak管理人 | 2005/04/17 1:01 AM |

TBありがとうございました。遅くなってすみません。
私がルーブルで見ることができなかったフェルメールのレースを編む女は、そのときシュテーデル美術館にあったということなのですね。
| sat_escaper | 2005/04/25 12:49 AM |

さりげない「レースを編む女」の追加、驚きました。
それにしても5作ものフェルメールがフランクフルトに終結しているとは、、、すごいことですね!
こちらからもTBさせていただきます。
引き続いてのフェルメール記事、楽しみにしています。
| フンメル | 2005/04/25 5:26 PM |

@sat_escaperさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ルーブルの「レースを編む女」思わず見ることができて
とっても満足しています。観られる予定の作品が
観られなかったパターンにいつも泣かされているので
たまには逆もあっていいですよね。

@フンメルさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

>引き続いてのフェルメール記事、楽しみにしています。
調子に乗って書いてみました。
「リュートを弾く女」

またいつになるか分かりませんが順に5枚全ての感想upします。
GW中・・・無理かな〜
記憶が薄らいでいく・・・
| Tak管理人 | 2005/04/25 10:20 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/216
フェルメールinフランクフルト
フランクフルトにある、シュテーデル美術館に行きました。お目当ては、フェルメールと、フランス印象派の作品です。シュテーデル美術館のオフィシャルサイト(英語・ドイツ語)マイン川べりにある、美術館に着くと、なにやら、フェルメールの作品のポスターが貼ってありま
| 旅するランナーの欧州日記(ジョギング・音楽鑑賞日記inヨ... | 2005/04/15 4:04 AM |
ブラウンシュヴァイクのフェルメール
ドイツにあるフェルメールの一枚はブラウンシュヴァイク(Braunschwaeig)にあります。ブラウンシュヴァイクはハノーファーの東50キロほどに位置する人口24万人の地方都市です。最初の訪問時は列車で到着したのですが、駅出てみて、あまりの殺伐とした風景にがっかりと
| ハンブルク日記+ドイツ音楽紀行 | 2005/04/25 5:29 PM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...