青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「シャガール展」 | main | 「智恵子抄展」 >>

工学院大学「建築学部」誕生 記念連続シンポジウム

工学院大学に2011年度、日本で初めての『建築学部』(設置申請中)が誕生するそうです。



工業大学としては、日本の私立大学で最も古い歴史(2012年は学園創立125周年)を有する工学院大学。

これまでありそうでなかった建築専門の学部。これだけ「建築」に注目が集まっている現状を踏まえると誕生するのが遅かったくらいに感じてしまいます。
工学院大学では2011年4月に、日本初の「建築学部(設置申請中)」が誕生する。
 同学部は、現在、工学部に属する第1部(昼間部)建築系2学科を再編・拡充して、「まちづくり学科」、「建築学科」、「建築デザイン学科」の3学科から構成され、社会の多様なニーズに応える工学の枠を越えた新たな建築学の「知」を創造することを目指す。


計画では、建築の多様性を踏まえ3学科・12分野を設置。1・2年次で3学科共通の専門基礎教育を学んだ後、3・4年次には、12分野のうち1つの分野に軸足を置き学ぶことになるそうです。



今年、東京大学を退官された建築家の藤森照信氏を建築デザイン学科保存再生デザインの教授にコンバートするなど、何かと話題に事欠かない工学院大学建築学部。

そんな工学院大学が日本初の「建築学部」誕生を記念し、連続シンポジウムを開催しています。

第1回目は去る2010年5月25日(火)に、藤森照信教授と長年「路上観察学会」、「縄文建築団」等で建築を観察探検して来られた、赤瀬川原平氏、南伸坊氏を招いてのトークセッションでした。

【第1回シンポジウムポスター】
http://www.kogakuin.ac.jp/events/201005/1301.pdf

来週には第2回シンポジウムが開催されます。
今回の顔ぶれも超豪華。



日本初『建築学部』誕生 記念連続シンポジウム開催
第2回「新宿から建築と社会の新しい関係を考える」


開催日:2010年7月8日(木)18:00〜19:45
会場:工学院大学新宿キャンパス3階アーバンテックホール
プログラム:
17:00 受付開始
18:00 開会あいさつ [工学院大学学長 水野明哲]
18:10 隈研吾氏、藤森照信、吉田倬郎の3名によるトークセッション
「新宿から建築と社会の新しい関係を考える」
19:40 閉会あいさつ [工学院大学副学長 長澤泰]
19:45 閉会
[総合司会 建築都市デザイン学科主任 後藤治]
※予約不要、先着順受付(定員250名)
※参加者多数の場合、入場制限有

工学院大学さんに電話で問い合わせたところ、学生でなくとも参加okだそうです。「是非お越し下さい」とのこと。問題は日時。間に合うかなーそれにしても予約不要・入場無料でこの顔ぶれとは太っ腹!

【出演者プロフィール】
隈 研吾
東京大学教授、建築家。
世界的に注目される日本人建築家の一人。これまで数々の受賞歴に加え、今年、根津美術館の設計で毎日芸術賞を受賞。設計にとどまらず、室内演出や家具・食器などのデザインのほか、多くの著書を手掛けるなど広範に活躍する。

藤森 照信
工学院大学教授、建築家、建築史家。
日本建築学会論文賞ならびに作品賞受賞の経歴を持ち、専門の建築史学にとどまらず広範な内容の著作も多数発表。多くの建築作品も手掛ける一方、展覧会を開催するなど幅広い活動を行う。

吉田 倬郎
工学院大学教授、常務理事。
専門分野は、建築構法・建築生産。近年の研究テーマは、循環型社会における地域に根差した住宅生産供給、建築ストックの資産価値評価、建築のライフサイクルマネジメント。

現代日本を代表する世界的建築家の一人、東京大学教授・隈研吾氏をゲストに迎え、本学建築学科教授・藤森照信、吉田倬郎の3名にて「新宿から建築と社会の新しい関係を考える」をテーマに開催します。隈氏の最近作等の紹介をはじめ、その作品や著作で提示される刺激的かつ社会に対する深い洞察にもとづく建築論、都市論をふまえながら、工学院大学建築学部が構想する「建築と社会の新しい関係」について語り合います。


工学院大学八王子キャンパス スチューデントセンター

そして、これだけにとどまらず第3回、第4回も!!
藤森先生フル回転。

【今後の開催予定】

第3回シンポジウム
【日時】2010年9月27日(月)
【出演者】伊東豊雄先生+木下庸子教授+藤森照信教授

第4回シンポジウム
【日時】2010年11月15日(月)
【出演者】藤本壮介先生+倉田直道教授+藤森照信教授

日本初の「建築学部」共々要注目です。

http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2173

JUGEMテーマ:アート・デザイン

お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック